まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

プログラムの見どころをご紹介

[TE-37]応援します 陸前高田市 行政丸ごと支援と市民交流(あいち・なごや防災フェスタ)

主催団体:名古屋市防災危機管理局

1.貴団体の防災に係る活動への取組のきっかけ、現在までの取組状況は?

○平成23年の東日本大震災直後からの岩手県陸前高田市に対する”行政丸ごと支援”
○平成26年に陸前高田市と締結した友好都市協定

2.貴団体の取組における「強み」はなんでしょうか。また、強みをいかして、今後どのように防災活動を展開したいとお考えでしょうか?

 愛知商業高校ユネスコクラブをはじめとする関係団体や市民の協力を得て、取り組みを行っている。

3.ぼうさいこくたい2019での出展内容やPRポイントを教えてください。伝えたいこと、知ってもらいたいことは何でしょうか?

○ パネル展示では、東日本大震災により甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市の行政全般を、名古屋市の持つ総合力によって“丸ごと支援”する「全国初の取り組み」や両市の市民交流などの取り組みを紹介します。
○ 販売するアイスは、愛知商業高校ユネスコクラブが「震災を風化させない」「名古屋と陸前高田を繋ぐ希望の架け橋のような存在になってほしい」という思いが込めて、陸前高田市の特産品「米崎りんご」を使用して地元企業と開発した復興応援アイスクリームです。売上からアイス1個につき8円が陸前高田市の教育施設再建のため寄付されます。是非、ご賞味ください。

4.ぼうさいこくたい2019に期待することや、こくたいを通じてつながりたい方々へのメッセージをお願いします!

 東日本大震災の記録と記憶を風化させず、その教訓を活かしてともに防災意識の向上につとめましょう。