アクション!

おすすめ

  • ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、東日本大震災から8年となる中、復興支援に誰でも参加できる“4つのチャリティーアクション”と“復興支援イベント”を紹介する特集「- 3.11企画 - いま、わたしができること。」の一環として、一人ひとりに合わせた災害への備えを啓発するプロジェクト『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を本日始動した。
    現在、災害に備えるための一般的な防災情報は提供されているが、東日本大震災が発生した後の「Yahoo!検索」のデータを分析すると、性別や年齢、生活環境によって一人ひとりの知りたい情報が違うことがわかった。
    Yahoo! JAPANではその点に着目し、“その人だからこそ必要な、ダイバーシティを考慮した災害への備えを行うべきではないか”と考え、「人の数だけ、備えがある。」というコンセプトから『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』を発足した。
    『Yahoo!防災ダイバーシティプロジェクト』では、自分の特性やライフスタイルから一人ひとりに合った防災情報やグッズを探せる特設サイトを開設したほか、自分ならではの防災ブックを作成できる体験イベントを行う。

  • 子どもたちの防災への関心を高めようと、自衛隊岡山地方協力本部と災害支援財団、日本安全保障・危機管理学会が企画して、自衛隊の災害派遣をテーマにしたカードゲームを作った。噴火、豪雨、土砂災害、地震といった「災害カード」10枚と、装備品や隊員が描かれた「自衛隊カード」30枚の計40枚が1セット。小学生以上向けで1対1で対戦する。任務遂行に必要なポイント数が記された災害カードに対し、プレーヤーは交互に自衛隊カードを出しながらゲームを進め、先に必要数に達した側が勝利となる。
    ▼自衛隊岡山地方協力本部 自衛隊災害派遣カードについて
    http://www.mod.go.jp/pco/okayama/saigaicard/top.html

  • 阪神・淡路大震災でボランティアの作った炊き出しのおむすびに被災者が助けられた経験から、お米の大切さを再認識しようと始まった「おいしいごはんを食べよう県民運動」。この運動の推進協議会が、南海トラフ地震の発生に備える手助けになればと、ポリ袋を使ったご飯の炊き方や、買い置き食品の使い方など、災害でライフラインが断たれたときに役立つ情報をまとめた冊子を作った。冊子は、おいしいごはんを食べよう県民運動のホームページからダウンロードできる。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • たぬき探偵ジェリー 防災謎解きゲーム−地震編

    たぬき探偵ジェリー 防災謎解きゲーム−地震編

    2017年04月28日

    地震について対策・発生・避難の3つの視点から学べるロールプレイングゲーム。出題されるのは、防災用品の使い方や緊急時の正しい行動選択といった地震に対する基本的な防災知識で、小学生以上を対象にしている。ゲームが終わったらおさらいができるように防災ハンドブックを同梱しており、普段の備えにも使える。

  • 災害時における入居者サポートサービス スマートフォン向けアプリ「LEOLIFE」

    災害時における入居者サポートサービス スマートフォン向けアプリ「LEOLIFE」

    2017年04月28日

    株式会社レオパレス21は、安否確認機能と災害情報の提供が可能な入居者専用のアプリ「LEOLIFE(レオライフ)」の提供を2017年4月より開始した。主な機能として、災害時に安否確認の連絡や災害情報をPush通知・防災マップ・家族への連絡・防災お役立ち情報コンテンツなどがある。

  • “備える” “安心” を可愛くデザインしました!「ローリング&ストック・バッグ」

    “備える” “安心” を可愛くデザインしました!「ローリング&ストック・バッグ」

    2017年04月14日

    トクする!防災プロジェクトが作った、備えておくべき防災グッズがプリントされているバッグ。イラストに沿って防災グッズを入れるだけで一通り揃えることができる。クラウドファンディングサイトのMakuakeで支援をすると入手できる。入手から3カ月が経つと、食料や電池など消耗品の補充分が届き、これにより「ローリングストック」法が気軽に実践できる。

  • 防災×キャンプ PUBLIC DAY in 浜松城公園

    防災×キャンプ PUBLIC DAY in 浜松城公園

    2017年04月14日

    熊本地震発生から1年を迎えるのに合わせて、4/15(土)、16(日)に静岡・浜松城公園で開催する防災イベント。公共空間や空きビルなどを利活用してまちづくりを進める任意団体「浜松PPPデザイン」の主催。避難場所でもある浜松城公園で防災キャンプを行うほか、約30の企業や団体のワークショップや飲食店の開催、防災グッズの展示など、親子で参加できる楽しいプログラムが多数ある。

  • 助かる!ジブン防災静岡

    助かる!ジブン防災静岡

    2017年04月14日

    静岡市の防災情報についてのコラムを中心に、今すぐできる防災準備やキホンの知識、Q&A、取材レポートなどを掲載。取材レポートでは、真冬の車中泊体験や、防災専門家の自宅を訪問し、「自宅の防災がすすむヒント」を紹介している。

  • 「つくってまもろう -みんなで集めた防災アイデア-」

    「つくってまもろう -みんなで集めた防災アイデア-」

    2017年04月14日

    NHKが視聴者から募ったアイデアや専門家のノウハウを厳選し、25本の映像を制作。それらをアーカイブしたウェブサイトと、ダイジェスト動画を公開。衣・食・住・道具の4つのカテゴリごとに防災アイデアが紹介されている。
    ▼ウェブサイト つくってまもろう
    http://www3.nhk.or.jp/news/contents/bousai_tips/

  • アナタの「防災意識」をチェックします。

    アナタの「防災意識」をチェックします。

    2017年04月14日

    「防災」に関する知識をチェックすることができるアプリ。「大丈夫?非常持ち出し袋」「大丈夫?生活用品の準備」「アナタの備え度チェック」「アナタならどうする」の4つの診断をおこなうことができ、すべての質問に回答すると、防災知識ランキングが判定される。
    ▼防災チェック&クイズ
    https://itunes.apple.com/jp/app/id1022024037
    https://play.google.com/store/apps/details?id=net.jp.apps.tomohashi.bousai&hl=ja

  • 「平成28年度 海外における防災政策とその効果に関する災害事例等調査」報告会の開催について

    「平成28年度 海外における防災政策とその効果に関する災害事例等調査」報告会の開催について

    2017年03月21日

    内閣府の主催で3月28日(火)に東京都千代田区の都道府県会館にて開催。報告会では、内閣府が先進国及び開発途上国6カ国(アメリカ合衆国、ニュージーランド、オーストラリア、インド、フィリピン、モンゴル)に関して、優先行動に沿った防災政策(基本戦略・体制など)やその効果について、最近10年程度の災害を事例に用いて調査分析を行った結果の報告や考察を行うとともに、それらを踏まえ、日本が担う国際防災協力及び我が国の防災政策の方向性等についてディスカッションする。

  • 震災から6年、子どもたちが楽しみながら防災を学ぶ 学生団体が“防災ファッションショー”を実施

    震災から6年、子どもたちが楽しみながら防災を学ぶ 学生団体が“防災ファッションショー”を実施

    2017年03月21日

    芝浦工業大学の学生プロジェクト団体「すみだの‘巣’づくりプロジェクト」が、2月26日、防災イベント「イザ!カエルキャラバン!in 寺島2017」内の企画の一つとして、“防災ファッションショー”を企画・実施した。ただ身近なもので暖を取る方法を教えるだけでは子どもたちに興味を持ってもらえないと考え、オリジナルの服を作ってファッションショーの形式とすることで、楽しく防災を学ぶきっかけとした。また、暖かさを体感するだけでなく、サーモグラフィーカメラで着用前後の温度を測ることで効果を可視化して学べる企画となった。
    ▼すみだの'巣'づくりプロジェクト
    https://www.facebook.com/sumida.sudukuri/

  • 卒業デザインで学生が防災グッズ作製

    卒業デザインで学生が防災グッズ作製

    2017年03月21日

    岡山県の川崎医療福祉大で医療デザインを学ぶ15人の卒業制作展が倉敷市立美術館で開かれ、守田和史さんは、岡山に住む高齢者の「防災力」を高めようと、小冊子やカレンダー、ちょっと切ない内容の絵本など5種類の啓発グッズを制作。防災ハンドブックでは、東日本大震災などで犠牲になった高齢者の統計を分かりやすいグラフで表し、家庭内の地震対策をシンプルな絵で説明。連絡先や持ち出し品のチェック表も付けた。
    ▼川崎医療福祉大学医療福祉デザイン学科 卒業制作展
    http://www.kawasaki-m.ac.jp/mw/news/2016/design/index.html