アクション!

おすすめ

  • 日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)では、地震保険をはじめとした自助による「経済的備え」の重要性の啓発のため、12月15日(土)に、「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」をテーマとした防災特別番組を放映する。
    本特別番組では、俳優の緒形直人氏によるロケを通じて、日本を襲った2つの震災の被災地の復興状況や、被災者にインタビューした地震保険等の経済的備えが果たした意義に加え、11月17日(土)に開催した防災シンポジウム「生活復興は家計の備えから」の映像も交えた内容となっている。

    ■テーマ:「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」
    ■日 時:12月15日(土)19:30~20:59

    詳細はこちらをご覧ください。
    >防災特別番組の概要

  • 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) は、12月20日に仙台にて「ImPACTが変革する災害対応」と題したシンポジウムを実施する。ImPACTは、実現すれば産業や社会のあり方に大きな変革をもたらす革新的な科学技術イノベーションの創出を目指し、16プログラムによりハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発を推進している。
    今回は、ImPACTにおいて、災害発生に即応し、被害を抑え、さらには早期復興・復旧を可能とするなど災害現場の変革を目指す研究開発テーマに着目し、それらの研究開発状況や将来展望について発表を行うシンポジウムを開催する。

  • 宮城県仙台市が来年3月10日、東日本大震災の伝承と防災啓発の在り方を市民と共に考える「仙台防災未来フォーラム2019」を仙台国際センターで開催する。市はアート作品の出品や、防災や復興に携わる企業・団体の出展、プレゼンテーションを募っている。初めての開催となるアートコンクールは小学生以下、中高生、一般の3部門を設定。テーマに沿った各種作品を募集する。応募締め切りは来年1月31日。出品無料。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 「福がこい」プロジェクト

    「福がこい」プロジェクト

    2017年08月18日

    福井大学と慶応大学の両大学院生らが共同で進めているプロジェクト。防災用の備蓄品としても使えるサバの缶詰や天然の塩などの福井県産品を詰め合わせ、土産物として提供する試み。8月13、14日にテスト販売を行ない、来場者らへのアンケート結果を踏まえて改良を加え、11月に東京都内で行われるイベントでの販売を計画している。

  • 和歌山のおばちゃんの「防災絵解き説法」

    和歌山のおばちゃんの「防災絵解き説法」

    2017年08月18日

    和歌山放送パーソナリティで落語家の桂枝曾丸(かつら・しそまる)さんが、防災士と応急手当普及員の知識を生かし、子どもからお年寄りまで、わかりやすく防災のポイントを知ってもらえるよう、パネルや小道具を使って説明する「防災絵解き説法」を考案した。地震の震度の段階や、非常持ち出し袋に備えておくべき中身など防災の基礎知識を話し、地図を示しながら地震の際に起こる二次災害についても軽快なトークで解説する。
    ▼和歌山市立高松小学校 桂枝曾丸さんの防災出前授業(報告)
    http://www5.wakayama-wky.ed.jp/takamatsu/files/2017/07/a0c56d738e7c1e607b435d04563bb2a1.pdf

  • ゲームで学べる防災プログラム「OSAKA 防災タイムアタック!」

    ゲームで学べる防災プログラム「OSAKA 防災タイムアタック!」

    2017年08月18日

    大阪府大阪市立総合生涯学習センターと神戸学院大学とが共同して、地震発生時に”命を守る方法”を学ぶ、市民向けの防災学習プログラム『OSAKA防災タイムアタック!』を開発し、8月1日より無料貸し出しを始めた。対象は中学生以上で、1セットを4~6名で使える。力を合わせて、制限時間内に防災クイズに回答しながら得点を競う。
    ▼大阪市 総合生涯学習センターと神戸学院大学がゲームで学べる防災学習プログラムを共同開発しました!
    http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kyoiku/0000403506.html

  • 神戸オリジナル版 子育て世代向け防災手帳 『もしもの時も暮らしはつづく』

    神戸オリジナル版 子育て世代向け防災手帳 『もしもの時も暮らしはつづく』

    2017年07月14日

    神戸市がP&Gジャパンと協働して作成した、子育て世代向け防災手帳。東日本大震災などの被災者から体験談を聞き取り、幼い子どもを連れた避難生活に役立つ内容をイラスト入りで紹介しているほか、地震・津波時に取るべき避難行動の説明している。神戸市のホームページからPDFをダウンロードすることができる。
    ▼P&Gジャパン 防災マニュアル「もしもの時も暮らしはつづく」手帳
    http://jp.pg.com/bousai.jsp

  • マンガでわかるみんなの避難所物語「障害者が避難所に来たら」

    マンガでわかるみんなの避難所物語「障害者が避難所に来たら」

    2017年07月14日

    愛知県豊橋市障害者(児)団体連合協議会が指定管理者を務める市障害者福祉会館「さくらピア」で3年前に行った「避難所体験」で、障害当事者やボランティア、行政関係者、近隣住民ら参加者が制作した防災ラジオドラマのシナリオをマンガに描き起こしたもの。シナリオは、豊橋で震度6の地震が起きてライフラインが止まった想定で、避難所に各種障害のある人を含む地域住民が集まる場面を通して、起こり得る問題点や心の持ちようを描いている。
    ▼さくらピア 避難所体験特集
    http://hosyoren.jp/sakurapia/hina-feature.html

  • 空気の圧で道路封鎖? ゲリラ豪雨の冠水対策に効果、「エアー遮断機」

    空気の圧で道路封鎖? ゲリラ豪雨の冠水対策に効果、「エアー遮断機」

    2017年07月14日

    宮崎県の都城土木事務所が、都城市内のアンダーパス3か所の各入口付近に、バルーンがふくらみ通行を遮断する「エアー遮断機」を導入、6月に動作確認を兼ねた防災訓練を実施した。ゲリラ豪雨などの急激な降雨には排水が追い付かず、進入したクルマが立ち往生するケースを防ぐべく、迅速に通行止めを行うためのもの。都城土木事務所は実動実験の結果からも「効果が高いと実感している」と話している。
    ▼国土交通省新技術提供システム エアー遮断機
    http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail6.asp?REG_NO=CB-140001&TabType=2&nt=nt

  • 東京メトロとドラえもんの「すすメトロ!」キャンペーン第6弾「自然災害対策」篇がスタート!

    東京メトロとドラえもんの「すすメトロ!」キャンペーン第6弾「自然災害対策」篇がスタート!

    2017年07月14日

    東京メトロが「すすメトロ!」キャンペーンの第6弾として、災害発生時の被害拡大防止や早期運行再開に向けた取組みを紹介する「自然災害対策」篇を、7月1日からスタートした。東京メトロがこれまで取り組んできた自然災害への対策と、災害時の情報提供の充実や完全防水型の出入口の整備といった取組みを紹介している。
    ▼東京メトロ すすメトロ
    http://www.tokyometro.jp/susumetro/

  • 「家族はどこ?」災害時の所在地確認に対応…小田急電鉄の公式アプリ

    「家族はどこ?」災害時の所在地確認に対応…小田急電鉄の公式アプリ

    2017年07月14日

    小田急電鉄が6月7日から配信開始した公式スマートフォンアプリ。時刻表や駅構内図などを確認できるほか、リアルタイム運行情報や災害関連情報も提供される。また、災害発生時のみ利用できる家族位置情報表示機能(ペアリング表示)を搭載しており、あらかじめ設定しておいた家族などの所在地を地図上で確認することができる。
    ▼小田急電鉄 公式スマートフォンアプリ「小田急アプリ」を配信
    http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8606_5258528_.pdf

  • 「第33回防災ポスターコンクール」作品の募集

    「第33回防災ポスターコンクール」作品の募集

    2017年06月30日

    国及び地方公共団体等においては、防災意識の高揚、防災知識の普及を図るため、毎年、「防災の日(9月1日)」、「防災週間(8月30日~9月5日)」及び「津波防災の日(11月5日)」の期間を中心に、防災に関する行事を実施している。内閣府と防災推進協議会では、平成29年度における防災週間及び津波防災の日行事の一環として、「第33回防災ポスターコンクール」作品の募集及び表彰等を実施する。応募期間は、平成29年7月1日(土)~10月31日(火)。なお、平成28年度(第32回)は、「幼児・小学1年生の部」、「小学2~4年生の部」、「小学5・6年生の部」、「中学生・高校生の部」、「一般の部」の5部門について合計12,259点の作品の応募があった。
    ▼内閣府「第33回防災ポスターコンクール作品募集」
    http://www.bousai.go.jp/kyoiku/poster/pdf/leaf33.pdf

  • 日本気象協会「トクする!防災「夏の備蓄前線」」

    日本気象協会「トクする!防災「夏の備蓄前線」」

    2017年06月28日

    一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは「夏の備蓄前線」を6月1日(木)に発表している。「夏の備蓄前線」は、梅雨や集中豪雨、台風などで土砂災害や洪水が起きやすいシーズンに入り、各地で雨が多くなる時期を参考に、備蓄の見直しを推奨する時期を前線図にしたものである。「夏の備蓄前線」は「トクする!防災」プロジェクトの公式サイトで公開している。