アクション!

おすすめ

  • ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、東日本大震災から8年となる中、復興支援に誰でも参加できる“4つのチャリティーアクション”と“復興支援イベント”を紹介する特集「- 3.11企画 - いま、わたしができること。」の一環として、一人ひとりに合わせた災害への備えを啓発するプロジェクト『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を本日始動した。
    現在、災害に備えるための一般的な防災情報は提供されているが、東日本大震災が発生した後の「Yahoo!検索」のデータを分析すると、性別や年齢、生活環境によって一人ひとりの知りたい情報が違うことがわかった。
    Yahoo! JAPANではその点に着目し、“その人だからこそ必要な、ダイバーシティを考慮した災害への備えを行うべきではないか”と考え、「人の数だけ、備えがある。」というコンセプトから『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を発足した。
    『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』では、自分の特性やライフスタイルから一人ひとりに合った防災情報やグッズを探せる特設サイトを開設したほか、自分ならではの防災ブックを作成できる体験イベントを行う。

  • 子どもたちの防災への関心を高めようと、自衛隊岡山地方協力本部と災害支援財団、日本安全保障・危機管理学会が企画して、自衛隊の災害派遣をテーマにしたカードゲームを作った。噴火、豪雨、土砂災害、地震といった「災害カード」10枚と、装備品や隊員が描かれた「自衛隊カード」30枚の計40枚が1セット。小学生以上向けで1対1で対戦する。任務遂行に必要なポイント数が記された災害カードに対し、プレーヤーは交互に自衛隊カードを出しながらゲームを進め、先に必要数に達した側が勝利となる。
    ▼自衛隊岡山地方協力本部 自衛隊災害派遣カードについて
    http://www.mod.go.jp/pco/okayama/saigaicard/top.html

  • 阪神・淡路大震災でボランティアの作った炊き出しのおむすびに被災者が助けられた経験から、お米の大切さを再認識しようと始まった「おいしいごはんを食べよう県民運動」。この運動の推進協議会が、南海トラフ地震の発生に備える手助けになればと、ポリ袋を使ったご飯の炊き方や、買い置き食品の使い方など、災害でライフラインが断たれたときに役立つ情報をまとめた冊子を作った。冊子は、おいしいごはんを食べよう県民運動のホームページからダウンロードできる。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • つくば市初!宇宙での生活から学ぶ防災教室を開催!

    つくば市初!宇宙での生活から学ぶ防災教室を開催!

    2018年12月21日

    茨城県つくば市が、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の取組の1つである「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」のソーシャルパートナーに就任した。この取組は、防災分野における新たな事業創出を目指したものであり、今後、宇宙×防災の視点を取り入れた防災教育活動の展開や防災意識の醸成を図るとともに、防災市場の新たな仕組み作りや備蓄食料のあり方の検討、また新たな市場創出に向けて取組を進めていく。第1弾の取組として、12月1日に、大穂学園つくば市立吉沼小学校での「防災教室×宇宙」で、JAXA、株式会社ワンテーブルと連携した教育プログラムを実施した。
    ▼大穂学園つくば市立吉沼小学校 防災訓練・防災教室
    https://www.tsukuba.ed.jp/~yoshinuma/?p=9110

  • 明石南高等学校 めいなん防災ジュニアリーダー考案「にげろ!あにまるず」

    明石南高等学校 めいなん防災ジュニアリーダー考案「にげろ!あにまるず」

    2018年12月21日

    兵庫県立明石南高等学校の「めいなん防災ジュニアリーダー」が、地震発生時の対応や避難行動を楽しみながら学ぶゲーム「にげろ!あにまるず」を考案し、11月23日に行なわれた鳥羽小学校区防災訓練で実施した。1チーム3~5人で、うち一人はアイマスクを付けて視覚障害者となる。就寝中に地震が起こったことを想定。参加チームは「熊」「ウサギ」「ヒヨコ」いずれかの帽子をかぶり、緊急地震速報が鳴ると頭を守る。約10秒間の地震音の後、1分以内に避難生活に必要なものを10品だけ選びリュックに入れないと家が倒壊するという設定。その後、倒壊した家のがれきなどを想定した障害物をクリアしながら3分以内に避難する。

  • 防災特別番組「いつか来る大地震への備え~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」

    防災特別番組「いつか来る大地震への備え~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」

    2018年12月10日

    日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)では、地震保険をはじめとした自助による「経済的備え」の重要性の啓発のため、12月15日(土)に、「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」をテーマとした防災特別番組を放映する。
    本特別番組では、俳優の緒形直人氏によるロケを通じて、日本を襲った2つの震災の被災地の復興状況や、被災者にインタビューした地震保険等の経済的備えが果たした意義に加え、11月17日(土)に開催した防災シンポジウム「生活復興は家計の備えから」の映像も交えた内容となっている。

    ■テーマ:「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」
    ■日 時:12月15日(土)19:30~20:59

    詳細はこちらをご覧ください。
    >防災特別番組の概要

  • 国土強靱化ワークショップ(第5回)の開催

    国土強靱化ワークショップ(第5回)の開催

    2018年11月29日

    平成31年1月26日(土)に、「福岡市リファレンス駅東ビル(V-1)」にて、国土強靱化ワークショップが開催される。
    「『レジリエンス』×『コミュニティ』気象災害と私たちのできること」をテーマに、甚大な気象災害などが生じた際に、人々が助け合えるコミュニティをつくるためには?ということについて検討する内容となっている。
    なお、話題提供者として、気象予報士の半井小絵氏の登壇を予定している。
    成果を楽しく共有できる、誰でも参加しやすい内容となっており、幅広い方々の参加を募集している。

    ※募集期間は、1月18日(金)まで。

    ・国土強靱化ワークショップ(第5回)案内・申込書

  • ImPACTシンポジウム ~ImPACTが変革する災害対応~

    ImPACTシンポジウム ~ImPACTが変革する災害対応~

    2018年11月29日

    総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) は、12月20日に仙台にて「ImPACTが変革する災害対応」と題したシンポジウムを実施する。ImPACTは、実現すれば産業や社会のあり方に大きな変革をもたらす革新的な科学技術イノベーションの創出を目指し、16プログラムによりハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発を推進している。
    今回は、ImPACTにおいて、災害発生に即応し、被害を抑え、さらには早期復興・復旧を可能とするなど災害現場の変革を目指す研究開発テーマに着目し、それらの研究開発状況や将来展望について発表を行うシンポジウムを開催する。

  • 「わたしが伝える・未来へ伝える“防災環境都市・仙台”」 仙台防災未来フォーラム2019 アートコンクール

    「わたしが伝える・未来へ伝える“防災環境都市・仙台”」 仙台防災未来フォーラム2019 アートコンクール

    2018年11月29日

    宮城県仙台市が来年3月10日、東日本大震災の伝承と防災啓発の在り方を市民と共に考える「仙台防災未来フォーラム2019」を仙台国際センターで開催する。市はアート作品の出品や、防災や復興に携わる企業・団体の出展、プレゼンテーションを募っている。初めての開催となるアートコンクールは小学生以下、中高生、一般の3部門を設定。テーマに沿った各種作品を募集する。応募締め切りは来年1月31日。出品無料。

  • 岡山で平成30年7月豪雨を絵本で伝えるプロジェクト 犬が主人公、実話を基に

    岡山で平成30年7月豪雨を絵本で伝えるプロジェクト 犬が主人公、実話を基に

    2018年11月29日

    元・山陽放送の女性アナウンサー6人で東日本大震災後、結成した朗読グループ「おはなしのWA♪」が西日本豪雨災害を伝える絵本制作プロジェクト「Brothers Dog Project」を行っている。岡山県倉敷市真備町で飼われていた2匹のロングコートチワワ犬の実話を基にストーリーを作成。2匹は兄弟でゲージの下にいた弟のミルクが浸水、上にいた兄のチョコが鳴いて飼い主に知らせたという。7時間以上も浸水した家の屋根の上で救助を待った経験など動物の1人称でストーリーは進む。同プロジェクトは12月31日まで、クラウドファンディングサイト「Ready for」で支援者を呼び掛ける。約1000冊の絵本の作成を目指す。達成後は2019年7月7日に同絵本の朗読会を予定している。

  • デザインで被災者支援 ~岡山・真備町「いまから手帳」

    デザインで被災者支援 ~岡山・真備町「いまから手帳」

    2018年11月22日

    多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻の大橋由三子教授と学生有志が編集とデザインを担当した「いまから手帳」は、西日本豪雨の被災者支援ツール、生活再建支援ツール、健康管理ツールをまとめた記入式の冊子。医療従事者や支援者に説明する際に便利な家族の基本情報、診療記録が簡単に記入できるよう工夫されており、3ヶ月分のカレンダーにはその時期に起こりやすい健康問題や復旧復興制度が記載されている他、弁護士会と連携して作成した生活再建制度一覧チェック表など、発災後に必要なニーズが1冊に集約されている。
    ▼多摩美術大学 デザインで被災者支援 岡山・真備町と北海道地震の被災地に「いまから手帳」制作
    https://k.tamabi.ac.jp/activity/kikaku/1850781/

  • 朝倉グリーンツーリズム協議会「九州北部豪雨 体験教訓バスツアー」

    朝倉グリーンツーリズム協議会「九州北部豪雨 体験教訓バスツアー」

    2018年11月08日

    平成29年7月の九州北部豪雨で甚大な被害を受けた福岡県朝倉市の被災者らが自らの体験を伝える「教訓バスツアー」。まだ傷跡が多く残る被災地見学と被災地応援として被災地で今が旬の果物狩りを楽しむことができる。11/13(火)の杷木松末ツアーは濁流が家や農地を押し流した地区を訪ねる。11/27(火)の比良松・山田ツアーのうち山田は、流木と土砂に埋まった農産物直売所「三連水車の里あさくら」の関係者が、被害を発生させたため池などを案内する予定である。

  • エフエム徳島「防災ハンドブック2018 あなたの家族とまちを災害から守るために」

    エフエム徳島「防災ハンドブック2018 あなたの家族とまちを災害から守るために」

    2018年11月08日

    FMラジオ局のエフエム徳島が、災害時の対応方法を紹介する「防災ハンドブック」シリーズの2018年度版。2003年から毎年「防災の日」の9月1日に発行しており、徳島県の最新の防災情報を中心に作成し、10万部無料配布している。地震や津波、台風といった災害ごとに、想定される被害、避難時の注意点などをイラスト付きで紹介。電子書籍としても無料で公開している。