アクション!

おすすめ

  • 福岡県福岡市が、防災アプリ『ツナガル+(プラス)』を開発し、4月11日からサービスを開始した。アプリは市が主催した防災アプリコンテストで最優秀賞に選ばれた富士通九州システムズが開発。災害発生時に、被災者の位置をGPSなどを使って割り出し、付近の指定避難所一覧や経路を示す。ライフライン復旧情報や、各避難所での支援物資の配給状況などを市が発信する。また、被災者からも、現在位置や被災の状況、支援物資の必要量などを市に発信できる。
    ▼富士通九州システムズ 自治体の危機管理者向け指定外避難所支援SaaSの提供開始
    http://www.fujitsu.com/jp/group/kyushu/resources/news/press-releases/2018/0411.html

  • 5月31日~6月3日にかけて、最先端の消防・防災製品や情報を集めた「東京国際消防防災展2018」が東京ビッグサイトで開催される。5年に1度行われる、国内最大級の消防・防災に関する展示会で、火災・災害から身を守るための最新技術や、注目の製品が紹介される。「まちかど防災訓練車」が設置されるほか、ポンプ車やはしご車の乗車体験、保存食を利用したスイーツコンテストが開催されるなど、子供から大人まで幅広い世代の人が楽しめるものとなっている。
    ▼東京国際消防防災展2018
    http://www.fire-safety-tokyo.com/jp/

  • 災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが、平成30年6月に東京港へ寄港することから、内閣府(防災担当)では、米国海軍による「マーシー」の一般見学会のほか、日米共同災害医療搬送訓練、災害医療・防災関係者等を対象としたセミナー、シンポジウム等を企画しています。
    このたび一般見学会の参加希望者及び「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」の傍聴希望者の募集を開始しますのでお知らせします。

    <一般見学会>
    ■日 時 :平成30年6月16日(土)午後
    ■場 所 : 東京港大井水産物埠頭(東京都大田区東海5丁目3番5号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 400人(定員を超えた場合は抽選)

    <シンポジウム>
    「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム
    ~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」
    ■日 時 : 平成30年6月19日(火)13:30~17:50
    ■場 所 : ヒルトン東京 4階 菊の間(東京都新宿区西新宿6丁目6番2号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 100人(受付は先着順)

    ▼米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う 一般見学会、シンポジウムの参加者募集について(内閣府(防災担当))
    http://www.bousai.go.jp/jishin/sonota/tamokutekisen/pdf/180516_mercy.pdf

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 体験型防災イベント「大地震へのソナエ」~あなたは大丈夫?長周期地震動について知ろう~

    体験型防災イベント「大地震へのソナエ」~あなたは大丈夫?長周期地震動について知ろう~

    2018年01月26日

    気象庁が2月2日(金)、3日(土)に、長周期地震動の特徴や適切な対応行動、事前の対策を「知って」「そなえる」防災イベントを東京臨海広域防災公園「そなエリア東京」で開催する。入場無料。長周期地震動の経験者によるトークショーや、ハンドマッサージ体験、災害時のトイレの使い方など、女性の方々に役立つ情報や子どもと一緒に楽しめるプログラムが多数ある。

  • 「てんてん」と「ぼうさい」をまなぼう!

    「てんてん」と「ぼうさい」をまなぼう!

    2018年01月26日

    静岡県警災害対策課が津波防災を題材にした小学生向けの教材。小学1年生の女の子「てんてん」が東日本大震災のニュースを知り、防災について理解を深めていくという物語。巨大地震はいつ来てもおかしくないことや、津波の威力、地震の規模を表すマグニチュードと震度の関連性などを取り上げている。教材は静岡県教育委員会を通じ県内の小学校などに周知を図っているほか、ホームページにも掲載し、更新している。

  • 「さんだ女子防災部」そのときわが子を守れますか?~ローリングストックを知ろう~

    「さんだ女子防災部」そのときわが子を守れますか?~ローリングストックを知ろう~

    2018年01月26日

    兵庫県三田市とママサークルのミラクルウィッシュが、2017年度に協働事業で実施している「さんだ女子防災部」。主に乳幼児を抱える親世代を対象に、定期的な防災イベントを開いている。2月7日(水) には三田市総合福祉保健センターにて、ローリングストックについての講座を開き、東日本大震災で被災した母親の体験談を学びながら、家族の防災リュックや子どもの防災ポーチにについても紹介する。
    ▼さんだ女子防災部
    http://mwish2014.link/sandazyosi/

  • お菓子を使い、非常食にもなる「防災お菓子ポシェット」

    お菓子を使い、非常食にもなる「防災お菓子ポシェット」

    2018年01月26日

    子どもに、楽しみながら防災の知識を身に付けてもらおうと、一般社団法人おいしい防災塾が、ワークショップなどを通して提案している「防災お菓子ポシェット」。スナック菓子をビニール袋に並べ、折り畳んでテープで留める。肩ひもは、あめを細長い袋に1個ずつ入れて固定していく。賞味期限を書いたシールを貼り、子どもでも30分あれば自分のポシェットを作ることができる。いざという時に避難所で開けることや、賞味期限がきたら災害がなかったことに感謝して家族で食べることも教えている。
    ▼一般社団法人おいしい防災塾
    http://oishi-bosai.com/

  • 神戸発おしゃれ「缶マッチ」-震災教訓に誕生

    神戸発おしゃれ「缶マッチ」-震災教訓に誕生

    2018年01月26日

    阪神・淡路大震災の被災地となった神戸市長田区のマッチ製造会社が震災を教訓に考案した「缶マッチ」。震災での経験をもとに、湿気に強いスチール缶入りのマッチ作りを開始。着火のための側薬を缶の内側に取り付けるアイデアを考案し、平成20年から販売した。東日本大震災でもマッチが重宝されたことから、長時間使用できるロウソクをセットにした缶マッチを新たに販売。パッケージにかわいらしいデザインを採用したところ、女性からも注目を浴びるようになったということである。
    ▼株式会社ナカムラ マッチ製造販売
    http://www.nakamura-kobe.co.jp/match.html

  • 「TEAM防災ジャパン第2回オフラインミーティング<昼の部>in東京」(2月24日(土))開催のお知らせ

    「TEAM防災ジャパン第2回オフラインミーティング<昼の部>in東京」(2月24日(土))開催のお知らせ

    2018年01月23日

    TEAM防災ジャパンでは、昨年2017年11月26日(日)に宮城県仙台市で行われた「ぼうさいこくたい」にて、初めて「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング」と称して、防災に取り組まれている方々が顔合わせのできる場を設けました。大変好評で。参加者からは継続的な開催が求められていました。

    そこでこの度、「TEAM防災ジャパン第2回オフラインミーティング<昼の部>」と題して、2月24日(土)に東京都にて、以下のようなプログラムでの開催するになりました。 主に都市での大規模地震に対する防災対策を進めていくための悩み事を共有する場とします。

    開催日時:2月24日(土)14:00~17:00

    会場: 
    水と森の市民カレッジ 研修・交流室1・2
    〒100-0012東京都千代田区日比谷公園1-5(日比谷公園内)
    (東京メトロ・霞ヶ関駅より徒歩3分、日比谷駅より徒歩5分)

    <プログラム>
    テーマ:大規模地震に向けて、どう備えるか?

    ・地域防災リーダーによる話題提供
    ・全員参加型グループディスカッション

    日々取り組んでいる防災活動について、「どんな問題があるか?」 「どうやったら解決できるか?」「どういう価値を作っていけばいいか?」などについて、参加同士で語り合う機会としたいと思います。

    また、18時より近辺にて「TEAM防災ジャパン第2回オフラインミーティング<夜の部>」と題して、懇親会を行いますので、こちらの参加もお願いいたします。

    (※詳しくは「TEAM防災ジャパン第2回オフラインミーティング<夜の部>」をご覧ください。)

    参加ご希望の方は、下記申込フォームに、「ご氏名」、「ご所属」、「メールアドレス」、「電話番号(当日の連絡先)」、「日頃の防災活動に関する悩み事」、「TEAM防災ジャパン第2回オフラインミーティング<夜の部>参加の可否」を明記の上、申込してください。

    「TEAM防災ジャパン第2回オフラインミーティング申込フォーム」
    皆さまの参加を心よりお待ちしています。 【昼の部】TEAM防災ジャパン第2回オフミ開催案内_20180129 スライド2

  • 大丸神戸店 × 神戸学院大学 「おいしい常備食フェア」開催!

    大丸神戸店 × 神戸学院大学 「おいしい常備食フェア」開催!

    2018年01月15日

    大丸神戸店が、神戸学院大学「防災女子」とコラボレーションし、防災への意識を高めることを目的とした『おいしい常備食』フェアを1月10日(水)~23日(火)まで、地下1階食品売場 グロッサリーコーナーで開催する。期間中は、缶入りパンやアルファ化米などといった長期保存食や非常食を拡大展開するだけでなく、「災害食」になる食品を非常時も平常時も楽しく、おいしく、かしこく活用しようとする備蓄方法「ローリングストック」を、防災女子のメンバーがPRし、おすすめのレシピを提案する。

  • 東海農政局 Web版災害用備蓄食品活用レシピ

    東海農政局 Web版災害用備蓄食品活用レシピ

    2018年01月15日

    東海農政局が2017年8月31日に愛知学院大学と共催で「災害用備蓄食品を活用した簡単レシピ試食会」を開催し、その際に同大心身科学部健康栄養学科公衆栄養学ゼミナール生が発表したレシピの内容をWebページに掲載した。災害用備蓄食品として利用が可能な、アルファ化米、レトルトご飯、缶詰、保存用ビスケットを使用した14メニューを掲載している。また、このレシピ集については、2018年2月末に冊子化を予定している。

  • ラジオを聴きながら家族や友人と歩いて防災とまちを知るイベント「宝塚防災ラジオウォーク」

    ラジオを聴きながら家族や友人と歩いて防災とまちを知るイベント「宝塚防災ラジオウォーク」

    2018年01月15日

    兵庫県宝塚市は、「阪神・淡路大震災」と「東日本大震災」の2つの大震災をつなぐ企画として、3月11日にラジオを聴きながら家族や友人と歩いて防災とまちを知るイベントを開催する。ウォークコースの途中にある地域の避難所や災害危険予想箇所、被災箇所などをスタンプラリー形式で巡る。
    ▼宝塚市 1.17と3.11をつなぐ「宝塚防災ラジオウォーク」
    http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/1013056/1013222/1011510/1001475/1013791.html

  • 「ぎゅっとぼうさい博」1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会

    「ぎゅっとぼうさい博」1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会

    2018年01月15日

    文部科学省と地震調査研究推進本部が、1月27日(土)に東京・池袋サンシャインシティで、防災への関心が低く災害時に予備情報が不足しがちな若者・子育て世代を中心に、地震・防災に関する興味を持ってもらい、「防災の基本を1日で取得できる」ことを目的にした博覧会を開催する。「遊んDEぼうさい」コーナーでは防災実験や地震体験のほか、楽しいアクティビティで防災について学ぶことができる。また、防災のスペシャリストも参加し、普段聞けない防災の疑問に答えてくれる。
    ▼文部科学省 ぎゅっとぼうさい博!2018~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~の開催について
    http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/11/1398569.htm