アクション!

おすすめ

  • 宮城復興支援センターは、こども防災協会と共催で、東日本大震災・熊本地震支援事業として、留学生と一緒に英語で防災知識を学べる「国際交流イングリッシュキャンプ2018」を開催する。出発エリアは埼玉、福岡、静岡、千葉、大阪、愛知、東京、神奈川、兵庫、京都。対象は小学1年から6年生で、外国人留学生、日本人海外留学経験者などが引率する。7月、8月の夏休み期間のほか、エリアによっては10月以降も開催される。
    ▼宮城復興支援センター 国際交流イングリッシュキャンプ
    http://www.ganbaro-miyagi.com/esc/

  • 渋谷防災実行委員会は、渋谷区と共催し、3回目となる 渋谷区総合防災訓練を9/1(土)2(日)に代々木公園にて開催する。東京消防庁が導入したゴーグル型の端末による360度の立体的な映像で地震や火災、風水害の状況が体感できる日本初の「VR防災体験車」や起震車が登場するほか、消防士体験VR、煙体験、放水訓練等が体験できる。また、新しい取り組みとして、発災時のリアルな予行演習ができる「体感型 防災アトラクションR」LIFE LINE Ⅱの体験や、フットサルやサッカーを通じて防災や減災のための知識を学ぶことのできるサッカー防災Rワークショップの「ディフェンス・アクション」も体験できる。
    ▼渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~
    http://www.shibuya-bosai.tokyo/

  • 一般社団法人防災ガールが、津波防災の普及啓発プロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」の一環で遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」を開発した。ゲームをプレイするだけで、だれでも正しい避難行動が理解できるように設計されており、実際の災害時を想定し、実現可能な防災のみを反映させたリアルな学びが得られる。7/30(月)まで、クラウドファンディングで製作費を募集している。
    ▼海と共に生きる未来のため、たのしみながら津波防災が学べるカードゲームを届けたい!
    https://camp-fire.jp/projects/view/87418

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 女性のための防災セット『小町』

    女性のための防災セット『小町』

    2016年12月02日

    岩手県内陸部にある紫波町で暮らす4人の主婦が、被災地での支援活動をする中で、女性たちの声を参考に開発、制作販売。中身は、布ライナー2種、防災備忘録、アイマスク、ブランケット、キーホルダーライト、鏡、くし、エチケットセット、ボールペン。「普通の防災セットにはあまり含まれていないもの」で、かつ沿岸部の女性たちが「あのときほしかったもの」が入っている。
    ▼株式会社ループラス
    http://looplus.jp/

  • 内閣府 防災4.0遂行作戦

    内閣府 防災4.0遂行作戦

    2016年12月02日

    今後地球温暖化等の気候変動により、激甚化が予想される災害に備えるため「民間企業からのアイデア募集」と「市民参加のハッカソン開催」を2つの柱とする内閣府の「防災4.0」プロジェクト。防災に関心のある市民、技術力を社会のために還元したいと考えるエンジニア、持続的な事業として防災の課題を解決したいと考える企業など、誰でも参加できる。

  • アクティブ防災

    アクティブ防災

    2016年12月02日

    東日本大震災の被災体験を元に生まれた、防災に対して、アクティブな姿勢で行動を起こすための防災企画。「楽しく学び、賢く備え、自分で考え行動できる防災を!」をモットーに、対象者層のライフスタイルを考慮した、思わず取り組みたくなる防災術や、防災に関する課題解決をテーマとした防災企画を提案している。子育て世代に向けた「子連れアクティブ防災」やシニア層向けの「孫連れアクティブ防災」など、多様な講座を展開している。

  • ツクモル わたしの「つくる」があなたを「まもる」

    ツクモル わたしの「つくる」があなたを「まもる」

    2016年11月18日

    ツクモルは「わたしのつくるが、あなたをまもる」をコンセプトとし、災害に役立つグッズの委託販売や、防災グッズのワークショップを開催するなどしている。グッズの委託販売では、ハンドメイド作品やイラストのクリエイターを随時募集している。ワークショップでは、簡単なデコレーションを施す子ども向けから、本格的な道具を使った大人向けまで様々なものを行っている。

  • インプレスR&D、「震災ドキュメント」シリーズ創刊!全国から寄せられた貴重な記録をNextPublishingで発行。

    インプレスR&D、「震災ドキュメント」シリーズ創刊!全国から寄せられた貴重な記録をNextPublishingで発行。

    2016年11月18日

    株式会社インプレスR&Dは次世代出版メソッドNextPublishingにより、「震災ドキュメント」シリーズを創刊し、11月4日から販売を開始した。6月に緊急出版した『熊本地震体験記 -震度7とはどういう地震なのか?』に合わせて、全国の地震災害に関する出版企画募集を行い、そこで採用された熊本地震だけでなく、阪神・淡路大震災や東日本大震災を含む7タイトルが、本シリーズでラインナップされる。
    ▼「震災ドキュメント」シリーズ 紹介WEBページ
    http://nextpublishing.jp/shinsai-document

  • 「トクする!防災」プロジェクト ☓ 「くまのがっこう」

    「トクする!防災」プロジェクト ☓ 「くまのがっこう」

    2016年11月18日

    日本気象協会が推進する防災啓発活動「トクする!防災」プロジェクトと、来年15周年を迎える人気絵本シリーズ「くまのがっこう」とのコラボレーション。自然災害から身を守るための防災アクションを、「くまのがっこう」の人気キャラクターのジャッキーと一緒に学べる。乳幼児がいる場合に特に備えておきたいアイテムや、日頃からできる備えなどをまとめたリーフレットを作成し、無料で配布する。

  • 被災した女性の体と心を守る「レスキューランジェリー」

    被災した女性の体と心を守る「レスキューランジェリー」

    2016年11月18日

    非常時の女性に必要な防災備蓄下着。ブラジャー・ショーツ・布ナプキン・洗剤・簡易洗濯バッグの5点で構成されている。洗濯は、防水加工された簡易洗濯バッグに下着と付属の洗剤、少量の水を入れ、つけおき&揉み洗いで行う。干す時は、洗濯バックを下着に被せて干すことができるので、他人に下着を見えないよう干せる。ファンクションの本間麻衣社長は、これまで災害時の下着の備えは、“自助”に当たるため、自分で用意しておく必要があったが、同製品をきっかけに自治体や企業の防災備蓄として認識してもらえるようにしていきたいと語っている。
    ▼非常時用防災備蓄下着「レスキューランジェリー」
    https://fanction.amebaownd.com/

  • 食べられる防災ブック「東京備食」先行発売開始!

    食べられる防災ブック「東京備食」先行発売開始!

    2016年11月04日

    東京を代表する名店のシェフ監修によるメニューを缶詰にして、東京防災クリエーティブチームによる編集・デザインの本に収めた食べられる防災ブック。1食分は、主食(アルファ化米)、主菜、副菜、汁物、甘味の5品目。これまで防災に関心の薄かった層に、「備蓄」について興味をもってもらうことが最大の目的。クラウドファンディングにてプロジェクトの支援を募集している。
    ▼11月19日は「備蓄の日」
    https://www.tokyo-icc.jp/lespace/index_1511.html

  • アルファー食品ナイト! ~出雲からグルメに!美容と健康に!防災に!「アルファ化米」のおいしい実力を堪能できる夜。~

    アルファー食品ナイト! ~出雲からグルメに!美容と健康に!防災に!「アルファ化米」のおいしい実力を堪能できる夜。~

    2016年11月04日

    アルファー食品のアルファ化米製品、明治屋・木の屋石巻水産グルメ缶詰を使った料理の試食イベントを11/9(水)に、お台場・東京カルチャーカルチャーで開催する。まずは料理の美味しさから入り、アルファ化米の非常食を、日常遣いすることで、被災時には「日常で使っていたから、作り方が分かる」という状態で被災を乗り切ってもらうことを目的としている。ローリングストックや、防災食に関するノウハウも披露する。
    ▼アルファー食品株式会社
    http://www.alpha-come.co.jp/index.html

  • 訪日外国人を対象とする「多言語災害緊急放送」機能をアプリで無料提供!インバウンド接客アプリ「talkapp-i(トーカッピ)」

    訪日外国人を対象とする「多言語災害緊急放送」機能をアプリで無料提供!インバウンド接客アプリ「talkapp-i(トーカッピ)」

    2016年11月04日

    「talkapp-i(トーカッピ)」は外国語が話せなくでも、自ら外国語で接客できるアプリ。多言語災害緊急放送機能では、「地震発生中」、「地震発生直後」、「緊急避難」、「初動対応」など様々な状況とタイミングに従い、日本語と共に、ネーティブ発音の英語、中国語、韓国語で災害放送内容の再生ができる。地震以外、津波や火事、洪水にも対応している。