アクション!

おすすめ

  • インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」が、災害時におけるインターネットの正しい使い方をまとめた「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」を3月6日(水)にSo-net公式ホームページにて公開した。このマニュアルは、防災やインターネット分野の専門家による監修のもと、災害が発生したときのインターネットの利用方法や災害に対する事前準備などの情報について、Q&A方式で親しみやすいイラストを交えてまとめている。
    ▼ソニーのネット ソネット 防災マニュアル
    https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/measures_manual.html

  • 第4回の全国フォーラムでは、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマとして掲げ、災害時に直面した課題に対して解決に繋げていくための提言・啓発もしくは、その礎を生み出す。オープニング、全体セッション、20分野の分科会を通じて、多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、専門的な知識やノウハウを共有し、連携・協働が具体的に進められることを目指している。

    <日時>
    2019年5月21日(火):13時から18時30分(交流会 19時から20時30分)
    2019年5月22日(水):9時から15時
    <会場>
    国際ファッションセンター 3階 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1)
    <参加対象>
    災害時、被災者支援に関係する団体・機関
    行政(国/地方自治体)・企業/経済団体・NPO/NGO・市民活動団体・社会福祉協議会・大学/研究機関・国際機関・職能団体(福祉、医療、法律分野などの関係者)・労働組合・協同組合・青年会議所・中間支援組織・助成団体など
    <主催>
    全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
    <共催>
    内閣府政策統括官(防災担当)
    災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

    ※申込詳細は下記リンクより
    http://jvoad.jp/forum

  • 東日本大震災の津波に襲われ、機能が停止した仙台市南蒲生浄化センターで、汚水処理に当たった職員の奮闘を記録した企画展「それでも、下水は止められない」が期間を延長し7月7日(日)まで、せんだい3.11メモリアル交流館で開かれている。センターは、1日に約30万トンの下水が流れ込む全国最大規模の処理施設。市内の下水の約7割を処理する。震災では10メートルの津波が襲い、電源を喪失した。被災から新施設稼働まで、各段階の取り組みを写真パネルなどで紹介する。
    ▼仙台市 南蒲生浄化センター復旧までの記録
    http://www.city.sendai.jp/keekikaku-shomu/kurashi/machi/lifeline/gesuido/gesuido/shinsai/kansoku.html
    ▼せんだい3.11メモリアル交流館 3.11現場の事実×心の真実「それでも、下水は止められない。」
    http://sendai311-memorial.jp/feature/2018exhibition03/

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • ボランティア交流会「東日本大震災からの復興におけるボランティアを考える」

    ボランティア交流会「東日本大震災からの復興におけるボランティアを考える」

    2019年02月05日

    2月17日(日)に仙台市にて、ボランティア交流会「東日本大震災からの復興におけるボランティアを考える」が開催される。
    現在、東日本大震災に関わるボランティアについて、減少傾向が続いており、被災地の産業・生業の再生、地域づくりの推進のために、地域外の人材を呼び込むことが重要とされてきている。
    このような中、ボランティアやボランティアに関わるコーディネーターとして被災地に関わった方々に集まっていただき、これまでのボランティアを振り返り、今後はどうあるべきか、何が必要かを考え、今後の更なる被災地での交流・復興のきっかけとなることを目指す。

    開催概要は以下の通り。

    日 時:2019年2月17日(日)13:50~17:00
    会 場:TKPガーデンシティPREMIUM 仙台西口ホール7B
    仙台市青葉区花京院1-2-15 ソララプラザ 7F
    JR東北本線 仙台駅 西口 徒歩3分
    定 員:100名
    参加費:無料
    対 象:どなたでもご参加頂けます
    申込締め切り:2月14日(木)
    >開催案内チラシ

  • 第23回「震災対策技術展」横浜への参加のお知らせ(UR都市機構)

    第23回「震災対策技術展」横浜への参加のお知らせ(UR都市機構)

    2019年02月04日

    「震災対策技術展」とは、自然災害の軽減のための技術と知見を広く展示することにより、社会の防災・減災に貢献することを目的として、阪神・淡路大震災の後、1997年に神戸で開催されて以来毎年開催されている防災技術に関するイベントである。
    UR都市機構は、第23回「震災対策技術展」横浜にて、展示ブースを出展する。
    ブースでは、事前防災~復旧~復興に係る災害対応支援の取り組みについてのパネル展示や、災害VR体験、南海トラフ・首都直下地震のシミュレーション映像(内閣府作成)、Pepper君によるクイズなどを体験できる。

    <第23回「震災対策技術展」横浜>
    【開催日】  平成31年2月7日(木)~8日(金) 10:00~17:00
    【会 場】  パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1―1―1)
    【入場料】  無料(資料参照リンクに記載のURLよりお申込みください)
    【セミナー】 資料参照リンクに記載のURLよりお申込みください

    資料参照リンク
    >出展者一覧(UR都市機構)
    >UR都市機構HP

  • 2019年内閣府イベントカレンダー(最新版)の公開

    2019年内閣府イベントカレンダー(最新版)の公開

    2019年01月30日

    内閣府は、2019年2月から5月に開催される、防災に関するイベントについて、イベントカレンダーを公表した。
    現時点で、公表されているスケジュールは以下の通り。

    2月2日(土)14時~18時 TEAM防災ジャパンオフラインミーティング in 湘南
           TEAM防災ジャパンに集う地域の防災リーダーがオフラインで集まる会合です。
           場所:茅ヶ崎市コミュニティホール 〒253-8686 神奈川県茅ケ崎市茅ケ崎1-1-1

    2月23日(土)10時~17時 防災チャレンジプラン 活動報告会 in 東京
           全国の地域や学校で防災教育に取り組んだ16組が1年間の成果を発表します!

    3月16日(土)13時30分~16時30分 地区防災計画フォーラム2019 in 大阪
           地区防災計画のリーダーが集まり、全国の最新事例を共有します!
           場所:TKPガーデンシティ大阪淀屋橋 19階

    5月21日(火)12時~20時,22日(水)9時~17時 第4回災害時の連携を考える全国フォーラム in 東京
           災害時の行政・ボランティア・NPOの連携・協働について議論します。
           場所:KFCホール 〒130-0015 東京都墨田区横綱1-6-1

    また、来年の防災推進国民大会2019は名古屋で10月19日(土)、20日(日)に、ささしまライブ24にて開催します。公募開始は2月上旬を予定しています。
    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  • 「防災スペシャル!大災害とニッポン」の放映

    「防災スペシャル!大災害とニッポン」の放映

    2019年01月30日

    日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)では、2月9日(土)に、「防災スペシャル! 大災害とニッポン~命と暮らしをどう守る~」と題した番組を、BS日テレで放映する。
    本番組は、各方面での専門家に加え、防災に関して精力的に活動されているタレントのつるの剛士さん・はるな愛さんをお迎えし、地震保険をはじめとした「備え」の大切さなど、大災害から命と暮らしを守るために必要な情報を分かりやすく、丁寧に伝える内容となっている。

    ■番組名:「防災スペシャル! 大災害とニッポン~命と暮らしをどう守る~」
    ■日 時:2月9日(土)19:00~20:54

    詳細はこちらをご覧ください。
    >番組の概要

  • 帰還した富岡町をゲキでゲンキにしよう!みんな集まれ!町民劇

    帰還した富岡町をゲキでゲンキにしよう!みんな集まれ!町民劇

    2019年01月11日

    富岡町3.11を語る会は、2013年4月から震災の実情、避難生活の現状、被災者の心情、復興への想い等、語り伝えていく「語り人(べ)」口演」を実施している。町民が語り人になって、年間200口演以上実施し、今まで4万人以上の人に、富岡町民の声を届けてきた。富岡町を「わが町」と思い、新たなコミュニティを創出するために、町民による富岡町を題材にした町民劇を1月26日に開催する。

  • 川崎市 津波避難路の「行き止まり」を、スマホを使って避ける実験

    川崎市 津波避難路の「行き止まり」を、スマホを使って避ける実験

    2019年01月11日

    神奈川県川崎市で2018年12月9日、将来の津波災害から住民を守る次世代型の避難支援の可能性を探る実証実験が行なわれた。強い揺れで建物が壊れ、大津波で街の一部が浸水するという想定で行われた実験に、約90人の市民が参加。スマートフォンに実験用のアプリをダウンロードしておき、参加者は表示される地図を見ながら避難した。川崎市が東北大学災害科学国際研究所、東京大学地震研究所、富士通とともに進めている「川崎臨海部におけるICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」の一環で、このシステムがどれくらい避難行動を助けたのか、改善点はどこにあるのかといった点をこれから検討していく。
    ▼川崎市 「川崎臨海部における ICT 活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」より安全な津波避難に向けた ICT 活用の実証実験を実施
    http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000101/101590/press-release.pdf

  • 「もしも」のときにどうするか。「防災学習ブック」・「防災学習かるた」

    「もしも」のときにどうするか。「防災学習ブック」・「防災学習かるた」

    2019年01月11日

    神戸学院大学による知見と株式会社明石スクールユニフォームカンパニーの全国の小中高の学校とのつながりを生かした産学連携プロジェクト「明石セーフティプロジェクト」が「防災学習ブック」と「防災学習かるた」を開発した。「防災学習ブック」は、小学校低学年用、小学校中学年用、小学校高学年用の3種類で、教員用の指導書と防災学習DVDが付属している。「防災学習かるた」は災害に対しての備え、対応行動、心得、知識、メッセージ、啓発を読み札に取り入れており、それぞれの札も項目別にマークで分けている。
    ▼明石スクールユニフォームカンパニー 「もしも」のときにどうするか。「防災学習ブック」・「防災学習かるた」を発表!
    http://akashi-suc.jp/company/newsrelease/webdir/78.html

  • 「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南」(2019年2月2日(土))開催のお知らせ

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南」(2019年2月2日(土))開催のお知らせ

    2018年12月28日

    TEAM防災ジャパンでは、2019年2月2日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南」を開催します。
    県内・県外の多様な領域、多世代の防災の担い手をつなぐことにより、「化学反応」を起こし、皆さんの日頃の防災活動を活性化させるヒントが生まれるイベントとなる予定です。
    そのため、活動エリア・内容を問わず、全国から多くの方にご参加いただけますと幸いです。
    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2019年2月2日(土)14:00~18:00(受付開始13:30)

    会場:
    茅ヶ崎市コミュニティホール(茅ヶ崎市役所分庁舎)6階 集会室1・2
    〒253-8686 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
    (JR東海道本線・相模線「茅ヶ崎駅」より徒歩10分)

    備考:
    ・定員(150名)に達した場合、募集を終了する可能性がございますので、ご了承ください。

    <プログラム>
    ・「茅ヶ崎まち歩きツアー」(名古屋大学:武村雅之先生)※定員に達しましたので、本ツアーにつきましては応募を締め切らせていただきます。
     (オプショナルツアーとして11時~13時(予定)に実施します。)
    ・基調講演「湘南で発見しよう!防災×化学反応」(仮)(東京大学:加藤孝明先生)
    ・基調講演「防災活動をもっと元気に!」(仮)(明治大学:山本俊哉先生)
    ・プレゼンテーション「神奈川における防災の取組について~これまでとこれから~」
    ・ワークショップ「みんなの防災、わたしの決意」

    また、オフラインミーティング終了後、18:00から同会場にて「つながる会」と題して懇親会(会費4,000円)を行います。皆様、奮ってご参加ください。
    (つながる会の申込期限は1/29(火)までとさせていただきます)

    お申し込みは、以下の申込フォームからお願いいたします。

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南 申込フォーム」

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

  • つくば市初!宇宙での生活から学ぶ防災教室を開催!

    つくば市初!宇宙での生活から学ぶ防災教室を開催!

    2018年12月21日

    茨城県つくば市が、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の取組の1つである「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」のソーシャルパートナーに就任した。この取組は、防災分野における新たな事業創出を目指したものであり、今後、宇宙×防災の視点を取り入れた防災教育活動の展開や防災意識の醸成を図るとともに、防災市場の新たな仕組み作りや備蓄食料のあり方の検討、また新たな市場創出に向けて取組を進めていく。第1弾の取組として、12月1日に、大穂学園つくば市立吉沼小学校での「防災教室×宇宙」で、JAXA、株式会社ワンテーブルと連携した教育プログラムを実施した。
    ▼大穂学園つくば市立吉沼小学校 防災訓練・防災教室
    https://www.tsukuba.ed.jp/~yoshinuma/?p=9110

  • 明石南高等学校 めいなん防災ジュニアリーダー考案「にげろ!あにまるず」

    明石南高等学校 めいなん防災ジュニアリーダー考案「にげろ!あにまるず」

    2018年12月21日

    兵庫県立明石南高等学校の「めいなん防災ジュニアリーダー」が、地震発生時の対応や避難行動を楽しみながら学ぶゲーム「にげろ!あにまるず」を考案し、11月23日に行なわれた鳥羽小学校区防災訓練で実施した。1チーム3~5人で、うち一人はアイマスクを付けて視覚障害者となる。就寝中に地震が起こったことを想定。参加チームは「熊」「ウサギ」「ヒヨコ」いずれかの帽子をかぶり、緊急地震速報が鳴ると頭を守る。約10秒間の地震音の後、1分以内に避難生活に必要なものを10品だけ選びリュックに入れないと家が倒壊するという設定。その後、倒壊した家のがれきなどを想定した障害物をクリアしながら3分以内に避難する。