アクション!

おすすめ

  • 【新型コロナウイルス感染症の影響により、中止となりました。】
    『産業界が牽引する事業継続計画(BCP)策定促進セミナー〜今求められる南海トラフ地震/首都直下地震対応 個社だけではない産業界の対応はどうあるべきか〜』が内閣府主催により、令和2年3月12日(名古屋会場)と3月19日(東京会場)に開催される。
    名古屋大学 福和教授・立教大学 野田教授による講演や、BCP策定相談会を予定。
    入場無料だが、事前申し込み制となっており、セミナー事務局のメールアドレスから受け付けを行なっている。

  • マンションの災害対策は、これまで地震を中心に考えられてきたが、近年の地球温暖化の影響による異常気象が常態化しつつあり、地震に加えて水害、台風、猛暑等の「複合災害」への対応が喫緊の課題となっている。このようなリスクに対し、複合災害に強いマンションづくり、災害後の復旧・復興を視野に入れた総合対策を、組織的・計画的に進めていく必要があるが、わが国には、これまでマンション防災に特化した研修制度がない(令和2年度1月時点)
    MALCAでは、様々な知見をもとに、水害対策等も含むマンションの災害対策の特殊性やMLCP(マンション生活継続計画)の考え方、目的、防災計画の策定方法、管理組合等の組織的対応、合意形成ファシリテーション能力の向上、復興・復旧手法等マンション防災に特化した研修プログラムを令和2年2月23日・24日(東京会場)の二日間で開催する。
    事前申し込み制であり、受講申込書に記入の上、メール・FAXにて受付を行う。

  • 長野県では、 市民・ボランティア・行政・自衛隊などが連携し、被災者のために一丸となって災害廃棄物等の撤去を行う「One NAGANO(ワン ナガノ)」という全国のモデルとなり得るプロジェクトが立ち上がった。11月2日3日4日の3連休には、一層集中的に取り組むこととしている。
    令和元年台風第 19 号からの復旧・復興に向け、宮城県、福島県、栃木県など広域にわたる被災地では、ボランティアの力を必要としている。

    災害ボランティアセンターの情報は全国社会福祉協議会のホームページから。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 被災者の想いがカタチに。「命」を守る防災家具“構-kamae-”

    被災者の想いがカタチに。「命」を守る防災家具“構-kamae-”

    2015年09月09日

    阪神淡路大震災を体験した建築士、防災士、デザイナー、各製造業者が団結し、震災体験者の視点から既成概念を覆す究極の防災家具を開発。第一弾となる耐震テーブルの衝突耐久実験映像をHP・Youtube上にて公開した。

  • 「ココダヨ」 災害時位置情報自動通知システム

    「ココダヨ」 災害時位置情報自動通知システム

    2015年09月09日

    緊急地震速報などの警報が発せられると、災害発生直前の家族などの位置情報を、スマートフォンや携帯電話に自動通知してくれるサービス。災害によって通信が困難になる前に、登録している家族や同僚などの居場所を確認できる。スマートフォンアプリとして提供され、Google Playでダウンロード可能。

  • 自治体向けサービス「危機情報ナビ」

    自治体向けサービス「危機情報ナビ」

    2015年09月04日

    電通、ゼンリンデータコム、レスキューナウの3社は、地域住民向け緊急・災害情報を一元化しワンストップで提供する地方自治体向けサービス「危機情報ナビ」を共同で開発し、今秋から提供を開始する。「危機情報ナビ」は、電通とゼンリンデータコムが開発した「全国避難所データベース」や、レスキューナウが24時間365日有人体制で稼働させている危機管理情報センターから配信される「危機管理情報配信サービス」、ゼンリンデータコムが提供するAEDの設置情報といった多様な情報を、市町村単位で集約して提供する。

  • 災害用トイレが教材で広がる 高知県産材で組み立てキット

    災害用トイレが教材で広がる 高知県産材で組み立てキット

    2015年09月02日

    東日本大震災で避難所のトイレ確保が課題となったことを受け、須崎中学校で技術科を教える浜田光男教諭らが発案。トップ教材が「84プロジェクト」(梅原真代表)から助言を受け、試作を重ねて製品化した。幅30センチ、奥行き40センチ、高さ34センチの洋式で、ビニール袋を引っ掛けて用を足す。段ボール製に比べ、湿気に強い、長期間使える、水洗い可能で衛生的などの利点がある。組み立てキットは、カット済みのスギやヒノキの板12枚とくぎなどのセット。完成まで約2時間で「技術科の授業で、防災教育の教材として活用したい」と注文が相次いでいる。
    ▼84防災トイレ
    http://www.joho-kochi.or.jp/mono/kochi-topkyouzai.html

  • 危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015

    危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015

    2015年09月02日

    東京ビッグサイトが主催する、防災・リスク管理・防犯を網羅した「危機管理のビジネストレードショー」。「老朽化インフラ復旧」「環境リスク」「サイバー攻撃」といった、時流のニーズを捉えた3つの対策パビリオンも設置し、企業・行政にとって、「今」必要な製品・技術・サービスが一堂に集結する。10/14(水)~16(金) 東京ビッグサイトにて開催。事前登録すると展示会入場料が無料となる。

  • 防災関連情報が1つになった“防災ポータルアプリ”『goo防災アプリ』

    防災関連情報が1つになった“防災ポータルアプリ”『goo防災アプリ』

    2015年08月19日

    災害および気象警報・注意報発生のプッシュ通知や災害時に必要な“災害関連ニュース”といった情報提供のほか、困ったときの悩みに答えてくれる“教えてgoo(防災カテゴリ情報)”や病気に関する治療方法・お薬検索なども可能となっている。さらに、安否情報をまとめて検索できる共同サイト「J-anpi ~安否情報まとめて検索~との連携により安否情報が確認でき、また、設定を行うことで、アプリ上から一括でJ-anpi、Facebook、twitterに自分の安否情報を投稿することができる。

  • 野毛印刷社が「災害発生時におけるドライバーズハンドブック」を販売

    野毛印刷社が「災害発生時におけるドライバーズハンドブック」を販売

    2015年08月19日

    野毛印刷社が7月1日、「災害発生時におけるドライバーズハンドブック」の販売を開始した。「運転中に災害が発生した場合の適切な対応方法が知りたい」という要望に応え、国際モータージャーナリストの清水和夫さんの監修のもと、事前の準備、一般道道路・高速道路における大震災への対応、津波への対応、水害・雪害への対応など事前に知っておくべきことと、安否連絡方法、災害発生時の通報・救助要請など災害時に役立つ情報を、車検証ケースサイズのA5 判20ページにまとめたハンドブックを制作した。
    http://www.noge.co.jp/news/index.html#topnews0709

  • iPhone向けアプリ「tenki.jp」リニューアル~詳細な10日間天気、防災情報、読み物コンテンツ追加~

    iPhone向けアプリ「tenki.jp」リニューアル~詳細な10日間天気、防災情報、読み物コンテンツ追加~

    2015年08月12日

    一般財団法人日本気象協会が天気予報専門サイト「tenki.jp」にて提供中のiPhoneアプリがリニューアル。従来よりもより詳細な市区町村単位で、1時間ごとの天気予報を提供し、翌日24時分まで確認可能。10日間天気は6時間ごとの天気・気温・降水確率の表示を追加。また、地震や火山などの防災情報の提供も開始した。 tenki.jp 天気・地震など無料の天気予報アプリ https://itunes.apple.com/jp/app/tenki-jp/id433865746?mt=8

  • 保存期間は12年以上! 防災備蓄用海洋深層水が登場

    保存期間は12年以上! 防災備蓄用海洋深層水が登場

    2015年08月12日

    (株)ユニーク総合防災で発売された海洋深層水「DSW PREMIUM 12 YEARS」は12年間半の長期保存が可能な備蓄水。浅川自然食品工業が高知県室戸岬の海洋深層水をくみ上げ、無菌状態でペットボトルに充填。ほかにもさまざまな細菌・カビ対策を行っている。容量500mlと2リットルの2サイズ。価格はオープン。 販売サイト:「防災119.com

  • 愛する猫との非常時の心がけと必要な防災グッズ

    愛する猫との非常時の心がけと必要な防災グッズ

    2015年08月12日

    災害・非常事態発生時の猫の避難にどのような準備が必要で、避難先にはどんな選択肢が考えられるか。また、猫の避難に必要な防災グッズとしてどのようなものがあるのか、など「ねことわたしの防災ハンドブック」を参考にまとめられている。