アクション!

おすすめ

  • 「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ 内閣府では、地区防災計画の策定を推進するため、最新事例等を紹介し、地区防災計画 には策定主体、プロセス、計画内容等に様々なバリエーションがあることを示し、地区防災計画の新しい切り口や課題等を共有する「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」を平成30年3月24日(土)に、東京都内にて開催します。
    下記リンクより、お申し込みください。
    皆さまの参加をお待ちしています。

  • 大阪市立大の学生が大阪・中崎町のかばんブランド「ichimaruni」と共同で開発した、防災袋「AIR POST」。同校の学生を対象に行った防災に関するアンケートで「学生のほとんどが、危機感があるにも関わらず防災袋を持っていない」ことが分かり、また被災地の学生への聞き取り調査では、従来の防災袋のほとんどは部屋に置くと違和感があるデザイン、邪魔になる大きさだったために仕舞い込まれ、災害時持ち出すことができなかったことが分かった。そのため、普段はインテリアとしても使えるようBOX型とし、避難時にはリュックサック型に変形する防災袋を制作した。救急セットなど非常持ち出し品13点を含めて、3月14日から、市立大の生協ショップで販売する。

  • 一般社団法人EFCが、障害者や高齢者などを対象に、介護に必要な道具・設備や介助内容までを含めた災害時の備えを考えるためのチェックキット「安心・防災帳」を活用したワークショップを開催している。キットは、国立障害者リハビリテーションセンター研究所が障害者・高齢者のために災害時に必要となる備品などを整理するためのチェックツールとして開発したもの。あらかじめ用意されたワークシートなどを活用し、ファシリテーターとやり取りをしながら、ステップに沿って作成を進めることで、自分自身の身体状況や生活に合わせた備えリストを作成することができる。
    ▼一般社団法人EFC(アース・フレンドリー・サーキュレーション) 障害者・高齢者の災害対策事業
    http://efc.or.jp/business/bus02

新着順

  • 「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ

    「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ

    2018年02月23日

    「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ 内閣府では、地区防災計画の策定を推進するため、最新事例等を紹介し、地区防災計画 には策定主体、プロセス、計画内容等に様々なバリエーションがあることを示し、地区防災計画の新しい切り口や課題等を共有する「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」を平成30年3月24日(土)に、東京都内にて開催します。
    下記リンクより、お申し込みください。
    皆さまの参加をお待ちしています。

  • 大阪市立大学 防災袋「AIR POST」を開発

    大阪市立大学 防災袋「AIR POST」を開発

    2018年02月23日

    大阪市立大の学生が大阪・中崎町のかばんブランド「ichimaruni」と共同で開発した、防災袋「AIR POST」。同校の学生を対象に行った防災に関するアンケートで「学生のほとんどが、危機感があるにも関わらず防災袋を持っていない」ことが分かり、また被災地の学生への聞き取り調査では、従来の防災袋のほとんどは部屋に置くと違和感があるデザイン、邪魔になる大きさだったために仕舞い込まれ、災害時持ち出すことができなかったことが分かった。そのため、普段はインテリアとしても使えるようBOX型とし、避難時にはリュックサック型に変形する防災袋を制作した。救急セットなど非常持ち出し品13点を含めて、3月14日から、市立大の生協ショップで販売する。

  • 東日本大震災の教訓を伝える絵本2冊を『森のえほん館』より配信

    東日本大震災の教訓を伝える絵本2冊を『森のえほん館』より配信

    2018年02月23日

    (株)アイフリーク モバイルが、絵本アプリ「森のえほん館」で、東日本大震災の教訓を伝える絵本の配信を開始した。また、森のえほん館編集部のYouTubeチャンネルでも見ることができる。
    ▼森のえほん館編集部Youtube 大地震が起きたらどうする?防災の大切さを伝える絵本『うみのかいじゅうがきた』
    https://youtu.be/iZ2tuSDxG1k

  • 障害者・高齢者の災害時介護の備え 防災手帳キットを使ったワークショップ

    障害者・高齢者の災害時介護の備え 防災手帳キットを使ったワークショップ

    2018年02月23日

    一般社団法人EFCが、障害者や高齢者などを対象に、介護に必要な道具・設備や介助内容までを含めた災害時の備えを考えるためのチェックキット「安心・防災帳」を活用したワークショップを開催している。キットは、国立障害者リハビリテーションセンター研究所が障害者・高齢者のために災害時に必要となる備品などを整理するためのチェックツールとして開発したもの。あらかじめ用意されたワークシートなどを活用し、ファシリテーターとやり取りをしながら、ステップに沿って作成を進めることで、自分自身の身体状況や生活に合わせた備えリストを作成することができる。
    ▼一般社団法人EFC(アース・フレンドリー・サーキュレーション) 障害者・高齢者の災害対策事業
    http://efc.or.jp/business/bus02

  • 防災に生かす、社会経験 初のシニア向け講座

    防災に生かす、社会経験 初のシニア向け講座

    2018年02月23日

    神奈川県総合防災センターで、3月19日(月)と22日(木)に50歳以上が対象の防災講座が開催される。中・高校生や女性、高齢者など、災害時に「守られる」立場の人を対象とした、同センターでは初めての取組み。当日は、災害対応の図上訓練等の講義と、国士館大学の防災・救急救助総合研究所の講師による心肺蘇生法や応急手当の講習、体験フロアでの地震・風水害等体験などが受けられる。
    ▼神奈川県総合防災センター シニア世代の防災講座
    http://www.pref.kanagawa.jp/docs/zn2/bousaicenter/homepage/event/senior.html

  • 拡大する災害に備えて防災・減災の力を高めよう!~国連防災世界会議・仙台防災枠組を受けて~

    拡大する災害に備えて防災・減災の力を高めよう!~国連防災世界会議・仙台防災枠組を受けて~

    2018年02月23日

    日本赤十字看護学会 災害看護活動委員会の主催で3月10日(土)に東京・日本赤十字看護大学で開催する防災・減災セミナー。「仙台防災枠組」を受けて、国の対策について内閣府からの講演と、シンポジウムで、各団体の方々より、それぞれの立場から、災害対策について、どのように取り組んでいるかを討議する。

  • 防災ひな祭り – 東京の女性が一歩踏み出す日

    防災ひな祭り – 東京の女性が一歩踏み出す日

    2018年02月09日

    東京都が3月3日(土)に東京ミッドタウン・ホールA/Bにて女性の視点による防災イベント“東京の女性が一歩踏み出す日「防災ひな祭り」”を開催する。いざという時も役立つアウトドアコーディネートを紹介する「BOUSAIファッションショー」や、いつでもどこでもできるヨガポーズでリラックスし、女性の体をケアする「BOUSAIヨガ」など、「女性視点による防災コンテンツ」を実施する。また、女性視点で編集された新しい防災ブック「東京くらし防災」を来場者全員にプレゼントする。
    ▼東京都 東京の女性が一歩踏み出す日「防災ひな祭り」を開催
    http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/01/19/07.html

  • 震災の教訓、学生が継承「117KOBEぼうさい委員会」

    震災の教訓、学生が継承「117KOBEぼうさい委員会」

    2018年02月09日

    神戸市と神戸新聞社が協働で2014年8月に立ち上げた、市内の大学生が中心となって災害への備えの大切さを訴えていくプロジェクト。阪神・淡路大震災の教訓を子どもたちに伝える活動を続けている。昨年春には、阪神・淡路大震災をテーマにした舞台演劇「午前5時47分の時計台」にメンバーの一部が出演した。こうした活動のほかに、催し会場でAEDの使い方を教えたり、新聞紙などでできる防災グッズの作り方を紹介したりもしている。
    ▼神戸新聞 117KOBEぼうさい委員会
    https://www.kobe-np.co.jp/info/bousai/index.shtml
    ▼KOBE防災ポータルサイト 「いつものそなえもしものあんしん」
    http://www.kobe-sonae.jp/action/000233.html

  • 第7回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~

    第7回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~

    2018年02月09日

    三井不動産商業マネジメントと三井不動産が、行政等と連携した防災啓発イベントを、首都圏10施設にて2月17日(土)から順次開催する。幅広い年代が多数来場する商業施設という場所を活かし「災害への事前対策の重要性」と「災害時に対応する知識」について、家族で参加できるクイズやワークショップを行う。また、「地域・防災情報コーナー」を設け、避難場所や災害被害想定などの情報を提供する。

  • JAFチャンネル 寒冷地での車の凍結や雪道で停車した場合の対処法

    JAFチャンネル 寒冷地での車の凍結や雪道で停車した場合の対処法

    2018年02月09日

    日本自動車連盟(JAF)が配信している雪道での走行実験や寒冷地で窓やドアが凍結した場合の実験・検証動画集。雪に埋もれた車内に排ガスが入る状況を再現し、対策の有効性を検証したものや、吹雪や豪雪などの荒天時や被災時、車に泊まるにはどんな対策が必要かなどを詳しく紹介している。また、「クルマ何でも質問箱」では雪道の危険ポイントやタイヤの装備など様々な質問に回答している。
    ▼JAFクルマ何でも質問箱 冬季の注意点
    http://qa.jaf.or.jp/drive/winterdrive