アクション!

おすすめ

  • 宮城復興支援センターは、こども防災協会と共催で、東日本大震災・熊本地震支援事業として、留学生と一緒に英語で防災知識を学べる「国際交流イングリッシュキャンプ2018」を開催する。出発エリアは埼玉、福岡、静岡、千葉、大阪、愛知、東京、神奈川、兵庫、京都。対象は小学1年から6年生で、外国人留学生、日本人海外留学経験者などが引率する。7月、8月の夏休み期間のほか、エリアによっては10月以降も開催される。
    ▼宮城復興支援センター 国際交流イングリッシュキャンプ
    http://www.ganbaro-miyagi.com/esc/

  • 渋谷防災実行委員会は、渋谷区と共催し、3回目となる 渋谷区総合防災訓練を9/1(土)2(日)に代々木公園にて開催する。東京消防庁が導入したゴーグル型の端末による360度の立体的な映像で地震や火災、風水害の状況が体感できる日本初の「VR防災体験車」や起震車が登場するほか、消防士体験VR、煙体験、放水訓練等が体験できる。また、新しい取り組みとして、発災時のリアルな予行演習ができる「体感型 防災アトラクションR」LIFE LINE Ⅱの体験や、フットサルやサッカーを通じて防災や減災のための知識を学ぶことのできるサッカー防災Rワークショップの「ディフェンス・アクション」も体験できる。
    ▼渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~
    http://www.shibuya-bosai.tokyo/

  • 一般社団法人防災ガールが、津波防災の普及啓発プロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」の一環で遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」を開発した。ゲームをプレイするだけで、だれでも正しい避難行動が理解できるように設計されており、実際の災害時を想定し、実現可能な防災のみを反映させたリアルな学びが得られる。7/30(月)まで、クラウドファンディングで製作費を募集している。
    ▼海と共に生きる未来のため、たのしみながら津波防災が学べるカードゲームを届けたい!
    https://camp-fire.jp/projects/view/87418

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • TOAの防災人形劇「カンカン塔の見はり番」を東京で初上演

    TOAの防災人形劇「カンカン塔の見はり番」を東京で初上演

    2017年09月15日

    TOA株式会社が、災害時などに警報音に注意を払うことの大切さを伝える人形劇「カンカン塔の見はり番」を東京都内で上演した。防災用スピーカーなどを扱う同社が2016年から各地で続けており、東京都内での公演は今回が初めて。村の見張りを任された子ウサギが、太鼓やかねで雨、火事などの危機を知らせようと奮闘するうち、情報伝達の重要性を学ぶというあらすじになっている。
    ▼TOA カンカン塔のみはりばん
    http://www.toa.co.jp/mecenat/kkt/

  • 3分でわかる『超高層ビルの横ゆれ対策』

    3分でわかる『超高層ビルの横ゆれ対策』

    2017年09月15日

    解説動画を制作する株式会社simpleshow Japanが制作した、超高層ビルにおける大型地震の仕組みや対策について解説する動画。地震に不慣れな外国人が超高層ビルで大型地震に遭遇した時、 自分の身を守れるようになるために、 また、訪日外国人の不安や心配を軽減するため 「超高層ビルの大型地震」に対する正しい知識や対策を啓蒙するために制作された。
    ▼日本語版
    https://www.youtube.com/watch?v=NULFASTnifM
    ▼英語版
    https://www.youtube.com/watch?v=KzpQUGPhfwc

  • 鉄工島FES「都市防災ブートキャンプ」

    鉄工島FES「都市防災ブートキャンプ」

    2017年09月15日

    東京都大田区京浜島で開催される「鉄工島FES」関連企画として、9/30(土)~10/1(日)に行なわれる防災キャンプ。救助のプロによる体験談、ボランティアやキャンプマスターの工夫、被災者の心情などをワークショップやドキュメンタリー映画上映など多彩なカリキュラムが予定されている。
    ▼鉄工島FES
    http://tekkojima.com/

  • 生徒会で防災を考えるとこうなる「DISASTER PREVENTION HANDBOOK」

    生徒会で防災を考えるとこうなる「DISASTER PREVENTION HANDBOOK」

    2017年09月15日

    東京電機大学高等学校生徒会が都市防災の観点から作成した高等学校生徒用防災ハンドブック。さまざまな地域から通学してくる私立学校の中高生にとって、登下校のタイミングで東日本大震災クラスの大災害が発生したときのリスクは大きいものがあり、東京都内の私立学校は「登下校時の緊急避難校ネットワーク」が構築されていることから、それを利用して「親との連絡方法」「親戚や知人の家の情報」「通学途中にある他の私立学校の情報」などを、コンパクトに一枚にまとめた防災マップとした。
    ▼東京電機大学中学校・高等学校 平成28年度後期高校生徒会が日本生徒会大賞2017団体の部で大賞を受賞!
    http://www.dendai.ed.jp/blog/tdunews/2017/201706161189.html

  • 「Yahoo!ニュース」アプリ新機能 災害発生時に、災害に関するニュース動画をライブ配信

    「Yahoo!ニュース」アプリ新機能 災害発生時に、災害に関するニュース動画をライブ配信

    2017年09月01日

    ヤフーは8月28日、同社が提供する「Yahoo!ニュース」アプリで、災害に関する新たなニュース動画のライブ配信機能を追加したと発表した。台風や地震といった大規模な災害が発生した時に、アプリ内で最も閲覧の多い“主要タブ”の最上部に「Yahoo!ニュース 動画」枠を掲出し、災害に関するニュース動画をライブ配信する。

  • 災害派遣トイレネットワークプロジェクト「みんな元気になるトイレ」

    災害派遣トイレネットワークプロジェクト「みんな元気になるトイレ」

    2017年09月01日

    1台あたり4部屋の水洗トイレが付いたトレーラーを、全国の1741市区町村が1台ずつ所有し、大規模災害時に各自治体からトイレトレーラーを被災地へ派遣することで、災害時における被災地のトイレ不足の問題を改善しようとするプロジェクト。クラウドファンディング「READY FOR?」ふるさと納税型による市民の力で実現される。第一弾として静岡県富士市が趣旨に賛同し、クラウドファンディングを9月16日まで実施している。
    ▼静岡県富士市 トイレトレーラー購入のためにクラウドファンディングを実施中!
    http://www.city.fuji.shizuoka.jp/safety/c0101/rn2ola0000015oo1.html

  • スタンプラリーで避難経路をまわり、体験を”記憶”する新しい防災訓練の形「防災・減災スタンプラリー導入セット」の開発

    スタンプラリーで避難経路をまわり、体験を”記憶”する新しい防災訓練の形「防災・減災スタンプラリー導入セット」の開発

    2017年09月01日

    シヤチハタ株式会社と東北大学災害科学国際研究所及び東北大学学際科学フロンティア研究所が、スタンプを使った防災・減災に効果的なプログラム「防災・減災スタンプラリー」を共同開発した。「防災・減災スタンプラリー導入セットA」は、災害時の避難経路に沿ってチェックポイントを設け、災害時の避難行動を""疑似体験""できるプログラムで使用する回答スタンプ。使い方は、小学校の体育館や地域の避難経路にチェックポイントを6カ所設け、設問パネルと回答スタンプを用意する。設問に対する回答をスタンプラリーとして集めて回ることで、防災・減災の知識を学ぶことができる。さらに、スタンプは防災タイプ(傾向)ごとに色分けされており、自身のタイプを知ることで「自助」「共助」「公助」についても学ぶことができる。
    ▼シヤチハタ 「防災・減災スタンプラリー導入セット」発売のご案内
    https://www.shachihata.co.jp/pressrelease/2017/bosai_stampralley.php

  • 三菱地所レジデンス他 親子で考える防災ツール「そなえるドリル」開発

    三菱地所レジデンス他 親子で考える防災ツール「そなえるドリル」開発

    2017年09月01日

    三菱地所レジデンスは三菱地所コミュニティと協働で、親子で考えるマンション防災ツール「そなえるドリル」を開発した。大人だけではなく子供にも防災を身近な事柄として考え、行動につなげてもらうようにする。また、三菱地所グループ物件の防災訓練等で活用している「そなえるカルタ」も、「そなえるドリル」の公開に合わせて、9 月1日から「ザ・パークハウス防災プログラム」ホームページ上で誰でもダウンロードが可能となっている。
    ▼ザ・パークハウスの防災プログラム
    http://www.mecsumai.com/bousai/index.html

  • LIXIL、業界最大級のVC向けに「災害対策の手引き」をリリース

    LIXIL、業界最大級のVC向けに「災害対策の手引き」をリリース

    2017年09月01日

    LIXILが危機管理の専門メディア「リスク対策.com」と共に、突然の災害に対する企業の事前準備の大切さを伝える「災害対策の手引き」をリリースした。「事前にすべきこと」「発災時に最初にすべきこと」「お客様のためにすべきこと」の3章で構成され、それぞれどんな対策が必要なのか、そのために何をしておくべきなのか、どんなものを準備しておけばいいのか、などイラストを多用してわかりやすく記載している。LIXILが運営するGood Living友の会会員は無償でダウンロードできる。

  • 災害イツモフォーラムTOKYO

    災害イツモフォーラムTOKYO

    2017年08月18日

    阪神・淡路大震災を体験し東日本大震災などの被災地で活動をしてきた永田宏和さんや熊本地震などで「テント村」活動を展開している野口健さんなど有識者が、最新の事例をもとに災害について考えていくフォーラム。9月1日、東京・有楽町朝日ホールにて開催。申込詳細は下記リンクより。