アクション!

おすすめ

  • 富岡町3.11を語る会は、2013年4月から震災の実情、避難生活の現状、被災者の心情、復興への想い等、語り伝えていく「語り人(べ)」口演」を実施している。町民が語り人になって、年間200口演以上実施し、今まで4万人以上の人に、富岡町民の声を届けてきた。富岡町を「わが町」と思い、新たなコミュニティを創出するために、町民による富岡町を題材にした町民劇を1月26日に開催する。

  • 神奈川県川崎市で2018年12月9日、将来の津波災害から住民を守る次世代型の避難支援の可能性を探る実証実験が行なわれた。強い揺れで建物が壊れ、大津波で街の一部が浸水するという想定で行われた実験に、約90人の市民が参加。スマートフォンに実験用のアプリをダウンロードしておき、参加者は表示される地図を見ながら避難した。川崎市が東北大学災害科学国際研究所、東京大学地震研究所、富士通とともに進めている「川崎臨海部におけるICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」の一環で、このシステムがどれくらい避難行動を助けたのか、改善点はどこにあるのかといった点をこれから検討していく。
    ▼川崎市 「川崎臨海部における ICT 活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」より安全な津波避難に向けた ICT 活用の実証実験を実施
    http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000101/101590/press-release.pdf

  • TEAM防災ジャパンでは、2019年2月2日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南」を開催します。
    県内・県外の多様な領域、多世代の防災の担い手をつなぐことにより、「化学反応」を起こし、皆さんの日頃の防災活動を活性化させるヒントが生まれるイベントとなる予定です。
    そのため、活動エリア・内容を問わず、全国から多くの方にご参加いただけますと幸いです。
    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2019年2月2日(土)14:00~18:00(受付開始13:30)

    会場:
    茅ヶ崎市コミュニティホール(茅ヶ崎市役所分庁舎)6階 集会室1・2
    〒253-8686 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
    (JR東海道本線・相模線「茅ヶ崎駅」より徒歩10分)

    備考:
    ・定員(150名)に達した場合、募集を終了する可能性がございますので、ご了承ください。

    <プログラム>
    ・「茅ヶ崎まち歩きツアー」(名古屋大学:武村雅之先生)※先着30名まで
     (オプショナルツアーとして11時~13時(予定)に実施します。)
    ・基調講演「湘南で発見しよう!防災×化学反応」(仮)(東京大学:加藤孝明先生)
    ・基調講演「防災活動をもっと元気に!」(仮)(明治大学:山本俊哉先生)
    ・プレゼンテーション「神奈川における防災の取組について~これまでとこれから~」
    ・ワークショップ「みんなの防災、わたしの決意」

    また、オフラインミーティング終了後、18:00から同会場にて「つながる会」と題して懇親会(会費4,000円)を行います。皆様、奮ってご参加ください。(申込後のキャンセルは、1/18(金)までにお願いします)

    お申し込みは、以下の申込フォームからお願いいたします。

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南 申込フォーム」

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 『住民主体の防災計画はいかに可能か?』 地区防災計画の活性化を目指すシンポジウム

    『住民主体の防災計画はいかに可能か?』 地区防災計画の活性化を目指すシンポジウム

    2018年10月16日

    地震や風水害などの大規模災害では、行政の災害対応力が追い付かないため、住民や各種団体などによる自助・共助の取り組みが必要不可欠といわれている。
    そこで、2013 年6月、災害対策基本法によって、住民などが主体的に防災計画を策定できる「地区防災計画制度」が導入され、様々な先進事例が発掘されてきた。
    ところが、地区防災の現場からは、「防災計画づくりは難しい」、「防災活動が広がらない」、「担い手がいない」などの悩みも多く聞かれる。
    本シンポジウムでは、地区防災計画に関わる様々なお立場の方をお迎えして、「住民主体の防災計画」に必要な要件と課題、今後の制度運用のあり方などを考える。

  • ワンテーブル・JAXA共同で「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」を始動!

    ワンテーブル・JAXA共同で「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」を始動!

    2018年10月05日

    株式会社ワンテーブルと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、防災分野における新たな事業創出を目指し、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の事業コンセプト共創に関する覚書を締結した。この取り組みでは、被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指す。
    ▼JAXA 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180830_jsparc_j.html

  • 災害時、ペットと同行避難を 小田原のNPOが絵本に

    災害時、ペットと同行避難を 小田原のNPOが絵本に

    2018年10月05日

    神奈川県小田原市内のNPO法人 防災総合ペット育成協会が東日本大震災での事例を基に、同行避難のための準備の大切さを呼びかける絵本「君とずっと一緒にいたいから」を出版した。一匹の犬が主人公で、震災に襲われ、大好きな飼い主の少年を探しに家を飛び出して迷子になり、名札などもつけていなかったため、誰にも引き取られずにひとりぼっちになってしまうというストーリー。最後に主人公を通し、名札やマイクロチップをつけることを呼びかける。
    ▼防災総合ペット育成協会
    https://www.bousaipet.org/

  • 「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」ポリ袋で調理できる『オリジナル備蓄レシピ』

    「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」ポリ袋で調理できる『オリジナル備蓄レシピ』

    2018年10月05日

    一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは、神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科の女子学生が中心となり結成した「防災女子」と『オリジナル備蓄レシピ』を開発した。普段の料理やアウトドアでも活用できる、ポリ袋などを活用した簡単な調理レシピと、災害時に不足しがちな栄養素を意識した「1日分の献立」を公式ウェブサイトで公開している。
    ▼「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」 『オリジナル備蓄レシピ』
    https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock10.html

  • 「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング全国大会 in ぼうさいこくたい」(10月13日(土))開催のお知らせ

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング全国大会 in ぼうさいこくたい」(10月13日(土))開催のお知らせ

    2018年10月04日

    ※おかげさまで無事終了いたしました。多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました!

    TEAM防災ジャパンでは、10月13日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング全国大会 in ぼうさいこくたい」を開催します。
    TEAM防災ジャパンでは、ウェブ上での情報発信に加え、防災の担い手の間に、顔が見える(オフラインの)つながりを作ることに積極的に取り組んでおり、オフラインミーティングは昨年11月の仙台、今年2月の東京、6月の名古屋に続き、第4回目の開催となります。
    今回は、建築地震工学の第一人者である名古屋大学:福和伸夫教授による「たいしん・げんさい福和伸夫ショー」として、子どもから防災の専門家まで幅広い方々に楽しみながら建物耐震化を学んでいただくコンテンツの他、TEAM防災ジャパンアドバイザーの4名※と自由に語り合えるラウンドテーブルなどを用意しています。
    ※時事通信社:中川和之氏、名古屋大学:福和伸夫氏、跡見学園女子大学:鍵屋一氏、東京大学生産技術研究所:加藤孝明氏

    全国から多くの方にお集まりいただき、日ごろ防災活動に取り組んでいる人々の交流の場としたいと思います。皆さまの参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2018年10月13日(土)12:30~18:00(受付開始12:00)

    会場:
    そなエリア(東京臨海広域防災公園)本部棟2F食堂

    <プログラム>
    第1部 12:30~14:00
    全国に“地震に強いたてもの”を拡げよう! ~たいしん・げんさい福和伸夫ショー~
    第2部 14:30~16:00
    「ホンネで語ろう~未来のために~」~発信し、つながれるラウンドテーブル~
    第3部 16:30~18:00
    「どう起こす?防災・減災の化学反応」~会場一体型パネルディスカッション~

    また、同日18:30から「つながる会」(会費4,000円)を開催します。皆様、奮ってご参加ください。(申込後のキャンセルは、10/10(水)17時までにお願いします)

    お申し込みは、こちらの申込フォームからお願いいたします。
    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング全国大会 in ぼうさいこくたい 申込フォーム」

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

  • 平成30年度「津波防災の日」スペシャルイベント「最新科学×津波×地域防災」の開催

    平成30年度「津波防災の日」スペシャルイベント「最新科学×津波×地域防災」の開催

    2018年10月01日

    11月5日(月)13:00~18:00に、川崎商工会議所川崎フロンティアビル2階KCCIホールにて、平成30年度「津波防災の日」スペシャルイベント「最新科学×津波×地域防災」が開催されます。
    津波に関する最新科学の紹介に加え、全国の津波を想定した地区防災計画策定の取り組みを踏まえて、地域における津波の備えについて考えるイベントとなっております。

    <プログラム>
    14:00 開会挨拶 内閣府(防災担当)/川崎市
    14:10 緊急報告「9月28日にインドネシアで発生した地震・津波について」
    14:20 「地域における津波防災の取組みと地区防災計画の役割」
    16:20 「川崎市の津波防災~企業・地域での最新科学活用に向けて~」
    17:05 「地域・企業・学校におけるこれからの津波防災」パネルディスカッション
    17:55 閉会挨拶 内閣府(防災担当)

    また、同日13:00から18:00までの間、「津波防災教育ツールミニ体験会」も実施します。
    本イベントは参加無料です。皆様のご参加をお待ちしています。
    詳細は以下のリンクをご確認ください。

  • ぼうさいこくたい2018にガチャピンとムックが来るよ!

    ぼうさいこくたい2018にガチャピンとムックが来るよ!

    2018年10月01日

    10月13日(土)そなエリアにスペシャルゲストとして、ガチャピンとムックが来場します!
    記念撮影はもちろん、一緒に乗り物を体験したり、防災ツアー巡りができるなど、ガチャピン・ムックと触れ合える機会が満載です。
    是非13日はそなエリアにご来場いただき、ガチャピン・ムックと楽しみながら、「防災」について学びましょう!

    当日のスケジュールは以下の通りです。
    10時半~11時 大臣との記念撮影
    13時半~14時 来場者との記念撮影
    15時~15時半 かっこいい乗り物を来場者と一緒に体験
    16時半~17時 ガチャピン・ムックと巡る、そなエリア観覧ツアー

  • 国土強靱化ワークショップ(第4回)の開催

    国土強靱化ワークショップ(第4回)の開催

    2018年09月21日

    11月10日(土)に、大阪駅近くの「リファレンス大阪駅前第4ビル 23階(2307会議室)」にて、国土強靱化ワークショップが開催される。
    「『レジリエンス』×『コミュニティ』いざという時、助け合えるつながりをつくろう」をテーマに、いざという時に助け合えるコミュニティとは?日常からの取り組みとは?ということについて検討する内容となっている。
    なお、話題提供者として、一般社団法人防災ガール代表理事の田中美咲氏の登壇を予定している。
    成果を楽しく共有できる、誰でも参加しやすい内容となっており、幅広い方々の参加を募集している。

    ※募集締切は、11月2日(金)まで。

    ・国土強靱化ワークショップ(第4回)案内・申込書

  • 国土強靱化ワークショップ(第3回)の開催

    国土強靱化ワークショップ(第3回)の開催

    2018年09月21日

    11月3日(土)に、東京のJR山手線・京浜東北線田町駅近くの「ビジョンセンター田町」にて、国土強靱化ワークショップが開催される。
    「『レジリエンス』×『コミュニティ』避難所運営ゲーム(HUG)を体験してみませんか?」をテーマに、災害時に生き残り、支え合うための行動を避難所運営ゲーム(HUG)で学べる内容となっている。
    なお、話題提供者として、(特活)日本ファシリテーション協会 (FAJ)フェロー・災害復興支援グループの鈴木まり子氏の登壇を予定している。
    成果を楽しく共有できる、誰でも参加しやすい内容となっており、幅広い方々の参加を募集している。

    ※募集締切は、10月26日(金)まで。

    ・国土強靱化ワークショップ(第3回)案内・申込書

  • 10月1日 大水害 in 東京 ~多様な人の避難を考える~

    10月1日 大水害 in 東京 ~多様な人の避難を考える~

    2018年09月14日

    女性の視点を東京の防災に生かそうと、防災活動の普及啓発などに取り組むボランティアや医師ら女性7人が中心となって呼びかけ発足した「女性防災ネットワーク・東京」の主催で、水害時の避難について考えるイベントが、10/1(月)に港区新橋のフィルポート大会議室で開かれる。多様な人が、どのような情報を入手し、どうすれば率先して避難できるのかを検討する。