アクション!

おすすめ(3件)

  • テーマ:伊豆市土肥地区の津波防災まちづくりに学ぶ

      ナビゲーター 加藤孝明先生
             (東京大学生産技術研究所 教授 / TEAM防災ジャパン アドバイザー)

    日時:2022年6月24日(金) 18:30~(オンライン開催)

    趣旨:
    風光明媚な観光地でもある静岡県伊豆市の土肥地区では、
    地域住民や観光業の関係者が津波防災まちづくりを進めてきました。
    専門家の立場でその支援をつづけてこられた加藤先生から、
    取り組みの経緯や現状についてご紹介いただき、
    みなさんとその可能性について大いに議論したいと思います!
    ふるってご参加ください!

    参加申し込み【締め切り6月23日(木)17:00】
    下記「資料参照リンク」先の申し込みフォームよりお申し込みください。
    ※定員に達し次第、予告なく受付を終了させて頂く場合がございますので予めご了承ください。

  • 内閣府では、災害対応を行う地方公共団体等のニーズと民間企業等が持つ先進技術のマッチングや効果的な活用事例の横展開等を行う場である「防災×テクノロジー官民連携プラットフォーム」(防テク PF)を設置し、常設するウェブサイトを開設するとともに、地方公共団体等と民間企業等が交流する場となるセミナーを開催しております。
    この度、本年度第1回目となるマッチングセミナー(第4回マッチングセミナー)を以下のとおり開催します。

    〇開催日時:令和4年6月22日(水)
    【第1部(セミナー)】<内閣府主催>
    10:00 ~ 11:40 自治体×企業 取組事例、令和4年度「マッチング支援」の紹介等
    【第2部(個別相談会等)】<内閣府主催>
    13:00 ~ 15:00 個別相談会、防テク PF 相談窓口等
    【第3部(ワークショップ)】<新潟県主催>
    15:15 ~ 17:15 ニーズ解決型ワークショップ

    〇開催場所:新潟県新潟市 朱鷺メッセ(オンライン・Zoom 併用)

    〇参加方法:第1部は、どなたでも無料で参加できます。
    以下の URLから参加登録ください。
    (令和4年6月20日(月)12:00 まで)
    URL: https://forms.office.com/r/CAcVkH9TSc

  • 近年、我が国では自然災害が激甚化・頻発化しています。 自分や家族、地域のみんなの命を守り、災害による被害の軽減を図るためには、平時から地域で防災について話し合い、避難訓練などに取り組むことが重要です。 この「地区防災計画フォーラム2022」では、市町村と連携しながら自助・共助による自主的な防災活動を推進するために作られた“地区防災計画制度”について、実際に取り組む地区の代表者から取組事例の紹介をいただき、地域の防災力向上について話し合います。

    ◆日程 2022年3月20日(日)14:00-17:00
    ◆開催形式 オンライン開催
    ※参加お申込みいただいた方に、後日接続先等の情報をお送りいたします。
    ◆参加費 無料
    ◆対象 自治体職員の方、地区防災計画に関心のある方
    ◆開催体制 主催:内閣府(事務局:一般財団法人関西情報センター)

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるカテゴリーをお選びください。

新着順(10件)

  • 「Yahoo!ニュース」アプリ新機能 災害発生時に、災害に関するニュース動画をライブ配信

    「Yahoo!ニュース」アプリ新機能 災害発生時に、災害に関するニュース動画をライブ配信

    2017年09月01日

    ヤフーは8月28日、同社が提供する「Yahoo!ニュース」アプリで、災害に関する新たなニュース動画のライブ配信機能を追加したと発表した。台風や地震といった大規模な災害が発生した時に、アプリ内で最も閲覧の多い“主要タブ”の最上部に「Yahoo!ニュース 動画」枠を掲出し、災害に関するニュース動画をライブ配信する。

  • 「福がこい」プロジェクト

    「福がこい」プロジェクト

    2017年08月18日

    福井大学と慶応大学の両大学院生らが共同で進めているプロジェクト。防災用の備蓄品としても使えるサバの缶詰や天然の塩などの福井県産品を詰め合わせ、土産物として提供する試み。8月13、14日にテスト販売を行ない、来場者らへのアンケート結果を踏まえて改良を加え、11月に東京都内で行われるイベントでの販売を計画している。

  • 「家族はどこ?」災害時の所在地確認に対応…小田急電鉄の公式アプリ

    「家族はどこ?」災害時の所在地確認に対応…小田急電鉄の公式アプリ

    2017年07月14日

    小田急電鉄が6月7日から配信開始した公式スマートフォンアプリ。時刻表や駅構内図などを確認できるほか、リアルタイム運行情報や災害関連情報も提供される。また、災害発生時のみ利用できる家族位置情報表示機能(ペアリング表示)を搭載しており、あらかじめ設定しておいた家族などの所在地を地図上で確認することができる。
    ▼小田急電鉄 公式スマートフォンアプリ「小田急アプリ」を配信
    http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8606_5258528_.pdf

  • 日本気象協会「トクする!防災「夏の備蓄前線」」

    日本気象協会「トクする!防災「夏の備蓄前線」」

    2017年06月28日

    一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは「夏の備蓄前線」を6月1日(木)に発表している。「夏の備蓄前線」は、梅雨や集中豪雨、台風などで土砂災害や洪水が起きやすいシーズンに入り、各地で雨が多くなる時期を参考に、備蓄の見直しを推奨する時期を前線図にしたものである。「夏の備蓄前線」は「トクする!防災」プロジェクトの公式サイトで公開している。

  • 強風の危険度を見える化したハザードマップ「台風ソラグラム」

    強風の危険度を見える化したハザードマップ「台風ソラグラム」

    2017年04月28日

    天気から交通情報までまとめて確認できる生活情報サイト『ライフレンジャー』が、台風の中心位置に対する地域ごとの風の危険度が分かる「台風ソラグラム」をスタートする。横浜国立大学が「台風ノモグラム」をもとに研究した地域ごとの強風傾向の情報を用いて、ユーザーが登録したMY地点に紐づく風の状態を見える化し、台風ハザードマップとして災害への備えや対策に活用できる。
    ▼ライフレンジャー天気
    http://tenki.life-ranger.jp/

  • たぬき探偵ジェリー 防災謎解きゲーム−地震編

    たぬき探偵ジェリー 防災謎解きゲーム−地震編

    2017年04月28日

    地震について対策・発生・避難の3つの視点から学べるロールプレイングゲーム。出題されるのは、防災用品の使い方や緊急時の正しい行動選択といった地震に対する基本的な防災知識で、小学生以上を対象にしている。ゲームが終わったらおさらいができるように防災ハンドブックを同梱しており、普段の備えにも使える。

  • 災害時における入居者サポートサービス スマートフォン向けアプリ「LEOLIFE」

    災害時における入居者サポートサービス スマートフォン向けアプリ「LEOLIFE」

    2017年04月28日

    株式会社レオパレス21は、安否確認機能と災害情報の提供が可能な入居者専用のアプリ「LEOLIFE(レオライフ)」の提供を2017年4月より開始した。主な機能として、災害時に安否確認の連絡や災害情報をPush通知・防災マップ・家族への連絡・防災お役立ち情報コンテンツなどがある。

  • “備える” “安心” を可愛くデザインしました!「ローリング&ストック・バッグ」

    “備える” “安心” を可愛くデザインしました!「ローリング&ストック・バッグ」

    2017年04月14日

    トクする!防災プロジェクトが作った、備えておくべき防災グッズがプリントされているバッグ。イラストに沿って防災グッズを入れるだけで一通り揃えることができる。クラウドファンディングサイトのMakuakeで支援をすると入手できる。入手から3カ月が経つと、食料や電池など消耗品の補充分が届き、これにより「ローリングストック」法が気軽に実践できる。

  • アナタの「防災意識」をチェックします。

    アナタの「防災意識」をチェックします。

    2017年04月14日

    「防災」に関する知識をチェックすることができるアプリ。「大丈夫?非常持ち出し袋」「大丈夫?生活用品の準備」「アナタの備え度チェック」「アナタならどうする」の4つの診断をおこなうことができ、すべての質問に回答すると、防災知識ランキングが判定される。
    ▼防災チェック&クイズ
    https://itunes.apple.com/jp/app/id1022024037
    https://play.google.com/store/apps/details?id=net.jp.apps.tomohashi.bousai&hl=ja

  • 高知大学生がコップ防災グッズ「DASHタンブラー」を企画販売

    高知大学生がコップ防災グッズ「DASHタンブラー」を企画販売

    2017年02月24日

    高知大学の防災サークル「防災すけっと隊」が、避難所生活で必要な用品をタンブラーの中に詰め合わせた商品を企画し、高知市内のよどやドラッグで販売した。商品名は「これだけ持ってシュッと逃げる防災タンブラー」で、通称「DASHタンブラー」。保温機能のある容量350ミリリットルのタンブラーの中に、体に巻くと体温を保持できるアルミシート、小型ライト、混乱時に気持ちを落ち着かせるためのあめなどが入っている。
    ▼高知大学防災すけっと隊
    https://www.facebook.com/bousaisukettotai