アクション!

おすすめ

  • 岩手県大船渡市の知的障害者の就労支援に取り組む一般社団法人「かたつむり」が企画と加工を手掛け、北上市の障害者就労支援施設「北上アビリティーセンター」がパッケージデザインを担当した。陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」を乾燥処理したパックや野田村産の塩、5年間保存可能な水がセットになっていて、米のパックは水と反応する発熱材で温める。東日本大震災時、避難所では支援物資の配給に行列ができ、温かい食事を提供できないケースもあったため、非常食一式をコンパクトにまとめた。
    ▼2017年度グッドデザイン賞 災害備蓄品 [逃げた先にある安心(もしもの備え、5年保存可能な災害備蓄Kit)]
    http://www.g-mark.org/award/describe/44871

  • 11月26日(日)に宮城県仙台市にて開催される「ぼうさいこくたい」に合わせて、「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<夜の部>」と題して、懇親会を開催いたします。
    皆さまが日頃より取り組んでいる、防災・減災活動の情報共有を行っていただき、防災ネットワークをより強固なものにしていただく機会といたします。

    日時:2017年11月26日(日)18:30~20:30(受付開始18:00)

    会場:
    伊達なおもてなし DUCCA 仙台駅前店(仙台駅より徒歩3分)
    住所 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3-6-10 マックスマクタビル3F

    会費:3,500円(※当日お支払いください)

    参加ご希望の方は、申込フォームに、ご氏名、ご所属、メールアドレス、電話番号(当日の連絡先)を明記の上、申込してください。

    申し込み先:参加申込フォーム(←こちらをクリックしてください) 
    ※11月22日(水)までにお申込ください。(期限を延長しました)

    皆さまの参加を心よりお待ちしています。

  • 11月26日(日)に宮城県仙台市にて開催される「ぼうさいこくたい」に合わせて、「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<昼の部>」を開催します。
    防災に取り組まれている皆様が、「ぼうさいこくたい」に集まるこの機会に、皆さまの顔合わせができる場を設けました。皆さまが日頃より取り組んでいる、「防災・減災活動」の情報や課題の共有など、防災について語り合いましょう。また、広く参加者にお配りしたい資料などがありましたら、当会場にて配布することは可能ですので、お持ちください。
    開催している時間帯において、お好きなタイミングでお立ち寄りください。 飲み物や、お持ち帰りいただける防災に役立つグッズなどを用意しています。 皆さまの参加を心よりお待ちしています。

    日時:2017年11月26日(日)15:00~17:00 (出入り自由)
    会場:仙台国際センター小会議室4

新着順

  • 防災イベント「ふじBousai2017」

    防災イベント「ふじBousai2017」

    2017年10月27日

    静岡県富士市の主催で、11月18日(土)にふじさんめっせで「災害時もわが家で生活するためのポイントを考えよう」をテーマに開かれる防災イベント。防災関係団体などによる様々な展示や災害時のトイレ問題をはじめとしたセミナーなど、幅広い世代が楽しみながら学び・体験できる。

  • 潜在看護師の力で地域防災が変わる「PINK CROSS PROJECT 2017」

    潜在看護師の力で地域防災が変わる「PINK CROSS PROJECT 2017」

    2017年10月27日

    一般社団法人ナイチンゲールスピリット連盟が、地域を活性化させる市民運動の一環としてのイベントを11月1日(水)に東京都中央区の時事通信ホールで開催する。イベントで掲げる主要なテーマは、「地域を守る“防災ナース”構想」と「在宅テレワーク型の“潜在看護師の新しい働き方”」。地域における災害弱者のデータベース化と災害時の生活再建支援を担う防災ナースについて紹介するとともに、遠隔医療や子育て支援との連動の方策を考える。
    ▼PINK CROSS PROJECT 2017
    http://pincro.com/

  • 津波防災スペシャルゼミin本郷~津波について学ぼう~

    津波防災スペシャルゼミin本郷~津波について学ぼう~

    2017年10月13日

    11月5日の「津波防災の日」「世界津波の日」に合わせ、津波に対する正しい防災知識と理解・関心を深めるため「津波防災スペシャルゼミ in本郷」を東京大学伊藤国際学術研究センター内の伊藤謝恩ホールにて開催する。このイベントでは、第一線の研究者を招き、最新の科学的研究成果を、講義スタイルを用い披露し、津波に関する科学的な理解と関心を深めてもらう。入場無料。観覧の申し込みは津波防災ひろめ隊サイトより。
    ▼内閣府【参加募集のご案内】 平成29年度津波防災普及啓発プロジェクト 津波防災 スペシャルゼミ in本郷
    https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201710126747/
    プログラム

  • 防災用地図が不要に!産学連携・3企業と静岡大学が協力 「動画で理解!わが家のハザードマップ」

    防災用地図が不要に!産学連携・3企業と静岡大学が協力 「動画で理解!わが家のハザードマップ」

    2017年10月13日

    株式会社楽しいチリビジ、国立大学法人静岡大学、株式会社NTTデータCCS、ピツニーボウズジャパン株式会社と共同で開発した、立地によって異なる避難情報を各戸専用の動画で読み聞かせる地理情報システム。このシステムを通じて、学識経験者など防災の専門知識が豊富な専門家が、動画を通じてゆかりの場所の災害リスクと対応策を語りかけてくれるため、ユーザーは災害リスクを「自分のこと」として認識できる。

  • 平成29年度 防災アプリ大賞「SHS災害.info」

    平成29年度 防災アプリ大賞「SHS災害.info」

    2017年10月13日

    国土地理院主催の平成29年度防災アプリ審査委員会での大賞を受賞したアプリ。宮崎市民を対象に、災害に対する心構えを持つこと、災害発生時の安全確保、救助活動を補助することを目的とし、「助けられる側から助ける側へ」をコンセプトに宮崎県立佐土原高校 情報技術部が開発した。宮崎市民のためのアプリとなっているが、避難所情報以外の現在地や登録地の標高を簡単に知ることができ、宮崎市以外でも使える機能は多い。
    ▼SHS災害.info
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yoshikawatetsuya.sadowarahazard

  • 東京都 「備蓄キャラバン」及び「備蓄の日フェスタ」の実施

    東京都 「備蓄キャラバン」及び「備蓄の日フェスタ」の実施

    2017年10月13日

    東京都で「都民の備蓄推進プロジェクト」の一環として、都内各地でイベントを開催する。「備蓄キャラバン」は10月20日(金)より都内4か所で開催。災害時、自宅での生活継続に必要な知識を楽しみながら学べる。「備蓄の日フェスタ」は11月19日(日)に新宿駅西口広場イベントコーナーで開催。ミニセミナーや家庭での備えに関するワークショップなどが行われる。

  • 企業の災害備蓄品でecoサイクルを実現するクラウドサービス「備蓄品安心サポート そなえるんCSR+」

    企業の災害備蓄品でecoサイクルを実現するクラウドサービス「備蓄品安心サポート そなえるんCSR+」

    2017年10月13日

    無料で使える備蓄品管理のクラウドサービス。備蓄品が、「どこに」「どのくらい」あり、「賞味期限がいつまでなのか」を簡単に管理できる。また、このサービスの利用企業は、賞味期限が近い備蓄品の情報を寄付先団体に提供できるようになり、寄付先団体側からも必要な物品の寄付依頼をすることができる。

  • ふじのくにの女将 あけぼの会 防災キット「女将の安心こころ包み」

    ふじのくにの女将 あけぼの会 防災キット「女将の安心こころ包み」

    2017年10月13日

    静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合の女性部「あけぼの会」が開発した防災キット。包帯やマスクに使える切り裂き可能な布、防寒防暑用シート、携帯トイレ、ライト付きホイッスルなどを備えている。キットは今後、各旅館・ホテルに備えるほか、宿泊客が普段使えるようにと販売も計画している。
    ▼ふじのくにの女将 あけぼの会『女将の安心こころ包み』完成までの歩み
    http://okami.shizuoka.jp/archives/3101

  • 津波から逃れた丘陵地を 防災・コミュニティ拠点としてデザイン「よねさきの丘プロジェクト」

    津波から逃れた丘陵地を 防災・コミュニティ拠点としてデザイン「よねさきの丘プロジェクト」

    2017年09月29日

    芝浦工業大学の学生プロジェクト団体「よねさきの丘プロジェクト」が、岩手県陸前高田市米崎地区の丘陵地において、防災意識の向上や地域コミュニティを形成することを目的とする東屋の建設を、設計から施工まで行っている。団体の代表学生は、同市で生まれ育ち高校生の頃に津波を経験。自身の経験や現地でのヒアリングから、ハード面だけではなく地域住民に寄り添った復興事業の必要性を感じ、津波の被害から逃れた丘陵地を地域住民に開き防災拠点として意識づけるとともに、地域住民やボランティア団体が集うコミュニティ拠点となるよう活動している。
    ▼よねさきの丘プロジェクト
    https://www.facebook.com/projectofYONESAKI/

  • 岡山県政広報アニメ きび男子(だんご) 「備えて安心、防災に取り組もう」

    岡山県政広報アニメ きび男子(だんご) 「備えて安心、防災に取り組もう」

    2017年09月29日

    岡山県が、若者を中心に、行政を身近なものと感じてもらいながら、施策等への理解を深めてもらうため、乙女ゲーム風の県政広報アニメ「きび男子(だんご)」を制作。アニメは、主人公の女子高校生「もも」が疑似恋愛を通じ、避難経路の確認や食品備蓄の大切さを学んでいくというストーリー。県内の高校に転校したももが、イケメンの生徒会長ら男子高校生に翻弄(ほんろう)されながら、防災への意識を高めていく。
    ▼岡山県 きび男子公式WEBサイト
    http://www.pref.okayama.jp/chiji/kocho/kenseipr/