アクション!

おすすめ

  • 広島FMでは、いつ襲ってくるか分からない自然災害に備え、どんな状況になったら避難すべきか、災害が起こったら何をすべきか、問題を解いていくことで命を守るための判断力が身に付く「ドリル」形式の本を2019年7月1日より無料配布する。2018年の豪雨災害で実際に避難された方や被災自治体へのインタビューも交えるなど、特に広島で暮らす人に役立つ内容となっている。

  • 香川大学四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構では、平成30年7月豪雨で甚大な被害を受けた被災地の復興を支援する研究プロジェクト【災害の教訓を次世代に残したい。避難機能付き共同住宅「サツキ PROJECT」】を、クラウドファンディングにより資金を募り実施する。
    期間は、令和元年6月24日(月)~8月20日(火)まで
    プロジェクト詳細

  • 2019年7月10日18日に、都道府県、避難所の運営主体である市区町村を中心に、人の命・健康と密接に関係する避難所の衛生に、必要な視点、知識、考え方を身につけた人材をつくる講座を一般財団法人 日本環境衛生センターが開設する。センターから各自治体へ出張して、防災・危機管理担当者をはじめ、 避難所開設者、避難所運営者、保健師、保健所環境衛生監視員、地域の自主防災組織な どの皆様を対象に、1日研修プログラムを提供予定。災害ごみ・し尿の管理、感染症対策やトイレの衛生等の避難所の衛生対策について、講義、ワークショップで学んでいく。今回は、講座の意義、内容を知ってもらうために、講座の一部を抽出したデモンストレーション講座(半日)を無料で開催される ※要事前予約

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 津波防災スペシャルゼミin本郷~津波について学ぼう~

    津波防災スペシャルゼミin本郷~津波について学ぼう~

    2017年10月13日

    11月5日の「津波防災の日」「世界津波の日」に合わせ、津波に対する正しい防災知識と理解・関心を深めるため「津波防災スペシャルゼミ in本郷」を東京大学伊藤国際学術研究センター内の伊藤謝恩ホールにて開催する。このイベントでは、第一線の研究者を招き、最新の科学的研究成果を、講義スタイルを用い披露し、津波に関する科学的な理解と関心を深めてもらう。入場無料。観覧の申し込みは津波防災ひろめ隊サイトより。
    ▼内閣府【参加募集のご案内】 平成29年度津波防災普及啓発プロジェクト 津波防災 スペシャルゼミ in本郷
    https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201710126747/
    プログラム

  • 防災用地図が不要に!産学連携・3企業と静岡大学が協力 「動画で理解!わが家のハザードマップ」

    防災用地図が不要に!産学連携・3企業と静岡大学が協力 「動画で理解!わが家のハザードマップ」

    2017年10月13日

    株式会社楽しいチリビジ、国立大学法人静岡大学、株式会社NTTデータCCS、ピツニーボウズジャパン株式会社と共同で開発した、立地によって異なる避難情報を各戸専用の動画で読み聞かせる地理情報システム。このシステムを通じて、学識経験者など防災の専門知識が豊富な専門家が、動画を通じてゆかりの場所の災害リスクと対応策を語りかけてくれるため、ユーザーは災害リスクを「自分のこと」として認識できる。

  • 平成29年度 防災アプリ大賞「SHS災害.info」

    平成29年度 防災アプリ大賞「SHS災害.info」

    2017年10月13日

    国土地理院主催の平成29年度防災アプリ審査委員会での大賞を受賞したアプリ。宮崎市民を対象に、災害に対する心構えを持つこと、災害発生時の安全確保、救助活動を補助することを目的とし、「助けられる側から助ける側へ」をコンセプトに宮崎県立佐土原高校 情報技術部が開発した。宮崎市民のためのアプリとなっているが、避難所情報以外の現在地や登録地の標高を簡単に知ることができ、宮崎市以外でも使える機能は多い。
    ▼SHS災害.info
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yoshikawatetsuya.sadowarahazard

  • 東京都 「備蓄キャラバン」及び「備蓄の日フェスタ」の実施

    東京都 「備蓄キャラバン」及び「備蓄の日フェスタ」の実施

    2017年10月13日

    東京都で「都民の備蓄推進プロジェクト」の一環として、都内各地でイベントを開催する。「備蓄キャラバン」は10月20日(金)より都内4か所で開催。災害時、自宅での生活継続に必要な知識を楽しみながら学べる。「備蓄の日フェスタ」は11月19日(日)に新宿駅西口広場イベントコーナーで開催。ミニセミナーや家庭での備えに関するワークショップなどが行われる。

  • 企業の災害備蓄品でecoサイクルを実現するクラウドサービス「備蓄品安心サポート そなえるんCSR+」

    企業の災害備蓄品でecoサイクルを実現するクラウドサービス「備蓄品安心サポート そなえるんCSR+」

    2017年10月13日

    無料で使える備蓄品管理のクラウドサービス。備蓄品が、「どこに」「どのくらい」あり、「賞味期限がいつまでなのか」を簡単に管理できる。また、このサービスの利用企業は、賞味期限が近い備蓄品の情報を寄付先団体に提供できるようになり、寄付先団体側からも必要な物品の寄付依頼をすることができる。

  • ふじのくにの女将 あけぼの会 防災キット「女将の安心こころ包み」

    ふじのくにの女将 あけぼの会 防災キット「女将の安心こころ包み」

    2017年10月13日

    静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合の女性部「あけぼの会」が開発した防災キット。包帯やマスクに使える切り裂き可能な布、防寒防暑用シート、携帯トイレ、ライト付きホイッスルなどを備えている。キットは今後、各旅館・ホテルに備えるほか、宿泊客が普段使えるようにと販売も計画している。
    ▼ふじのくにの女将 あけぼの会『女将の安心こころ包み』完成までの歩み
    http://okami.shizuoka.jp/archives/3101

  • 津波から逃れた丘陵地を 防災・コミュニティ拠点としてデザイン「よねさきの丘プロジェクト」

    津波から逃れた丘陵地を 防災・コミュニティ拠点としてデザイン「よねさきの丘プロジェクト」

    2017年09月29日

    芝浦工業大学の学生プロジェクト団体「よねさきの丘プロジェクト」が、岩手県陸前高田市米崎地区の丘陵地において、防災意識の向上や地域コミュニティを形成することを目的とする東屋の建設を、設計から施工まで行っている。団体の代表学生は、同市で生まれ育ち高校生の頃に津波を経験。自身の経験や現地でのヒアリングから、ハード面だけではなく地域住民に寄り添った復興事業の必要性を感じ、津波の被害から逃れた丘陵地を地域住民に開き防災拠点として意識づけるとともに、地域住民やボランティア団体が集うコミュニティ拠点となるよう活動している。
    ▼よねさきの丘プロジェクト
    https://www.facebook.com/projectofYONESAKI/

  • 岡山県政広報アニメ きび男子(だんご) 「備えて安心、防災に取り組もう」

    岡山県政広報アニメ きび男子(だんご) 「備えて安心、防災に取り組もう」

    2017年09月29日

    岡山県が、若者を中心に、行政を身近なものと感じてもらいながら、施策等への理解を深めてもらうため、乙女ゲーム風の県政広報アニメ「きび男子(だんご)」を制作。アニメは、主人公の女子高校生「もも」が疑似恋愛を通じ、避難経路の確認や食品備蓄の大切さを学んでいくというストーリー。県内の高校に転校したももが、イケメンの生徒会長ら男子高校生に翻弄(ほんろう)されながら、防災への意識を高めていく。
    ▼岡山県 きび男子公式WEBサイト
    http://www.pref.okayama.jp/chiji/kocho/kenseipr/

  • 災害食レシピ 試して 常磐大がコンテスト 高校生入賞作7点を冊子に

    災害食レシピ 試して 常磐大がコンテスト 高校生入賞作7点を冊子に

    2017年09月29日

    常磐大学が、高校生を対象にした「ときわ災害食レシピコンテスト2016」における最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞の各レシピを冊子にまとめ、ホームページで公開を始めた。災害食の条件は、災害時を想定し、身近な食材や保存食を利用し、カセットコンロやペットボトルの水などがあればできることや、調理時間は50分以内などとしている。
    ▼常磐大学 「ときわ災害食レシピ」(レシピ集)を作成しました。
    http://www.tokiwa.ac.jp/information/2017/08/31/

  • 北海道札幌市手稲区「体感型防災アトラクション」

    北海道札幌市手稲区「体感型防災アトラクション」

    2017年09月29日

    北海道札幌市手稲区で、災害現場などのシーンを再現した会場内で、散りばめられたヒントから謎解きをして、制限時間内の脱出を目指す、ゲーム形式の防災体験イベントを11月19日に開催する。対象は、手稲区にお住まいの小学4年生~中学3年生のお子さんとその保護者。親子や家族で謎を解きながら防災知識を学ぶことができる。