アクション!

おすすめ

  • ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、東日本大震災から8年となる中、復興支援に誰でも参加できる“4つのチャリティーアクション”と“復興支援イベント”を紹介する特集「- 3.11企画 - いま、わたしができること。」の一環として、一人ひとりに合わせた災害への備えを啓発するプロジェクト『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を本日始動した。
    現在、災害に備えるための一般的な防災情報は提供されているが、東日本大震災が発生した後の「Yahoo!検索」のデータを分析すると、性別や年齢、生活環境によって一人ひとりの知りたい情報が違うことがわかった。
    Yahoo! JAPANではその点に着目し、“その人だからこそ必要な、ダイバーシティを考慮した災害への備えを行うべきではないか”と考え、「人の数だけ、備えがある。」というコンセプトから『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を発足した。
    『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』では、自分の特性やライフスタイルから一人ひとりに合った防災情報やグッズを探せる特設サイトを開設したほか、自分ならではの防災ブックを作成できる体験イベントを行う。

  • 子どもたちの防災への関心を高めようと、自衛隊岡山地方協力本部と災害支援財団、日本安全保障・危機管理学会が企画して、自衛隊の災害派遣をテーマにしたカードゲームを作った。噴火、豪雨、土砂災害、地震といった「災害カード」10枚と、装備品や隊員が描かれた「自衛隊カード」30枚の計40枚が1セット。小学生以上向けで1対1で対戦する。任務遂行に必要なポイント数が記された災害カードに対し、プレーヤーは交互に自衛隊カードを出しながらゲームを進め、先に必要数に達した側が勝利となる。
    ▼自衛隊岡山地方協力本部 自衛隊災害派遣カードについて
    http://www.mod.go.jp/pco/okayama/saigaicard/top.html

  • 阪神・淡路大震災でボランティアの作った炊き出しのおむすびに被災者が助けられた経験から、お米の大切さを再認識しようと始まった「おいしいごはんを食べよう県民運動」。この運動の推進協議会が、南海トラフ地震の発生に備える手助けになればと、ポリ袋を使ったご飯の炊き方や、買い置き食品の使い方など、災害でライフラインが断たれたときに役立つ情報をまとめた冊子を作った。冊子は、おいしいごはんを食べよう県民運動のホームページからダウンロードできる。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 「防災とボランティアのつどい」の開催

    「防災とボランティアのつどい」の開催

    2018年01月10日

    内閣府では、広く国民の皆さんに、災害時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動についての認識を深めていただくとともに、災害への備えの充実強化が図られることを目的に、毎年「防災とボランティアのつどい」を実施しています。

    今回は、2018年1月27日(土)13時より、TKPガーデンシティ竹橋(最寄駅:東京メトロ東西線・竹橋駅)にて、「『連携』がボランティアを変える」をテーマとして、開催します。内容としては、室﨑益輝氏(兵庫県立大学大学院/減災復興政策研究科長)による基調講演や、ワークショップ、パネルディスカッション、交流会の実施を予定しています。

    誰でも参加可能で、参加無料となっています。
    参加希望者は下記メールアドレスに、氏名、所属、連絡先のメールアドレスを明記の上、送信しお申し込みください。1月26日(金)まで申込期間を延長しましたので、奮ってご参加ください。

    vol-tsudoi@jce.co.jp

    下記↓が本イベントのチラシとなりますので、参照してください。
    「防災とボランティアのつどい」チラシ

  • 「防災減災カードゲーム」で遊びながら土木を学ぼう! 無料で貸し出し

    「防災減災カードゲーム」で遊びながら土木を学ぼう! 無料で貸し出し

    2017年12月22日

    土木学会の若手技術者が運営する若手パワーアップ小委員会が、子どもたちに遊びながら土木について学んでもらおうと、「防災減災カードゲーム」を作成した。遊び方は、「てつどう」「くうこう」などインフラのカードを場に配置して、ゲームをスタート。山札には「じしん」「こうずい」などそれぞれのインフラに被害を与える災害のカードと「事前対策」「応急復旧」のインフラを守るカードがあり、交互に引いていく。山札がなくなった時点で、より多くのインフラカードを健全なまま残したプレーヤーが勝者となる。カードは希望者に無料で貸し出しているほか、出張説明も行っている。
    ▼土木学会 若手パワーアップ小委員会 「ポケドボ」カードゲームの製作
    http://committees.jsce.or.jp/kikaku03/node/50

  • “レシート”を使った防災啓発のプロダクト 「みまもりレシート」

    “レシート”を使った防災啓発のプロダクト 「みまもりレシート」

    2017年12月22日

    防災に関するコンテンツの「防災100のコト」を印刷した「感熱紙レジロール(レシート)」。防災100のコトには、No.1からNo.100まで、地震や噴火、テロなどが発生したときに役立つ知識が、分かりやすいイラストとともに書かれている。購買行動が生じるさまざまな場所で「みまもりレシート」を使用してもらい、売り手から買い手に渡してもらうことで、防災情報の閲覧につなげるというプロジェクト。全日本空輸株式会社が運営するクラウドファンディング「WonderFLY」、朝日新聞社が運営するクラウドファンディング「A-port」で、販売と支援の受付をしている。

  • モバイル版「避難体験VR」~VRを活用した「火災避難」と「消火体験」で火災に対する対処を体験~

    モバイル版「避難体験VR」~VRを活用した「火災避難」と「消火体験」で火災に対する対処を体験~

    2017年12月22日

    株式会社理経が、バーチャルリアリティーを活用し、火災からの避難を体験できる「避難体験VR」のモバイル版を開発し、提供を開始した。MXモバイリング株式会社と連携し、同社が開発した「VR消火体験シミュレータ」と共通のハードウェアを使用することで、火災避難と消火体験の2つのコンテンツを実施することができる。必要な機材はスマートフォン・VRヘッドセットのみで、電源や通信環境が必要なく、ワイヤレス設計のため場所や時間を選ばずに使用できる。また、このシステムをベースとして、建物の内装を自社向けに変更するなどのカスタマイズを行うことも可能となっている。

  • 新潟大学「準リアルタイム積雪深分布図(全国版・地域版)」公開

    新潟大学「準リアルタイム積雪深分布図(全国版・地域版)」公開

    2017年12月22日

    新潟大学の災害・復興科学研究所では、 2012年度より「準リアルタイム積雪深分布図」を京都大学大学院工学研究科と共同で公開しており、今季も12月1日から公開を開始した。「準リアルタイム積雪深分布図」は積雪深の面的な広がりを視覚的に把握できる情報で、日本全域の毎日9時の積雪分布状況のほか、前日との積雪深差の分布図を準リアルタイムで配信している。また、冬季の地域防災の支援として、地域別(北海道・秋田県・新潟県・鳥取県)の詳細積雪深分布図も公開している。2017年1~2月の山陰地方における記録的大雪を受けて、今冬から新たに鳥取県が追加された。
    ▼災害・復興科学研究所 準リアルタイム積雪深分布
    http://platform.nhdr.niigata-u.ac.jp/~snow-map/index.php?FrontPage

  • 平成29年度1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」

    平成29年度1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」

    2017年12月22日

    阪神・淡路大震災の経験と教訓を未来に向かって継承していくため、学校や地域で防災教育や防災活動に取り組んでいる子どもや学生を顕彰する事業。今年度も全国各地から130校・団体の応募があり、33校・団体の受賞が決定した。2018年1月7日(日)に兵庫県公館大会議室にて、表彰式と発表会が行われ、Youtubeでの実況中継も予定している。
    ▼兵庫県 1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」の選考結果及び表彰式・発表会の開催
    https://web.pref.hyogo.lg.jp/press/20171206_e73176d5bb10cb9e492581ee0017803c.html

  • 国際復興フォーラム2018「~都市のレジリエンスを強化させるためのBuild Back Better~」の開催

    国際復興フォーラム2018「~都市のレジリエンスを強化させるためのBuild Back Better~」の開催

    2017年12月22日

    国際復興支援プラットフォーム(IRP)が、2018年1月24日(水)に兵庫県神戸市にて「国際復興フォーラム2018」を開催する。今回のフォーラムでは、「都市のレジリエンスを強化させるための Build BackBetter」をテーマに、都市における災害復興の経験や実践、政府等公的機関によるガイダンスや先駆的プログラムを共有し、「Build Back Better」がいかにして都市のレジリエンス強化において重要な役割を果たし得るのかの討議を通して、どのような復興活動によって、都市が自然災害の衝撃を緩和し、人命を守り、公的・私的財産の損害や崩壊を抑制することが出来るのかを明らかにして、「Build BackBetter」へ向けた成果として世界へ発信する。

  • ARで現場に災害の様子を映し出せる「防災AR」

    ARで現場に災害の様子を映し出せる「防災AR」

    2017年12月08日

    株式会社アイデアクラウドが、Google Tangoを利用して現実の空間に災害の状況を映し出して体験できる「防災AR」の開発をスタートし、AR火災体験β版を公開した。部屋などの空間を認識することによって、煙を滞留させたり炎の広がる様子を現実世界上に映し出すことができ、直感的で現実感のある、防災訓練や防災教育が可能となる。端末貸出のイベント利用を想定しており、今後は防災イベントなどで活用して頂けるようなパッケージとして展開していく予定である。

  • 「災害時に72時間を生き抜くサバイバル術」を身につける!(体験型防災学習会)

    「災害時に72時間を生き抜くサバイバル術」を身につける!(体験型防災学習会)

    2017年12月08日

    大阪市阿倍野区役所が阿倍野区体験型防災学習会を平成30年1月6日(土)に開催する。講師としてNPO法人プラス・アーツ防災教育研究所の室崎友輔さん招き、「地震ITSUMO講座・72時間を生き抜くサバイバル術」と題して災害時にライフラインが止まったとき「本当に役立つ防災グッズ」、「身の回り品を使ったトイレ対策」、「ローリングストック法」などの講習会を行う。また、地震災害体験ゾーンでは、「震度7を体験できるコーナー」や「応急救護コーナー」など、より現実に即した実効性のある訓練を体験できる。
    ▼大阪市 阿倍野区体験型防災学習会を開催します
    http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/abeno/0000417105.html

  • 「ペット防災 いぬのそなえ」防災セット開発プロジェクト

    「ペット防災 いぬのそなえ」防災セット開発プロジェクト

    2017年12月08日

    総合ペット企業の株式会社PECOが、生活者視点で防災・減災に取り組む専門組織「+ソナエ・プロジェクト」と共同で、ペットの防災対策を日本中に広めるためのプロジェクト「ペット防災」を発足。その第一弾として、11月27日~12月27日までクラウドファンディングを活用して、犬専用の防災セット『いぬのそなえ』の開発に取り組んでいる。獣医師監修のもとアイテムの選定・ハンドブック制作を実施。アイテムは、水やフードなどの必需品だけではなく、ペグやリード、雨よけシートなど避難時にも役立つものを選定する予定としている。
    ▼CAMPFIRE ペットの防災はじめよう!災害対策と動物のプロが厳選「ペット専用防災セット」
    https://camp-fire.jp/projects/view/44948