アクション!

おすすめ

  • 横浜市とクレジットカード会社「クレディセゾン」が防災や減災の意識を高めるため、協力して催しを開くことなどを柱とした連携協定を結んだ。10/1(日)には、東日本大震災を機に設立され、東北産の木材を使った製品で知られる宮城県石巻市の石巻工房のスタッフを招き、「家具製作ワークショップ」を開く。作業しながら防災を意識してもらい、完成後はセンターの待合スペースに設置し、防災マップ作りや救助方法を教える講座などを開く空間にする。また、クレディセゾンのポイントを市の防災事業に役立てる取り組みも同日より始め、集まった金額に応じて市が啓発イベントを企画する。
    ▼横浜市 BOSAI CAFE 家具製作ワークショップ
    http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/info/kagu

  • 解説動画を制作する株式会社simpleshow Japanが制作した、超高層ビルにおける大型地震の仕組みや対策について解説する動画。地震に不慣れな外国人が超高層ビルで大型地震に遭遇した時、 自分の身を守れるようになるために、 また、訪日外国人の不安や心配を軽減するため 「超高層ビルの大型地震」に対する正しい知識や対策を啓蒙するために制作された。
    ▼日本語版
    https://www.youtube.com/watch?v=NULFASTnifM
    ▼英語版
    https://www.youtube.com/watch?v=KzpQUGPhfwc

  • 東京電機大学高等学校生徒会が都市防災の観点から作成した高等学校生徒用防災ハンドブック。さまざまな地域から通学してくる私立学校の中高生にとって、登下校のタイミングで東日本大震災クラスの大災害が発生したときのリスクは大きいものがあり、東京都内の私立学校は「登下校時の緊急避難校ネットワーク」が構築されていることから、それを利用して「親との連絡方法」「親戚や知人の家の情報」「通学途中にある他の私立学校の情報」などを、コンパクトに一枚にまとめた防災マップとした。
    ▼東京電機大学中学校・高等学校 平成28年度後期高校生徒会が日本生徒会大賞2017団体の部で大賞を受賞!
    http://www.dendai.ed.jp/blog/tdunews/2017/201706161189.html

新着順

  • ご近所さん3つのマンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」

    ご近所さん3つのマンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」

    2016年08月05日

    神奈川県川崎市高津区久本で、3つの大規模マンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」が開催された。連携のきっかけは、“建物老朽化”と“住民の高齢化”という2つの老いに直面し、何かあったときに助け合うには、コミュニティ形成が必要だと考えたため。3マンションが合同で開催するイベントは2016年2月の餅つきに次いで2度目で、餅つきはきっかけ作りであり、今回はもう一歩踏み込んだ「知見の共有」が目的となった。 

  • 夏休みは「そなエリア東京」で自由研究をしよう!

    夏休みは「そなエリア東京」で自由研究をしよう!

    2016年08月05日

    東京臨海広域防災公園(そなエリア東京)では夏休み期間中、夏の自由研究をサポートするイベントを開催する。「防災」をテーマとしており、親子で作る防災マップや防災体験のほか、耐震について学ぶストローハウスづくりや、水で光るアクモキャンドルづくりなども実施される。

  • 渋谷区総合防災訓練 SHIBUYA BOSAI FES 2016

    渋谷区総合防災訓練 SHIBUYA BOSAI FES 2016

    2016年07月22日

    東京都渋谷区・代々木公園で9/4(日)に行われる総合防災訓練。これまで毎年行ってきた見学型の防災訓練を、来場者が実際に動きながら学べる“参加型の防災訓練”とし、防災に関するトークショーや防災紙芝居など、老若男女誰もが参加できるイベントにする。NPO・企業などのブースやワークショップなど、防災グッズや非常食など防災に関するコンテンツも幅広く展示。また、当日受付で誰でも参加できる6つの防災訓練を行う。

  • トイレ発の防災&おもてなし!多言語対応のトイレ内音声情報装置

    トイレ発の防災&おもてなし!多言語対応のトイレ内音声情報装置

    2016年07月22日

    第7回省エネ・節電EXPOでサンビルがデモ展示を行った、トイレ内音声情報案内装置「ポッチUD-W」。スペースの広い多目的トイレで視覚障がい者用に、音声案内で個室内の様子をガイド。外国語を3か国まで登録可能。基本的には視覚障がい者や外国人向けの製品となるが、日本では地震が多く、慣れない外国人がパニックになる場合もあるため、災害時の適切な対応を教えるガイド端末としても活用できる。

  • 情報が命を守る!「防災パーク2016」

    情報が命を守る!「防災パーク2016」

    2016年07月22日

    8/27(土)、28(日)にNHK放送センターで開催する、首都圏で起こりうる災害に対して、どのような備えが必要か、災害時にどのように行動すべきかを子どもから大人まで楽しみながら「知る・学ぶ・体験する」ことができるイベント。屋外会場では、防災知識を楽しみながら学ぶ体験コーナーとワークショップを実施。屋内会場では、Eテレ「学ぼうBOSAIスペシャル」の公開生放送や、「どーもくんの防災劇場」などのステージイベントが行われる。

  • 人と防災未来センター「夏休み防災未来学校2016」

    人と防災未来センター「夏休み防災未来学校2016」

    2016年07月22日

    阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターでは、子どもから大人まで楽しみながら防災・減災について学ぶことができる「夏休み防災未来学校2016」を7/22(金)から8/31(水)まで開催する。体験性を大切にしたワークショップや工作など様々な参加型プログラムを日替わりで毎日実施。

  • 「トクする!防災」プロジェクト

    「トクする!防災」プロジェクト

    2016年07月08日

    “必要だとは思っているけれど、なかなか実践できない防災アクション”に対し、ちょっとしたおトク感や気軽さをプラスする取り組み。公式ウェブサイトやSNS、アプリ、防災イベントなどを通じて、日頃から気軽に取り組める『ふだんの防災アクション』を普及、啓発していく。「ヒナんどりやってみた!」では、プロジェクトメンバーが実際に、災害時の行動をシュミレーションし体験。避難についてのコツや必要な備蓄品など、わかったことをお知らせする。

  • ザ・パークハウスの防災プログラム「そなえるカルタ」

    ザ・パークハウスの防災プログラム「そなえるカルタ」

    2016年07月08日

    マンション全体の防災意識を高めるため、事業者から理事会や居住者に向けて、マンション防災のノウハウを伝達することを目的として作った啓発ツール。東北地方の団体や防災専門化と協力して被災地での声を掲載。概念的なことより、トイレや水、食糧など、実生活ですぐ困るような具体的なエピソードを中心にすることで、危機感を持ちやすく「我が事化」しやすくしている。またカード形式を活かし、裏面で問いかけ、表面で示唆、と考えながら学べる構成にすることで主体的な行動に繋げられるようにしている。

  • 「しんじゅく防災フェスタ2016」プレイベント 熊本地震・支援団体 活動報告会 in 新宿

    「しんじゅく防災フェスタ2016」プレイベント 熊本地震・支援団体 活動報告会 in 新宿

    2016年07月08日

    7月18日に「しんじゅく防災フェスタ2016」のプレイベントとして、14時~16時まで、東京YMCA山手コミュニティセンターで開催する。熊本地震での避難所のニーズ調査や環境改善、炊き出しなど、NPO/NGOなどの支援団体からそれぞれの現場での活動を紹介。また、そこから見えてくる将来の災害への備えを考える機会とする。

  • 日本で一番小さな市(蕨市)に防災大学校

    日本で一番小さな市(蕨市)に防災大学校

    2016年07月08日

    埼玉県蕨市で開かれている市民講座「わらび防災大学校」。初級編4回と中級編5回の計9回の講座を通じて、防災の基礎知識や地域の危険性、避難所の運営方法、救助救命などを学ぶ。蕨防災士会が企画し運営を担う。平日の昼と夜、日曜日に開催しており1回の講座が2~3時間。内容は、埼玉県が行っている自主防災リーダー養成講座を参考に、市民が参加しやすい訓練やワークショップを取り入れるなど独自にアレンジしている。
    ▼蕨市 わらび防災大学校
    http://www.city.warabi.saitama.jp/hp/page000010800/hpg000010751.htm