まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

プログラムの見どころをご紹介

[CR-13]防災啓発ドキュメンタリー映画『いつか君の花明かりには』

主催団体:『いつか君の花明かりには』製作委員会
協力団体:防災団体やろうよ!こどもぼうさい

1.貴団体の防災に係る活動への取組のきっかけ、現在までの取組状況は?

災害大国と言われる日本では、大きな災害が発生するたびに悲しみが繰り返されてきました。それでも人は防災することを難しく感じています。もうこれ以上同じ悲しみが繰り返されないために、温かいアプローチで防災の大切さを伝える映像を作りたい、そんな想いで映画を製作することにしました。2018年7月より全国上映を開始し、7/26現在までに19都府県で60回の上映会が開催され、7600名ほどの方に観ていただいております。

2.貴団体の取組における「強み」はなんでしょうか。また、強みをいかして、今後どのように防災活動を展開したいとお考えでしょうか?

災害を経験して防災に立ち上がっている人たち、地域の大人たちに大きな影響を及ぼすほどの防災の活動をしている中学生、そんな人たちの力強い言葉がたくさん詰まった、温かい気持ちで観ていただける映画です。映画を観ていただくと、大切な人のために、大好きな街のために防災したいという気持ちになります。多くの方にとって防災の「第一歩」を踏み出すきっかけになることができると思います。今後も全国で1箇所でも多く上映会を開催し、一人でも多くの方に観ていただきたいと考えております。

3.ぼうさいこくたい2019での出展内容やPRポイントを教えてください。伝えたいこと、知ってもらいたいことは何でしょうか?

ぼうさいこくたい2019ではプレゼンブースに出展させていただき、予告編の上映と自主上映会開催のご案内をさせていただきます。この映画は上映会を主催していただくことによってはじめて上映することができます。これまで、自治体・NPO・地域・学生団体・学校・企業・個人など、様々な方が主催してくださいました。私たちの想いに共感して映画の上映を検討していただけるよう、上映会開催の方法などを詳しくご案内させていただきます。両日とも監督が在席させていただきます。ぜひブースにお立ち寄りください!

4.ぼうさいこくたい2019に期待することや、こくたいを通じてつながりたい方々へのメッセージをお願いします!

『ぼうさいこくたい2019』が、たくさんの方にとって防災に取り組むきっかけとなることを期待しています。そして防災に、また防災を伝えることに関心を持たれる多くの方とお会いできる機会となることを、今からとても楽しみにしております。