アクション!

おすすめ

  • 株式会社ワンテーブルと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、防災分野における新たな事業創出を目指し、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の事業コンセプト共創に関する覚書を締結した。この取り組みでは、被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指す。
    ▼JAXA 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180830_jsparc_j.html

  • 神奈川県小田原市内のNPO法人 防災総合ペット育成協会が東日本大震災での事例を基に、同行避難のための準備の大切さを呼びかける絵本「君とずっと一緒にいたいから」を出版した。一匹の犬が主人公で、震災に襲われ、大好きな飼い主の少年を探しに家を飛び出して迷子になり、名札などもつけていなかったため、誰にも引き取られずにひとりぼっちになってしまうというストーリー。最後に主人公を通し、名札やマイクロチップをつけることを呼びかける。
    ▼防災総合ペット育成協会
    https://www.bousaipet.org/

  • 一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは、神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科の女子学生が中心となり結成した「防災女子」と『オリジナル備蓄レシピ』を開発した。普段の料理やアウトドアでも活用できる、ポリ袋などを活用した簡単な調理レシピと、災害時に不足しがちな栄養素を意識した「1日分の献立」を公式ウェブサイトで公開している。
    ▼「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」 『オリジナル備蓄レシピ』
    https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock10.html

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • みんなで翻刻【地震史料】古文書・古記録を解読して、歴史災害研究に参加しよう!

    みんなで翻刻【地震史料】古文書・古記録を解読して、歴史災害研究に参加しよう!

    2017年01月13日

    京都大学古地震研究会が、古い文献から歴史災害史料を解読するために、誰もが史料に書かれた文章を、活字に起こし、 データとして利用しやすくする「翻刻」に参加できるようにしたWebサイト。史料に書かれていることをもとに、過去にどのような災害が発生し、どのような被害が生じたかを知ることで、将来の災害軽減につなげることが目的。

  • 災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    2017年01月13日

    緊急地震速報などに連動して、災害が発生したときに限定して家族や大切な人の位置情報を自動通知するシステム。居場所や安否をグループ内で共有したり、災害時の安否とメッセージを一斉送信する機能などを備えている。また災害情報の表示や、避難所の情報などを表示する機能も搭載している。
    ▼株式会社ゼネテック 防災アプリ「ココダヨ」
    http://www.cocodayo.jp/

  • ぼうさい甲子園で須崎高校がグランプリ

    ぼうさい甲子園で須崎高校がグランプリ

    2016年12月16日

    高知県須崎市の須崎高校が、優れた防災教育を表彰する「ぼうさい甲子園」で最高位のグランプリに輝いた。須崎高校は生徒有志でつくる「防災プロジェクトチーム」を中心に、小中高校での応急手当て講習や防災劇「ソッセンジャー」の上演、高齢者宅の家具固定などを推進。2016年は学校周辺の約30家庭の避難カルテを作る「オーダーメイド避難プロジェクト」にも挑戦している。
    ▼高知県立須崎高等学校 須崎高校の防災教育
    http://www.kochinet.ed.jp/susaki-h/susaki_zen/bousai_page.html

  • 災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    2016年12月16日

    ITサービス事業を手掛けるブルー・オーシャン沖縄が、名簿台帳を活用し、登録された要支援者の安否を一斉に確認できるウェブシステム「グラスフォンfor防災」を開発。災害時に各自治体が管理する名簿台帳を活用し、登録された要支援者の固定電話や携帯電話に安否確認の一斉放送を発信。受け取った要支援者がプッシュボタンで選択し、返答することで状況を把握できる。
    ▼ブルーオーシャン沖縄 一斉同報安否確認システム“グラスフォンfor防災”をリリース
    http://boo-oki.com/?p=888

  • 国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    2016年12月16日

    国土交通省国土地理院と水管理・国土保全局は、内閣府と協力して災害時等に役立つ防災アプリの公募に平成26年度から取り組んでいる。28年度は国土交通省が提供している「地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)」を効果的に活用した防災アプリケーションを公募し、水害対策や防災学習への有用性等の観点から、防災アプリ大賞及び4つの防災アプリ賞を決定した。
    ▼地点別浸水シミュレーション検索システム
    http://suiboumap.gsi.go.jp/

  • もしもの時の「食」を考える あなたのアイディア「サバイバル・メシ=サバ・メシ」レシピ募集!

    もしもの時の「食」を考える あなたのアイディア「サバイバル・メシ=サバ・メシ」レシピ募集!

    2016年12月02日

    エフエム仙台が、災害時に簡単に作れる非常食「サバ・メシ」のアイデアを募集している。「乾物を使ったサバ・メシ」や「野外でとれる食材を使ったサバ・メシ」など、同社の6番組ごとにテーマ設定。集まったアイデアを組み合わせ、各番組独自のレシピを2017年1月までに仕上げる。完成したレシピは2017年3月、冊子にまとめて発行。各種防災イベントなどで配布し、活用する。

  • 女性のための防災セット『小町』

    女性のための防災セット『小町』

    2016年12月02日

    岩手県内陸部にある紫波町で暮らす4人の主婦が、被災地での支援活動をする中で、女性たちの声を参考に開発、制作販売。中身は、布ライナー2種、防災備忘録、アイマスク、ブランケット、キーホルダーライト、鏡、くし、エチケットセット、ボールペン。「普通の防災セットにはあまり含まれていないもの」で、かつ沿岸部の女性たちが「あのときほしかったもの」が入っている。
    ▼株式会社ループラス
    http://looplus.jp/

  • 内閣府 防災4.0遂行作戦

    内閣府 防災4.0遂行作戦

    2016年12月02日

    今後地球温暖化等の気候変動により、激甚化が予想される災害に備えるため「民間企業からのアイデア募集」と「市民参加のハッカソン開催」を2つの柱とする内閣府の「防災4.0」プロジェクト。防災に関心のある市民、技術力を社会のために還元したいと考えるエンジニア、持続的な事業として防災の課題を解決したいと考える企業など、誰でも参加できる。

  • アクティブ防災

    アクティブ防災

    2016年12月02日

    東日本大震災の被災体験を元に生まれた、防災に対して、アクティブな姿勢で行動を起こすための防災企画。「楽しく学び、賢く備え、自分で考え行動できる防災を!」をモットーに、対象者層のライフスタイルを考慮した、思わず取り組みたくなる防災術や、防災に関する課題解決をテーマとした防災企画を提案している。子育て世代に向けた「子連れアクティブ防災」やシニア層向けの「孫連れアクティブ防災」など、多様な講座を展開している。

  • ツクモル わたしの「つくる」があなたを「まもる」

    ツクモル わたしの「つくる」があなたを「まもる」

    2016年11月18日

    ツクモルは「わたしのつくるが、あなたをまもる」をコンセプトとし、災害に役立つグッズの委託販売や、防災グッズのワークショップを開催するなどしている。グッズの委託販売では、ハンドメイド作品やイラストのクリエイターを随時募集している。ワークショップでは、簡単なデコレーションを施す子ども向けから、本格的な道具を使った大人向けまで様々なものを行っている。