まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】東日本大震災からの10年間 地震の数は年々減少も注意 気象庁

2021年3月10日

気象庁によると、東日本大震災が発生した2011年から去年までの10年間に、東北沖の巨大地震の余震域で観測された地震の回数は57万207回だった。これは震災の前の2010年までの10年間に観測された地震の回数と比較すると、およそ3倍に増えたということである。マグニチュード5以上の地震の回数で見ると、去年までの10年間に1012回発生し、震災前の年の10年間と比べておよそ5倍に増えた。10年前に巨大地震が発生した東北から関東の沖合にかけての「日本海溝」沿いの領域では、今後もマグニチュード7以上の大きな地震が高い確率で発生すると評価されていて、気象庁は注意を呼びかけている。気象庁の鎌谷紀子地震情報企画官は「巨大地震の余震活動は大局的には減ってきているものの、先月の福島県沖の地震のように、時折、大きな地震が発生している。このような状況は今後も長い間続くと考えられ、地震活動には十分に注意をしてもらいたい」と話している。【3月9日 NHKニュースより】
▼気象庁 東日本大震災 ~東北地方太平洋沖地震~ 関連ポータルサイト
https://www.jma.go.jp/jma/menu/jishin-portal.html

  • 関連タグ: