アクション!

おすすめ

  • 長野県では、 市民・ボランティア・行政・自衛隊などが連携し、被災者のために一丸となって災害廃棄物等の撤去を行う「One NAGANO(ワン ナガノ)」という全国のモデルとなり得るプロジェクトが立ち上がった。11月2日3日4日の3連休には、一層集中的に取り組むこととしている。
    令和元年台風第 19 号からの復旧・復興に向け、宮城県、福島県、栃木県など広域にわたる被災地では、ボランティアの力を必要としている。

    災害ボランティアセンターの情報は全国社会福祉協議会のホームページから。

  • 台風19号により甚大な被害を受けた宮城県丸森町で、仙台駅から現地までの貸切のボランティア送迎バスを、11月2日(土)・11月3日(日)・11月4日(月・祝)で運行。泥かきや家財の運び出し等を行うボランティアを募集している。
    問合わせは『丸森町災害ボランティアセンター』まで。

  • 災害発生時に備えて日ごろから保存が可能な水や食料をストックしておくことで、電気・水道・ガスなどのライフラインがストップした時に役立つ災害備蓄品。それらは発生時から復興・復旧までの長い期間使用するものであり、現場の状況、またおかれた環境によって異なるため、総合的に管理体制をつくりマニュアル化する必要がある。
    BCP(事業継続計画)の重要な柱として、企業は体系的に災害備蓄を社内に徹底させ災害時にリーダーシップをとれる災害備蓄管理者を各部署ごとに配置し連携を図り緊急事態に備えることが重要。
    防災安全協会では、社員や職員の安全・安心を守るために防災担当者に対して最低限の防災・災害の知識・情報として災害備蓄の基本的講習を促し、社内災害備蓄管理を行うための災害備蓄管理士の資格認定制度を開始する。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • <南蒲生浄化センター>汚水処理、津波に負けず 仙台市内で企画展、被災から新施設稼働までの奮闘紹介

    <南蒲生浄化センター>汚水処理、津波に負けず 仙台市内で企画展、被災から新施設稼働までの奮闘紹介

    2019年03月28日

    東日本大震災の津波に襲われ、機能が停止した仙台市南蒲生浄化センターで、汚水処理に当たった職員の奮闘を記録した企画展「それでも、下水は止められない」が期間を延長し7月7日(日)まで、せんだい3.11メモリアル交流館で開かれている。センターは、1日に約30万トンの下水が流れ込む全国最大規模の処理施設。市内の下水の約7割を処理する。震災では10メートルの津波が襲い、電源を喪失した。被災から新施設稼働まで、各段階の取り組みを写真パネルなどで紹介する。
    ▼仙台市 南蒲生浄化センター復旧までの記録
    http://www.city.sendai.jp/keekikaku-shomu/kurashi/machi/lifeline/gesuido/gesuido/shinsai/kansoku.html
    ▼せんだい3.11メモリアル交流館 3.11現場の事実×心の真実「それでも、下水は止められない。」
    http://sendai311-memorial.jp/feature/2018exhibition03/

  • 日本赤十字社とクラシル“防災・減災プロジェクト”コラボ企画「Sonaeru Gohan」

    日本赤十字社とクラシル“防災・減災プロジェクト”コラボ企画「Sonaeru Gohan」

    2019年03月28日

    日本赤十字社と料理レシピ動画サービスのkurashiruを運営するdely株式会社が共同で、日本赤十字社が実施する“防災・減災プロジェクト ~私たちは、忘れない。~”の一環として、在宅避難時における避難食や災害への食の備えをテーマとしたスペシャルサイト『Sonaeru Gohan(備えるごはん)』を3月1日に開設した。在宅避難時の避難食、食の備えや心構えなど、レシピ動画やエピソードを交えて紹介しているほか、日本赤十字社の担当者とクラシルの代表による「Sonaeru Gohan」の企画の経緯や防災についての対談も掲載している。
    ▼日本赤十字社とクラシル“防災・減災プロジェクト” コラボ企画『Sonaeru Gohan』のスペシャルサイト、 3月1日オープン
    https://www.atpress.ne.jp/news/178195

  • ユニ・チャーム 家族みんなで災害へ備える衛生情報「マイスタイル防災」

    ユニ・チャーム 家族みんなで災害へ備える衛生情報「マイスタイル防災」

    2019年03月28日

    ユニ・チャーム(株)は、災害発生時に直面する衛生上のリスクを減らすため、体験談に基づいた“災害時に起こる課題”から、様々な家庭環境を想定した「マイスタイル防災」を2月18日(月)よりホームページにて公開を開始した。①全ての人に必要な防災、②赤ちゃんに必要な防災、③女性に必要な防災、④シニアに必要な防災、⑤在宅介護をしている方に必要な防災、⑥ペットに必要な防災、の衛生情報を紹介してる。また、ダウンロード版(印刷PDF)も公開している。
    ▼ユニ・チャーム マイスタイル防災
    http://www.unicharm.co.jp/csr-eco/mystylebosai/index.html

  • 『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』の始動

    『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』の始動

    2019年03月05日

    ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、東日本大震災から8年となる中、復興支援に誰でも参加できる“4つのチャリティーアクション”と“復興支援イベント”を紹介する特集「- 3.11企画 - いま、わたしができること。」の一環として、一人ひとりに合わせた災害への備えを啓発するプロジェクト『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を本日始動した。
    現在、災害に備えるための一般的な防災情報は提供されているが、東日本大震災が発生した後の「Yahoo!検索」のデータを分析すると、性別や年齢、生活環境によって一人ひとりの知りたい情報が違うことがわかった。
    Yahoo! JAPANではその点に着目し、“その人だからこそ必要な、ダイバーシティを考慮した災害への備えを行うべきではないか”と考え、「人の数だけ、備えがある。」というコンセプトから『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を発足した。
    『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』では、自分の特性やライフスタイルから一人ひとりに合った防災情報やグッズを探せる特設サイトを開設したほか、自分ならではの防災ブックを作成できる体験イベントを行う。

  • 戸塚第三小学校で防災出前授業 早大防災教育支援会WASENDが地域と連携

    戸塚第三小学校で防災出前授業 早大防災教育支援会WASENDが地域と連携

    2019年03月01日

    国内外の小学生を対象に防災教育を行っているサークル「早大防災教育支援会WASEND」が2月7日、東京都新宿区の戸塚第三小学校で小学3年生を対象に防災出前授業を行った。体育館で火事についての講座を実施。紙芝居で火事の危険さと対策について学んだ後、マットや道具を用いて、服に火が付いたときの対処方法と煙がまん延している中での逃げ方を約25人の児童が体験した。その後、クイズ形式で児童とやり取りしたり、グループに分かれて防災に関する疑問に答えるフリートークを行なった。戸塚第三小学校の服部みどり校長は「地域と早稲田大学の方々の協力を得て3年前から防災出前授業を行っている。防災に関する一般的な啓発に加えて、授業の最後に各班に分かれて大学生と一緒に行うフリートークでは、近隣の具体的な場所が事例に上がり、実際に火災などが発生した際に児童自身がどう行動すればいいか考えるきっかけになっている」と話した。
    ▼早大防災教育支援会WASEND
    http://wasend-blog.com/

  • 自衛隊災害派遣がカードゲームに 子どもに関心を

    自衛隊災害派遣がカードゲームに 子どもに関心を

    2019年03月01日

    子どもたちの防災への関心を高めようと、自衛隊岡山地方協力本部と災害支援財団、日本安全保障・危機管理学会が企画して、自衛隊の災害派遣をテーマにしたカードゲームを作った。噴火、豪雨、土砂災害、地震といった「災害カード」10枚と、装備品や隊員が描かれた「自衛隊カード」30枚の計40枚が1セット。小学生以上向けで1対1で対戦する。任務遂行に必要なポイント数が記された災害カードに対し、プレーヤーは交互に自衛隊カードを出しながらゲームを進め、先に必要数に達した側が勝利となる。
    ▼自衛隊岡山地方協力本部 自衛隊災害派遣カードについて
    http://www.mod.go.jp/pco/okayama/saigaicard/top.html

  • 兵庫県 おいしいごはんを食べよう県民運動「災害時にも役立つお米・ごはんBOOK」

    兵庫県 おいしいごはんを食べよう県民運動「災害時にも役立つお米・ごはんBOOK」

    2019年03月01日

    阪神・淡路大震災でボランティアの作った炊き出しのおむすびに被災者が助けられた経験から、お米の大切さを再認識しようと始まった「おいしいごはんを食べよう県民運動」。この運動の推進協議会が、南海トラフ地震の発生に備える手助けになればと、ポリ袋を使ったご飯の炊き方や、買い置き食品の使い方など、災害でライフラインが断たれたときに役立つ情報をまとめた冊子を作った。冊子は、おいしいごはんを食べよう県民運動のホームページからダウンロードできる。

  • 防災×アウトドア・スポーツ「Bosai ロゲイニング」

    防災×アウトドア・スポーツ「Bosai ロゲイニング」

    2019年02月14日

    町歩き&スタンプラリー感覚でチェックポイントを巡る防災ロゲイニングを3月16日(土)に東京臨海広域防災公園 そなエリアにて開催する。チェックポイントは防災や災害に関係する場所やモノで、それぞれのチェックポイントには点数がついており、さらに全部のチェックポイントで防災に関するクイズを出題する。また、Bosai ロゲイニング終了後には、レクチャールームにて防災講習会を行ない、ロゲイニングの防災クイズの内容を詳しく講習する。

  • ~1.17と3.11をつなぐ~「宝塚防災ラジオdeウォーク」

    ~1.17と3.11をつなぐ~「宝塚防災ラジオdeウォーク」

    2019年02月14日

    ラジオを聴きながら家族や友人と歩いて防災とまちを知るイベント「宝塚防災ラジオdeウォーク」が3月10日(日)に開催される。同イベントは、震災を知らない若い世代にもその教訓を語り継いでいくための、体を動かして楽しみながら防災・減災を考えるウォーキングイベント。コースは全長約7.5キロで、旧松本邸や千吉稲荷神社、宝の塚の碑、伊子志の渡し跡などコースの途中にある地域の避難所や災害危険予想箇所、被災箇所などを巡るスタンプラリーが行われるほか、エフエム宝塚の防災特別番組を聴きながら防災に対して自助意識を身に付けることができる。また、ゴール会場では炊き出しや自衛隊による足湯、企業や団体による防災ブースが展開される。

  • 「地区防災計画フォーラム2019」を大阪にて開催します

    「地区防災計画フォーラム2019」を大阪にて開催します

    2019年02月08日

    「地区防災計画フォーラム2019」を大阪にて開催します。

    日 時:2019年3月16日(土)13時30分~16時30分
    場 所:TKPガーデンシティ大阪淀屋橋 19階

    【プログラム】
    1.開会挨拶
    2.講 演
     ・大阪府・大阪市における自助・共助の取組(仮題)
     ・今後の地区防災計画の促進 ~大阪府北部地震を踏まえて~
    3.内閣府による地区防災計画関連調査の現況報告
    4.パネルディスカッション
     ・各地区からの最新事例の紹介を踏まえ、地区防災計画
     ・策定の拡大・促進方策や今後期待される取組について
     ・地区防リーダーが議論をします
    5.閉会挨拶