アクション!

おすすめ

  • 岩手県大船渡市の知的障害者の就労支援に取り組む一般社団法人「かたつむり」が企画と加工を手掛け、北上市の障害者就労支援施設「北上アビリティーセンター」がパッケージデザインを担当した。陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」を乾燥処理したパックや野田村産の塩、5年間保存可能な水がセットになっていて、米のパックは水と反応する発熱材で温める。東日本大震災時、避難所では支援物資の配給に行列ができ、温かい食事を提供できないケースもあったため、非常食一式をコンパクトにまとめた。
    ▼2017年度グッドデザイン賞 災害備蓄品 [逃げた先にある安心(もしもの備え、5年保存可能な災害備蓄Kit)]
    http://www.g-mark.org/award/describe/44871

  • 11月26日(日)に宮城県仙台市にて開催される「ぼうさいこくたい」に合わせて、「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<夜の部>」と題して、懇親会を開催いたします。
    皆さまが日頃より取り組んでいる、防災・減災活動の情報共有を行っていただき、防災ネットワークをより強固なものにしていただく機会といたします。

    日時:2017年11月26日(日)18:30~20:30(受付開始18:00)

    会場:
    伊達なおもてなし DUCCA 仙台駅前店(仙台駅より徒歩3分)
    住所 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3-6-10 マックスマクタビル3F

    会費:3,500円(※当日お支払いください)

    参加ご希望の方は、申込フォームに、ご氏名、ご所属、メールアドレス、電話番号(当日の連絡先)を明記の上、申込してください。

    申し込み先:参加申込フォーム(←こちらをクリックしてください) 
    ※11月22日(水)までにお申込ください。(期限を延長しました)

    皆さまの参加を心よりお待ちしています。

  • 11月26日(日)に宮城県仙台市にて開催される「ぼうさいこくたい」に合わせて、「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<昼の部>」を開催します。
    防災に取り組まれている皆様が、「ぼうさいこくたい」に集まるこの機会に、皆さまの顔合わせができる場を設けました。皆さまが日頃より取り組んでいる、「防災・減災活動」の情報や課題の共有など、防災について語り合いましょう。また、広く参加者にお配りしたい資料などがありましたら、当会場にて配布することは可能ですので、お持ちください。
    開催している時間帯において、お好きなタイミングでお立ち寄りください。 飲み物や、お持ち帰りいただける防災に役立つグッズなどを用意しています。 皆さまの参加を心よりお待ちしています。

    日時:2017年11月26日(日)15:00~17:00 (出入り自由)
    会場:仙台国際センター小会議室4

新着順

  • あそびとまなびのキャンパス ~夏休み防災こどもキャンプ~

    あそびとまなびのキャンパス ~夏休み防災こどもキャンプ~

    2016年08月05日

    大阪市立大学が、8/20(土)・21(日)の1泊2日、小学5年生~6年生を対象とした「あそびとまなびのキャンパス ~夏休み防災こどもキャンプ~」を開催する。電子地図や位置情報を活用するICT演習、ダンボールを活用した寝床の設営やマンホールトイレ、防災用備蓄非常食の朝食など災害時避難所体験を通じ、子どもたちに防災について学んでもらう。

  • 防災用具、使い方完璧 東和 競技形式で確認

    防災用具、使い方完璧 東和 競技形式で確認

    2016年08月05日

    岩手県花巻市東和町の土沢地域づくり会議は、各防災用具を使った運動会スタイルの競技を通し、防災意識の向上につなげるとともに、互いに助け合う力を養い、自主防災の輪を広げていくため、6自主防災会合同での防災訓練を実施。競技は、各自主防災会に配備されている防災用具を使い、担架搬送リレーとお助けリヤカー競争、発電機ピカッとレース、避難物資調達競争の4種目が行われた。

  • 浅間火山博物館 非常食専門レストラン「華山」

    浅間火山博物館 非常食専門レストラン「華山」

    2016年08月05日

    群馬県嬬恋村の「浅間火山博物館」にオープンした、非常食専門のレストラン。メニューは、カルボナーラやペペロンチーノなどのパスタ類や、五目御飯、ドライカレーなどのご飯ものを中心に、15種類を用意。一食500円で、客がポットでお湯を入れる“自炊”タイプ。災害時には備蓄としても利用できる。

  • ご近所さん3つのマンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」

    ご近所さん3つのマンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」

    2016年08月05日

    神奈川県川崎市高津区久本で、3つの大規模マンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」が開催された。連携のきっかけは、“建物老朽化”と“住民の高齢化”という2つの老いに直面し、何かあったときに助け合うには、コミュニティ形成が必要だと考えたため。3マンションが合同で開催するイベントは2016年2月の餅つきに次いで2度目で、餅つきはきっかけ作りであり、今回はもう一歩踏み込んだ「知見の共有」が目的となった。 

  • 夏休みは「そなエリア東京」で自由研究をしよう!

    夏休みは「そなエリア東京」で自由研究をしよう!

    2016年08月05日

    東京臨海広域防災公園(そなエリア東京)では夏休み期間中、夏の自由研究をサポートするイベントを開催する。「防災」をテーマとしており、親子で作る防災マップや防災体験のほか、耐震について学ぶストローハウスづくりや、水で光るアクモキャンドルづくりなども実施される。

  • 渋谷区総合防災訓練 SHIBUYA BOSAI FES 2016

    渋谷区総合防災訓練 SHIBUYA BOSAI FES 2016

    2016年07月22日

    東京都渋谷区・代々木公園で9/4(日)に行われる総合防災訓練。これまで毎年行ってきた見学型の防災訓練を、来場者が実際に動きながら学べる“参加型の防災訓練”とし、防災に関するトークショーや防災紙芝居など、老若男女誰もが参加できるイベントにする。NPO・企業などのブースやワークショップなど、防災グッズや非常食など防災に関するコンテンツも幅広く展示。また、当日受付で誰でも参加できる6つの防災訓練を行う。

  • トイレ発の防災&おもてなし!多言語対応のトイレ内音声情報装置

    トイレ発の防災&おもてなし!多言語対応のトイレ内音声情報装置

    2016年07月22日

    第7回省エネ・節電EXPOでサンビルがデモ展示を行った、トイレ内音声情報案内装置「ポッチUD-W」。スペースの広い多目的トイレで視覚障がい者用に、音声案内で個室内の様子をガイド。外国語を3か国まで登録可能。基本的には視覚障がい者や外国人向けの製品となるが、日本では地震が多く、慣れない外国人がパニックになる場合もあるため、災害時の適切な対応を教えるガイド端末としても活用できる。

  • 情報が命を守る!「防災パーク2016」

    情報が命を守る!「防災パーク2016」

    2016年07月22日

    8/27(土)、28(日)にNHK放送センターで開催する、首都圏で起こりうる災害に対して、どのような備えが必要か、災害時にどのように行動すべきかを子どもから大人まで楽しみながら「知る・学ぶ・体験する」ことができるイベント。屋外会場では、防災知識を楽しみながら学ぶ体験コーナーとワークショップを実施。屋内会場では、Eテレ「学ぼうBOSAIスペシャル」の公開生放送や、「どーもくんの防災劇場」などのステージイベントが行われる。

  • 人と防災未来センター「夏休み防災未来学校2016」

    人と防災未来センター「夏休み防災未来学校2016」

    2016年07月22日

    阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターでは、子どもから大人まで楽しみながら防災・減災について学ぶことができる「夏休み防災未来学校2016」を7/22(金)から8/31(水)まで開催する。体験性を大切にしたワークショップや工作など様々な参加型プログラムを日替わりで毎日実施。

  • 「トクする!防災」プロジェクト

    「トクする!防災」プロジェクト

    2016年07月08日

    “必要だとは思っているけれど、なかなか実践できない防災アクション”に対し、ちょっとしたおトク感や気軽さをプラスする取り組み。公式ウェブサイトやSNS、アプリ、防災イベントなどを通じて、日頃から気軽に取り組める『ふだんの防災アクション』を普及、啓発していく。「ヒナんどりやってみた!」では、プロジェクトメンバーが実際に、災害時の行動をシュミレーションし体験。避難についてのコツや必要な備蓄品など、わかったことをお知らせする。