まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】佐賀県警、スマートグラスで訓練 災害時、人命救助に威力

2019年8月21日

佐賀県警は、災害時の人命救助を想定し、眼鏡型端末のスマートグラスなどを使った遠隔作業支援サービスを、全国の警察で初めて導入し、訓練を公開した。ソフトウエア開発会社のオプティムがシステムを提供する。スマートグラスで災害現場の映像を撮影すると、インターネットを通じて、遠隔地のパソコンなどで映像を見ることができる。さらに、パソコンから現場への作業指示を書き込み、スマートグラスで指示内容を確認できる。訓練は、大雨で家屋が倒壊したという設定で実施した。スマートグラスを着用した県警機動隊員が、離れた場所に設置した司令部に現場の状況を報告。司令部でパソコンを使って映像を確認し、画面上に印を付けるなどして隊員に指示した。【8月20日 佐賀新聞より】
▼株式会社オプティム 遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」、災害対策の支援機器として佐賀県警察へ提供開始
https://www.optim.co.jp/newsdetail/20190801-pressrelease

  • 関連タグ: