アクション!

おすすめ

  • ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、東日本大震災から8年となる中、復興支援に誰でも参加できる“4つのチャリティーアクション”と“復興支援イベント”を紹介する特集「- 3.11企画 - いま、わたしができること。」の一環として、一人ひとりに合わせた災害への備えを啓発するプロジェクト『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を本日始動した。
    現在、災害に備えるための一般的な防災情報は提供されているが、東日本大震災が発生した後の「Yahoo!検索」のデータを分析すると、性別や年齢、生活環境によって一人ひとりの知りたい情報が違うことがわかった。
    Yahoo! JAPANではその点に着目し、“その人だからこそ必要な、ダイバーシティを考慮した災害への備えを行うべきではないか”と考え、「人の数だけ、備えがある。」というコンセプトから『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を発足した。
    『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』では、自分の特性やライフスタイルから一人ひとりに合った防災情報やグッズを探せる特設サイトを開設したほか、自分ならではの防災ブックを作成できる体験イベントを行う。

  • 子どもたちの防災への関心を高めようと、自衛隊岡山地方協力本部と災害支援財団、日本安全保障・危機管理学会が企画して、自衛隊の災害派遣をテーマにしたカードゲームを作った。噴火、豪雨、土砂災害、地震といった「災害カード」10枚と、装備品や隊員が描かれた「自衛隊カード」30枚の計40枚が1セット。小学生以上向けで1対1で対戦する。任務遂行に必要なポイント数が記された災害カードに対し、プレーヤーは交互に自衛隊カードを出しながらゲームを進め、先に必要数に達した側が勝利となる。
    ▼自衛隊岡山地方協力本部 自衛隊災害派遣カードについて
    http://www.mod.go.jp/pco/okayama/saigaicard/top.html

  • 阪神・淡路大震災でボランティアの作った炊き出しのおむすびに被災者が助けられた経験から、お米の大切さを再認識しようと始まった「おいしいごはんを食べよう県民運動」。この運動の推進協議会が、南海トラフ地震の発生に備える手助けになればと、ポリ袋を使ったご飯の炊き方や、買い置き食品の使い方など、災害でライフラインが断たれたときに役立つ情報をまとめた冊子を作った。冊子は、おいしいごはんを食べよう県民運動のホームページからダウンロードできる。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング全国大会 in ぼうさいこくたい」(10月13日(土))開催のお知らせ

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング全国大会 in ぼうさいこくたい」(10月13日(土))開催のお知らせ

    2018年10月04日

    ※おかげさまで無事終了いたしました。多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました!

    TEAM防災ジャパンでは、10月13日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング全国大会 in ぼうさいこくたい」を開催します。
    TEAM防災ジャパンでは、ウェブ上での情報発信に加え、防災の担い手の間に、顔が見える(オフラインの)つながりを作ることに積極的に取り組んでおり、オフラインミーティングは昨年11月の仙台、今年2月の東京、6月の名古屋に続き、第4回目の開催となります。
    今回は、建築地震工学の第一人者である名古屋大学:福和伸夫教授による「たいしん・げんさい福和伸夫ショー」として、子どもから防災の専門家まで幅広い方々に楽しみながら建物耐震化を学んでいただくコンテンツの他、TEAM防災ジャパンアドバイザーの4名※と自由に語り合えるラウンドテーブルなどを用意しています。
    ※時事通信社:中川和之氏、名古屋大学:福和伸夫氏、跡見学園女子大学:鍵屋一氏、東京大学生産技術研究所:加藤孝明氏

    全国から多くの方にお集まりいただき、日ごろ防災活動に取り組んでいる人々の交流の場としたいと思います。皆さまの参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2018年10月13日(土)12:30~18:00(受付開始12:00)

    会場:
    そなエリア(東京臨海広域防災公園)本部棟2F食堂

    <プログラム>
    第1部 12:30~14:00
    全国に“地震に強いたてもの”を拡げよう! ~たいしん・げんさい福和伸夫ショー~
    第2部 14:30~16:00
    「ホンネで語ろう~未来のために~」~発信し、つながれるラウンドテーブル~
    第3部 16:30~18:00
    「どう起こす?防災・減災の化学反応」~会場一体型パネルディスカッション~

    また、同日18:30から「つながる会」(会費4,000円)を開催します。皆様、奮ってご参加ください。(申込後のキャンセルは、10/10(水)17時までにお願いします)

    お申し込みは、こちらの申込フォームからお願いいたします。
    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング全国大会 in ぼうさいこくたい 申込フォーム」

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

  • 平成30年度「津波防災の日」スペシャルイベント「最新科学×津波×地域防災」の開催

    平成30年度「津波防災の日」スペシャルイベント「最新科学×津波×地域防災」の開催

    2018年10月01日

    11月5日(月)13:00~18:00に、川崎商工会議所川崎フロンティアビル2階KCCIホールにて、平成30年度「津波防災の日」スペシャルイベント「最新科学×津波×地域防災」が開催されます。
    津波に関する最新科学の紹介に加え、全国の津波を想定した地区防災計画策定の取り組みを踏まえて、地域における津波の備えについて考えるイベントとなっております。

    <プログラム>
    14:00 開会挨拶 内閣府(防災担当)/川崎市
    14:10 緊急報告「9月28日にインドネシアで発生した地震・津波について」
    14:20 「地域における津波防災の取組みと地区防災計画の役割」
    16:20 「川崎市の津波防災~企業・地域での最新科学活用に向けて~」
    17:05 「地域・企業・学校におけるこれからの津波防災」パネルディスカッション
    17:55 閉会挨拶 内閣府(防災担当)

    また、同日13:00から18:00までの間、「津波防災教育ツールミニ体験会」も実施します。
    本イベントは参加無料です。皆様のご参加をお待ちしています。
    詳細は以下のリンクをご確認ください。

  • ぼうさいこくたい2018にガチャピンとムックが来るよ!

    ぼうさいこくたい2018にガチャピンとムックが来るよ!

    2018年10月01日

    10月13日(土)そなエリアにスペシャルゲストとして、ガチャピンとムックが来場します!
    記念撮影はもちろん、一緒に乗り物を体験したり、防災ツアー巡りができるなど、ガチャピン・ムックと触れ合える機会が満載です。
    是非13日はそなエリアにご来場いただき、ガチャピン・ムックと楽しみながら、「防災」について学びましょう!

    当日のスケジュールは以下の通りです。
    10時半~11時 大臣との記念撮影
    13時半~14時 来場者との記念撮影
    15時~15時半 かっこいい乗り物を来場者と一緒に体験
    16時半~17時 ガチャピン・ムックと巡る、そなエリア観覧ツアー

  • 国土強靱化ワークショップ(第4回)の開催

    国土強靱化ワークショップ(第4回)の開催

    2018年09月21日

    11月10日(土)に、大阪駅近くの「リファレンス大阪駅前第4ビル 23階(2307会議室)」にて、国土強靱化ワークショップが開催される。
    「『レジリエンス』×『コミュニティ』いざという時、助け合えるつながりをつくろう」をテーマに、いざという時に助け合えるコミュニティとは?日常からの取り組みとは?ということについて検討する内容となっている。
    なお、話題提供者として、一般社団法人防災ガール代表理事の田中美咲氏の登壇を予定している。
    成果を楽しく共有できる、誰でも参加しやすい内容となっており、幅広い方々の参加を募集している。

    ※募集締切は、11月2日(金)まで。

    ・国土強靱化ワークショップ(第4回)案内・申込書

  • 国土強靱化ワークショップ(第3回)の開催

    国土強靱化ワークショップ(第3回)の開催

    2018年09月21日

    11月3日(土)に、東京のJR山手線・京浜東北線田町駅近くの「ビジョンセンター田町」にて、国土強靱化ワークショップが開催される。
    「『レジリエンス』×『コミュニティ』避難所運営ゲーム(HUG)を体験してみませんか?」をテーマに、災害時に生き残り、支え合うための行動を避難所運営ゲーム(HUG)で学べる内容となっている。
    なお、話題提供者として、(特活)日本ファシリテーション協会 (FAJ)フェロー・災害復興支援グループの鈴木まり子氏の登壇を予定している。
    成果を楽しく共有できる、誰でも参加しやすい内容となっており、幅広い方々の参加を募集している。

    ※募集締切は、10月26日(金)まで。

    ・国土強靱化ワークショップ(第3回)案内・申込書

  • 10月1日 大水害 in 東京 ~多様な人の避難を考える~

    10月1日 大水害 in 東京 ~多様な人の避難を考える~

    2018年09月14日

    女性の視点を東京の防災に生かそうと、防災活動の普及啓発などに取り組むボランティアや医師ら女性7人が中心となって呼びかけ発足した「女性防災ネットワーク・東京」の主催で、水害時の避難について考えるイベントが、10/1(月)に港区新橋のフィルポート大会議室で開かれる。多様な人が、どのような情報を入手し、どうすれば率先して避難できるのかを検討する。

  • 品川区立三木小学校で「防災体験お泊まり会」

    品川区立三木小学校で「防災体験お泊まり会」

    2018年09月14日

    「防災の日」の9/1に、東京都品川区の区立三木小学校で「防災体験お泊まり会」があり、児童や保護者ら約200人が参加した。同小PTAが20年ほど前から毎年開いており、1泊2日の日程で、昼間に防災について学んだ後、夜に非常食のアルファ米やカレーを食べ、体育館に段ボールを敷いて泊まる取り組み。30種類の防災グッズを覚えるゲームなど保護者らが工夫をこらした企画もあった。

  • 豪雨もたらす積乱雲 気象研究者が絵本で解説

    豪雨もたらす積乱雲 気象研究者が絵本で解説

    2018年09月14日

    気象庁気象研究所の荒木健太郎研究官が、大雨や雷、竜巻をもたらす積乱雲の成り立ちを物語にした絵本「せきらんうんのいっしょう」を出版した。西日本豪雨など積乱雲を要因とする災害を踏まえ「雲がどう発生し、どんな生涯をたどるかを楽しんで知り、防災意識を高めて」と思いを込める。挿絵での雲の形は成長に沿い正確に表し、気象学に配慮した。本の最後に、大人向けに、雲の解説や雨量分布を予測する気象庁のサービスを載せた。
    ▼ジャムハウス「せきらんうんのいっしょう」
    https://jam-house-media.themedia.jp/posts/4403113

  • 国土強靱化ワークショップの開催

    国土強靱化ワークショップの開催

    2018年09月12日

    9月22日(土)に、仙台市の仙都会館にて、国土強靱化ワークショップが開催される。
    「『レジリエンス』×『コミュニティ』地域の多様な人々の支え合いを考えよう」をテーマに、いざという時に、しなやかに助け合えるコミュニティを作るには何が必要かを話し合う。
    成果を楽しく共有できる、誰でも参加しやすい内容となっており、防災・減災に関心をお持ちの方、子育て世代の方など、幅広い方々の参加を募集している。

    ※募集締切を、9月20日(木)まで延長中。

    ・国土強靱化ワークショップ案内・申込書

  • 防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」

    防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」

    2018年09月07日

    シヤチハタ株式会社と東北大学災害科学国際研究所及び東北大学スマート・エイジング学際重点研究センターが共同で開発した、防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」が9/1(土)から受注販売される。土砂災害の恐れがある地域に合わせた仕様のスタンプで、スタンプラリーを行いながら災害への備えと被害を低減させるための行動を自分で考え、実践する力を育てる事を目指している。
    ▼シヤチハタ 防災・減災スタンプラリー
    https://www.shachihata.co.jp/stamprally_service/product/disaster_prevention.html