アクション!

おすすめ

  • 株式会社ワンテーブルと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、防災分野における新たな事業創出を目指し、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の事業コンセプト共創に関する覚書を締結した。この取り組みでは、被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指す。
    ▼JAXA 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180830_jsparc_j.html

  • 神奈川県小田原市内のNPO法人 防災総合ペット育成協会が東日本大震災での事例を基に、同行避難のための準備の大切さを呼びかける絵本「君とずっと一緒にいたいから」を出版した。一匹の犬が主人公で、震災に襲われ、大好きな飼い主の少年を探しに家を飛び出して迷子になり、名札などもつけていなかったため、誰にも引き取られずにひとりぼっちになってしまうというストーリー。最後に主人公を通し、名札やマイクロチップをつけることを呼びかける。
    ▼防災総合ペット育成協会
    https://www.bousaipet.org/

  • 一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは、神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科の女子学生が中心となり結成した「防災女子」と『オリジナル備蓄レシピ』を開発した。普段の料理やアウトドアでも活用できる、ポリ袋などを活用した簡単な調理レシピと、災害時に不足しがちな栄養素を意識した「1日分の献立」を公式ウェブサイトで公開している。
    ▼「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」 『オリジナル備蓄レシピ』
    https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock10.html

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 電通、スチャダラパーと共同で、防災ソング「その日その時」を制作

    電通、スチャダラパーと共同で、防災ソング「その日その時」を制作

    2017年06月28日

    株式会社電通の社内プロジェクト「+ソナエ・プロジェクト」は、ラップグループ「スチャダラパー」と共同で、防災を身近に学べる映像付きの防災ソング「その日その時」を制作し、同ソングをYouTube上に公開している。今回の防災ソング「その日その時」は、スチャダラパーのラップに合わせて、自然災害に対する備蓄の意識を高め、適切な行動が取れるように促す歌となっている。今後、防災関連のイベントやウェブサイトなどで活用される予定としている。
    ▼YouTube「その日その時」
    https://www.youtube.com/watch?v=LgPym8fjAOQ

  • 鎌仲ひとみの原子力防災講座―原発事故から6年を迎えた今だから知りたい「防災」のことー

    鎌仲ひとみの原子力防災講座―原発事故から6年を迎えた今だから知りたい「防災」のことー

    2017年05月11日

    原子力防災についてドキュメンタリー映画監督 鎌仲ひとみ氏が5月13日(土)から4回に分けて、東京都世田谷区のぶんぶんフィルムズ事務所にて防災講座を開催する。テーマは「原発事故で起きたこと・原発防災」「事故が起きたら-どう逃げるかー」「いまさら聞けない被ばくのホント」「備えようできることAtoZ」。オンライン・ZOOMにて全国各地からも参加できる。申込の詳細は下記リンクより。
    ▼鎌仲ひとみの原子力防災講座 #1~#4
    http://peatix.com/event/254172?lang=ja

  • 強風の危険度を見える化したハザードマップ「台風ソラグラム」

    強風の危険度を見える化したハザードマップ「台風ソラグラム」

    2017年04月28日

    天気から交通情報までまとめて確認できる生活情報サイト『ライフレンジャー』が、台風の中心位置に対する地域ごとの風の危険度が分かる「台風ソラグラム」をスタートする。横浜国立大学が「台風ノモグラム」をもとに研究した地域ごとの強風傾向の情報を用いて、ユーザーが登録したMY地点に紐づく風の状態を見える化し、台風ハザードマップとして災害への備えや対策に活用できる。
    ▼ライフレンジャー天気
    http://tenki.life-ranger.jp/

  • 知ろう・備えよう災害対策

    知ろう・備えよう災害対策

    2017年04月28日

    三井住友海上火災保険株式会社が4月から、オフィシャルサイト(http://www.ms-ins.com/special)で提供している防災・減災に関する新コンテンツ。小学生2人のキャラクターを用いて、地震・台風・雪災・落雷など計8個の自然災害等について、意外と知らない豆知識や、知っておくと役立つ事前の備え、災害時の行動の情報をまとめている。
    ▼三井住友海上 当社オフィシャルサイトで防災・減災に関する新コンテンツの提供を開始
    http://www.ms-ins.com/news/fy2017/pdf/0412_1.pdf

  • バーチャル防災体験・防災授業 三鷹市立第七小学校

    バーチャル防災体験・防災授業 三鷹市立第七小学校

    2017年04月28日

    東京都三鷹市の市立第七小学校では、AR(拡張現実)アプリを使用したバーチャル防災体験と、防災授業を行なっている。東京都の小学校は毎月、防災訓練を実施する決まりとなっており、これまで抜き打ち訓練など工夫を凝らしてきたが、ややマンネリ化。最新式のゴーグルを通して、校内に煙が充満した様子と、学校の周りが洪水になっている様子を体験できるARアプリを昨年から導入した。
    ▼愛知工科大学 情報メディア学科 板宮研究室
    http://www.aut.ac.jp/lab/itamiya.html

  • たぬき探偵ジェリー 防災謎解きゲーム−地震編

    たぬき探偵ジェリー 防災謎解きゲーム−地震編

    2017年04月28日

    地震について対策・発生・避難の3つの視点から学べるロールプレイングゲーム。出題されるのは、防災用品の使い方や緊急時の正しい行動選択といった地震に対する基本的な防災知識で、小学生以上を対象にしている。ゲームが終わったらおさらいができるように防災ハンドブックを同梱しており、普段の備えにも使える。

  • 災害時における入居者サポートサービス スマートフォン向けアプリ「LEOLIFE」

    災害時における入居者サポートサービス スマートフォン向けアプリ「LEOLIFE」

    2017年04月28日

    株式会社レオパレス21は、安否確認機能と災害情報の提供が可能な入居者専用のアプリ「LEOLIFE(レオライフ)」の提供を2017年4月より開始した。主な機能として、災害時に安否確認の連絡や災害情報をPush通知・防災マップ・家族への連絡・防災お役立ち情報コンテンツなどがある。

  • “備える” “安心” を可愛くデザインしました!「ローリング&ストック・バッグ」

    “備える” “安心” を可愛くデザインしました!「ローリング&ストック・バッグ」

    2017年04月14日

    トクする!防災プロジェクトが作った、備えておくべき防災グッズがプリントされているバッグ。イラストに沿って防災グッズを入れるだけで一通り揃えることができる。クラウドファンディングサイトのMakuakeで支援をすると入手できる。入手から3カ月が経つと、食料や電池など消耗品の補充分が届き、これにより「ローリングストック」法が気軽に実践できる。

  • 防災×キャンプ PUBLIC DAY in 浜松城公園

    防災×キャンプ PUBLIC DAY in 浜松城公園

    2017年04月14日

    熊本地震発生から1年を迎えるのに合わせて、4/15(土)、16(日)に静岡・浜松城公園で開催する防災イベント。公共空間や空きビルなどを利活用してまちづくりを進める任意団体「浜松PPPデザイン」の主催。避難場所でもある浜松城公園で防災キャンプを行うほか、約30の企業や団体のワークショップや飲食店の開催、防災グッズの展示など、親子で参加できる楽しいプログラムが多数ある。

  • 助かる!ジブン防災静岡

    助かる!ジブン防災静岡

    2017年04月14日

    静岡市の防災情報についてのコラムを中心に、今すぐできる防災準備やキホンの知識、Q&A、取材レポートなどを掲載。取材レポートでは、真冬の車中泊体験や、防災専門家の自宅を訪問し、「自宅の防災がすすむヒント」を紹介している。