まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】浸水状況、避難所確認を 射水市が新ハザードマップ/富山

2020年5月1日

富山県射水市は水防法の改正に伴い、1000年に1回とされる大雨を想定した洪水ハザードマップを新しく作った。降雨の際の自宅周辺の浸水状況や、最寄りの避難所と避難時の道のりを確認してもらいたい考え。庄川、小矢部川、神通川、下条川、和田川が想定最大降雨によって増水し、堤防の複数の箇所が破損した場合の浸水予測に基づき、浸水範囲と浸水深を示した。災害時に緊急的に避難する「指定緊急避難場所」と被災して帰れなくなった人が滞在する「指定避難所」計121施設も掲載。警戒レベルに合わせた避難行動や、非常時の持ち出し品も紹介している。マップは表面は新湊地区西側、同地区東側と下地区、小杉地区、大門・大島地区の四種類があり、裏面は共通で市の全体図となっている。【4月29日 中日新聞より】
▼射水市 防災ガイドブック・防災マップ
https://sgportal.city.imizu.toyama.jp/guide/svGuideDtl.aspx?servno=5470

  • 関連タグ: