アクション!

おすすめ

  • 株式会社ワンテーブルと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、防災分野における新たな事業創出を目指し、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の事業コンセプト共創に関する覚書を締結した。この取り組みでは、被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指す。
    ▼JAXA 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180830_jsparc_j.html

  • 神奈川県小田原市内のNPO法人 防災総合ペット育成協会が東日本大震災での事例を基に、同行避難のための準備の大切さを呼びかける絵本「君とずっと一緒にいたいから」を出版した。一匹の犬が主人公で、震災に襲われ、大好きな飼い主の少年を探しに家を飛び出して迷子になり、名札などもつけていなかったため、誰にも引き取られずにひとりぼっちになってしまうというストーリー。最後に主人公を通し、名札やマイクロチップをつけることを呼びかける。
    ▼防災総合ペット育成協会
    https://www.bousaipet.org/

  • 一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは、神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科の女子学生が中心となり結成した「防災女子」と『オリジナル備蓄レシピ』を開発した。普段の料理やアウトドアでも活用できる、ポリ袋などを活用した簡単な調理レシピと、災害時に不足しがちな栄養素を意識した「1日分の献立」を公式ウェブサイトで公開している。
    ▼「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」 『オリジナル備蓄レシピ』
    https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock10.html

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 東日本大震災を被災したママ・イラストレーターがすべての家族に伝えたい「1日1防災」とは。

    東日本大震災を被災したママ・イラストレーターがすべての家族に伝えたい「1日1防災」とは。

    2017年03月09日

    2011年3月11日、宮城県多賀城市で車を運転中に被災者となったイラストレーターで超多忙ママのアベナオミさんの防災ノウハウを、コミック、イラストでわかりやすく解説した本『被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40』。「無理する防災は続かない」「家族を救うのは、毎日少しずつの意識」など、厳しい日々を実体験し、平穏な毎日の大切さをかみ締める彼女ならではのメッセージが詰まっている。
    ▼学研 被災ママに学ぶちいさいな防災のアイディア40
    https://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=2380072200

  • 地区防災計画フォーラム

    地区防災計画フォーラム

    2017年03月09日

    内閣府主催で、3月25日(土)に愛知県名古屋市の名古屋国際センター(ホール)にて開催。住民の自発的な防災活動である地区防災計画制度の意義や地域における事例等を紹介し、今後、更なる地域防災力の向上を図ることが目的。当日は、今年度の活動・活動マネジメント・今後の展望の3部に分かれ、各基調講演のほか、今年度モデル事業の報告や、パネルディスカッションが行われる。

  • 防災演習ゲーム 生存確率

    防災演習ゲーム 生存確率

    2017年02月24日

    ひょうご県防災教育振興協会が最新の防災知識に基づいて制作し、「生存確率」と名付けた防災演習ゲーム。災害時に待ち受ける様々な瞬間を、体験者自らが考えながら行動する。「災害発生」「避難」「応急手当」のステップごとに対応を考え、最後には、選んだ内容によって自身の生存確率が示される。

  • パナソニックセンター東京 防災イベント月間

    パナソニックセンター東京 防災イベント月間

    2017年02月24日

    パナソニックセンター東京では3月を「防災イベント月間」と位置づけ、さまざまなワークショップやサイエンスショーなどの防災イベントを開催する。また、3/11(土)~12(日)に復興応援イベントとして、熊本地震に学ぶ防災対策や、災害に限らず、さまざまな理由で悩む人にエールを送る「私のファイト新聞」の制作ワークショップが行われる。

  • 子どもの命を“本気”で守る防災~防災アソビの出前~

    子どもの命を“本気”で守る防災~防災アソビの出前~

    2017年02月24日

    全国各地の子どもに関わる大人(教師や保育士、児童館職員やNPOスタッフ、子育てサークルなど)を対象に防災研修(座学&ワークショップ)や防災イベント・サバイバルキャンプなどを実施し、これまで開発してきたさまざまな防災プログラムやツールをシェアするプロジェクト。Yahoo!基金にて支援募金を募集している。

  • 高知大学生がコップ防災グッズ「DASHタンブラー」を企画販売

    高知大学生がコップ防災グッズ「DASHタンブラー」を企画販売

    2017年02月24日

    高知大学の防災サークル「防災すけっと隊」が、避難所生活で必要な用品をタンブラーの中に詰め合わせた商品を企画し、高知市内のよどやドラッグで販売した。商品名は「これだけ持ってシュッと逃げる防災タンブラー」で、通称「DASHタンブラー」。保温機能のある容量350ミリリットルのタンブラーの中に、体に巻くと体温を保持できるアルミシート、小型ライト、混乱時に気持ちを落ち着かせるためのあめなどが入っている。
    ▼高知大学防災すけっと隊
    https://www.facebook.com/bousaisukettotai

  • 亀有に防災コミュニティースペース「Eme-Ima」 緊急事態に今、備えを

    亀有に防災コミュニティースペース「Eme-Ima」 緊急事態に今、備えを

    2017年02月24日

    東京都葛飾区亀有に2月12日、防災コミュニティースペース「Eme-Ima(えまいま)」がオープンした。「Emergencyに今(Ima)備える」という意味から「Eme-Ima」と名付けられた。地域の人が集まって防災の話し合いをするだけではなく、地域の職能を持つ人による教室やワークショップの開講、イベントの開催を行うことにより、自然な形で人のつながりを築くことを目的に運用する。
    ▼防災コミュニティスペースEme-Ima
    https://www.facebook.com/project.emeima/

  • 外国人向け体験型防災講座「多文化のまちで暮らす 豊橋の防災」

    外国人向け体験型防災講座「多文化のまちで暮らす 豊橋の防災」

    2017年02月13日

    豊橋技術科学大学 安全安心地域共創リサーチセンターが、3月11日(土)に愛知県豊橋市のあいトピアにて外国人向け体験型防災講座を開催する。「地震発生のメカニズム学習講座」では、市民向けに実施している防災講座の内容をポルトガル語、英語、中国語、タガログ語のテキストを使ってわかりやすく解説。「地震ITSUMO講座」ではすぐに家庭で実践できる知恵や技をわかりやすく紹介する。

  • 「サバイバルファミリー」ロケ地マップで防災

    「サバイバルファミリー」ロケ地マップで防災

    2017年02月13日

    せんだい・宮城フィルムコミッションが、仙台市で主要シーンを撮影したコメディー映画「サバイバルファミリー」のロケ地マップを作製した。映画の主題は、突然の大停電に見舞われた平凡な家族の奮闘。東日本大震災を経験した都市から全国に防災を発信する機会と位置付け、マップにも非常時の生き残り術を盛り込んだ。A3判四つ折りで2万部を印刷。宮城県内の映画館に設置するほか、東京、大阪の試写会でも配布する。
    ▼せんだい旅日和 サバイバルファミリー
    http://www.sentabi.jp/movie/survivalfamily/

  • 子供目線で防災かるた 浜松・富塚西小放課後児童会

    子供目線で防災かるた 浜松・富塚西小放課後児童会

    2017年02月13日

    静岡県浜松市中区の市立富塚西小のこりす放課後児童会の児童らが中心となって制作した「ぼうさいカルタ」。震災の様子を紹介した本の読み聞かせや消防署員の防災講話を通じて、児童の防災意識を高め、かるたに必要な文章は児童の話し合いの中から出た言葉をまとめた。
    ▼浜松市立富塚中学校 「防災カルタ完成!」
    http://weblog.city.hamamatsu-szo.ed.jp/tomitsuka-j/index.php?e=1718