まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

※寄稿者様へのご連絡は、各ご所属先へお問い合わせください。

矢野忠義

2022年2月9日

矢野忠義 (やのただよし)

一般社団法人 助けあいジャパン

主な活動地域:

東京都 全域

最近の防災・減災活動:

防災を取り組み始めたきっかけは?

Cancer Giftです。
生かされた人生、もぅ後悔しない、本当で本物の自分ハッピーは?と自問している内、
地域や人に1mmでもよいコトを!と、こちらに歩んでおりました。


ご自身の活動の中で、一番のエピソード(うまくいったことや、いかなかったことも)という事例をひとつあげてください。

デザインした「みんな元気になるトイレ」の派遣システムが災害時に機能、
目標:3日以内の派遣に対し、要請翌日に設置・運用開始でき、トイレの我慢を低減できたコトです。

参加自治体保有の「みんな元気になるトイレ」を如何に有機化・有効化するのか
自治体はじめ関係者の経験、英知のご提供、ご協力の賜物と、改めてこの場をかりお礼申し上げます。
本当に本当にありがとうございました。


防災活動は「つながり」が課題ですが、ご自身で感じる現状の課題についておしえてください。

超情報過多 + チャーミング&DX不足
 = 3割:行動、4割:関心あるが動かず、3割:無関心
DXで整理・選抜・出力 + チャーミング、なんかイイ
 = 喚起と継続


TEAM防災ジャパンサイトについて、期待されることについてメッセージをお願いいたします。

ヒト:クリエイティブ、コンサルやデジタルリテラシーある人材の勧誘・参加
コト:課題に対するマッチング、ハッカソン、インキュベーション等のソリューションの催し