まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

アクション!

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

防災すごろく、名古屋のデザイナーが開発

2016年3月9日

愛知県立芸術大を卒業し、デザイナーになって二年目の本多由季さんが、子どもも大人も楽しみながら防災のすべを学べるボードゲーム「いえまですごろく」を完成させた。日赤愛知県支部との共同制作で商品化。3/1、予約販売を始める。3~6人のプレーヤーがスタートするコマは、子どもが一人で過ごしていそうな塾、公園、ショッピングセンター、駅の4カ所。サイコロを振り、ゴールの「わが家で家族と再会」を目指す。問題を解決しないと前に進めないコマがあり、複数のプレーヤーが手持ちの「救助カード」などを出し合えば解決できるルールで、被災者同士の協力の大切さも学べる仕組み。
▼いえまですごろく
http://iemadesugoroku.jp/

  • 関連タグ: