アクション!

おすすめ

  • 福岡県福岡市が、防災アプリ『ツナガル+(プラス)』を開発し、4月11日からサービスを開始した。アプリは市が主催した防災アプリコンテストで最優秀賞に選ばれた富士通九州システムズが開発。災害発生時に、被災者の位置をGPSなどを使って割り出し、付近の指定避難所一覧や経路を示す。ライフライン復旧情報や、各避難所での支援物資の配給状況などを市が発信する。また、被災者からも、現在位置や被災の状況、支援物資の必要量などを市に発信できる。
    ▼富士通九州システムズ 自治体の危機管理者向け指定外避難所支援SaaSの提供開始
    http://www.fujitsu.com/jp/group/kyushu/resources/news/press-releases/2018/0411.html

  • 5月31日~6月3日にかけて、最先端の消防・防災製品や情報を集めた「東京国際消防防災展2018」が東京ビッグサイトで開催される。5年に1度行われる、国内最大級の消防・防災に関する展示会で、火災・災害から身を守るための最新技術や、注目の製品が紹介される。「まちかど防災訓練車」が設置されるほか、ポンプ車やはしご車の乗車体験、保存食を利用したスイーツコンテストが開催されるなど、子供から大人まで幅広い世代の人が楽しめるものとなっている。
    ▼東京国際消防防災展2018
    http://www.fire-safety-tokyo.com/jp/

  • 災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが、平成30年6月に東京港へ寄港することから、内閣府(防災担当)では、米国海軍による「マーシー」の一般見学会のほか、日米共同災害医療搬送訓練、災害医療・防災関係者等を対象としたセミナー、シンポジウム等を企画しています。
    このたび一般見学会の参加希望者及び「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」の傍聴希望者の募集を開始しますのでお知らせします。

    <一般見学会>
    ■日 時 :平成30年6月16日(土)午後
    ■場 所 : 東京港大井水産物埠頭(東京都大田区東海5丁目3番5号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 400人(定員を超えた場合は抽選)

    <シンポジウム>
    「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム
    ~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」
    ■日 時 : 平成30年6月19日(火)13:30~17:50
    ■場 所 : ヒルトン東京 4階 菊の間(東京都新宿区西新宿6丁目6番2号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 100人(受付は先着順)

    ▼米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う 一般見学会、シンポジウムの参加者募集について(内閣府(防災担当))
    http://www.bousai.go.jp/jishin/sonota/tamokutekisen/pdf/180516_mercy.pdf

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 子どもの命を“本気”で守る防災~防災アソビの出前~

    子どもの命を“本気”で守る防災~防災アソビの出前~

    2017年02月24日

    全国各地の子どもに関わる大人(教師や保育士、児童館職員やNPOスタッフ、子育てサークルなど)を対象に防災研修(座学&ワークショップ)や防災イベント・サバイバルキャンプなどを実施し、これまで開発してきたさまざまな防災プログラムやツールをシェアするプロジェクト。Yahoo!基金にて支援募金を募集している。

  • 高知大学生がコップ防災グッズ「DASHタンブラー」を企画販売

    高知大学生がコップ防災グッズ「DASHタンブラー」を企画販売

    2017年02月24日

    高知大学の防災サークル「防災すけっと隊」が、避難所生活で必要な用品をタンブラーの中に詰め合わせた商品を企画し、高知市内のよどやドラッグで販売した。商品名は「これだけ持ってシュッと逃げる防災タンブラー」で、通称「DASHタンブラー」。保温機能のある容量350ミリリットルのタンブラーの中に、体に巻くと体温を保持できるアルミシート、小型ライト、混乱時に気持ちを落ち着かせるためのあめなどが入っている。
    ▼高知大学防災すけっと隊
    https://www.facebook.com/bousaisukettotai

  • 亀有に防災コミュニティースペース「Eme-Ima」 緊急事態に今、備えを

    亀有に防災コミュニティースペース「Eme-Ima」 緊急事態に今、備えを

    2017年02月24日

    東京都葛飾区亀有に2月12日、防災コミュニティースペース「Eme-Ima(えまいま)」がオープンした。「Emergencyに今(Ima)備える」という意味から「Eme-Ima」と名付けられた。地域の人が集まって防災の話し合いをするだけではなく、地域の職能を持つ人による教室やワークショップの開講、イベントの開催を行うことにより、自然な形で人のつながりを築くことを目的に運用する。
    ▼防災コミュニティスペースEme-Ima
    https://www.facebook.com/project.emeima/

  • 外国人向け体験型防災講座「多文化のまちで暮らす 豊橋の防災」

    外国人向け体験型防災講座「多文化のまちで暮らす 豊橋の防災」

    2017年02月13日

    豊橋技術科学大学 安全安心地域共創リサーチセンターが、3月11日(土)に愛知県豊橋市のあいトピアにて外国人向け体験型防災講座を開催する。「地震発生のメカニズム学習講座」では、市民向けに実施している防災講座の内容をポルトガル語、英語、中国語、タガログ語のテキストを使ってわかりやすく解説。「地震ITSUMO講座」ではすぐに家庭で実践できる知恵や技をわかりやすく紹介する。

  • 「サバイバルファミリー」ロケ地マップで防災

    「サバイバルファミリー」ロケ地マップで防災

    2017年02月13日

    せんだい・宮城フィルムコミッションが、仙台市で主要シーンを撮影したコメディー映画「サバイバルファミリー」のロケ地マップを作製した。映画の主題は、突然の大停電に見舞われた平凡な家族の奮闘。東日本大震災を経験した都市から全国に防災を発信する機会と位置付け、マップにも非常時の生き残り術を盛り込んだ。A3判四つ折りで2万部を印刷。宮城県内の映画館に設置するほか、東京、大阪の試写会でも配布する。
    ▼せんだい旅日和 サバイバルファミリー
    http://www.sentabi.jp/movie/survivalfamily/

  • 子供目線で防災かるた 浜松・富塚西小放課後児童会

    子供目線で防災かるた 浜松・富塚西小放課後児童会

    2017年02月13日

    静岡県浜松市中区の市立富塚西小のこりす放課後児童会の児童らが中心となって制作した「ぼうさいカルタ」。震災の様子を紹介した本の読み聞かせや消防署員の防災講話を通じて、児童の防災意識を高め、かるたに必要な文章は児童の話し合いの中から出た言葉をまとめた。
    ▼浜松市立富塚中学校 「防災カルタ完成!」
    http://weblog.city.hamamatsu-szo.ed.jp/tomitsuka-j/index.php?e=1718

  • 待望の絵本「輝け☆未来のぼうさいっこ」が完成

    待望の絵本「輝け☆未来のぼうさいっこ」が完成

    2017年02月13日

    東北福祉大の学生防災士団体「Team Bousaisi」が、震災を風化させないため、小学校の低学年向けに絵本「輝け☆未来のぼうさいっこ」を作製した。小学校低学年の男子2人と女子が帰宅後にそれぞれ地震に遭い、学校に避難するストーリーで、小学校で習った「自分の命を守ろう」「みんなで助け合おう」「協力することが大切」という教えに従い、実際に行動する様子を描いた。

  • イラストで震災「実感」 川崎市が啓発冊子

    イラストで震災「実感」 川崎市が啓発冊子

    2017年02月13日

    神奈川県川崎市は、大規模地震発生後の市内の被害を市民に分かりやすくイメージしてもらおうと、イラストを多用した防災啓発冊子「川崎市に大地震が起きた日」を発行した。市の被害想定調査などに基づき、M7.3の首都直下地震発生直後から2週間後までの6段階を描写。市のホームページからダウンロードできる。
    ▼川崎市に大地震が起きた日
    http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/15-3-13-9-0-0-0-0-0-0.html

  • 家族亡くした震災体験紙芝居、広まる教材活用

    家族亡くした震災体験紙芝居、広まる教材活用

    2017年02月13日

    小学2年生のときに阪神・淡路大震災で母親と弟を亡くした小学校教師、長谷川元気さんの経験を題材にした紙芝居「元気くんのゆめ」。長谷川さんが所属する震災の語り部グループで神戸学院大の舩木伸江准教授も活動している縁で、同大の学生たちが長谷川さんにインタビューを重ねて作った。母と弟が亡くなったと分かった時、学校の担任に励まされて教師を目指したことなど、それぞれの場面を絵で示し、児童にどう感じるかを問い掛ける。紙芝居は長谷川さんの体験を、子どもたちが自分のことのように考えるきっかけになる。
    ▼神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 舩木ゼミ「元気くんのゆめ」
    http://www.dri.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/kobegakuinn2.pdf

  • 東京都オープンデータ防災アプリコンテスト

    東京都オープンデータ防災アプリコンテスト

    2017年01月27日

    東京都が災害に対する事前の備えや発災時の対処などに役立つ、オープンデータを用いたWeb サービスやアプリケーションのコンテストを行う。個人、グループ、法人等を問わず、誰でも何点でも応募できる。作品応募締切は3/6(月)。このコンテストにあわせて、平成28年9月に実施した「防災アイデアワークショップ」の情報も公開している。