運営
内閣府政策統括官(防災担当)
協力
防災推進協議会

防災教育チャレンジプラン

防災力の向上を目指す、防災教育活動の情報提供の場

2024年度 防災教育チャレンジプラン募集要項

1. 募集の概要

防災教育チャレンジプランは、いつやってくるかわからない災害に備え大切な命を守り、できる限り被害を減らし、万が一被害にあったときでも、すぐに立ち直れる力を一人一人が身につけられるよう、全国の地域や学校で防災教育を推進するためのプランです。
そのプランの準備・実践に当たっては発生する経費への支援や、実現に向けた「防災教育チャレンジプランアドバイザー(防災教育チャレンジプラン実行委員や、サポーター(過去の実践団体)等)」によるアドバイスなどの支援を行います。
2004年の開始以来、支援をしたたくさんの実践プランは、新たに防災教育を始める学校・団体等にとっては良いモデルとなり、全国の防災教育の教材や手法開発に大きく貢献してきました。
現在、学校では、ICT教育が進められ、生徒全員がタブレットを持って学習するスタイルが定着するとともに、コミュニティ・スクール等の仕組みを活用した学校と地域の連携が進みつつあります。地域においても、地区防災計画などを通じた住民同士の顔の見える防災体制づくりが進められています。「第3次学校安全の推進に関する計画」も踏まえ、地域との連携・協働、デジタル技術等を活用した学びをさらに推進していく必要があります。
そこで、21年目を迎える2024年度からは、「新・防災教育チャレンジプラン」として再スタートし、時代に即した重点テーマを設定します。具体的には、①「学校・地域連携」、②「デジタル等企業の技術を用いた防災教育」を重点テーマに設定し、これらのテーマに沿った取組を積極的に採択します。

サポート内容

■プランの実践にかかる経費の提供/ 上限 30 万円(査定による)
※経費は、実践活動終了後の「完了払い」となりますので、活動期間中は各実践団体での建て替えとなります。

※活動・予算計画書の提出及び団体名義の口座が必要となります。

■プランの実現に向けて、下記サポート主体が対面・オンライン問わず助言や現地指導等の支援を行います。

■防災活動の手法・事例の収集と活動情報の発信ができる各種Webツールを提供します。

サポート主体

■防災教育チャレンジプランアドバイザー
・防災教育チャレンジプラン実行委員
・防災科学技術研究所研究員
・サポーター(過去の実践団体)
・その他防災教育専門家等

■防災教育チャレンジプラン実行委員会事務局

表彰

■活動プロセス及び成果に対して審査を行い、優秀な実践活動に対して、防災教育大賞・防災教育優秀賞・防災教育特別賞を決定し、 表彰状と盾を授与いたします。
■防災教育チャレンジプラン「サポーター」として認定いたします。

募集リーフレットをご覧下さい。

2. 応募資格

●防災教育を一層充実させたいと考えている教育・社会福祉施設(保育施設・幼稚園・学校等)、教育委員会、NPO、民間企業、個人、地域団体(民間事業所、各種団体、行政機関)
●採用された場合は、現地開催・オンライン開催問わず実践団体決定会、中間報告会、活動報告会の計3回の会合に出席できること。
●オンライン開催となった場合、参加可能なインターネット環境(通信回線、機材、アプリケーション等)を用意できること。

3. 応募部門(プランの対象別)

A.保育園・幼稚園等の部
B.小学校低学年の部
C.小学校高学年の部
D.中学校の部
E.高等学校の部
F.大学・一般の部

【テーマ区分】
①学校・地域連携
②デジタル等企業の技術を用いた防災教育
③その他

4. 応募締切

2023年11月15日(水)15:00までに応募企画書をホームページにアップロード

5. 応募方法

2024年度防災教育チャレンジプランの応募企画書の受付は終了しました。

6. 応募結果

「防災教育チャレンジプラン実行委員会」の選考により決定します。
審査の結果は、事務局よりメールにて応募団体へご連絡します。(応募締め切り後 1ヶ月程度)

審査の観点

■プラン実施により地域防災力の向上に貢献できること
■応募された防災教育プランの有効性・新規性
■活動の中に新しいチャレンジの要素が含まれているもの

決定発表

■当年度の活動報告会の会場にて、次年度チャレンジプランの計画を発表いただきます。

7. チャレンジプランの流れ

STEP
01
募集

応募締切:

・応募内容の検討 (応募に当たって、地域や企業等の連携先については、団体においてあらかじめ探していただくこととなります。)

STEP
02
審査

STEP
03
結果発表

・採用団体の決定 ・活動計画の発表に向けた発表資料の準備 【活動計画の発表(2023年度活動報告会にて)】 ・活動報告会での助言を受けて、活動計画の見直し ・学校や団体等、防災教育関係者の情報交換等

STEP
04
実践

・アドバイザーのサポートを受けながら活動を実施 プラン進行や教材作成にあたってのアイデア提供・資材提供等

STEP
05
中間報告会

【中間成果の発表(防災教育交流フォーラムにて)中間報告会】 ・交流会・意見交換会等 ・学校や団体等、防災教育関係者の情報交換・事例紹介等 ・最終成果の発表に向けた発表資料の準備

STEP
06
活動報告会

【最終成果の発表(2024年度活動報告会にて)最終報告会】 ・成果品の提出 ・チャレンジプラン成果発表・表彰 ・チャレンジプランサポーターに認定

8. 応募用紙提出先/お問い合わせ

内閣府(防災担当)普及啓発・連携担当
電話:03-3502-6984/E-mail:bousai18@cao.go.jp