まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

※寄稿者様へのご連絡は、各ご所属先へお問い合わせください。

石橋勇人(いしばし・はやと)

2015年9月8日

石橋勇人(いしばし・はやと)

一般社団法人ツナグ防災 代表理事
香川県防災士会 事務局

生年月日:1984年6月12日
出身地:香川県
最近の防災・減災活動:
地元自主防災組織での訓練の計画立案や指導・講演
地域活性化イベントでの講演や防災グッズの紹介等の啓発活動
香川県防災士会の一員としての防災啓発活動

・地域防災にはまったきっかけは?

NPO法人オンザロードの災害支援ボランティアに参加した際に、被災者の方から「東北以外の地域の人は、自然災害についてどう考えているのかな?」と言われた事がきっかけでした。
支援はもちろん大事ですが、支援する側もまずは自分自身が被災する事を考えて、しっかり防災対策が出来ていなければならないと思い、自身の防災や地域防災について考え始めました。


・地域防災に関わって、改めて大切だと感じたことは?

社会的に地域防災の気運が高まり、政府や自治体も自主防災組織の結成や自主的活動を推奨していますが、主体となる住民が必ずしも災害、防災に対して経験や知識がある訳ではないので、有識者が間に入って支援する事で、より有意義な活動にしていくべきだと思います。


・地域防災・減災に取り組んでみて感じる今の社会課題は?

地域防災の要となる自主防災組織の母体は自治会であるが、近年の社会情勢、住居形態の変化などから、自治会の組織率や自治体への加入率が年々低くなっており、地域防災も局部化の傾向にあります。そこで地域の教育機関や自治体、福祉施設、企業、関連機関等々が、いかに関係を築き「まちづくり」と絡めて取り組んでいけるかが課題だと思います。


・TEAM防災ジャパンの一員に推薦!という方をご紹介ください。

NPO法人災害・防災ボランティアかわせみ代表理事谷岡やすしさんを紹介したいと思います。
谷岡さんは平成26年4月にNPO法人を立ち上げ、各地域で防災の勉強会を開いたり、コミュニティ作りを通して積極的に行政への支援や提案などを行っている方です。


・TEAM防災ジャパンへの想い、メッセージをお願いいたします。

このリレー投稿で人と人とが繋がる事で、少しでも社会の安心安全に繋がれば素晴らしい事だと思います。実りある活動になって欲しいと思います。
「我々は微力であっても無力ではない。」