アクション!

おすすめ

  • 株式会社ワンテーブルと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、防災分野における新たな事業創出を目指し、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の事業コンセプト共創に関する覚書を締結した。この取り組みでは、被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指す。
    ▼JAXA 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180830_jsparc_j.html

  • 神奈川県小田原市内のNPO法人 防災総合ペット育成協会が東日本大震災での事例を基に、同行避難のための準備の大切さを呼びかける絵本「君とずっと一緒にいたいから」を出版した。一匹の犬が主人公で、震災に襲われ、大好きな飼い主の少年を探しに家を飛び出して迷子になり、名札などもつけていなかったため、誰にも引き取られずにひとりぼっちになってしまうというストーリー。最後に主人公を通し、名札やマイクロチップをつけることを呼びかける。
    ▼防災総合ペット育成協会
    https://www.bousaipet.org/

  • 一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは、神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科の女子学生が中心となり結成した「防災女子」と『オリジナル備蓄レシピ』を開発した。普段の料理やアウトドアでも活用できる、ポリ袋などを活用した簡単な調理レシピと、災害時に不足しがちな栄養素を意識した「1日分の献立」を公式ウェブサイトで公開している。
    ▼「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」 『オリジナル備蓄レシピ』
    https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock10.html

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 「つくってまもろう -みんなで集めた防災アイデア-」

    「つくってまもろう -みんなで集めた防災アイデア-」

    2017年04月14日

    NHKが視聴者から募ったアイデアや専門家のノウハウを厳選し、25本の映像を制作。それらをアーカイブしたウェブサイトと、ダイジェスト動画を公開。衣・食・住・道具の4つのカテゴリごとに防災アイデアが紹介されている。
    ▼ウェブサイト つくってまもろう
    http://www3.nhk.or.jp/news/contents/bousai_tips/

  • アナタの「防災意識」をチェックします。

    アナタの「防災意識」をチェックします。

    2017年04月14日

    「防災」に関する知識をチェックすることができるアプリ。「大丈夫?非常持ち出し袋」「大丈夫?生活用品の準備」「アナタの備え度チェック」「アナタならどうする」の4つの診断をおこなうことができ、すべての質問に回答すると、防災知識ランキングが判定される。
    ▼防災チェック&クイズ
    https://itunes.apple.com/jp/app/id1022024037
    https://play.google.com/store/apps/details?id=net.jp.apps.tomohashi.bousai&hl=ja

  • 「平成28年度 海外における防災政策とその効果に関する災害事例等調査」報告会の開催について

    「平成28年度 海外における防災政策とその効果に関する災害事例等調査」報告会の開催について

    2017年03月21日

    内閣府の主催で3月28日(火)に東京都千代田区の都道府県会館にて開催。報告会では、内閣府が先進国及び開発途上国6カ国(アメリカ合衆国、ニュージーランド、オーストラリア、インド、フィリピン、モンゴル)に関して、優先行動に沿った防災政策(基本戦略・体制など)やその効果について、最近10年程度の災害を事例に用いて調査分析を行った結果の報告や考察を行うとともに、それらを踏まえ、日本が担う国際防災協力及び我が国の防災政策の方向性等についてディスカッションする。

  • 震災から6年、子どもたちが楽しみながら防災を学ぶ 学生団体が“防災ファッションショー”を実施

    震災から6年、子どもたちが楽しみながら防災を学ぶ 学生団体が“防災ファッションショー”を実施

    2017年03月21日

    芝浦工業大学の学生プロジェクト団体「すみだの‘巣’づくりプロジェクト」が、2月26日、防災イベント「イザ!カエルキャラバン!in 寺島2017」内の企画の一つとして、“防災ファッションショー”を企画・実施した。ただ身近なもので暖を取る方法を教えるだけでは子どもたちに興味を持ってもらえないと考え、オリジナルの服を作ってファッションショーの形式とすることで、楽しく防災を学ぶきっかけとした。また、暖かさを体感するだけでなく、サーモグラフィーカメラで着用前後の温度を測ることで効果を可視化して学べる企画となった。
    ▼すみだの'巣'づくりプロジェクト
    https://www.facebook.com/sumida.sudukuri/

  • 卒業デザインで学生が防災グッズ作製

    卒業デザインで学生が防災グッズ作製

    2017年03月21日

    岡山県の川崎医療福祉大で医療デザインを学ぶ15人の卒業制作展が倉敷市立美術館で開かれ、守田和史さんは、岡山に住む高齢者の「防災力」を高めようと、小冊子やカレンダー、ちょっと切ない内容の絵本など5種類の啓発グッズを制作。防災ハンドブックでは、東日本大震災などで犠牲になった高齢者の統計を分かりやすいグラフで表し、家庭内の地震対策をシンプルな絵で説明。連絡先や持ち出し品のチェック表も付けた。
    ▼川崎医療福祉大学医療福祉デザイン学科 卒業制作展
    http://www.kawasaki-m.ac.jp/mw/news/2016/design/index.html

  • 過去の教訓を未来につなぐ「災害カレンダー」

    過去の教訓を未来につなぐ「災害カレンダー」

    2017年03月21日

    Yahoo!天気・災害にて、カレンダー上に地震や噴火など、過去のその日に発生した災害名と発生年を掲示。災害名をクリックすると災害に関する詳しい情報や記録写真などが表示される。防災科学技術研究所や防災専門図書館、東京都立図書館といった行政関連施設や河北新報社など計8団体が記事や写真を提供しており、情報の充実のため、さらに災害記録の提供が可能な報道機関や地方自治体などを募集している。
    ▼災害カレンダー(Yahoo!天気・災害)
    http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/calendar/

  • DANCHI Caravan「団地deキャンプ/いつものもしも」

    DANCHI Caravan「団地deキャンプ/いつものもしも」

    2017年03月21日

    団地敷地内でのキャンプやワークショップに加え、自主防災会による参加・体験型の防災訓練を実施するイベント。防災ワークショップでは、普段使いのものを緊急時に役立たせる知識をブース形式で楽しく学ぶことができる。多世代が会場に集まり交流することで、地域コミュニティのきずなが深まることも期待される。

  • Yahoo! JAPAN 16.7mの津波の高さを知る広告「防災は、想像から。」

    Yahoo! JAPAN 16.7mの津波の高さを知る広告「防災は、想像から。」

    2017年03月09日

    ヤフー株式会社が、防災や減災について考えるきっかけの提供を目的とするコンテンツなどを紹介する特集「3.11応援企画」の公開に合わせ、インターネット以外でも、1人でも多くの方が震災当時のことを思い返し、防災意識を高めてもらいたいという思いから、3月6日から12日まで、銀座 ソニービルに広告を掲載。最大で16.7mという津波の高さ、脅威を想像できるシンプルなデザインとなっている。
    ▼あの日を忘れない。それが一番の防災
    https://news.yahoo.co.jp/staffblog/info/bousaipush_jishin.html

  • 週刊ビッグコミックスピリッツ15号 特集「君と僕の防災」

    週刊ビッグコミックスピリッツ15号 特集「君と僕の防災」

    2017年03月09日

    東日本大震災から6年目となり、防災に対して読者の関心が大きく高まる時期に合わせて、青年コミック誌であるという特性を活かし、マンガやイラストなどを活用しながら特集記事「君と僕の防災」を企画。1冊は自分の手元に、もう1冊は大切な人へ贈るという「防災ミニブック」2冊が付録となっている。3月13日(月)発売。

  • social football COLO「ディフェンス・アクション」

    social football COLO「ディフェンス・アクション」

    2017年03月09日

    サッカー・フットサルをしながら防災減災を体感するワークショップ。東日本大震災をきっかけに結成されたサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行う“social football COLO”が実施。パスをしながら備蓄品を学ぶ「パス・ストック」、チームごとにPKのゴール数を競いながら伝言を伝えていく「伝言PK」など子どもたちが楽しんで参加できるワークショップを開催している。