運営
内閣府政策統括官(防災担当)
協力
防災推進協議会

防災教育チャレンジプラン

防災力の向上を目指す、防災教育活動の情報提供の場

2015年度 名古屋市立工芸高等学校 高校生防災セミナーチーム

プラン名 つなぐ ~地域、企業、行政、学校の架け橋を目指して~
プランの対象 小学生、高校生、地域住民、企業
目的
  • ①生徒、学校の防災・減災に対するスキルアップをはかり、生徒、教員が防災リーダーとして活躍する人材を育成する。
  • ②工業と芸術の学校である工芸高校の「ものづくりの技術と特徴」を活かし、地域、企業、行政、各種団体、学校の連携を深める活動に取り組む。
内容
  • ①防災、減災に対する生徒1人1人と学校のスキルアップを目指す取り組み。
  •  ・工業科目「実習」の1テーマに「防災実習」を取り入れる。
  •  ・地域や他校が主催する防災訓練に参加する。
  • ②地域、企業、行政、各種団体、学校の連携を目指す取り組み。
  •  ・近隣小学校に、防災設備(災害かまどベンチ)を製作する。
  •  ・工芸高校において地域、企業、行政、各種団体、他校を対象とした1泊2日の宿泊型避難訓練を開催する。
  • ③各種イベントに参加し、発表、展示を通じて防災、減災に関する啓発活動を行う。
成果
  • ①「命の大切さ」、「災害の実情」、「災害の心得」など災害時に適切な判断と行動をとるための、知識と技術を身ににつける必要性を学ぶ事が出来た。また、日々の生活において、災害に対する危機感を持って生活できるようになった。
  • ②地域、高校、行政が主催するイベントに参加し、防災、減災に関する知識、技術を身につける事が出来た。また、地域の方々と共に協働して取り組む事が出来た。
  • ③防災、減災について地域、企業と共に考え、1つ1つのイベントを成功させる事が出来た。メイン企画である宿泊型避難訓練を終えて、災害に対して、地域、企業、行政、学校が1つになって取り組み、協力する事の大切さを再確認する事が出来た。
報告資料 最終報告書(PDF形式)
団体紹介

本校は、工業系と芸術系の特色のある7つの学科からなる全校生徒840名の工業高校です。高校生ものづくりコンテスト、若年者ものづくりコンテスト、技能五輪など多くの全国レベルの大会で活躍する生徒達が数多くいます。
平成26年度愛知県主催高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」の参加指定を受け、防災、減災に関する講義やHUG、DIG等のワークショップで知識、関心を深め、「助けられる側」から「助ける側へ」をテーマに、生徒1人1人と学校のスキルアップ、より一層の地域連携を目指して活動しています。

連絡先 052-931-7541