まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

「稲むらの火 継承宣言」の公表(「世界津波の日」2018高校生サミットin和歌山)

2018年11月22日

※資料の使用や転載に関しては、制作元にお問い合わせください。

「世界津波の日」2018高校生サミットin和歌山が10月31日から11月1日にかけて開催された。世界48ヵ国の高校生が集まり、地震や津波などの自然災害から命を守るために何をすべきか、何ができるかを話し合って共有した。
世界中の防災意識をさらに向上させていくため、若い世代が濱口梧陵をはじめとする偉大な先人の志を継承し、サミットにおいて学んだ「災害から命を守る」ためになすべきことを、それぞれの国において、一人一人が実践していく決意が宣言された。

  • 関連タグ: