全国 > 東京都

地域選択:

行政・機関名 施設名 開館時間 休館日 利用料金 所在地 施設概要 一般参加
の可否
問い合わせ先 URL
危機管理室防災課 防災センター啓発コーナー 9:00~15:45 12月29日~1月3日および、防災センター設備点検等のため、防災センターに立ち入ることができない日 無料 中央町1-9-7 防災センター内地下1階 煙体験コーナー、水消火器による初期消火コーナー、応急救護体験コーナーの体験設備がある。以前は地震の学習館施設として一般参加は可能だったが、現在は24年度の施設閉館に伴い、区内に主たる事務所を有し、かつ区内において事業活動を行う団体及び構成員の半数以上が区民である団体に利用を限定している。 03-5723-8700
福生市 防災食育センター 8:30~16:45 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月28日から1月3日まで) なし 福生市熊川1606番地1 避難所・災害備蓄庫・応急給食施設等の総合的な防災機能を備え、平常時には応急給食施設を活用して学校給食を提供する災害時対応施設です。(施設見学には事前申込が必要です。詳細は下記URLを参照してください。) 042-551-1344 http://www.city.fussa.tokyo.jp/education/supply/1007497.html
品川区役所 防災課 しながわ防災体験館 9:00 ~ 17:00 月曜・土曜・祝日・年末年始 無料 品川区広町2-1-36 防災センター2階 消火器、スタンドパイプの取り扱いや、要配慮者の避難誘導の方法などが学べる体験コーナーの他、 防災に関する映像の上映も行っています。 しながわ防災体験館(03-5742-9098) http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000027700/hpg000027669.htm
目黒区 防災センター 8:30~17:15 土曜、日曜、祝日 無料 目黒区中央町1-9-7 「防災センター啓発コーナー」での地震や火災発生時の模擬体験を通じた防災啓発事業を行っている。また、「起震車」・「煙体験ハウス」の防災訓練などの出向等も行っている。 5723-8700(目黒区防災課) なし
国土交通省 関東地方整備局 国営昭和記念公園事務所 そなエリア東京(東京臨海広域防災公園) 9:30~17:00(入場は16:30まで) 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)、年末年始および臨時休館日があります。 入館料無料 東京都江東区有明3丁目8番35号 「そなエリア東京」は、首都直下地震への「そなえ」を学べる全国唯一の施設です。もし大地震が起きたら、国や自治体などの支援体制が整うまでは、自力で生き残らなければなりません。その目安は3日間、72時間と言われています。その72時間、どう生き残るのか?地震の発生から避難までを体験し、タブレット端末を使ったクイズに答えながら生き抜く知恵を学ぶ、防災体験学習施設で、館内には被災した街並みが再現されており、リアルな防災体験が出来ます。 TEL:03-3529-2180 http://www.tokyorinkai-koen.jp/