アクション!

おすすめ

  • 町歩き&スタンプラリー感覚でチェックポイントを巡る防災ロゲイニングを3月16日(土)に東京臨海広域防災公園 そなエリアにて開催する。チェックポイントは防災や災害に関係する場所やモノで、それぞれのチェックポイントには点数がついており、さらに全部のチェックポイントで防災に関するクイズを出題する。また、Bosai ロゲイニング終了後には、レクチャールームにて防災講習会を行ない、ロゲイニングの防災クイズの内容を詳しく講習する。

  • 「地区防災計画フォーラム2019」を大阪にて開催します。

    日 時:2019年3月16日(土)13時30分~16時30分
    場 所:TKPガーデンシティ大阪淀屋橋 19階

    【プログラム】
    1.開会挨拶
    2.講 演
     ・大阪府・大阪市における自助・共助の取組(仮題)
     ・今後の地区防災計画の促進 ~大阪府北部地震を踏まえて~
    3.内閣府による地区防災計画関連調査の現況報告
    4.パネルディスカッション
     ・各地区からの最新事例の紹介を踏まえ、地区防災計画
     ・策定の拡大・促進方策や今後期待される取組について
     ・地区防リーダーが議論をします
    5.閉会挨拶

  • 「防災推進国民大会2019」開催に向けて、本日、「出展者公募のご案内」を公表します。
    今年の4月15日より出展者公募を開始いたしますので、出展のご検討のほどお願いいたします。
    出展までのスケジュールと防災推進国民大会の概要は下記の通りです。詳細は「出展者公募のご案内」にてご確認ください。



    【出展までのスケジュール】
    ○出展申込受付 ※公式HP(http://bosai-kokutai.jp/)
    ・4月15日(月)~5月24日(金)12時00分まで
    ○出展検討者向け説明会 ※事前に申込みが必要
    ・4月18日(木)14時00分から(内閣府庁舎内)
    ・4月22日(月)14時00分から(名古屋市役所庁舎内)
    ○出展者向け説明会 ※出展者決定は6月中旬を予定
    ・7月中旬予定

    【防災推進国民大会2019概要】
    ○開催日:2019年10月19日(土)~20日(日)
    ○開催場所:名古屋市ささしまライブ24エリア(名古屋コンベンションホール・パークエリア・キャナルゲートエリア)

    ********************************************************************************
    本件問合せ先:内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)付
      長田(参事官補佐) 鈴木(主査) 馬場(主査)
    TEL:03-3502-6984 FAX: 03-3581-7510
    ********************************************************************************

    ぼうさいこくたいの公式HPは以下のアイコンからご覧ください。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 防災×アウトドア・スポーツ「Bosai ロゲイニング」

    防災×アウトドア・スポーツ「Bosai ロゲイニング」

    2019年02月14日

    町歩き&スタンプラリー感覚でチェックポイントを巡る防災ロゲイニングを3月16日(土)に東京臨海広域防災公園 そなエリアにて開催する。チェックポイントは防災や災害に関係する場所やモノで、それぞれのチェックポイントには点数がついており、さらに全部のチェックポイントで防災に関するクイズを出題する。また、Bosai ロゲイニング終了後には、レクチャールームにて防災講習会を行ない、ロゲイニングの防災クイズの内容を詳しく講習する。

  • ~1.17と3.11をつなぐ~「宝塚防災ラジオdeウォーク」

    ~1.17と3.11をつなぐ~「宝塚防災ラジオdeウォーク」

    2019年02月14日

    ラジオを聴きながら家族や友人と歩いて防災とまちを知るイベント「宝塚防災ラジオdeウォーク」が3月10日(日)に開催される。同イベントは、震災を知らない若い世代にもその教訓を語り継いでいくための、体を動かして楽しみながら防災・減災を考えるウォーキングイベント。コースは全長約7.5キロで、旧松本邸や千吉稲荷神社、宝の塚の碑、伊子志の渡し跡などコースの途中にある地域の避難所や災害危険予想箇所、被災箇所などを巡るスタンプラリーが行われるほか、エフエム宝塚の防災特別番組を聴きながら防災に対して自助意識を身に付けることができる。また、ゴール会場では炊き出しや自衛隊による足湯、企業や団体による防災ブースが展開される。

  • 防災用語、多言語に翻訳 神戸の学生ら翻訳活動

    防災用語、多言語に翻訳 神戸の学生ら翻訳活動

    2019年02月07日

    関西大学社会安全学部の近藤誠司准教授(災害情報論)のゼミ生たちが、外国にルーツを持つ児童も通う神戸市立真陽小学校で、災害時に欠かせない日本語を3カ国語で紹介する取り組みを行っている。2014年から児童と一緒に防災・減災をテーマにした校内放送向けの番組制作に携わり、2017年から、防災版学校便り「ぼうさいタイムズ」を発行する。外国出身の児童・保護者にこそ防災知識を届けたい」と、2018年度から多言語コーナーを設けた。災害時の避難や被災後の生活に役立つ日本語を、ベトナム語、韓国語、英語に訳し、ルビ付きで掲載している。
    ▼神戸市立真陽小学校
    http://www2.kobe-c.ed.jp/sny-es/

  • みんなで高めよう、まちの防災力!「目白台運動公園 防災フェスタ」

    みんなで高めよう、まちの防災力!「目白台運動公園 防災フェスタ」

    2019年02月07日

    東京都文京区にある文京区立目白台運動公園では、地域の防災力向上のために、2019年2月17日(日)に今回で7年目となる「目白台運動公園 防災フェスタ」を開催する。企画から当日の運営までを消防、警察、防災課、近隣町会と協力して行う、地域が一体となって取り組む。公園内には起震車や煙体験ハウスが設置されるほか、消火器訓練やAED訓練など様々な防災体験に無料で参加できる。

  • 兵庫県西宮市 第2弾「体感型防災アトラクション」

    兵庫県西宮市 第2弾「体感型防災アトラクション」

    2019年02月07日

    兵庫県西宮市が「体感型防災アトラクション」を2月9日(土)に西宮市フレンテホールで開催する。わずかな時間のなかで、家族や仲間と協力してミッションをクリアしながら、災害現場からの脱出を目指す。

  • 火山列島”日本”に暮らす、すべての人に読んでほしい!! 『火山のしくみ パーフェクトガイド』

    火山列島”日本”に暮らす、すべての人に読んでほしい!! 『火山のしくみ パーフェクトガイド』

    2019年02月07日

    「なぜ日本にはたくさんの火山があり、噴火するのか」そんな疑問に答えるべく、火山ができるしくみや火山の種類、噴火のメカニズムといった基礎知識を詳しく解説している。また、噴火による災害やその防災対策、噴火予知などについての最新情報も掲載している。

  • つくば市初!宇宙での生活から学ぶ防災教室を開催!

    つくば市初!宇宙での生活から学ぶ防災教室を開催!

    2018年12月21日

    茨城県つくば市が、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の取組の1つである「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」のソーシャルパートナーに就任した。この取組は、防災分野における新たな事業創出を目指したものであり、今後、宇宙×防災の視点を取り入れた防災教育活動の展開や防災意識の醸成を図るとともに、防災市場の新たな仕組み作りや備蓄食料のあり方の検討、また新たな市場創出に向けて取組を進めていく。第1弾の取組として、12月1日に、大穂学園つくば市立吉沼小学校での「防災教室×宇宙」で、JAXA、株式会社ワンテーブルと連携した教育プログラムを実施した。
    ▼大穂学園つくば市立吉沼小学校 防災訓練・防災教室
    https://www.tsukuba.ed.jp/~yoshinuma/?p=9110

  • 明石南高等学校 めいなん防災ジュニアリーダー考案「にげろ!あにまるず」

    明石南高等学校 めいなん防災ジュニアリーダー考案「にげろ!あにまるず」

    2018年12月21日

    兵庫県立明石南高等学校の「めいなん防災ジュニアリーダー」が、地震発生時の対応や避難行動を楽しみながら学ぶゲーム「にげろ!あにまるず」を考案し、11月23日に行なわれた鳥羽小学校区防災訓練で実施した。1チーム3~5人で、うち一人はアイマスクを付けて視覚障害者となる。就寝中に地震が起こったことを想定。参加チームは「熊」「ウサギ」「ヒヨコ」いずれかの帽子をかぶり、緊急地震速報が鳴ると頭を守る。約10秒間の地震音の後、1分以内に避難生活に必要なものを10品だけ選びリュックに入れないと家が倒壊するという設定。その後、倒壊した家のがれきなどを想定した障害物をクリアしながら3分以内に避難する。

  • ImPACTシンポジウム ~ImPACTが変革する災害対応~

    ImPACTシンポジウム ~ImPACTが変革する災害対応~

    2018年11月29日

    総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) は、12月20日に仙台にて「ImPACTが変革する災害対応」と題したシンポジウムを実施する。ImPACTは、実現すれば産業や社会のあり方に大きな変革をもたらす革新的な科学技術イノベーションの創出を目指し、16プログラムによりハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発を推進している。
    今回は、ImPACTにおいて、災害発生に即応し、被害を抑え、さらには早期復興・復旧を可能とするなど災害現場の変革を目指す研究開発テーマに着目し、それらの研究開発状況や将来展望について発表を行うシンポジウムを開催する。

  • 「わたしが伝える・未来へ伝える“防災環境都市・仙台”」 仙台防災未来フォーラム2019 アートコンクール

    「わたしが伝える・未来へ伝える“防災環境都市・仙台”」 仙台防災未来フォーラム2019 アートコンクール

    2018年11月29日

    宮城県仙台市が来年3月10日、東日本大震災の伝承と防災啓発の在り方を市民と共に考える「仙台防災未来フォーラム2019」を仙台国際センターで開催する。市はアート作品の出品や、防災や復興に携わる企業・団体の出展、プレゼンテーションを募っている。初めての開催となるアートコンクールは小学生以下、中高生、一般の3部門を設定。テーマに沿った各種作品を募集する。応募締め切りは来年1月31日。出品無料。