まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

※寄稿者様へのご連絡は、各ご所属先へお問い合わせください。

佐藤敏郎(さとう・としろう)

佐藤敏郎(さとう・としろう)

宮城県の女川町、東松島市の中学校教諭として国語、防災を担当。
「小さな命の意味を考える会」代表
 震災で当時石巻市立大川小学校6年生の次女が犠牲に。

生年月日: 1963年8月29日
出身地:石巻市(旧河北町)生まれ、宮城教育大学卒業。
最近の地域防災・減災活動:
NPOキッズナウ、NPOカタリバ、スマートサバイバープロジェクト等で活動。女川さいがいFMのパーソナリティーも務めている。

・地域防災にはまったきっかけは?

3.11を体験した者として、未来の命を守るために何かしないではいられませんでした。勤務校の生徒も自分たちにできることを自主的にやり始めました。
それまでは「学級づくり」「行事」「生徒会」といった「人間関係づくり」活動に積極的でしたが、防災とは「地球との関係づくり」だと考えるようになりました。


・地域防災に関わって、改めて大切だと感じたことは?

生徒には「もしもはいつもの中にある」と話してきました。水や食糧などの備えはもちろん、習慣、信頼、そして命、災害時に必要なことは、すべてふだんから大切にすべきだったんだと気づきました。一日一日を抱きしめるように生きることです。


・地域防災・減災に取り組んでみて感じる今の社会課題は?

防災だけではありませんが、もっともっと、いろんなしがらみや枠組みを越えて、力を合わせていきたいです。そのためには形式的な借り物の言葉ではなく、自分の言葉を持ち、対話をすることだと思います。


・TEAM防災ジャパンの一員に推薦!という方をご紹介ください。

宮城県唐桑中学校 教頭 阿部一彦先生を推薦します。


・TEAM防災ジャパンへの想い、メッセージをお願いいたします。

私たちが東日本大震災で気づかされた多くのことは、震災の前に、悲しい思いをする前に気づくべきことでした。そのことを遠くの人に、未来の人に伝えたいです。

検索結果( 件)