アクション!

おすすめ

  • 「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ 内閣府では、地区防災計画の策定を推進するため、最新事例等を紹介し、地区防災計画 には策定主体、プロセス、計画内容等に様々なバリエーションがあることを示し、地区防災計画の新しい切り口や課題等を共有する「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」を平成30年3月24日(土)に、東京都内にて開催します。
    下記リンクより、お申し込みください。
    皆さまの参加をお待ちしています。

  • 大阪市立大の学生が大阪・中崎町のかばんブランド「ichimaruni」と共同で開発した、防災袋「AIR POST」。同校の学生を対象に行った防災に関するアンケートで「学生のほとんどが、危機感があるにも関わらず防災袋を持っていない」ことが分かり、また被災地の学生への聞き取り調査では、従来の防災袋のほとんどは部屋に置くと違和感があるデザイン、邪魔になる大きさだったために仕舞い込まれ、災害時持ち出すことができなかったことが分かった。そのため、普段はインテリアとしても使えるようBOX型とし、避難時にはリュックサック型に変形する防災袋を制作した。救急セットなど非常持ち出し品13点を含めて、3月14日から、市立大の生協ショップで販売する。

  • 一般社団法人EFCが、障害者や高齢者などを対象に、介護に必要な道具・設備や介助内容までを含めた災害時の備えを考えるためのチェックキット「安心・防災帳」を活用したワークショップを開催している。キットは、国立障害者リハビリテーションセンター研究所が障害者・高齢者のために災害時に必要となる備品などを整理するためのチェックツールとして開発したもの。あらかじめ用意されたワークシートなどを活用し、ファシリテーターとやり取りをしながら、ステップに沿って作成を進めることで、自分自身の身体状況や生活に合わせた備えリストを作成することができる。
    ▼一般社団法人EFC(アース・フレンドリー・サーキュレーション) 障害者・高齢者の災害対策事業
    http://efc.or.jp/business/bus02

新着順

  • 被災した女性の体と心を守る「レスキューランジェリー」

    被災した女性の体と心を守る「レスキューランジェリー」

    2016年11月18日

    非常時の女性に必要な防災備蓄下着。ブラジャー・ショーツ・布ナプキン・洗剤・簡易洗濯バッグの5点で構成されている。洗濯は、防水加工された簡易洗濯バッグに下着と付属の洗剤、少量の水を入れ、つけおき&揉み洗いで行う。干す時は、洗濯バックを下着に被せて干すことができるので、他人に下着を見えないよう干せる。ファンクションの本間麻衣社長は、これまで災害時の下着の備えは、“自助”に当たるため、自分で用意しておく必要があったが、同製品をきっかけに自治体や企業の防災備蓄として認識してもらえるようにしていきたいと語っている。
    ▼非常時用防災備蓄下着「レスキューランジェリー」
    https://fanction.amebaownd.com/

  • 食べられる防災ブック「東京備食」先行発売開始!

    食べられる防災ブック「東京備食」先行発売開始!

    2016年11月04日

    東京を代表する名店のシェフ監修によるメニューを缶詰にして、東京防災クリエーティブチームによる編集・デザインの本に収めた食べられる防災ブック。1食分は、主食(アルファ化米)、主菜、副菜、汁物、甘味の5品目。これまで防災に関心の薄かった層に、「備蓄」について興味をもってもらうことが最大の目的。クラウドファンディングにてプロジェクトの支援を募集している。
    ▼11月19日は「備蓄の日」
    https://www.tokyo-icc.jp/lespace/index_1511.html

  • アルファー食品ナイト! ~出雲からグルメに!美容と健康に!防災に!「アルファ化米」のおいしい実力を堪能できる夜。~

    アルファー食品ナイト! ~出雲からグルメに!美容と健康に!防災に!「アルファ化米」のおいしい実力を堪能できる夜。~

    2016年11月04日

    アルファー食品のアルファ化米製品、明治屋・木の屋石巻水産グルメ缶詰を使った料理の試食イベントを11/9(水)に、お台場・東京カルチャーカルチャーで開催する。まずは料理の美味しさから入り、アルファ化米の非常食を、日常遣いすることで、被災時には「日常で使っていたから、作り方が分かる」という状態で被災を乗り切ってもらうことを目的としている。ローリングストックや、防災食に関するノウハウも披露する。
    ▼アルファー食品株式会社
    http://www.alpha-come.co.jp/index.html

  • 訪日外国人を対象とする「多言語災害緊急放送」機能をアプリで無料提供!インバウンド接客アプリ「talkapp-i(トーカッピ)」

    訪日外国人を対象とする「多言語災害緊急放送」機能をアプリで無料提供!インバウンド接客アプリ「talkapp-i(トーカッピ)」

    2016年11月04日

    「talkapp-i(トーカッピ)」は外国語が話せなくでも、自ら外国語で接客できるアプリ。多言語災害緊急放送機能では、「地震発生中」、「地震発生直後」、「緊急避難」、「初動対応」など様々な状況とタイミングに従い、日本語と共に、ネーティブ発音の英語、中国語、韓国語で災害放送内容の再生ができる。地震以外、津波や火事、洪水にも対応している。

  • 東京臨海広域防災公園・そなエリア東京「ちびっこパーク」

    東京臨海広域防災公園・そなエリア東京「ちびっこパーク」

    2016年11月04日

    11月6日(日)に東京臨海広域防災公園で行われるイベント。ふれあい動物園やスポーツ教室の他、子どもから大人まで参加可能な「ぼうさい運動会」が行われる。10:30、12:00、14:00の3回実施。運動会では4チームでダンボールキャタピラ競争、大声競争、水消火器競争の3種目を競う。

  • 岩沼市「震災伝承・防災アプリ」

    岩沼市「震災伝承・防災アプリ」

    2016年11月04日

    宮城県岩沼市が、東日本大震災の伝承と市民の防災意識向上のため開発した「震災伝承・防災アプリ」。震災前後の状況を写真などで比較できる「いわぬま復興物語」では、津波の被害を受けた沿岸部などの市内約30カ所を地図に落とし込んであり、タップすると写真や音声、映像で状況を確認できる。災害時にも簡単に作ることができる料理36種類をまとめた「お役立ちレシピ」や、市内の指定避難所などを地図上に表示したりできる機能もある。また、アプリを起動していなくても、市が発表する避難勧告や避難指示を通知で受け取ることができる。
    ▼岩沼市震災伝承防災アプリ 無料配信開始のお知らせ
    http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kakuka/011000/Iwanuma311Application.html

  • 高齢者が抱える避難時の不安を解消する「防災遠足」in墨田区

    高齢者が抱える避難時の不安を解消する「防災遠足」in墨田区

    2016年10月20日

    芝浦工業大学の学生プロジェクト団体「すみだの‘巣’づくりプロジェクト」が10月8日に、墨田区住民を対象に「防災遠足」を実施した。避難場所を知っていても実際に被災した際にきちんと避難できるか、適切な行動をとれるか不安だという高齢者の声を受けて企画。実際に避難経路を歩くことで自身の避難行動を確認すると共に、避難場所やAEDの設置場所、防災倉庫等の情報を表した防災マップの実用性などを検証する目的がある。
    ▼すみだの’巣’づくりプロジェクト
    https://www.facebook.com/sumida.sudukuri

  • 防災情報 カレンダーで・・・NTTタウンページ

    防災情報 カレンダーで・・・NTTタウンページ

    2016年10月20日

    兵庫県淡路市と兵庫県淡路県民局、NTT西日本、NTTタウンページの4者が協力し、災害時に役立つ備えや心構えなどについてイラストでわかりやすく伝えた月めくりカレンダー「ITSUMO BO-SAI CALENDAR」を発行した。防災グッズ、家具の転倒防止対策、避難する際の情報の集め方などを見開きの上半分で紹介。市の防災訓練実施日や過去に大被害が出た災害発生日、災害用伝言ダイヤル、災害用伝言板の体験利用日は日付部分に書き添え、避難所の地図も掲載して災害時の公衆電話の設置場所を示した。避難時は冊子として持ち歩ける。
    ▼NTTタウンページ 防災タウンページ全国初!「ITSUMO BO-SAI CALENDAR」
    http://www.ntt-tp.co.jp/release/?p=6605

  • NHK和歌山「BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY」

    NHK和歌山「BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY」

    2016年10月20日

    NHK和歌山放送局では2011年9月の紀南の水害以降、台風などの災害で「一人の犠牲者も出さない」事を目指す「守るプロジェクト」を行なっている。このプロジェクトの一環として、ファッションをキーワードにしたイベントで若い世代を引き付け、身近な「服」を通して一度、防災について腰を据えて取り組んでもらいたいという目的で「災害時に役立つ服」のデザインを募集している。審査結果は来年2月にファッションショーの形式で発表する。デザインの応募締め切りは10月31日(必着)
    ▼NHK和歌山 守るプロジェクト
    http://www.nhk.or.jp/wakayama/mamoru/index.html

  • スマホで防災無線を遠隔放送 川口の企業が開発、気象情報の放送も

    スマホで防災無線を遠隔放送 川口の企業が開発、気象情報の放送も

    2016年10月20日

    Iot製品の開発や販売を手掛けるクエスタがスマートフォンの通信技術を活用して遠隔放送ができるクラウド型拡声放送設備「スマ放クラウド」を開発した。専用アプリ「スマ放マイク」をインストールしたスマホが拡声マイクの代わりとなり、カメラ映像で現場の状況を確認しながら作業員に的確な指示が出せる。気象庁が発信しているゲリラ豪雨予報などの気象情報を、自動で受信・放送する機能も付いている。
    ▼クエスタ株式会社
    http://questar.ac/products/