運営
内閣府政策統括官(防災担当)
協力
防災推進協議会

防災教育チャレンジプラン

防災力の向上を目指す、防災教育活動の情報提供の場

2017年度 仙台市郡山中学校

プラン名 郡山中学校が小学校や地域と協働する防災教育活動プラン
プランの対象 小学校低学年
~中学校
大学・一般
目的

東日本大震災では防災・減災等に関する様々な課題が露呈されたことから、その解決に向けた実践的な防災教育を推進する。そのメインプランは「中学生が主導する住民参加型の地域防災訓練」であり、この実践により現在を含め将来を見据えた地域防災の担い手を育成し、地域防災力と防災・減災意識を高め、学校と地域が協働する教育実践を目指す。また、復興支援の活動を通して、大震災の被災状況と復興の現況を知り、奉仕的精神と自助と共助を育成する。そして、大震災の教訓を学び継承し、地域特有の防災・減災文化の構築とその在り方について追究していく。

内容

1.津波被災農家に弟子入り体験することで、復旧・復興の現状や被災者の心情とその変容を知り、被災から立ち直って農業再生に向けて頑張り続ける農家の方々から、生き抜く力の糧を学び取り、どんな困難や苦難にも立ち向かう心を培う。
2.中学生が主導する地域防災訓練を毎年行い、地域防災の力と意識を年々高め、防災減災の知識とスキルを習得する。
3.地域貢献活動の活性化を図り、生徒会や部活動等の単位だけでなく、全校体制で小学校や地域に奉仕活動を展開する。
4.学校と地域が共通する目標である地域防災を、両者の連合体を組織して協働で推進し、共通目標の達成度を高める。

成果

1.メインプランである「中学生が主導する住民参加型の地域防災訓練」を毎年行い、地域防災力と防災意識を年々高め、防災・減災の知識やスキルと防災対応能力を育み、自助と共助の術を習得できる。そして、将来の地域防災を担う人材が育成され、毎年卒業生として増員されることにより、確実に地域防災力を向上させ、安全・安心な地域づくりに資することができる。
2.学校・中学生が地域を巻き込む防災教育を実践展開し、学校と地域の共通目標である地域防災力の向上と安全・安心な地域づくりに波及・寄与できる。さらに、これらの共通目標の達成度を高めるため、両者による連合体を組織することにより、連携・協働を推進できる。
3.「津波被災農家に弟子入り体験」等の本プランの実践により、中学生は大震災がもたらした現実を知り教訓を学び継承できる。そして、主体的に復興支援に取り組むことで、持続可能な社会づくりを担う人材を育むことができる。
4.防災教育を通じて学校と地域が協働し、教員・生徒と住民の関わりと繋がりを深め、両者の絆づくりを推進し、希薄な人間関係等の今日的な地域が抱える課題の解決を図る可能性が高められる。
5.本プランによる防災教育を通じて、生徒は“支えられる人”から“支える人、支え合う人”へ心と姿勢を変容させ、共助の心を通い合わせる豊かな人間性を育むことができる。
6.本プランの実践とその成果は、生徒や教員が積極的に外部発信し、防災教育に関する専門的有識者から第三者評価を受け、実践プランの確かな改善と進化を図り、防災教育の拡充・発展を推進できる。さらに、外部発信に努めることで、防災教育の重要性と必要性を伝えて実践校の拡充を図る。

報告資料 最終報告書(PDF形式)
団体紹介

昭和36年開校で、創立56年になる生徒数600人規模の学校である。学区はJR仙台駅から上り一駅に位置する副都心で、現在大規模再開発が行われ、商業施設や高層マンションが建設されている。一方で再開発以外の学区は約60haの広大な遺跡群で平成18年に国史跡に指定され、校舎内に遺跡保存スペースがあり、7世紀遺跡上に建つ学校である。震災後、学区内に230戸の仮設住宅が建てられたものの、現在は災害復興公営ビル3棟が建設された。また学区は一級河川の広瀬川と名取川に囲まれ、東北新幹線とJR線が併走し、国道と高速道路のICもある、交通と河川の要所である。

連絡先 022-248-0071