まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

※寄稿者様へのご連絡は、各ご所属先へお問い合わせください。

明城徹也(みょうじょう・てつや)

明城徹也(みょうじょう・てつや)

特定非営利活動法人 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(通称:JVOAD)

生年月日:1970年10月14日
出身地:福井県
最近の防災・減災活動:
災害時の連携を考える全国フォーラム
 http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2016/07/JVOAD_forum2016_02-.pdf

・防災に踏み込んだ(取り組み始めた)きっかけは?

もともと海外において、紛争時の難民支援や自然災害の被災者支援といった「緊急人道支援」の分野で働いていたが、東日本大震災をきっかけに国内の災害における支援活動を行うようになった。東日本大震災での経験から、支援者間の連携における課題について同じ認識を共有する仲間があつまり、JVOADを立ち上げることになった。災害時における行政、企業、支援団体などとの連携を進めていき、支援の調整が行われるような仕組みづくりに取り組んでいる。


・ご自身の活動の中で、一番のエピソード(うまくいったことや、いかなかったことも)という事例をひとつあげてください。

東日本大震災の時に、初めて国内で支援活動を行ったのですが、なかなかNGOというものが理解されずに、国内でずっと防災の取り組みをしていた支援団体や地域の社会福祉協議会などと関係を作るのが難しかった。国内外の支援団体の活動状況をまとめようとしたが、うまく情報が集まらず、途中で断念する結果となった。


・防災活動は「つながり」が課題ですが、ご自身で感じる現状の課題についておしえてください。

それぞれの地域において、どういう人/団体がいて、災害時にはどういう役割を担うのか、「つながりづくり」をベースとした話し合いが進められたらと感じている。過去の災害の事例なども踏まえて、必要な支援の「抜け・漏れ・落ち・ムラ」をなくすため、地域の事情に合わせて、自分たちでできる部分はどこか、外部の支援をどう活用するか、考えていくことが大事だと思っている。


・ご自身の活動の中で、繋がれるといいなぁ(繋がってよかった)と思われる(地域、企業、団体、個人など)についてご紹介ください。

最近の災害では、ボランティアセンターに加えて、地域のNPO支援センターが重要な役割を果たすケースが増えてきている。広島、茨城、熊本での災害において、それぞれのNPO支援センターの方々と知り合えることができ、一緒に地域の支援について考えられたことが、今日のJVOADの活動につながっている。今後も、NPOだけでなく、地域の災害対応の担い手となる方々と繋がっていきたい。


・TEAM防災ジャパンサイトについて、期待されることについてメッセージをお願いいたします。

災害が発生すると、行政、企業、大学、NPOなど多くの方々が支援に関わりますので、その人たちが、何を目的に、どういう活動をしているのか、などお互いの理解が進むような役割を担ってほしいと思います。産官学民などのセクターを超えたつながりの「きっかけ」となるようなサイトになってほしいと思います。

検索結果( 件)