全国 > 兵庫県(5)

行政・機関名 施設名 開館時間 休館日 利用料金 所在地 施設概要 一般参加
の可否
問い合わせ先 URL
阪神高速道路株式会社 震災資料保管庫 10:00~17:00 第1・3水曜・日曜日以外は休館 無料 兵庫県神戸市東灘区深江浜町11-1 兵庫県南部地震によって、阪神高速道路では多くの構造物に被害があった。被災経験を風化させることなく後世に継承するため、また、今後の防災対策の研究の一助となることを願い、被災構造物を34点展示している 一財)阪神高速道路技術センター 06-6244-6049 https://www.tech-center.or.jp/hokanko/inspection.html
危機管理部危機管理課 北淡震災記念公園 9:00~17:00 年中無休(12月に臨時休館あり) 大人700円(障がい者・介助者350円)中学・高校生300円(障がい者・介助者150円)小学生250円(障がい者・介助者120円) 兵庫県淡路市小倉177 地表に現れた地震断層のズレをありのままに保存し、地震の凄まじさと脅威を感じたうえ、地震に備える大切さを伝える施設である 0799-82-3020 http://www.nojima-danso.co.jp/nojima.html
兵庫県県土整備部土木局砂防課 仁川百合野町地すべり資料館 10:00~16:00 月・木曜日、年末年始 無料 兵庫県西宮市仁川百合野町10-1 阪神・淡路大震災によって起きた土砂災害の中で、最も大きな被害が出た仁川百合野地区の一角に開館。土砂災害の概要とその対策をガイダンスシアターや模型等の展示物で学ぶことができる 0798-51-5904 https://web.pref.hyogo.lg.jp/hsk06/hs04_1_000000023.html
赤穂市消防本部 赤穂市防災センター 9:00~17:00 毎週月曜日及び12月28日から1月4日 無料 兵庫県赤穂市加里屋1120-120 平成10年に設置。1階及び2階は展示ホール(昔の消防ポンプや赤穂市の災害記録、防災用品の展示、地震に備えての住まいの補強の模型などを展示)、3階は防災教育のために利用する多目的ホールや研修室となっている。また、放水体験や煙体験などの各種体験も実施している 0791-43-6881 https://www.city.ako.lg.jp/shoubou/soumu/dcc.html
総務部 危機管理室 防災センター(市役所東館) 1階 啓発コーナー 9:00〜17:30 土・日・祝 無料 兵庫県伊丹市千僧1-1 東日本大震災の被災地では、市役所などの防災拠点も大きな被害を受けた。行政機能が麻痺し、被災者が長期間大きな不安を感じる状況が続いた教訓から、災害対策機能と防災倉庫など様々な機能を備えた3階建ての「防災センター」を整備した 072-784-8166 kikikanri@city.itami.lg.jp http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/SOMU/KIKIKANRI/ITAMISI_BOSAI/1406251203330.html