まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

時東ぁみ(ときとう・ぁみ)

(株)サンミュージックプロダクション

生年月日:1987年9月25日
出身地:東京都
最近の防災・減災活動:
・2017年3月10日 TV静岡「いのちを守る、コレカラノ防災」
・2017年7月22日 サマーコンファレンス2017 未来博覧会
・2017年9月~10月 みんなの防災+ソナエ(和歌山、倉敷、大阪、)
・2017年10月11日、12日 みんなのアレルギー EXPO 2017

・防災に取り組み始めたきっかけは?

小さい頃からボランティアやチャリティー活動というのが好きでよくやっていて、11年前に当時のプロデューサー つんく♂さんに“防災士”という資格を勧められ取得しました。防災士という資格を知らなかったのですが、これを取得することで家族が守れる!と思い取ったのを覚えています。そこから防災士 時東ぁみとしてお仕事もたくさんやらせていただくなるようになりました。


・ご自身の活動の中で、一番のエピソード(うまくいったことや、いかなかったことも)という事例をひとつあげてください。

私のような芸能活動をしてることで、メディアやイベントを使い多くの方の防災意識を上げられていると思います。最近だと防災ソングを作りイベントなどで披露しています。


・防災活動は「つながり」が課題ですが、ご自身で感じる現状の課題についておしえてください。

「つながり」といえば、SNSに頼り切っているところが課題の一つだと思います。常にSNSを使い連絡を取ったりしてるので、実際に使えなくなったときにかなりの混乱を起こすと思います。SNSではなく、安否確認ができるような連絡方法を家族や学校、会社などでもっと話し合うべきだと思います。


・ご自身の活動の中で、繋がれるといいなぁ(繋がってよかった)と思われる(地域、企業、団体、個人など)についてご紹介ください。

「みんなの防災+ソナエ」 のメンバーの一員として防災イベントや防災番組を通じて大阪、岡山、和歌山、静岡などたくさんの地方に行かせていただいたのですが、全国回ることがまだまだできていないので、まだ行けていない地域に行きたいです!


・TEAM防災ジャパンサイトについて、期待されることについてメッセージをお願いいたします。

“防災”というのがお堅いもの、暗い、面白くない、男性イメージというのが強いと思ので、それを変えられるように少しでも心が明るくなるような防災情報を引き続き発信してほしいです!私も頑張ります!