アクション!

おすすめ

  • 宮城復興支援センターは、こども防災協会と共催で、東日本大震災・熊本地震支援事業として、留学生と一緒に英語で防災知識を学べる「国際交流イングリッシュキャンプ2018」を開催する。出発エリアは埼玉、福岡、静岡、千葉、大阪、愛知、東京、神奈川、兵庫、京都。対象は小学1年から6年生で、外国人留学生、日本人海外留学経験者などが引率する。7月、8月の夏休み期間のほか、エリアによっては10月以降も開催される。
    ▼宮城復興支援センター 国際交流イングリッシュキャンプ
    http://www.ganbaro-miyagi.com/esc/

  • 渋谷防災実行委員会は、渋谷区と共催し、3回目となる 渋谷区総合防災訓練を9/1(土)2(日)に代々木公園にて開催する。東京消防庁が導入したゴーグル型の端末による360度の立体的な映像で地震や火災、風水害の状況が体感できる日本初の「VR防災体験車」や起震車が登場するほか、消防士体験VR、煙体験、放水訓練等が体験できる。また、新しい取り組みとして、発災時のリアルな予行演習ができる「体感型 防災アトラクションR」LIFE LINE Ⅱの体験や、フットサルやサッカーを通じて防災や減災のための知識を学ぶことのできるサッカー防災Rワークショップの「ディフェンス・アクション」も体験できる。
    ▼渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~
    http://www.shibuya-bosai.tokyo/

  • 一般社団法人防災ガールが、津波防災の普及啓発プロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」の一環で遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」を開発した。ゲームをプレイするだけで、だれでも正しい避難行動が理解できるように設計されており、実際の災害時を想定し、実現可能な防災のみを反映させたリアルな学びが得られる。7/30(月)まで、クラウドファンディングで製作費を募集している。
    ▼海と共に生きる未来のため、たのしみながら津波防災が学べるカードゲームを届けたい!
    https://camp-fire.jp/projects/view/87418

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 日本気象協会「トクする!防災「夏の備蓄前線」」

    日本気象協会「トクする!防災「夏の備蓄前線」」

    2017年06月28日

    一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは「夏の備蓄前線」を6月1日(木)に発表している。「夏の備蓄前線」は、梅雨や集中豪雨、台風などで土砂災害や洪水が起きやすいシーズンに入り、各地で雨が多くなる時期を参考に、備蓄の見直しを推奨する時期を前線図にしたものである。「夏の備蓄前線」は「トクする!防災」プロジェクトの公式サイトで公開している。

  • 第1回 高知防災クイズチャンピオン参加チーム募集!

    第1回 高知防災クイズチャンピオン参加チーム募集!

    2017年06月28日

    KOCHI防災危機管理展実行委員会は、子供たちに防災のいろはを伝え、自助できる力を身につけてもらうために、小学5、6年生を対象に、7月29日(土)に防災クイズ大会を開催する。3人1組となり、○✕クイズや早押しクイズで防災の知識を競うあう。7月10日まで参加チームを募集している。

  • 東京消防庁「みんなで参加!防災訓練」

    東京消防庁「みんなで参加!防災訓練」

    2017年06月28日

    東京消防庁では、「どこでも・いつでも・だれでも」気軽に参加できる防災訓練を推進している。「まちかど防災訓練」として、「まちかど防災訓練車」の派遣などにより、地域住民の自宅周辺の路上などで、訓練用消火器やスタンドパイプなどの消火用資器材等を活用した、少ない人数・短時間で実施できる訓練を実施している。「まちかど防災訓練車」や防災訓練、消防署のイベントに関するご相談・お問合せは、最寄りの消防署で受け付けている。

  • 「NHKニュース・防災」アプリが大幅機能拡充。ゲリラ豪雨や熱中症情報など

    「NHKニュース・防災」アプリが大幅機能拡充。ゲリラ豪雨や熱中症情報など

    2017年06月28日

    NHKは、災害情報や気象情報、NHKが取材した最新ニュースやライブ映像などが見られるスマートフォン向け無料アプリ「NHKニュース・防災」を6月15日に大幅にリニューアルした。マップ機能などを拡充し、雨雲データだけでなく地震/津波や、気象警報/注意報などの情報を地図上で確認できるようにしている。アプリの対応OSは、iOS 8.0以降とAndroid 4.1以降となっている。
    ▼iTunes「NHK ニュース・防災」
    https://itunes.apple.com/jp/app/nhk-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9-%E9%98%B2%E7%81%BD/id1121104608?mt=8

  • 電通、スチャダラパーと共同で、防災ソング「その日その時」を制作

    電通、スチャダラパーと共同で、防災ソング「その日その時」を制作

    2017年06月28日

    株式会社電通の社内プロジェクト「+ソナエ・プロジェクト」は、ラップグループ「スチャダラパー」と共同で、防災を身近に学べる映像付きの防災ソング「その日その時」を制作し、同ソングをYouTube上に公開している。今回の防災ソング「その日その時」は、スチャダラパーのラップに合わせて、自然災害に対する備蓄の意識を高め、適切な行動が取れるように促す歌となっている。今後、防災関連のイベントやウェブサイトなどで活用される予定としている。
    ▼YouTube「その日その時」
    https://www.youtube.com/watch?v=LgPym8fjAOQ

  • 鎌仲ひとみの原子力防災講座―原発事故から6年を迎えた今だから知りたい「防災」のことー

    鎌仲ひとみの原子力防災講座―原発事故から6年を迎えた今だから知りたい「防災」のことー

    2017年05月11日

    原子力防災についてドキュメンタリー映画監督 鎌仲ひとみ氏が5月13日(土)から4回に分けて、東京都世田谷区のぶんぶんフィルムズ事務所にて防災講座を開催する。テーマは「原発事故で起きたこと・原発防災」「事故が起きたら-どう逃げるかー」「いまさら聞けない被ばくのホント」「備えようできることAtoZ」。オンライン・ZOOMにて全国各地からも参加できる。申込の詳細は下記リンクより。
    ▼鎌仲ひとみの原子力防災講座 #1~#4
    http://peatix.com/event/254172?lang=ja

  • 強風の危険度を見える化したハザードマップ「台風ソラグラム」

    強風の危険度を見える化したハザードマップ「台風ソラグラム」

    2017年04月28日

    天気から交通情報までまとめて確認できる生活情報サイト『ライフレンジャー』が、台風の中心位置に対する地域ごとの風の危険度が分かる「台風ソラグラム」をスタートする。横浜国立大学が「台風ノモグラム」をもとに研究した地域ごとの強風傾向の情報を用いて、ユーザーが登録したMY地点に紐づく風の状態を見える化し、台風ハザードマップとして災害への備えや対策に活用できる。
    ▼ライフレンジャー天気
    http://tenki.life-ranger.jp/

  • 知ろう・備えよう災害対策

    知ろう・備えよう災害対策

    2017年04月28日

    三井住友海上火災保険株式会社が4月から、オフィシャルサイト(http://www.ms-ins.com/special)で提供している防災・減災に関する新コンテンツ。小学生2人のキャラクターを用いて、地震・台風・雪災・落雷など計8個の自然災害等について、意外と知らない豆知識や、知っておくと役立つ事前の備え、災害時の行動の情報をまとめている。
    ▼三井住友海上 当社オフィシャルサイトで防災・減災に関する新コンテンツの提供を開始
    http://www.ms-ins.com/news/fy2017/pdf/0412_1.pdf

  • バーチャル防災体験・防災授業 三鷹市立第七小学校

    バーチャル防災体験・防災授業 三鷹市立第七小学校

    2017年04月28日

    東京都三鷹市の市立第七小学校では、AR(拡張現実)アプリを使用したバーチャル防災体験と、防災授業を行なっている。東京都の小学校は毎月、防災訓練を実施する決まりとなっており、これまで抜き打ち訓練など工夫を凝らしてきたが、ややマンネリ化。最新式のゴーグルを通して、校内に煙が充満した様子と、学校の周りが洪水になっている様子を体験できるARアプリを昨年から導入した。
    ▼愛知工科大学 情報メディア学科 板宮研究室
    http://www.aut.ac.jp/lab/itamiya.html

  • たぬき探偵ジェリー 防災謎解きゲーム−地震編

    たぬき探偵ジェリー 防災謎解きゲーム−地震編

    2017年04月28日

    地震について対策・発生・避難の3つの視点から学べるロールプレイングゲーム。出題されるのは、防災用品の使い方や緊急時の正しい行動選択といった地震に対する基本的な防災知識で、小学生以上を対象にしている。ゲームが終わったらおさらいができるように防災ハンドブックを同梱しており、普段の備えにも使える。