アクション!

おすすめ

  • 宮城復興支援センターは、こども防災協会と共催で、東日本大震災・熊本地震支援事業として、留学生と一緒に英語で防災知識を学べる「国際交流イングリッシュキャンプ2018」を開催する。出発エリアは埼玉、福岡、静岡、千葉、大阪、愛知、東京、神奈川、兵庫、京都。対象は小学1年から6年生で、外国人留学生、日本人海外留学経験者などが引率する。7月、8月の夏休み期間のほか、エリアによっては10月以降も開催される。
    ▼宮城復興支援センター 国際交流イングリッシュキャンプ
    http://www.ganbaro-miyagi.com/esc/

  • 渋谷防災実行委員会は、渋谷区と共催し、3回目となる 渋谷区総合防災訓練を9/1(土)2(日)に代々木公園にて開催する。東京消防庁が導入したゴーグル型の端末による360度の立体的な映像で地震や火災、風水害の状況が体感できる日本初の「VR防災体験車」や起震車が登場するほか、消防士体験VR、煙体験、放水訓練等が体験できる。また、新しい取り組みとして、発災時のリアルな予行演習ができる「体感型 防災アトラクションR」LIFE LINE Ⅱの体験や、フットサルやサッカーを通じて防災や減災のための知識を学ぶことのできるサッカー防災Rワークショップの「ディフェンス・アクション」も体験できる。
    ▼渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~
    http://www.shibuya-bosai.tokyo/

  • 一般社団法人防災ガールが、津波防災の普及啓発プロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」の一環で遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」を開発した。ゲームをプレイするだけで、だれでも正しい避難行動が理解できるように設計されており、実際の災害時を想定し、実現可能な防災のみを反映させたリアルな学びが得られる。7/30(月)まで、クラウドファンディングで製作費を募集している。
    ▼海と共に生きる未来のため、たのしみながら津波防災が学べるカードゲームを届けたい!
    https://camp-fire.jp/projects/view/87418

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 小学生対象、英語で留学生と防災知識を学ぶ「国際交流イングリッシュキャンプ」

    小学生対象、英語で留学生と防災知識を学ぶ「国際交流イングリッシュキャンプ」

    2018年08月09日

    宮城復興支援センターは、こども防災協会と共催で、東日本大震災・熊本地震支援事業として、留学生と一緒に英語で防災知識を学べる「国際交流イングリッシュキャンプ2018」を開催する。出発エリアは埼玉、福岡、静岡、千葉、大阪、愛知、東京、神奈川、兵庫、京都。対象は小学1年から6年生で、外国人留学生、日本人海外留学経験者などが引率する。7月、8月の夏休み期間のほか、エリアによっては10月以降も開催される。
    ▼宮城復興支援センター 国際交流イングリッシュキャンプ
    http://www.ganbaro-miyagi.com/esc/

  • 防災・減災シンポジウム「いつかの地震に備える」

    防災・減災シンポジウム「いつかの地震に備える」

    2018年08月09日

    群馬県、群馬県建設技術センター、上毛新聞社の主催で、防災・減災シンポジウム「いつかの地震に備える~平安時代の大地震、弘仁地震から1200年~」を8/17(金)に前橋市の群馬県公社総合ビル多目的ホールで開催する。1200年前の弘仁9(818)年に関東地方全域に大被害をもたらした「弘仁地震」を題材に、熊本地震をはじめ頻繁に発生する内陸の大地震について学び、今後の防災対策を考える。

  • 渋谷に集う、みんなのための防災フェス『渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~』

    渋谷に集う、みんなのための防災フェス『渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~』

    2018年08月09日

    渋谷防災実行委員会は、渋谷区と共催し、3回目となる 渋谷区総合防災訓練を9/1(土)2(日)に代々木公園にて開催する。東京消防庁が導入したゴーグル型の端末による360度の立体的な映像で地震や火災、風水害の状況が体感できる日本初の「VR防災体験車」や起震車が登場するほか、消防士体験VR、煙体験、放水訓練等が体験できる。また、新しい取り組みとして、発災時のリアルな予行演習ができる「体感型 防災アトラクションR」LIFE LINE Ⅱの体験や、フットサルやサッカーを通じて防災や減災のための知識を学ぶことのできるサッカー防災Rワークショップの「ディフェンス・アクション」も体験できる。
    ▼渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~
    http://www.shibuya-bosai.tokyo/

  • 遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」

    遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」

    2018年07月26日

    一般社団法人防災ガールが、津波防災の普及啓発プロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」の一環で遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」を開発した。ゲームをプレイするだけで、だれでも正しい避難行動が理解できるように設計されており、実際の災害時を想定し、実現可能な防災のみを反映させたリアルな学びが得られる。7/30(月)まで、クラウドファンディングで製作費を募集している。
    ▼海と共に生きる未来のため、たのしみながら津波防災が学べるカードゲームを届けたい!
    https://camp-fire.jp/projects/view/87418

  • 一般社団法人協働型災害訓練「災害発生時に利活用可能な防災コンテンツ・防災リソース」

    一般社団法人協働型災害訓練「災害発生時に利活用可能な防災コンテンツ・防災リソース」

    2018年07月26日

    一般社団法人協働型災害訓練が、平成30年7月豪雨への対応を行っている防災組織関係者へ向けて、災害発生時に利活用可能な防災コンテンツ・防災リソースを公開している。避難所や自宅避難者の医療情報の把握と共有に役立つ医療に特化したソーシャル医療連携プラットフォームや、地域情報共有・収集ツールとして活用し、地図情報として公開することが可能なeコミマップなどを紹介している。
    ▼協働型災害訓練in杉戸
    https://www.icsjapan.org/cdt

  • 「その時」子どものいのちを守る自信はありますか?「防災ママカフェ@六本木」

    「その時」子どものいのちを守る自信はありますか?「防災ママカフェ@六本木」

    2018年07月19日

    (一社)スマートサバイバープロジェクトかもんまゆ氏による「防災ママカフェ®六本木」を7/21(土)にNatural Kitchen yoomi 六本木にて開催。東日本大震災や熊本地震で乳幼児ママが直面した「実際はこうだった」被災地ママのリアルな声と知恵が詰まったママのための防災BOOKの他、映像、スライドを使って、具体的な実例をもとに、乳幼児ママ向けの備災講座を行う。

  • JR東日本横浜支社「津波避難を体験する  団体列車ツアー」

    JR東日本横浜支社「津波避難を体験する 団体列車ツアー」

    2018年07月19日

    JR東日本横浜支社が、一般参加者を募集して、9/1(土)に津波を想定した避難訓練を実施する。地震発生により津波警報が発表されたという想定のもと、訓練用に団体専用臨時列車を大船~横須賀駅間で運転し、横須賀駅構内にて乗客がハシゴを使用しない方法で車両から降車し、避難誘導を行う。

  • 自ら考え避難地図をつくり、それを持ってまちを歩く「逃げロゲ!」

    自ら考え避難地図をつくり、それを持ってまちを歩く「逃げロゲ!」

    2018年07月09日

    避難地形時間地図、通称「逃げ地図」と、地域街歩きイベント「ロゲイニング」 を組み合わせた防災プログラム。自ら考えた逃げ地図を持って外に出て、2時間の制限時間で津波避難タワーや津波避難ビルを巡り、得点を競うロゲイニングに挑戦。地図上で想定した時間通りに到達できるかや、ルート上に避難を妨げるような障害物がないかを確認し、地図に注意点を書き加える。事業を通じて「リスク・コミュニケーション」の重要性を知ることで、楽しみながら地域防災につなげることができる。

  • みやぎ防災・減災円卓会議 災害時の備え体で学ぶ「防災運動会」

    みやぎ防災・減災円卓会議 災害時の備え体で学ぶ「防災運動会」

    2018年07月09日

    東日本大震災の教訓の伝承と防災啓発の強化を目指す連携組織「みやぎ防災・減災円卓会議」が、災害発生時に役立つプログラムを競技に採り入れた「防災運動会」を初めて開催した。防災知識を問う「減災○×クイズ」、持ち出し袋に指定の避難グッズを詰め込む「災害時借り物競走」、車いす利用者との避難を体験する「車いす避難リレー」や、災害時に時間や手間をかけずに作るサバイバル飯の試食、防災に関連したアトラクションショーが行われた。今後、学校や町内会などに呼び掛けて普及を図る。
    ▼防災運動会2018
    http://entaku.main.jp/entaku/sportsday2018/

  • 減災チーム・トイレの備え「携帯トイレトレーニング」

    減災チーム・トイレの備え「携帯トイレトレーニング」

    2018年06月28日

    携帯トイレトレーニングとは、「携帯トイレ(水を使わないトイレ)」の練習。体験の目的、対象、スタイル(やり方)などを写真やテキスト、動画を使って具体的に公開している。自治体、企業、自主防災会など、さまざまな個人や団体のトイレトレーニングの依頼にも応え、バックアップ・サポートしている。