アクション!

おすすめ(3件)

  • 防災の大切さや国及び地域ごとの防災活動の現状を情報発信し、国民全体の防災意識の向上等を目的に開催する「防災推進国民大会」(ぼうさいこくたい)の第6回大会を、11月6日(土)~7日(日)の2日間に、岩手県釜石市から現地とオンライン配信にて開催する。
    今年は、東日本大震災から10年の節目の年にあたることから、「~震災から10年~つながりが創る復興と防災力」をテーマに、震災の経験と教訓を多くの方々へ伝え、一人一人が、改めて震災と向き合うことで、我が国全体の防災力の向上につながる場となることを目指す。
    11月6日(土)の内閣府(防災担当)主催のハイレベルセッションでは、東北被災地の復興と防災力の強化を担ってきた内外のリーダー達をつなぎ、10年間の経験と今後の未来ビジョンを様々な立場から語っていただく。

    防災推進国民大会2021(ぼうさいこくたい2021)

    日 時:令和3年11月6日(土) 午前10時00分~午後6時00分
        令和3年11月7日(日) 午前10時00分~午後3時30分
    場 所:釜石市民ホール TETTO、釜石情報交流センター PIT
        ホテルサンルート釜石及びその周辺
        ※オンラインでの配信もあり
    主 催:防災推進国民大会2021実行委員会
       (内閣府・防災推進協議会・防災推進国民会議)
    参加費:入場料、閲覧料無料


    ハイレベルセッションの御案内

    日 時:11月6日(土) 午後2時30分~午後4時00分
    会 場:釜石市民ホール TETTO ホールA ※オンラインでの配信もあり
    登壇者:
     板橋 恵子  エフエム仙台 防災・減災プロデューサー
     岩崎 昭子  旅館「宝来館」 女将 
     及川 善弥  三陸フィッシュペースト株式会社 代表取締役社長
     神谷 未生  一般社団法人おらが大槌夢広場 代表理事
     越谷 信   岩手大学地域防災研究センター センター長
     佐藤 摩利子 釜石市地方創生アドバイザー、国連人口基金 駐日事務所長
     中川 優芽  静岡県富士宮市富丘小学校 教諭
     野田 武則  釜石市長
     村上 威夫  内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)
    参加費:入場料、閲覧料無料

  • TEAM防災ジャパンは、ぼうさいこくたい2021で、「TEAM防災ジャパンお世話係メディアチーム担当」が主催する「防災・減災への新聞社の取り組み・役割」を、地元の岩手日報社やニュースパーク (日本新聞博物館)の協力を得て、2021年11月7日(日)に開催する。

    ニュースパーク (日本新聞博物館)が、今年開催した企画展「伝える、寄り添う、守る−『3・11』から10年」の展示の内容や、被災3県の新聞社も参加したシンポジウムの内容をビデオで共有。地元の岩手日報や、南海トラフ地震に向き合う取り組みを続ける中日新聞も参加、TEAM防災ジャパンのお世話係、アドバイザーなどとディスカッションを行い、災害時の報道ではない、平時からの防災・減災への新聞社の役割を議論する。

     zoomを使用してのオンラインと現地でのハイブリッド開催となる。

    【開催日時】2021年11月7日(日) 10時~11時30分 (現地・オンライン)
    ※開始15分前の9:45より入室受付開始

    ▼話題提供者(今後さらに増えます)
     ニュースパーク (日本新聞博物館)
     室崎益輝 兵庫県立大学減災復興政策研究科長
     川端章子 岩手日報社釜石支局長
     寺本政司 中日新聞社名古屋本社編集局長
     佐藤翔輔 東北大学災害科学国際研究所准教授 (TEAM防災ジャパンお世話係)
    ▼コメンテーター
     福和伸夫 名古屋大学減災連携研究センター教授 (TEAM防災ジャパンアドバイザー)
    ▼コーディネーター
     中川和之 時事通信社解説委員 (TEAM防災ジャパンアドバイザー)

    オンラインでの参加は事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請 (10月29日(金) 正午 締切)が必要となる。 (定員に達し次第、締め切り)

  • TEAM防災ジャパンはぼうさいこくたい2021で、「TEAM防災ジャパンお世話係企画チーム/こくたいチーム担当」が主催する交流会「防災のおとなりさん@いわて釜石」を2021年11月6日(土)に開催する。
    東日本大震災前から取り組んできたことがつながった方や震災を契機に新たなつながりができた方など、岩手県を中心に多様な活動に取り組んでこられた市民の方々の貴重な経験を伺う。
    zoomを使用してのオンラインと現地でのハイブリッド開催となる。

    【開催日時】
    2021年11月6日(土)10時30分~12時00分 (現地・オンライン)
    ※開始15分前の10:15より入室受付開始

    ▼話題提供者(今後さらに増えます)
    *伊藤聡さん:一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校 代表理事
     (釜石市、交流人口・防災・人材育成・こども支援)
    *伊藤昌子さん:NPO法人きらりんきっず 代表理事
     (陸前高田市、子育て支援)
    *江刺由紀子さん:NPO法人おはなしころりん 理事長
     (大船渡市、よみきかせ・コミュニティ・防災)
    *大棒秀一さん:NPO法人津波太郎 理事長
     (宮古市、田老の震災伝承)
    *鹿野順一さん:@リアスNPOサポートセンター
     (NPOの中間支援)
    *黍原豊さん:一般社団法人三陸駒舎 理事
     (釜石市、ホースセラピー・文化・子ども支援)
    *葛巻徹さん:いわて連携復興センター
     (復興活動支援)
    *早川輝さん:NPO法人みやっこベース 理事長
     (宮古市内の人材育成)
    *山野目久子さん(NPO法人母と子の虹の架け橋 理事長
     (釜石市、母子支援)

    オンラインでの参加は事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請(11月4日(木)17時 締切)が必要となる。 (定員に達し次第、締め切り)

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるカテゴリーをお選びください。

新着順(10件)

  • 「地区防災計画フォーラム2021」オンライン開催

    「地区防災計画フォーラム2021」オンライン開催

    2021年01月25日

    内閣府防災では、令和3年2月14日(日)に、熊本地震や7月豪雨の被災地からの地区防災計画の取組をもとに計画作成の「主体」と「支援者」のあり方や、地区防災計画を活かした災害に強いコミュニティづくりについて話し合う「地区防災計画フォーラム2021」をオンライン開催する。
    参加はフォーム(http://www.mri.co.jp/2021chikubou-forum/)からの事前申し込み制となり、参加希望者には後日、URLが案内される。

  • 東京都 「パパママ東京ぼうさい<在宅>出前教室」令和2年度第2期募集開始

    東京都 「パパママ東京ぼうさい<在宅>出前教室」令和2年度第2期募集開始

    2020年11月16日

    東京都は、令和元年度に新たな取組として、子育て世代のグループが気軽に防災の知識や備えを学ぶことができるよう、防災の専門家を派遣する「パパママ東京ぼうさい出前教室」を開始しているが、令和2年度は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、Web会議システムを利用したオンライン上で実施することとなった。
    都内の保育園・幼稚園のママ友パパ友のグループ、子育てサークルなど、、0歳児~小学生の小児の保護者10人以上のグループを対象とする。(子供も一緒に参加可能)
    実施期間は令和2年11月中旬〜令和3年3月上旬までで、令和2年の12月末まで「パパママ東京ぼうさい出前教室」事務局にて申込みを受け付けている。

  • 東京都・貝社員 コラボ動画「日常備蓄だよ!貝社員」

    東京都・貝社員 コラボ動画「日常備蓄だよ!貝社員」

    2020年11月15日

    東京都では、日常備蓄(ローリングストック)をより多くの方に知ってもらうことを目的とし、アニメ「貝社員」とコラボした動画「日常備蓄だよ!貝社員」を作成した。画面にタッチ(クリック)することでクイズに回答できる機能を取り入れ、日常備蓄について詳しく学べる内容となっている。

  • YouTuberによる防災啓発動画の配信『防災ひらつか』

    YouTuberによる防災啓発動画の配信『防災ひらつか』

    2020年10月29日

    神奈川県の平塚市災害対策課は、令和2年7月1日よりYouTubeチャンネル「防災ひらつか」を開設した。
    「防災を楽しく簡単に」学ぶことをコンセプトに「ハザードマップの使い方」や「1分でわかる防災講座」などの防災啓発動画を配信している。
    動画の製作(撮影、編集等)は全て災害対策課の職員が行っており、防災ひらつかYouTuberが防災情報を 出来るだけわかりやすく、親しみやすく説明している。
    また、防災ひらつかYouTuberへの依頼(コラボ動画や防災講話、訓練など)も、災害対策課にて受け付けているとのこと。

  • ぼうさいこくたい2020開催報告

    ぼうさいこくたい2020開催報告

    2020年10月05日

    202010月3日(土)にオンライン上で開催された『ぼうさいこくたい2020』にて、TEAM防災ジャパンはワークショップを出展した。
    本年度のぼうさいこくたいでは、午後の開催枠 2枠にワークショップで参加し、それぞれ「つながる+発見,そして新しい場づくり~実空間を超えて~」、「地域防災の力を膨らませる:多様な参加が可能な地域防災の未来形」をテーマとして、各回ともに全国各地からの参加者による、活発な意見交換が行われた。
    また当日午前中には、TEAM防災ジャパンお世話係が各こくたい出展ブースの紹介などを行う、
    お世話焼きカウンター」も開かれ、全国から多くの防災の担い手が集まり、自由な意見交換がされた。

  • ぼうさいこくたい2020出展特別企画「世話焼きカウンター」 当日午前中限定でオープン

    ぼうさいこくたい2020出展特別企画「世話焼きカウンター」 当日午前中限定でオープン

    2020年09月29日

    TEAM防災ジャパンは、ぼうさいこくたい2020出展に伴い、見どころなどを案内する特別企画『お世話焼きカウンター』を当日午前中限定でオープンする。

    カウンターはこちら

    お世話焼きカウンター 受付終了

  • 2020.9.15 ぼうさいこくたい2020プレミーティング(オンライン)開催報告

    2020.9.15 ぼうさいこくたい2020プレミーティング(オンライン)開催報告

    2020年09月18日

    2020年9月15日(火)にTEAM防災ジャパン ぼうさいこくたい2020プレミーティング(オンライン)が開催されました。
    「男女共同参画・子育てと防災」「地区防災計画」というテーマのもと、オンラインの特性を活かし、全国から多くの防災の担い手が集まりました。
    減災と男女共同参画 研修推進センター浅野幸子共同代表・跡見学園女子大学鍵屋一教授の講演に続き、参加者が複数の小部屋(ブレイクアウトルーム)に分かれての活発な意見交換などが行われました。

  • ぼうさいこくたい2020プレミーティング(オンライン)開催

    ぼうさいこくたい2020プレミーティング(オンライン)開催

    2020年09月02日

    TEAM防災ジャパンは、10月にオンラインで開催されるぼうさいこくたい2020に先駆けたプレイベントを2020年9月15日(火)18:00から開催する。開催方法はオンラインとなり、前回6月に開催されたオフラインミーティング(オンライン版)と同じく、zoomを使用しての開催となる。

    【当日の主なプログラム(予定)】
    17:30開場
    ・話題①:「男女共同参画・子育てと防災」
      浅野 幸子(減災と男女共同参画 研修推進センター)
    ・話題②:「地区防災計画」
      鍵屋 一(跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部 コミュニティデザイン学科教授)
    ・分科意見交換会
      zoomのブレイクアウトルームの機能を利用し、参加者がいくつかの小部屋に分かれて議論します
    ・意見交換会の全体報告会

    (※災害発生などの状況によっては、内容を大幅に変更したう上での開催を予定しています)

    参加は事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請が必要となる。
    (締切り:当日2020年9月15日(火)16:00まで)

  • 「ゼンリン自主防災マップ」モニター募集

    「ゼンリン自主防災マップ」モニター募集

    2020年08月26日

    株式会社ゼンリンは、自主防災組織からの意見内容を反映した自主防災マップを作成し、このほど、
    一緒になって地図作りに取り組むモニターの募集を開始した。
    募集期間は2020年8月24日〜2020年9月15日を予定しており、詳細はリンクURLから確認することができる。

  • 広島FM 防災ハンドブック2020「ひろしま防災ドリル」配布

    広島FM 防災ハンドブック2020「ひろしま防災ドリル」配布

    2020年06月29日

    広島FMでは、昨年発行した2019年版の掲載情報を更新し、1つ1つの問題をよりシンプルにした改訂版「ひろしま防災ドリル 防災ハンドブック2020」を、2020年7月6日(月)より県内各所で無料配布する。また、郵送での発送も受け付けるとのこと。
    大雨、地震、土砂崩れなど、いつ起こるかわからない自然災害に備え、どんな状況になったら避難すべきか、もし災害が起こったら何をすべきか、簡単な問題を解いていくことで命を守るための判断力が身につく「ドリル」形式の本となっている。