アクション!

おすすめ(3件)

  • TEAM防災ジャパンは、ぼうさいこくたい2021で、「TEAM防災ジャパンお世話係メディアチーム担当」が主催する「防災・減災への新聞社の取り組み・役割」を、地元の岩手日報社やニュースパーク (日本新聞博物館)の協力を得て、2021年11月7日(日)に開催する。

    ニュースパーク (日本新聞博物館)が、今年開催した企画展「伝える、寄り添う、守る−『3・11』から10年」の展示の内容や、被災3県の新聞社も参加したシンポジウムの内容をビデオで共有。地元の岩手日報や、南海トラフ地震に向き合う取り組みを続ける中日新聞も参加、TEAM防災ジャパンのお世話係、アドバイザーなどとディスカッションを行い、災害時の報道ではない、平時からの防災・減災への新聞社の役割を議論する。

     zoomを使用してのオンラインと現地でのハイブリッド開催となる。

    【開催日時】2021年11月7日(日) 10時~11時30分 (現地・オンライン)
    ※開始15分前の9:45より入室受付開始

    ▼話題提供者(今後さらに増えます)
     ニュースパーク (日本新聞博物館)
     室崎益輝 兵庫県立大学減災復興政策研究科長
     川端章子 岩手日報社釜石支局長
     寺本政司 中日新聞社名古屋本社編集局長
     佐藤翔輔 東北大学災害科学国際研究所准教授 (TEAM防災ジャパンお世話係)
    ▼コメンテーター
     福和伸夫 名古屋大学減災連携研究センター教授 (TEAM防災ジャパンアドバイザー)
    ▼コーディネーター
     中川和之 時事通信社解説委員 (TEAM防災ジャパンアドバイザー)

    オンラインでの参加は事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請 (10月29日(金) 正午 締切)が必要となる。 (定員に達し次第、締め切り)

  • TEAM防災ジャパンはぼうさいこくたい2021で、「TEAM防災ジャパンお世話係企画チーム/こくたいチーム担当」が主催する交流会「防災のおとなりさん@いわて釜石」を2021年11月6日(土)に開催する。
    東日本大震災前から取り組んできたことがつながった方や震災を契機に新たなつながりができた方など、岩手県を中心に多様な活動に取り組んでこられた市民の方々の貴重な経験を伺う。
    zoomを使用してのオンラインと現地でのハイブリッド開催となる。

    【開催日時】
    2021年11月6日(土)10時30分~12時00分 (現地・オンライン)
    ※開始15分前の10:15より入室受付開始

    ▼話題提供者(今後さらに増えます)
     鹿野順一さん(@リアスNPOサポートセンター)
     葛巻徹さん(いわて連携復興センター)

    オンラインでの参加は事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請(10月29日(金)正午 締切)が必要となる。 (定員に達し次第、締め切り)

  • TEAM防災ジャパン 企画チームでは、シリーズ企画『被災地の「いま」』を2021年8月28日(土)にオンライン開催する。鳥取県西部地震から20年を迎えた鳥取県日野町にスポットを当て「見守り支え合う地域づくり~鳥取県西部地震被災後20年の取り組み~」をテーマに掲げている。
    鳥取県西部地震をきっかけに生まれた、日野ボランティア・ネットワークの山下弘彦さん、高田美樹さんを講師に招き、ボランティアを核とした新しい「地域づくり」の取り組みについて紹介いただく内容が予定される。

    【開催日時】
    2021年8月28日(土)10時00分~12時00分 (オンライン)
    ※開始15分前の9:45より入室受付開始予定
    【講師紹介】(敬称略)
    ◆山下弘彦(日野ボランティア・ネットワーク)
    鹿児島市出身。旅の途中で鳥取県西部地震に遭遇し、ボランティアとして活動したことをきっかけに日野町に暮らす。
    ◆高田美樹(日野ボランティア・ネットワーク)
    日野町の隣、日南町出身。2014年から5年間、子連れで鳥取県西部地震展示交流センター運営に関わる。
    【進行】(敬称略)
    阪本真由美(TEAM 防災ジャパンお世話係・兵庫県立大学)
    原耕平(鳥取県危機管理局)

    事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請(8月26日(木)正午 締切)が必要となる。
    (定員に達し次第、締め切り)

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるカテゴリーをお選びください。

新着順(10件)

  • 「ゼンリン自主防災マップ」モニター募集

    「ゼンリン自主防災マップ」モニター募集

    2020年08月26日

    株式会社ゼンリンは、自主防災組織からの意見内容を反映した自主防災マップを作成し、このほど、
    一緒になって地図作りに取り組むモニターの募集を開始した。
    募集期間は2020年8月24日〜2020年9月15日を予定しており、詳細はリンクURLから確認することができる。

  • 災害時ケアプランにVRフォトで「バーチャル避難訓練」車椅子目線と援助者視線で

    災害時ケアプランにVRフォトで「バーチャル避難訓練」車椅子目線と援助者視線で

    2019年04月04日

    一般社団法人VR革新機構が、防災と福祉の連携を推進するためVRフォトを活用した「バーチャル避難訓練」を2019年4月より開始する。台風や大雨の水害を想定した避難準備・高齢者等避難開始を対象として、事前に避難経路の確認を避難行動要支援者とその援助を行う方にパノラマビューを使いスマホやゴーグルでバーチャル避難訓練が行えるようにする。また、要望に応じて各種情報(トイレ・障害物・夜間撮影・注意事項など)も避難行動要支援者と援助を行う方と記載情報をそれぞれの立場で別々に掲載することも可能にする。そして、VRフォトの再撮影を担当する方を同機構の地元会員と育成し、サポートしながら防災に役立てていく。

  • 「Yahoo!防災速報」アプリ、防災関連情報を一つにまとめた新機能「防災手帳」を提供開始

    「Yahoo!防災速報」アプリ、防災関連情報を一つにまとめた新機能「防災手帳」を提供開始

    2019年03月28日

    Yahoo! JAPANが提供するスマートフォン向け防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」は、災害発生時に適切な行動ができるように、避難場所の登録や防災用品の確認など防災関連の情報をまとめた新機能「防災手帳」の提供を開始した。Yahoo!防災速報の画面右上をタップすると呼び出せる機能で、避難場所を10ヵ所まで登録できる「避難場所リスト」、自治体が作成した危険予想箇所などを確認できる「ハザードマップ」、「緊急連絡先」などの機能がある。

  • 「もしも」のときにどうするか。「防災学習ブック」・「防災学習かるた」

    「もしも」のときにどうするか。「防災学習ブック」・「防災学習かるた」

    2019年01月11日

    神戸学院大学による知見と株式会社明石スクールユニフォームカンパニーの全国の小中高の学校とのつながりを生かした産学連携プロジェクト「明石セーフティプロジェクト」が「防災学習ブック」と「防災学習かるた」を開発した。「防災学習ブック」は、小学校低学年用、小学校中学年用、小学校高学年用の3種類で、教員用の指導書と防災学習DVDが付属している。「防災学習かるた」は災害に対しての備え、対応行動、心得、知識、メッセージ、啓発を読み札に取り入れており、それぞれの札も項目別にマークで分けている。
    ▼明石スクールユニフォームカンパニー 「もしも」のときにどうするか。「防災学習ブック」・「防災学習かるた」を発表!
    http://akashi-suc.jp/company/newsrelease/webdir/78.html

  • ワンテーブル・JAXA共同で「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」を始動!

    ワンテーブル・JAXA共同で「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」を始動!

    2018年10月05日

    株式会社ワンテーブルと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、防災分野における新たな事業創出を目指し、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の事業コンセプト共創に関する覚書を締結した。この取り組みでは、被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指す。
    ▼JAXA 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180830_jsparc_j.html

  • 防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」

    防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」

    2018年09月07日

    シヤチハタ株式会社と東北大学災害科学国際研究所及び東北大学スマート・エイジング学際重点研究センターが共同で開発した、防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」が9/1(土)から受注販売される。土砂災害の恐れがある地域に合わせた仕様のスタンプで、スタンプラリーを行いながら災害への備えと被害を低減させるための行動を自分で考え、実践する力を育てる事を目指している。
    ▼シヤチハタ 防災・減災スタンプラリー
    https://www.shachihata.co.jp/stamprally_service/product/disaster_prevention.html

  • 防災豆知識を毎日掲載したダイアリーを分冊化!『防災+手帳』2019年版

    防災豆知識を毎日掲載したダイアリーを分冊化!『防災+手帳』2019年版

    2018年07月26日

    365日役立つ防災知識が学べる『防災+手帳』の2019年版。京都大学名誉教授で阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター長の河田惠昭氏が監修。東日本大震災の実体験から得た教訓を防災ノウハウとしてまとめ、防災豆知識を毎日掲載したダイアリーや、防災のさまざまな疑問に答える防災Q&A、毎月の防災テーマとチェックポイント、防災訓練実施項目一覧表など、役立つ知識が掲載されている。

  • 災害リスクを点数で見える化! LIFULL HOME‘S空き家バンク

    災害リスクを点数で見える化! LIFULL HOME‘S空き家バンク

    2018年07月26日

    地盤ネット株式会社は、株式会社LIFULLが提供している「LIFULL HOME’S空き家バンク」に地盤ネットのハザードマップ及び地盤安心スコアを掲載した形で6月14日よりサービスを開始した。地盤という専門的なデータを地盤安心スコアという形に視覚化することで、空き家購入検討ユーザーにとって「安心・安全」、「災害リスク」の2点の情報が入手可能となった。
    ▼LIFULL HOME’S 空き家バンク
    https://www.homes.co.jp/akiyabank/

  • 「和歌山県防災ナビ」アプリで避難支援 地図に最短経路

    「和歌山県防災ナビ」アプリで避難支援 地図に最短経路

    2018年06月14日

    和歌山県が(株)サイバーリンクスと共同開発した、スマートフォンやタブレット端末向け無料防災ポータルアプリ。災害発生時に安全に避難するための避難場所を簡単に検索できるほか、家族等が避難した場所の確認や、避難訓練に使える機能も盛り込まれている。
    ▼和歌山県 「和歌山県防災ナビ」アプリの配信について
    https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011400/bousai/d00155183.html

  • 全国の郷土かるた展2018『震災・防災と郷土かるた』

    全国の郷土かるた展2018『震災・防災と郷土かるた』

    2018年06月14日

    災害が詠まれた全国のかるたを集め、防災について考えてもらおうと東京・神田神保町の「奥野かるた店小さなカルタ館」で7/1(日)まで開かれている。過去の震災等がよまれている全国各地の郷土かるたや、東日本大震災や阪神淡路大震災等に関わって近年制作された郷土かるた、全国各地で制作されている防災かるたや関連資料を展示している。
    ▼奥野かるた店
    http://okunokaruta.jugem.jp/?eid=387