アクション!

おすすめ(3件)

  • TEAM防災ジャパンは、ぼうさいこくたい2021で、「TEAM防災ジャパンお世話係メディアチーム担当」が主催する「防災・減災への新聞社の取り組み・役割」を、地元の岩手日報社やニュースパーク (日本新聞博物館)の協力を得て、2021年11月7日(日)に開催する。

    ニュースパーク (日本新聞博物館)が、今年開催した企画展「伝える、寄り添う、守る−『3・11』から10年」の展示の内容や、被災3県の新聞社も参加したシンポジウムの内容をビデオで共有。地元の岩手日報や、南海トラフ地震に向き合う取り組みを続ける中日新聞も参加、TEAM防災ジャパンのお世話係、アドバイザーなどとディスカッションを行い、災害時の報道ではない、平時からの防災・減災への新聞社の役割を議論する。

     zoomを使用してのオンラインと現地でのハイブリッド開催となる。

    【開催日時】2021年11月7日(日) 10時~11時30分 (現地・オンライン)
    ※開始15分前の9:45より入室受付開始

    ▼話題提供者(今後さらに増えます)
     ニュースパーク (日本新聞博物館)
     室崎益輝 兵庫県立大学減災復興政策研究科長
     川端章子 岩手日報社釜石支局長
     寺本政司 中日新聞社名古屋本社編集局長
     佐藤翔輔 東北大学災害科学国際研究所准教授 (TEAM防災ジャパンお世話係)
    ▼コメンテーター
     福和伸夫 名古屋大学減災連携研究センター教授 (TEAM防災ジャパンアドバイザー)
    ▼コーディネーター
     中川和之 時事通信社解説委員 (TEAM防災ジャパンアドバイザー)

    オンラインでの参加は事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請 (10月29日(金) 正午 締切)が必要となる。 (定員に達し次第、締め切り)

  • TEAM防災ジャパンはぼうさいこくたい2021で、「TEAM防災ジャパンお世話係企画チーム/こくたいチーム担当」が主催する交流会「防災のおとなりさん@いわて釜石」を2021年11月6日(土)に開催する。
    東日本大震災前から取り組んできたことがつながった方や震災を契機に新たなつながりができた方など、岩手県を中心に多様な活動に取り組んでこられた市民の方々の貴重な経験を伺う。
    zoomを使用してのオンラインと現地でのハイブリッド開催となる。

    【開催日時】
    2021年11月6日(土)10時30分~12時00分 (現地・オンライン)
    ※開始15分前の10:15より入室受付開始

    ▼話題提供者(今後さらに増えます)
     鹿野順一さん(@リアスNPOサポートセンター)
     葛巻徹さん(いわて連携復興センター)

    オンラインでの参加は事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請(10月29日(金)正午 締切)が必要となる。 (定員に達し次第、締め切り)

  • TEAM防災ジャパン 企画チームでは、シリーズ企画『被災地の「いま」』を2021年8月28日(土)にオンライン開催する。鳥取県西部地震から20年を迎えた鳥取県日野町にスポットを当て「見守り支え合う地域づくり~鳥取県西部地震被災後20年の取り組み~」をテーマに掲げている。
    鳥取県西部地震をきっかけに生まれた、日野ボランティア・ネットワークの山下弘彦さん、高田美樹さんを講師に招き、ボランティアを核とした新しい「地域づくり」の取り組みについて紹介いただく内容が予定される。

    【開催日時】
    2021年8月28日(土)10時00分~12時00分 (オンライン)
    ※開始15分前の9:45より入室受付開始予定
    【講師紹介】(敬称略)
    ◆山下弘彦(日野ボランティア・ネットワーク)
    鹿児島市出身。旅の途中で鳥取県西部地震に遭遇し、ボランティアとして活動したことをきっかけに日野町に暮らす。
    ◆高田美樹(日野ボランティア・ネットワーク)
    日野町の隣、日南町出身。2014年から5年間、子連れで鳥取県西部地震展示交流センター運営に関わる。
    【進行】(敬称略)
    阪本真由美(TEAM 防災ジャパンお世話係・兵庫県立大学)
    原耕平(鳥取県危機管理局)

    事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請(8月26日(木)正午 締切)が必要となる。
    (定員に達し次第、締め切り)

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるカテゴリーをお選びください。

新着順(10件)

  • 帰還した富岡町をゲキでゲンキにしよう!みんな集まれ!町民劇

    帰還した富岡町をゲキでゲンキにしよう!みんな集まれ!町民劇

    2019年01月11日

    富岡町3.11を語る会は、2013年4月から震災の実情、避難生活の現状、被災者の心情、復興への想い等、語り伝えていく「語り人(べ)」口演」を実施している。町民が語り人になって、年間200口演以上実施し、今まで4万人以上の人に、富岡町民の声を届けてきた。富岡町を「わが町」と思い、新たなコミュニティを創出するために、町民による富岡町を題材にした町民劇を1月26日に開催する。

  • 朝倉グリーンツーリズム協議会「九州北部豪雨 体験教訓バスツアー」

    朝倉グリーンツーリズム協議会「九州北部豪雨 体験教訓バスツアー」

    2018年11月08日

    平成29年7月の九州北部豪雨で甚大な被害を受けた福岡県朝倉市の被災者らが自らの体験を伝える「教訓バスツアー」。まだ傷跡が多く残る被災地見学と被災地応援として被災地で今が旬の果物狩りを楽しむことができる。11/13(火)の杷木松末ツアーは濁流が家や農地を押し流した地区を訪ねる。11/27(火)の比良松・山田ツアーのうち山田は、流木と土砂に埋まった農産物直売所「三連水車の里あさくら」の関係者が、被害を発生させたため池などを案内する予定である。

  • 東日本大震災で被災した女性たちが、写真と声を通して多様な視点から被災経験を記録・発信「フォトボイス・プロジェクト」

    東日本大震災で被災した女性たちが、写真と声を通して多様な視点から被災経験を記録・発信「フォトボイス・プロジェクト」

    2018年07月09日

    フォトボイスとは、被災者が自らの視点で撮った「写真」と、それにつけた「声(ことば)」を通して、その心情や撮影者を取りまく状況、地域社会の課題を社会に発信すること。東日本大震災等の被災した女性達等、自分自身の経験や地域の状況を写真に撮り、自分たちの経験を継続的にグループで語り合っていく中で、その意味付けや、整理をして行う等の支援を行っている。

  • 今を残そうVR「災害復興ビュー」全国のフォトグラファーと対応

    今を残そうVR「災害復興ビュー」全国のフォトグラファーと対応

    2018年07月09日

    一般社団法人VR革新機構が、ストリートビューで外観や敷地内、屋内を広く発信、パノラマビューの専用サイトで情報の登録やSNS、動画サイトに投稿するサービス「災害復興ビュー」を2018年9月1日(土)より開始する。また、その画像をアーカイブ化することも可能で、自治体や関係団体と共有。そして復興に向けた取り組みや成果を再度撮影する。今回、大阪地震で被災した会員の有限会社ヨミハンオリコミを中心とした被災地の個別360°撮影を7~8月に予定しており、それぞれの立場で撮影を請け負える登録フォトグラファーを募集している。
    ▼災害復興view
    https://dr.view.jp.net/

  • 阪神大水害から80年 当時の情報を求めています

    阪神大水害から80年 当時の情報を求めています

    2018年06月21日

    1938年7月3~5日に発生した阪神大水害から80年となるのを前に、関係自治体や有識者らでつくる実行委員会が、体験談や関連資料などの情報提供を求めている。集めた情報はインターネット上に「デジタルアーカイブ」として保存・公開する予定。完成後は、インターネットを通じて誰でも記録を閲覧でき、小中学校の地域学習等にも活用できるようにする。体験談や資料の募集は8月31日まで。問い合わせは実行委事務局へ。

  • 「閖上の記憶」存続にクラウドファンディング

    「閖上の記憶」存続にクラウドファンディング

    2018年03月09日

    宮城県名取市の閖上地区で東日本大震災を伝える「閖上の記憶」が施設存続に向けて、施設のプレハブ購入費用を3月31日までクラウドファンディングで募っている。施設は震災で犠牲になった閖上中の生徒の慰霊碑を管理するために誕生。日和山公園近くにプレハブを構え、震災学習や地域住民が語らう場としても活用されてきた。今春、名取市が災害危険区域として区画整理事業を行うため移転をすることになった。運営するNPO法人「地球のステージ」の武田絵莉香さんは「震災に向き合い続けていくことが大切。伝承活動をやめてしまえば次の命を守ることはできなくなる。活動を続けていくことが大切だ」と話している。
    ▼いのちを語る「津波復興祈念資料館・閖上の記憶」を遺したい
    https://readyfor.jp/projects/tsunami-memorial

  • 震災の教訓、学生が継承「117KOBEぼうさい委員会」

    震災の教訓、学生が継承「117KOBEぼうさい委員会」

    2018年02月09日

    神戸市と神戸新聞社が協働で2014年8月に立ち上げた、市内の大学生が中心となって災害への備えの大切さを訴えていくプロジェクト。阪神・淡路大震災の教訓を子どもたちに伝える活動を続けている。昨年春には、阪神・淡路大震災をテーマにした舞台演劇「午前5時47分の時計台」にメンバーの一部が出演した。こうした活動のほかに、催し会場でAEDの使い方を教えたり、新聞紙などでできる防災グッズの作り方を紹介したりもしている。
    ▼神戸新聞 117KOBEぼうさい委員会
    https://www.kobe-np.co.jp/info/bousai/index.shtml
    ▼KOBE防災ポータルサイト 「いつものそなえもしものあんしん」
    http://www.kobe-sonae.jp/action/000233.html

  • 「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<夜の部>in仙台」開催のご案内

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<夜の部>in仙台」開催のご案内

    2017年11月09日

    11月26日(日)に宮城県仙台市にて開催される「ぼうさいこくたい」に合わせて、「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<夜の部>」と題して、懇親会を開催いたします。
    皆さまが日頃より取り組んでいる、防災・減災活動の情報共有を行っていただき、防災ネットワークをより強固なものにしていただく機会といたします。

    日時:2017年11月26日(日)18:30~20:30(受付開始18:00)

    会場:
    伊達なおもてなし DUCCA 仙台駅前店(仙台駅より徒歩3分)
    住所 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3-6-10 マックスマクタビル3F

    会費:3,500円(※当日お支払いください)

    参加ご希望の方は、申込フォームに、ご氏名、ご所属、メールアドレス、電話番号(当日の連絡先)を明記の上、申込してください。

    申し込み先:参加申込フォーム(←こちらをクリックしてください) 
    ※11月22日(水)までにお申込ください。(期限を延長しました)

    皆さまの参加を心よりお待ちしています。

  • 「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<昼の部>in仙台」の開催のご案内

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<昼の部>in仙台」の開催のご案内

    2017年11月09日

    11月26日(日)に宮城県仙台市にて開催される「ぼうさいこくたい」に合わせて、「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<昼の部>」を開催します。
    防災に取り組まれている皆様が、「ぼうさいこくたい」に集まるこの機会に、皆さまの顔合わせができる場を設けました。皆さまが日頃より取り組んでいる、「防災・減災活動」の情報や課題の共有など、防災について語り合いましょう。また、広く参加者にお配りしたい資料などがありましたら、当会場にて配布することは可能ですので、お持ちください。
    開催している時間帯において、お好きなタイミングでお立ち寄りください。 飲み物や、お持ち帰りいただける防災に役立つグッズなどを用意しています。 皆さまの参加を心よりお待ちしています。

    日時:2017年11月26日(日)15:00~17:00 (出入り自由)
    会場:仙台国際センター小会議室4

  • 過去の教訓を未来につなぐ「災害カレンダー」

    過去の教訓を未来につなぐ「災害カレンダー」

    2017年03月21日

    Yahoo!天気・災害にて、カレンダー上に地震や噴火など、過去のその日に発生した災害名と発生年を掲示。災害名をクリックすると災害に関する詳しい情報や記録写真などが表示される。防災科学技術研究所や防災専門図書館、東京都立図書館といった行政関連施設や河北新報社など計8団体が記事や写真を提供しており、情報の充実のため、さらに災害記録の提供が可能な報道機関や地方自治体などを募集している。
    ▼災害カレンダー(Yahoo!天気・災害)
    http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/calendar/