まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】江戸川区、大規模水害時の事前避難に1泊3000円の補助金支給へ/東京

2021年2月4日

大規模水害時にほぼ全域で浸水被害が想定されている東京都江戸川区は、河川氾濫の恐れが高まった時に区外の宿泊施設へ自主避難する区民に対し、来年度以降、1泊3000円の補助金を支給する方針を固めた。江戸川区の補助は、大型の台風が接近する3日前に、江東5区(墨田、江東、足立、葛飾、江戸川区)が共同で各区民に避難準備を呼びかける「広域避難情報」を発令した時点で対象となる。実際に被害が生じなくても、1人当たり3泊分(計9000円)まで補助を支給する。区は1月にホテル団体や旅行業大手の近畿日本ツーリストと協定を締結。今後、区外約6000施設について区のホームページなどに掲載し、避難先の情報として活用してもらう。区防災危機管理課の本多吉成・統括課長は「自宅にとどまったり、高い場所へ逃げたりしても身動きが取れず、二次被害を生む可能性もある。補助により、広域避難を自主的に行う機運を高めたい」と話している。【2月3日 読売新聞より】

  • 関連タグ: