アクション!

おすすめ

  • 福岡県福岡市が、防災アプリ『ツナガル+(プラス)』を開発し、4月11日からサービスを開始した。アプリは市が主催した防災アプリコンテストで最優秀賞に選ばれた富士通九州システムズが開発。災害発生時に、被災者の位置をGPSなどを使って割り出し、付近の指定避難所一覧や経路を示す。ライフライン復旧情報や、各避難所での支援物資の配給状況などを市が発信する。また、被災者からも、現在位置や被災の状況、支援物資の必要量などを市に発信できる。
    ▼富士通九州システムズ 自治体の危機管理者向け指定外避難所支援SaaSの提供開始
    http://www.fujitsu.com/jp/group/kyushu/resources/news/press-releases/2018/0411.html

  • 5月31日~6月3日にかけて、最先端の消防・防災製品や情報を集めた「東京国際消防防災展2018」が東京ビッグサイトで開催される。5年に1度行われる、国内最大級の消防・防災に関する展示会で、火災・災害から身を守るための最新技術や、注目の製品が紹介される。「まちかど防災訓練車」が設置されるほか、ポンプ車やはしご車の乗車体験、保存食を利用したスイーツコンテストが開催されるなど、子供から大人まで幅広い世代の人が楽しめるものとなっている。
    ▼東京国際消防防災展2018
    http://www.fire-safety-tokyo.com/jp/

  • 災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが、平成30年6月に東京港へ寄港することから、内閣府(防災担当)では、米国海軍による「マーシー」の一般見学会のほか、日米共同災害医療搬送訓練、災害医療・防災関係者等を対象としたセミナー、シンポジウム等を企画しています。
    このたび一般見学会の参加希望者及び「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」の傍聴希望者の募集を開始しますのでお知らせします。

    <一般見学会>
    ■日 時 :平成30年6月16日(土)午後
    ■場 所 : 東京港大井水産物埠頭(東京都大田区東海5丁目3番5号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 400人(定員を超えた場合は抽選)

    <シンポジウム>
    「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム
    ~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」
    ■日 時 : 平成30年6月19日(火)13:30~17:50
    ■場 所 : ヒルトン東京 4階 菊の間(東京都新宿区西新宿6丁目6番2号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 100人(受付は先着順)

    ▼米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う 一般見学会、シンポジウムの参加者募集について(内閣府(防災担当))
    http://www.bousai.go.jp/jishin/sonota/tamokutekisen/pdf/180516_mercy.pdf

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    2016年12月16日

    国土交通省国土地理院と水管理・国土保全局は、内閣府と協力して災害時等に役立つ防災アプリの公募に平成26年度から取り組んでいる。28年度は国土交通省が提供している「地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)」を効果的に活用した防災アプリケーションを公募し、水害対策や防災学習への有用性等の観点から、防災アプリ大賞及び4つの防災アプリ賞を決定した。
    ▼地点別浸水シミュレーション検索システム
    http://suiboumap.gsi.go.jp/

  • もしもの時の「食」を考える あなたのアイディア「サバイバル・メシ=サバ・メシ」レシピ募集!

    もしもの時の「食」を考える あなたのアイディア「サバイバル・メシ=サバ・メシ」レシピ募集!

    2016年12月02日

    エフエム仙台が、災害時に簡単に作れる非常食「サバ・メシ」のアイデアを募集している。「乾物を使ったサバ・メシ」や「野外でとれる食材を使ったサバ・メシ」など、同社の6番組ごとにテーマ設定。集まったアイデアを組み合わせ、各番組独自のレシピを2017年1月までに仕上げる。完成したレシピは2017年3月、冊子にまとめて発行。各種防災イベントなどで配布し、活用する。

  • 女性のための防災セット『小町』

    女性のための防災セット『小町』

    2016年12月02日

    岩手県内陸部にある紫波町で暮らす4人の主婦が、被災地での支援活動をする中で、女性たちの声を参考に開発、制作販売。中身は、布ライナー2種、防災備忘録、アイマスク、ブランケット、キーホルダーライト、鏡、くし、エチケットセット、ボールペン。「普通の防災セットにはあまり含まれていないもの」で、かつ沿岸部の女性たちが「あのときほしかったもの」が入っている。
    ▼株式会社ループラス
    http://looplus.jp/

  • 内閣府 防災4.0遂行作戦

    内閣府 防災4.0遂行作戦

    2016年12月02日

    今後地球温暖化等の気候変動により、激甚化が予想される災害に備えるため「民間企業からのアイデア募集」と「市民参加のハッカソン開催」を2つの柱とする内閣府の「防災4.0」プロジェクト。防災に関心のある市民、技術力を社会のために還元したいと考えるエンジニア、持続的な事業として防災の課題を解決したいと考える企業など、誰でも参加できる。

  • アクティブ防災

    アクティブ防災

    2016年12月02日

    東日本大震災の被災体験を元に生まれた、防災に対して、アクティブな姿勢で行動を起こすための防災企画。「楽しく学び、賢く備え、自分で考え行動できる防災を!」をモットーに、対象者層のライフスタイルを考慮した、思わず取り組みたくなる防災術や、防災に関する課題解決をテーマとした防災企画を提案している。子育て世代に向けた「子連れアクティブ防災」やシニア層向けの「孫連れアクティブ防災」など、多様な講座を展開している。

  • ツクモル わたしの「つくる」があなたを「まもる」

    ツクモル わたしの「つくる」があなたを「まもる」

    2016年11月18日

    ツクモルは「わたしのつくるが、あなたをまもる」をコンセプトとし、災害に役立つグッズの委託販売や、防災グッズのワークショップを開催するなどしている。グッズの委託販売では、ハンドメイド作品やイラストのクリエイターを随時募集している。ワークショップでは、簡単なデコレーションを施す子ども向けから、本格的な道具を使った大人向けまで様々なものを行っている。

  • インプレスR&D、「震災ドキュメント」シリーズ創刊!全国から寄せられた貴重な記録をNextPublishingで発行。

    インプレスR&D、「震災ドキュメント」シリーズ創刊!全国から寄せられた貴重な記録をNextPublishingで発行。

    2016年11月18日

    株式会社インプレスR&Dは次世代出版メソッドNextPublishingにより、「震災ドキュメント」シリーズを創刊し、11月4日から販売を開始した。6月に緊急出版した『熊本地震体験記 -震度7とはどういう地震なのか?』に合わせて、全国の地震災害に関する出版企画募集を行い、そこで採用された熊本地震だけでなく、阪神・淡路大震災や東日本大震災を含む7タイトルが、本シリーズでラインナップされる。
    ▼「震災ドキュメント」シリーズ 紹介WEBページ
    http://nextpublishing.jp/shinsai-document

  • 「トクする!防災」プロジェクト ☓ 「くまのがっこう」

    「トクする!防災」プロジェクト ☓ 「くまのがっこう」

    2016年11月18日

    日本気象協会が推進する防災啓発活動「トクする!防災」プロジェクトと、来年15周年を迎える人気絵本シリーズ「くまのがっこう」とのコラボレーション。自然災害から身を守るための防災アクションを、「くまのがっこう」の人気キャラクターのジャッキーと一緒に学べる。乳幼児がいる場合に特に備えておきたいアイテムや、日頃からできる備えなどをまとめたリーフレットを作成し、無料で配布する。

  • 被災した女性の体と心を守る「レスキューランジェリー」

    被災した女性の体と心を守る「レスキューランジェリー」

    2016年11月18日

    非常時の女性に必要な防災備蓄下着。ブラジャー・ショーツ・布ナプキン・洗剤・簡易洗濯バッグの5点で構成されている。洗濯は、防水加工された簡易洗濯バッグに下着と付属の洗剤、少量の水を入れ、つけおき&揉み洗いで行う。干す時は、洗濯バックを下着に被せて干すことができるので、他人に下着を見えないよう干せる。ファンクションの本間麻衣社長は、これまで災害時の下着の備えは、“自助”に当たるため、自分で用意しておく必要があったが、同製品をきっかけに自治体や企業の防災備蓄として認識してもらえるようにしていきたいと語っている。
    ▼非常時用防災備蓄下着「レスキューランジェリー」
    https://fanction.amebaownd.com/

  • 食べられる防災ブック「東京備食」先行発売開始!

    食べられる防災ブック「東京備食」先行発売開始!

    2016年11月04日

    東京を代表する名店のシェフ監修によるメニューを缶詰にして、東京防災クリエーティブチームによる編集・デザインの本に収めた食べられる防災ブック。1食分は、主食(アルファ化米)、主菜、副菜、汁物、甘味の5品目。これまで防災に関心の薄かった層に、「備蓄」について興味をもってもらうことが最大の目的。クラウドファンディングにてプロジェクトの支援を募集している。
    ▼11月19日は「備蓄の日」
    https://www.tokyo-icc.jp/lespace/index_1511.html