アクション!

おすすめ

  • 横浜市とクレジットカード会社「クレディセゾン」が防災や減災の意識を高めるため、協力して催しを開くことなどを柱とした連携協定を結んだ。10/1(日)には、東日本大震災を機に設立され、東北産の木材を使った製品で知られる宮城県石巻市の石巻工房のスタッフを招き、「家具製作ワークショップ」を開く。作業しながら防災を意識してもらい、完成後はセンターの待合スペースに設置し、防災マップ作りや救助方法を教える講座などを開く空間にする。また、クレディセゾンのポイントを市の防災事業に役立てる取り組みも同日より始め、集まった金額に応じて市が啓発イベントを企画する。
    ▼横浜市 BOSAI CAFE 家具製作ワークショップ
    http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/info/kagu

  • 解説動画を制作する株式会社simpleshow Japanが制作した、超高層ビルにおける大型地震の仕組みや対策について解説する動画。地震に不慣れな外国人が超高層ビルで大型地震に遭遇した時、 自分の身を守れるようになるために、 また、訪日外国人の不安や心配を軽減するため 「超高層ビルの大型地震」に対する正しい知識や対策を啓蒙するために制作された。
    ▼日本語版
    https://www.youtube.com/watch?v=NULFASTnifM
    ▼英語版
    https://www.youtube.com/watch?v=KzpQUGPhfwc

  • 東京電機大学高等学校生徒会が都市防災の観点から作成した高等学校生徒用防災ハンドブック。さまざまな地域から通学してくる私立学校の中高生にとって、登下校のタイミングで東日本大震災クラスの大災害が発生したときのリスクは大きいものがあり、東京都内の私立学校は「登下校時の緊急避難校ネットワーク」が構築されていることから、それを利用して「親との連絡方法」「親戚や知人の家の情報」「通学途中にある他の私立学校の情報」などを、コンパクトに一枚にまとめた防災マップとした。
    ▼東京電機大学中学校・高等学校 平成28年度後期高校生徒会が日本生徒会大賞2017団体の部で大賞を受賞!
    http://www.dendai.ed.jp/blog/tdunews/2017/201706161189.html

新着順

  • 「第33回防災ポスターコンクール」作品の募集

    「第33回防災ポスターコンクール」作品の募集

    2017年06月30日

    国及び地方公共団体等においては、防災意識の高揚、防災知識の普及を図るため、毎年、「防災の日(9月1日)」、「防災週間(8月30日~9月5日)」及び「津波防災の日(11月5日)」の期間を中心に、防災に関する行事を実施している。内閣府と防災推進協議会では、平成29年度における防災週間及び津波防災の日行事の一環として、「第33回防災ポスターコンクール」作品の募集及び表彰等を実施する。応募期間は、平成29年7月1日(土)~10月31日(火)。なお、平成28年度(第32回)は、「幼児・小学1年生の部」、「小学2~4年生の部」、「小学5・6年生の部」、「中学生・高校生の部」、「一般の部」の5部門について合計12,259点の作品の応募があった。
    ▼内閣府「第33回防災ポスターコンクール作品募集」
    http://www.bousai.go.jp/kyoiku/poster/pdf/leaf33.pdf

  • 日本気象協会「トクする!防災「夏の備蓄前線」」

    日本気象協会「トクする!防災「夏の備蓄前線」」

    2017年06月28日

    一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは「夏の備蓄前線」を6月1日(木)に発表している。「夏の備蓄前線」は、梅雨や集中豪雨、台風などで土砂災害や洪水が起きやすいシーズンに入り、各地で雨が多くなる時期を参考に、備蓄の見直しを推奨する時期を前線図にしたものである。「夏の備蓄前線」は「トクする!防災」プロジェクトの公式サイトで公開している。

  • 第1回 高知防災クイズチャンピオン参加チーム募集!

    第1回 高知防災クイズチャンピオン参加チーム募集!

    2017年06月28日

    KOCHI防災危機管理展実行委員会は、子供たちに防災のいろはを伝え、自助できる力を身につけてもらうために、小学5、6年生を対象に、7月29日(土)に防災クイズ大会を開催する。3人1組となり、○✕クイズや早押しクイズで防災の知識を競うあう。7月10日まで参加チームを募集している。

  • 東京消防庁「みんなで参加!防災訓練」

    東京消防庁「みんなで参加!防災訓練」

    2017年06月28日

    東京消防庁では、「どこでも・いつでも・だれでも」気軽に参加できる防災訓練を推進している。「まちかど防災訓練」として、「まちかど防災訓練車」の派遣などにより、地域住民の自宅周辺の路上などで、訓練用消火器やスタンドパイプなどの消火用資器材等を活用した、少ない人数・短時間で実施できる訓練を実施している。「まちかど防災訓練車」や防災訓練、消防署のイベントに関するご相談・お問合せは、最寄りの消防署で受け付けている。

  • 「NHKニュース・防災」アプリが大幅機能拡充。ゲリラ豪雨や熱中症情報など

    「NHKニュース・防災」アプリが大幅機能拡充。ゲリラ豪雨や熱中症情報など

    2017年06月28日

    NHKは、災害情報や気象情報、NHKが取材した最新ニュースやライブ映像などが見られるスマートフォン向け無料アプリ「NHKニュース・防災」を6月15日に大幅にリニューアルした。マップ機能などを拡充し、雨雲データだけでなく地震/津波や、気象警報/注意報などの情報を地図上で確認できるようにしている。アプリの対応OSは、iOS 8.0以降とAndroid 4.1以降となっている。
    ▼iTunes「NHK ニュース・防災」
    https://itunes.apple.com/jp/app/nhk-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9-%E9%98%B2%E7%81%BD/id1121104608?mt=8

  • 電通、スチャダラパーと共同で、防災ソング「その日その時」を制作

    電通、スチャダラパーと共同で、防災ソング「その日その時」を制作

    2017年06月28日

    株式会社電通の社内プロジェクト「+ソナエ・プロジェクト」は、ラップグループ「スチャダラパー」と共同で、防災を身近に学べる映像付きの防災ソング「その日その時」を制作し、同ソングをYouTube上に公開している。今回の防災ソング「その日その時」は、スチャダラパーのラップに合わせて、自然災害に対する備蓄の意識を高め、適切な行動が取れるように促す歌となっている。今後、防災関連のイベントやウェブサイトなどで活用される予定としている。
    ▼YouTube「その日その時」
    https://www.youtube.com/watch?v=LgPym8fjAOQ

  • 鎌仲ひとみの原子力防災講座―原発事故から6年を迎えた今だから知りたい「防災」のことー

    鎌仲ひとみの原子力防災講座―原発事故から6年を迎えた今だから知りたい「防災」のことー

    2017年05月11日

    原子力防災についてドキュメンタリー映画監督 鎌仲ひとみ氏が5月13日(土)から4回に分けて、東京都世田谷区のぶんぶんフィルムズ事務所にて防災講座を開催する。テーマは「原発事故で起きたこと・原発防災」「事故が起きたら-どう逃げるかー」「いまさら聞けない被ばくのホント」「備えようできることAtoZ」。オンライン・ZOOMにて全国各地からも参加できる。申込の詳細は下記リンクより。
    ▼鎌仲ひとみの原子力防災講座 #1~#4
    http://peatix.com/event/254172?lang=ja

  • 強風の危険度を見える化したハザードマップ「台風ソラグラム」

    強風の危険度を見える化したハザードマップ「台風ソラグラム」

    2017年04月28日

    天気から交通情報までまとめて確認できる生活情報サイト『ライフレンジャー』が、台風の中心位置に対する地域ごとの風の危険度が分かる「台風ソラグラム」をスタートする。横浜国立大学が「台風ノモグラム」をもとに研究した地域ごとの強風傾向の情報を用いて、ユーザーが登録したMY地点に紐づく風の状態を見える化し、台風ハザードマップとして災害への備えや対策に活用できる。
    ▼ライフレンジャー天気
    http://tenki.life-ranger.jp/

  • 知ろう・備えよう災害対策

    知ろう・備えよう災害対策

    2017年04月28日

    三井住友海上火災保険株式会社が4月から、オフィシャルサイト(http://www.ms-ins.com/special)で提供している防災・減災に関する新コンテンツ。小学生2人のキャラクターを用いて、地震・台風・雪災・落雷など計8個の自然災害等について、意外と知らない豆知識や、知っておくと役立つ事前の備え、災害時の行動の情報をまとめている。
    ▼三井住友海上 当社オフィシャルサイトで防災・減災に関する新コンテンツの提供を開始
    http://www.ms-ins.com/news/fy2017/pdf/0412_1.pdf

  • バーチャル防災体験・防災授業 三鷹市立第七小学校

    バーチャル防災体験・防災授業 三鷹市立第七小学校

    2017年04月28日

    東京都三鷹市の市立第七小学校では、AR(拡張現実)アプリを使用したバーチャル防災体験と、防災授業を行なっている。東京都の小学校は毎月、防災訓練を実施する決まりとなっており、これまで抜き打ち訓練など工夫を凝らしてきたが、ややマンネリ化。最新式のゴーグルを通して、校内に煙が充満した様子と、学校の周りが洪水になっている様子を体験できるARアプリを昨年から導入した。
    ▼愛知工科大学 情報メディア学科 板宮研究室
    http://www.aut.ac.jp/lab/itamiya.html