アクション!

おすすめ

  • 株式会社ワンテーブルと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、防災分野における新たな事業創出を目指し、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の事業コンセプト共創に関する覚書を締結した。この取り組みでは、被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指す。
    ▼JAXA 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180830_jsparc_j.html

  • 神奈川県小田原市内のNPO法人 防災総合ペット育成協会が東日本大震災での事例を基に、同行避難のための準備の大切さを呼びかける絵本「君とずっと一緒にいたいから」を出版した。一匹の犬が主人公で、震災に襲われ、大好きな飼い主の少年を探しに家を飛び出して迷子になり、名札などもつけていなかったため、誰にも引き取られずにひとりぼっちになってしまうというストーリー。最後に主人公を通し、名札やマイクロチップをつけることを呼びかける。
    ▼防災総合ペット育成協会
    https://www.bousaipet.org/

  • 一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは、神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科の女子学生が中心となり結成した「防災女子」と『オリジナル備蓄レシピ』を開発した。普段の料理やアウトドアでも活用できる、ポリ袋などを活用した簡単な調理レシピと、災害時に不足しがちな栄養素を意識した「1日分の献立」を公式ウェブサイトで公開している。
    ▼「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」 『オリジナル備蓄レシピ』
    https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock10.html

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 防災・減災を目指す「電脳防災コンソーシアム」

    防災・減災を目指す「電脳防災コンソーシアム」

    2017年10月27日

    慶應義塾大学(山口真吾研究室)、情報通信研究機構、防災科学技術研究所、ヤフー(株)、LINE(株)が10月19日、インターネットや人工知能(AI)を積極的に活用した防災・減災を目指す「電脳防災コンソーシアム」を共同で設立した。現在は各所で断片的に進められている産学官の取り組みの連携、組織縦割りを排した情報共有体制の確立、官民の情報システムのネットワーク化といった課題解決に向けた議論を促し、政府や地方公共団体などと連携して防災力の強化を目指す。
    ▼“電脳防災コンソーシアム”の設立 - 慶應義塾大学SFC研究所
    http://www.kri.sfc.keio.ac.jp/ja/press_file/20171019_ai-bousai.pdf

  • 三陸鉄道「JR山田線とつなぐ、学ぶ防災体験ツアー号」

    三陸鉄道「JR山田線とつなぐ、学ぶ防災体験ツアー号」

    2017年10月27日

    岩手県で、土砂崩れのため長らく不通となっていたJR山田線盛岡ー宮古が11月5日(日)に運転を再開する。これに合わせ、東日本大震災で大きな被害を受けた宮古市田老で実施されている、「学ぶ防災」の体験ツアーが特別料金で11月に計6回実施される。ツアーでは、田老の現状を伝え、防災の学習をしながら、震災遺構「たろう観光ホテル」をガイドする。

  • 防災イベント「ふじBousai2017」

    防災イベント「ふじBousai2017」

    2017年10月27日

    静岡県富士市の主催で、11月18日(土)にふじさんめっせで「災害時もわが家で生活するためのポイントを考えよう」をテーマに開かれる防災イベント。防災関係団体などによる様々な展示や災害時のトイレ問題をはじめとしたセミナーなど、幅広い世代が楽しみながら学び・体験できる。

  • 潜在看護師の力で地域防災が変わる「PINK CROSS PROJECT 2017」

    潜在看護師の力で地域防災が変わる「PINK CROSS PROJECT 2017」

    2017年10月27日

    一般社団法人ナイチンゲールスピリット連盟が、地域を活性化させる市民運動の一環としてのイベントを11月1日(水)に東京都中央区の時事通信ホールで開催する。イベントで掲げる主要なテーマは、「地域を守る“防災ナース”構想」と「在宅テレワーク型の“潜在看護師の新しい働き方”」。地域における災害弱者のデータベース化と災害時の生活再建支援を担う防災ナースについて紹介するとともに、遠隔医療や子育て支援との連動の方策を考える。
    ▼PINK CROSS PROJECT 2017
    http://pincro.com/

  • 津波防災スペシャルゼミin本郷~津波について学ぼう~

    津波防災スペシャルゼミin本郷~津波について学ぼう~

    2017年10月13日

    11月5日の「津波防災の日」「世界津波の日」に合わせ、津波に対する正しい防災知識と理解・関心を深めるため「津波防災スペシャルゼミ in本郷」を東京大学伊藤国際学術研究センター内の伊藤謝恩ホールにて開催する。このイベントでは、第一線の研究者を招き、最新の科学的研究成果を、講義スタイルを用い披露し、津波に関する科学的な理解と関心を深めてもらう。入場無料。観覧の申し込みは津波防災ひろめ隊サイトより。
    ▼内閣府【参加募集のご案内】 平成29年度津波防災普及啓発プロジェクト 津波防災 スペシャルゼミ in本郷
    https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201710126747/
    プログラム

  • 防災用地図が不要に!産学連携・3企業と静岡大学が協力 「動画で理解!わが家のハザードマップ」

    防災用地図が不要に!産学連携・3企業と静岡大学が協力 「動画で理解!わが家のハザードマップ」

    2017年10月13日

    株式会社楽しいチリビジ、国立大学法人静岡大学、株式会社NTTデータCCS、ピツニーボウズジャパン株式会社と共同で開発した、立地によって異なる避難情報を各戸専用の動画で読み聞かせる地理情報システム。このシステムを通じて、学識経験者など防災の専門知識が豊富な専門家が、動画を通じてゆかりの場所の災害リスクと対応策を語りかけてくれるため、ユーザーは災害リスクを「自分のこと」として認識できる。

  • 平成29年度 防災アプリ大賞「SHS災害.info」

    平成29年度 防災アプリ大賞「SHS災害.info」

    2017年10月13日

    国土地理院主催の平成29年度防災アプリ審査委員会での大賞を受賞したアプリ。宮崎市民を対象に、災害に対する心構えを持つこと、災害発生時の安全確保、救助活動を補助することを目的とし、「助けられる側から助ける側へ」をコンセプトに宮崎県立佐土原高校 情報技術部が開発した。宮崎市民のためのアプリとなっているが、避難所情報以外の現在地や登録地の標高を簡単に知ることができ、宮崎市以外でも使える機能は多い。
    ▼SHS災害.info
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yoshikawatetsuya.sadowarahazard

  • 東京都 「備蓄キャラバン」及び「備蓄の日フェスタ」の実施

    東京都 「備蓄キャラバン」及び「備蓄の日フェスタ」の実施

    2017年10月13日

    東京都で「都民の備蓄推進プロジェクト」の一環として、都内各地でイベントを開催する。「備蓄キャラバン」は10月20日(金)より都内4か所で開催。災害時、自宅での生活継続に必要な知識を楽しみながら学べる。「備蓄の日フェスタ」は11月19日(日)に新宿駅西口広場イベントコーナーで開催。ミニセミナーや家庭での備えに関するワークショップなどが行われる。

  • 企業の災害備蓄品でecoサイクルを実現するクラウドサービス「備蓄品安心サポート そなえるんCSR+」

    企業の災害備蓄品でecoサイクルを実現するクラウドサービス「備蓄品安心サポート そなえるんCSR+」

    2017年10月13日

    無料で使える備蓄品管理のクラウドサービス。備蓄品が、「どこに」「どのくらい」あり、「賞味期限がいつまでなのか」を簡単に管理できる。また、このサービスの利用企業は、賞味期限が近い備蓄品の情報を寄付先団体に提供できるようになり、寄付先団体側からも必要な物品の寄付依頼をすることができる。

  • ふじのくにの女将 あけぼの会 防災キット「女将の安心こころ包み」

    ふじのくにの女将 あけぼの会 防災キット「女将の安心こころ包み」

    2017年10月13日

    静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合の女性部「あけぼの会」が開発した防災キット。包帯やマスクに使える切り裂き可能な布、防寒防暑用シート、携帯トイレ、ライト付きホイッスルなどを備えている。キットは今後、各旅館・ホテルに備えるほか、宿泊客が普段使えるようにと販売も計画している。
    ▼ふじのくにの女将 あけぼの会『女将の安心こころ包み』完成までの歩み
    http://okami.shizuoka.jp/archives/3101