アクション!

おすすめ

  • 内閣府は、令和元年10月19・20日に、「大規模災害に備える ~まなぶ、つながる、つよくなる~『防災を、もっと日常に』」をテーマとして「防災推進国民大会2019」を愛知県名古屋市にある、ささしまライブエリアで開催することを発表し、概要説明資料などが公開された。「あいち・なごや防災フェスタ」との同時開催となる。

  • 内閣府(防災担当)においては、我が国の防災技術やノウハウ等について、海外に積極的に情報発信するとともに、相手国との官民双方の関係構築、交流の促進を図るため、「防災技術の海外展開に向けた官民連絡会」(Japan International Public-Private Association for Disaster Risk Reduction: JIPAD)を立ち上げ、官民一体となった活動を充実させることとし、8月23日(金)内閣府にて連絡会を開催する。 防災に資する技術やノウハウ(建築物や土木構造物の耐震・免震、海岸保全・治山関係、観測・予警報システム・機材、ハザードマップ、BCP、防災・消防機材等)を持ち、その海外展開に関心のある企業・団体が対象となる。8月19日(月)15 時までに、同連絡会への参加登録が必要。

  • 2019年8月3日(土)に「オフラインミーティング in 東京」が開催される。 県内・県外の多様な領域、多世代の防災の担い手をつなぐことにより、「化学反応」を起こし、日頃の防災活動を活性化させるヒントが生まれるイベントとなる予定。フォームから7月31日までに事前申込が必要。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 防災カードゲーム「このつぎなにがおきるかな?」

    防災カードゲーム「このつぎなにがおきるかな?」

    2018年03月09日

    国土交通省が開発した、子供たちが遊びながら防災について学ぶことができるカードゲーム。津波や水害が発生したときに起こる危険な状況を全60枚のカードゲームにした。HPに印刷用データと遊び方を掲載しており、市販の名刺カードや葉書用紙に印刷して、使用することができる。
    ▼国土交通省 防災カードゲーム『このつぎなにがおきるかな?』New リリース!
    http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo06_hh_000081.html

  • 防災・減災のAIイノベーション戦略と挑戦 公開シンポジウム

    防災・減災のAIイノベーション戦略と挑戦 公開シンポジウム

    2018年03月06日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)では、現在注目を集めている人工知能(AI)を防災・減災に活用し、災害時の情報の収集、整理、分析等を人間の限界を超えて可能にする仕組みに関する様々な取組について、各分野の専門家より紹介するシンポジウムを開催する。また、NICT、慶應義塾大学、防災科学技術研究所、ヤフー株式会社及びLINE株式会社が共同で設立した電脳防災コンソーシアムの取組について紹介するとともに、NICTのAI研究開発成果の社会実装をめざして、今年度より開始された総務省「IoT/BD/AI情報通信プラットフォーム」社会実装推進事業の進捗についても紹介する。加えて、希望者向けの自然言語処理のAPI活用に関する相談会も設けることとしている。

    日時:2018年3月29日(木)13:30~18:30
    会場:
    TKPガーデンシティPREMIUM京橋 ホール22A
    東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン22F (東京駅八重洲南口より徒歩5分)
    参加費:無料
    定員:240名

    主催:国立研究開発法人情報通信研究機構
    協力:
    国立研究開発法人防災科学技術研究所、慶應義塾大学環境情報学部(山口真吾研究室)、
    アビームコンサルティング株式会社、電脳防災コンソーシアム

  • 「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ

    「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ

    2018年02月23日

    「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ 内閣府では、地区防災計画の策定を推進するため、最新事例等を紹介し、地区防災計画 には策定主体、プロセス、計画内容等に様々なバリエーションがあることを示し、地区防災計画の新しい切り口や課題等を共有する「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」を平成30年3月24日(土)に、東京都内にて開催します。
    下記リンクより、お申し込みください。
    皆さまの参加をお待ちしています。

  • 大阪市立大学 防災袋「AIR POST」を開発

    大阪市立大学 防災袋「AIR POST」を開発

    2018年02月23日

    大阪市立大の学生が大阪・中崎町のかばんブランド「ichimaruni」と共同で開発した、防災袋「AIR POST」。同校の学生を対象に行った防災に関するアンケートで「学生のほとんどが、危機感があるにも関わらず防災袋を持っていない」ことが分かり、また被災地の学生への聞き取り調査では、従来の防災袋のほとんどは部屋に置くと違和感があるデザイン、邪魔になる大きさだったために仕舞い込まれ、災害時持ち出すことができなかったことが分かった。そのため、普段はインテリアとしても使えるようBOX型とし、避難時にはリュックサック型に変形する防災袋を制作した。救急セットなど非常持ち出し品13点を含めて、3月14日から、市立大の生協ショップで販売する。

  • 東日本大震災の教訓を伝える絵本2冊を『森のえほん館』より配信

    東日本大震災の教訓を伝える絵本2冊を『森のえほん館』より配信

    2018年02月23日

    (株)アイフリーク モバイルが、絵本アプリ「森のえほん館」で、東日本大震災の教訓を伝える絵本の配信を開始した。また、森のえほん館編集部のYouTubeチャンネルでも見ることができる。
    ▼森のえほん館編集部Youtube 大地震が起きたらどうする?防災の大切さを伝える絵本『うみのかいじゅうがきた』
    https://youtu.be/iZ2tuSDxG1k

  • 障害者・高齢者の災害時介護の備え 防災手帳キットを使ったワークショップ

    障害者・高齢者の災害時介護の備え 防災手帳キットを使ったワークショップ

    2018年02月23日

    一般社団法人EFCが、障害者や高齢者などを対象に、介護に必要な道具・設備や介助内容までを含めた災害時の備えを考えるためのチェックキット「安心・防災帳」を活用したワークショップを開催している。キットは、国立障害者リハビリテーションセンター研究所が障害者・高齢者のために災害時に必要となる備品などを整理するためのチェックツールとして開発したもの。あらかじめ用意されたワークシートなどを活用し、ファシリテーターとやり取りをしながら、ステップに沿って作成を進めることで、自分自身の身体状況や生活に合わせた備えリストを作成することができる。
    ▼一般社団法人EFC(アース・フレンドリー・サーキュレーション) 障害者・高齢者の災害対策事業
    http://efc.or.jp/business/bus02

  • 防災に生かす、社会経験 初のシニア向け講座

    防災に生かす、社会経験 初のシニア向け講座

    2018年02月23日

    神奈川県総合防災センターで、3月19日(月)と22日(木)に50歳以上が対象の防災講座が開催される。中・高校生や女性、高齢者など、災害時に「守られる」立場の人を対象とした、同センターでは初めての取組み。当日は、災害対応の図上訓練等の講義と、国士館大学の防災・救急救助総合研究所の講師による心肺蘇生法や応急手当の講習、体験フロアでの地震・風水害等体験などが受けられる。
    ▼神奈川県総合防災センター シニア世代の防災講座
    http://www.pref.kanagawa.jp/docs/zn2/bousaicenter/homepage/event/senior.html

  • 拡大する災害に備えて防災・減災の力を高めよう!~国連防災世界会議・仙台防災枠組を受けて~

    拡大する災害に備えて防災・減災の力を高めよう!~国連防災世界会議・仙台防災枠組を受けて~

    2018年02月23日

    日本赤十字看護学会 災害看護活動委員会の主催で3月10日(土)に東京・日本赤十字看護大学で開催する防災・減災セミナー。「仙台防災枠組」を受けて、国の対策について内閣府からの講演と、シンポジウムで、各団体の方々より、それぞれの立場から、災害対策について、どのように取り組んでいるかを討議する。

  • 防災ひな祭り – 東京の女性が一歩踏み出す日

    防災ひな祭り – 東京の女性が一歩踏み出す日

    2018年02月09日

    東京都が3月3日(土)に東京ミッドタウン・ホールA/Bにて女性の視点による防災イベント“東京の女性が一歩踏み出す日「防災ひな祭り」”を開催する。いざという時も役立つアウトドアコーディネートを紹介する「BOUSAIファッションショー」や、いつでもどこでもできるヨガポーズでリラックスし、女性の体をケアする「BOUSAIヨガ」など、「女性視点による防災コンテンツ」を実施する。また、女性視点で編集された新しい防災ブック「東京くらし防災」を来場者全員にプレゼントする。
    ▼東京都 東京の女性が一歩踏み出す日「防災ひな祭り」を開催
    http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/01/19/07.html

  • 震災の教訓、学生が継承「117KOBEぼうさい委員会」

    震災の教訓、学生が継承「117KOBEぼうさい委員会」

    2018年02月09日

    神戸市と神戸新聞社が協働で2014年8月に立ち上げた、市内の大学生が中心となって災害への備えの大切さを訴えていくプロジェクト。阪神・淡路大震災の教訓を子どもたちに伝える活動を続けている。昨年春には、阪神・淡路大震災をテーマにした舞台演劇「午前5時47分の時計台」にメンバーの一部が出演した。こうした活動のほかに、催し会場でAEDの使い方を教えたり、新聞紙などでできる防災グッズの作り方を紹介したりもしている。
    ▼神戸新聞 117KOBEぼうさい委員会
    https://www.kobe-np.co.jp/info/bousai/index.shtml
    ▼KOBE防災ポータルサイト 「いつものそなえもしものあんしん」
    http://www.kobe-sonae.jp/action/000233.html