まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

2021年3月31日

  • 【災害想定】諏訪之瀬島で爆発的な噴火 噴火警戒レベル3に 十島村/鹿児島

    鹿児島県の諏訪之瀬島で30日から爆発的な噴火が増え、30日夜から31日未明にかけて大きな噴石が火口から1キロ近くまで飛んだのが2回、確認された。このため気象庁は午前3時30分、諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを2から3に引き上げた。気象庁は午前5時30分から会見を開き、中村浩二火山監視課長が「諏訪之瀬島ではきのう午後10時5分ときょう午前2時57分、大きな噴石が火口から1キロ近くまで達する爆発が発生し、噴火活動が活発となっている。今後も火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石が飛散する可能性がある」と述べた。そのうえで「御岳火口からおおむね2キロの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してほしい。風下側では火山灰だけでなく、小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるので注意が必要だ。今のところ地殻変動に大きな変化は観測されていないが、今後の情報には留意してほしい」と呼びかけた。【3月31日 NHKニュースより】
    ▼気象庁 諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを3へ引上げ
    https://www.jma.go.jp/jma/press/2103/31a/suwanosejima_20210331.html

  • 【防災施策】ペット「同行避難」円滑に、自治体向け点検リスト

    環境省は29日、災害時に飼い主がペットを連れて避難する「同行避難」の受け入れが円滑に進むよう、事前に受け入れ可能な避難所を明らかにするよう促す自治体向けのチェックリストを公表した。リストを参照してもらい、各自治体での受け入れ態勢整備につなげる狙い。チェックリストでは、日ごろの備えから災害発生後まで、確認すべきポイントを時系列に列挙。避難所での対応については<1>ペットの受け入れ可能、不可の避難所を公開しているか<2>避難所でペットが過ごす場所を用意しているか<3>獣医師会や愛護団体と連携しているかなどの項目を設けた。【3月29日 日刊スポーツより】
    ▼環境省 人とペットの災害対策ガイドライン「災害への備えチェックリスト」の作成・配布と公表について
    https://www.env.go.jp/press/109428.html

  • 【防災施策】津波注意報で避難指示 石巻市、発令基準見直し/宮城

    宮城県石巻市は29日、県の津波対策指針に合わせ、津波注意報の発表とともに市民に避難指示を出すよう市の避難判断基準を見直したと発表した。運用開始は26日。県の指針では区域をあらかじめ決めて避難を促すよう定めていることから、市街地部は西浜町や魚町など、新たに整備した高盛り土道路より海側の区域を避難指示の対象とした。半島沿岸部は、東日本大震災後、災害危険区域に指定された荻浜、河北、雄勝、北上、牡鹿の低平地エリアを対象区域に定めた。東松島市は、県の津波対策指針に合わせ、津波注意報が発表された時点で住民に避難指示を出すよう職員の初動マニュアルを見直した。【3月30日 河北新報より】

  • 【防災施策】新潟地方気象台「地域防災官」新設 市町村との連携強化 円滑対応目指す

    新潟地方気象台は4月1日、地域防災力を高めるため、市町村への支援強化を中心的に担う「地域防災官」を新設する。近年災害が相次いでいるため、気象庁は2019年から全国の気象台で地域防災力の向上に向け体制を強化している。既に新潟地方気象台でも県内を3地域に分け、職員4人1組でチームを結成。市町村担当者に電話やメールで気象情報を伝え、関係を築いている。4月からは、各チームを統括する地域防災官1人を配置。地域防災計画の見直しへの助言や、市町村担当者対象のワークショップ、訓練の支援を行う。自治体と連携し、住民向け防災セミナーの開催も予定している。【3月30日 新潟日報より】

  • 【歴史・教訓】震災被害の石巻に復興公園 伝承施設開館、コロナで延期/宮城

    東日本大震災の津波と火災で壊滅的な被害に遭い、住民約500人が犠牲となった宮城県石巻市南浜地区で「石巻南浜津波復興祈念公園」が28日、オープンした。伝承施設も完成したが新型コロナウイルスの影響で開館は延期となった。宮城の他、震災と東京電力福島第1原発事故の被害が大きい岩手、福島両県でも国と地元自治体が1カ所ずつ祈念公園の整備を進めており、両県では伝承施設は既に完成している。伝承施設「みやぎ東日本大震災津波伝承館」では、語り部団体の活動を紹介する展示や、住民が震災直後からの復興の様子を証言する映像が見られる。周辺では震災遺構の門脇小の整備が進み、公益社団法人が運営する伝承施設「MEET門脇」も8日に開館した。【3月29日 日本経済新聞より】
    ▼宮城県 石巻南浜津波復興祈念公園みやぎ東日本大震災津波伝承館の展示概要等について
    https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/fukusui/tennjigaiyou.html

月別ヘッドライン