まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

JR四国、沿岸部列車に「避難シューター」 グループで初

2016年3月2日

JR四国は29日、津波発生時に列車内から避難するための「避難シューター」を高知や徳島の沿岸部を走る車両に配備すると発表した。東南海・南海地震などに備えるもので、こうした取り組みはJR各社で初という。量産して他社への販売も計画する。避難シューターはJR四国が独自に開発した。長さ2メートル50センチで幅80センチ、ポリエステル製。車両の正面扉下部とレールにシューターの両端を結んで固定し、乗客に滑り降りてもらう。飛行機用など勢いよく滑るタイプと異なり、できるだけ滑らないようにした。鉄道の場合、はしごや飛び降りの方が避難が早いため、足の弱った高齢者や妊婦らを対象にして、座った姿勢から安全に進めるよう工夫した。乗務員が数分で避難用に設置できるという。【3月1日 日本経済新聞より】

  • 関連タグ:

最新記事