まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

矢部寛明(やべ・ひろあき)

NPO法人底上げ(気仙沼)

生年月日:1983年9月29日
出身地:埼玉県
最近の活動:NPO法人底上げ所属(気仙沼) http://www.sokoage.org/

・地域防災にはまったきっかけは?

震災直後気仙沼に移住し活動を始めたことがきっかけです。はまったというよりも体に染み付いたという感覚です・・(笑


・地域防災に関わって、改めて大切だと感じたことは?

日常が明日来るかわからない!ということです。


・地域防災・減災に取り組んでみて感じる今の社会課題は?

震災直後、電気が使えずあれだけ困ったのに結局、新しくできる蛇口は電気を必要とする自動式だし、便器は常に暖かさを保っているし。。。人間は結局楽な方、便利な方にいく生き物なんだなぁと痛感しています。(もちろん僕も含めて)


・TEAM防災ジャパンの一員に推薦!という方をご紹介ください。

日本で唯一の防災が学べる兵庫県立舞子高校環境防災科卒でボランティア活動の推進をしている今井直人くん。
そして防災食を広めながら、防災意識向上に尽力している小倉優香さんです。


・TEAM防災ジャパンへの想い、メッセージをお願いいたします。

いつ来るか分からない震災に対し活動することは忍耐が必要だと思います。しかしとても意味があることだと思います。震災が起きた後に(考えたくはないですが)このサイトが役に立った!と言う声が一人でもいればいいですね。