まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

プログラムの見どころをご紹介

[PR-27]連合 連合災害救援ボランティア 活動の軌跡

主催団体:日本労働組合総連合会(連合)

1.貴団体の防災に係る活動への取組のきっかけ、現在までの取組状況は?

阪神淡路大震災以降、被災地への災害ボランティア派遣を行っています。

発災時に当該の地方連合会と連携を図り、状況に応じて取り組み内容を決定しています。

2.貴団体の取組における「強み」はなんでしょうか。また、強みをいかして、今後どのように防災活動を展開したいとお考えでしょうか?

全都道府県に地方連合会があることで、全国の仲間と連携を図ることができる。

各地域が日常から連携することで、有事の際の共助への対応を図る。

現在、各地域で防災・減災を図るために、災害を想定したアクションを進めている。
(近隣への応援体制や連絡体制など)

3.ぼうさいこくたい2019での出展内容やPRポイントを教えてください。伝えたいこと、知ってもらいたいことは何でしょうか?

労働組合が防災・減災に取り組んでいることや、連合だからこそできる取り組みなどを来場者に広く伝えたい。

4.ぼうさいこくたい2019に期待することや、こくたいを通じてつながりたい方々へのメッセージをお願いします!

専門家や家族連れなど、来場者幅が広いことから、より多くの人に見てもらえることを期待する。

連合が全国の仲間と一緒に行っている活動を、この機会にぜひ知って欲しいです。