運営
内閣府政策統括官(防災担当)
協力
防災推進協議会

防災教育チャレンジプラン

防災力の向上を目指す、防災教育活動の情報提供の場

2018年度 高知県立大方高等学校

プラン名 高校生が作る「地区防災計画」
プランの対象 高校生
目的

これまで行われてきた津波避難訓練中心の防災教育から、被災後の生活のことを意識した新しい防災教育の展開を目指したプランである。従来の命を守るための避難訓練は変わらず大切にし、それに加えて生徒がより主体的に考え学ぶ活動にすることを重要視した。
「大方高校オリジナルHUG」(以下「オリジナルHUG」)の作成と実践を通して、地域の方、被災地の高校生、防災の専門家など沢山の人とつながり、その関わりのなかで多くのことを学ぶことができる。高校生が地域を知り、地域に貢献する喜びを知ることもこのプランの目的である。

内容

・「オリジナルHUG」作成。
・防災関係者や地域の方と連携し、「大方高校オリジナルHUG」の実践をする。
・避難訓練に加え、炊き出し訓練など生徒が主体的に学ぶ場をつくる。
・地域の方や近隣の小・中学生と、防災の取組を通じて交流する。

成果

・「オリジナルHUG」を形にし、防災関係者や地域の方と実践をすることができた。
・オリジナルHUG実践を通して、大方高校の避難所としての課題点、大方高校避難所運営マニュアルの問題点などを生徒が発見することができた。
・地域の方と役場の方と全校生徒と教職員で、初めてのオリジナルHUGを用いた避難所運営訓練を開催することができた。今後も改良を重ねて継続させていきたい。
・オリジナルHUG作成に取り組んだ「地域学」受講者や生徒防災委員を中心に、主体的に取り組むことによって生徒の防災意識が向上した。
・防災を通して学校外の人と関わることで、防災に取り組むことに対して生徒に自覚や責任感が生まれた。
・地域に貢献することや、防災の知識をつけることを通して、生徒の自己有用感が向上した。
・津波避難訓練に加え、生徒が企画をして炊き出し訓練を行った。被災時のことについて考える良いきっかけとなり、学校行事として定着させることができると思われる。

報告資料 最終報告書(PDF形式)
団体紹介

高知県立大方高等学校が位置する黒潮町は、南海トラフ地震で最大34メートルの津波高が予想されており、近年防災・減災活動により一層の力を注いでいます。
本校は規模の小さな学校ですが、その分地域の方々と一緒に活動する機会も多くあります。学校の周辺には、保育所、小学校、中学校があり、巨大地震に遭遇した際に高校生が果たす役割は大変重要なものになると考えています。在校中はもちろん、卒業後もそれぞれの場所で防災リーダーとして活躍できるような生徒を育てたいという思いがあり、防災教育を推進していきたいと思っています。

連絡先 0880-43-1079