アクション!

おすすめ

  • 日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)では、地震保険をはじめとした自助による「経済的備え」の重要性の啓発のため、12月15日(土)に、「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」をテーマとした防災特別番組を放映する。
    本特別番組では、俳優の緒形直人氏によるロケを通じて、日本を襲った2つの震災の被災地の復興状況や、被災者にインタビューした地震保険等の経済的備えが果たした意義に加え、11月17日(土)に開催した防災シンポジウム「生活復興は家計の備えから」の映像も交えた内容となっている。

    ■テーマ:「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」
    ■日 時:12月15日(土)19:30~20:59

    詳細はこちらをご覧ください。
    >防災特別番組の概要

  • 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) は、12月20日に仙台にて「ImPACTが変革する災害対応」と題したシンポジウムを実施する。ImPACTは、実現すれば産業や社会のあり方に大きな変革をもたらす革新的な科学技術イノベーションの創出を目指し、16プログラムによりハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発を推進している。
    今回は、ImPACTにおいて、災害発生に即応し、被害を抑え、さらには早期復興・復旧を可能とするなど災害現場の変革を目指す研究開発テーマに着目し、それらの研究開発状況や将来展望について発表を行うシンポジウムを開催する。

  • 宮城県仙台市が来年3月10日、東日本大震災の伝承と防災啓発の在り方を市民と共に考える「仙台防災未来フォーラム2019」を仙台国際センターで開催する。市はアート作品の出品や、防災や復興に携わる企業・団体の出展、プレゼンテーションを募っている。初めての開催となるアートコンクールは小学生以下、中高生、一般の3部門を設定。テーマに沿った各種作品を募集する。応募締め切りは来年1月31日。出品無料。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 横浜市消防局×横浜ウォーカー×崎陽軒コラボ 横濱かりぃ ローリングストックBOX

    横浜市消防局×横浜ウォーカー×崎陽軒コラボ 横濱かりぃ ローリングストックBOX

    2017年01月27日

    横浜市消防局と横浜ウォーカー、崎陽軒がコラボレーション企画として発売。「横濱かりぃ」を横浜市消防局が誇るSR(特別高度救助部隊)の車輛をモチーフにした消防車型カートンに詰め合わせた。ローリングストック法という災害用食糧備蓄方法を多くの市民の方に知ってもらい、その重要性を広くPRし、防災・減災意識の向上に少しでも役立ちたいとしている。

  • 防災教育向けARアプリを開発!オープンソースソフトウェアとして公開

    防災教育向けARアプリを開発!オープンソースソフトウェアとして公開

    2017年01月27日

    避難所やAEDの位置などの防災関連情報や、訓練用に仮想設定した火災や土砂崩れ発生などの情報を、タブレット端末の画面上に可視化表示させる拡張現実(AR)アプリを開発。対象エリアにどのような災害リスクがあるのか? 近くにどのような防災関連施設が用意されているのか? などを現地(実際に訓練する場所)で地理空間的に認識することができる。また、アプリのプログラムコードやアイコン画像などを、オープンライセンスとして公開しており、他地域における防災教育へ活用することや、防災教育の目的に限らず、地域の観光や教育目的に容易に応用することが可能となっている。

  • 現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    2017年01月13日

    兵庫県立大大学院応用情報科学研究科の研究チームが開発した防災のWebアプリ。住所や目印になる建物名を入力すると、南海トラフ巨大地震で想定される津波高や、数十年に1度の大雨による洪水で想定される浸水の深さが確認できる。近くにある避難所やリアルタイムの気象情報も知ることができる。

  • みんなで翻刻【地震史料】古文書・古記録を解読して、歴史災害研究に参加しよう!

    みんなで翻刻【地震史料】古文書・古記録を解読して、歴史災害研究に参加しよう!

    2017年01月13日

    京都大学古地震研究会が、古い文献から歴史災害史料を解読するために、誰もが史料に書かれた文章を、活字に起こし、 データとして利用しやすくする「翻刻」に参加できるようにしたWebサイト。史料に書かれていることをもとに、過去にどのような災害が発生し、どのような被害が生じたかを知ることで、将来の災害軽減につなげることが目的。

  • 災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    2017年01月13日

    緊急地震速報などに連動して、災害が発生したときに限定して家族や大切な人の位置情報を自動通知するシステム。居場所や安否をグループ内で共有したり、災害時の安否とメッセージを一斉送信する機能などを備えている。また災害情報の表示や、避難所の情報などを表示する機能も搭載している。
    ▼株式会社ゼネテック 防災アプリ「ココダヨ」
    http://www.cocodayo.jp/

  • ぼうさい甲子園で須崎高校がグランプリ

    ぼうさい甲子園で須崎高校がグランプリ

    2016年12月16日

    高知県須崎市の須崎高校が、優れた防災教育を表彰する「ぼうさい甲子園」で最高位のグランプリに輝いた。須崎高校は生徒有志でつくる「防災プロジェクトチーム」を中心に、小中高校での応急手当て講習や防災劇「ソッセンジャー」の上演、高齢者宅の家具固定などを推進。2016年は学校周辺の約30家庭の避難カルテを作る「オーダーメイド避難プロジェクト」にも挑戦している。
    ▼高知県立須崎高等学校 須崎高校の防災教育
    http://www.kochinet.ed.jp/susaki-h/susaki_zen/bousai_page.html

  • 災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    2016年12月16日

    ITサービス事業を手掛けるブルー・オーシャン沖縄が、名簿台帳を活用し、登録された要支援者の安否を一斉に確認できるウェブシステム「グラスフォンfor防災」を開発。災害時に各自治体が管理する名簿台帳を活用し、登録された要支援者の固定電話や携帯電話に安否確認の一斉放送を発信。受け取った要支援者がプッシュボタンで選択し、返答することで状況を把握できる。
    ▼ブルーオーシャン沖縄 一斉同報安否確認システム“グラスフォンfor防災”をリリース
    http://boo-oki.com/?p=888

  • 国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    2016年12月16日

    国土交通省国土地理院と水管理・国土保全局は、内閣府と協力して災害時等に役立つ防災アプリの公募に平成26年度から取り組んでいる。28年度は国土交通省が提供している「地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)」を効果的に活用した防災アプリケーションを公募し、水害対策や防災学習への有用性等の観点から、防災アプリ大賞及び4つの防災アプリ賞を決定した。
    ▼地点別浸水シミュレーション検索システム
    http://suiboumap.gsi.go.jp/

  • もしもの時の「食」を考える あなたのアイディア「サバイバル・メシ=サバ・メシ」レシピ募集!

    もしもの時の「食」を考える あなたのアイディア「サバイバル・メシ=サバ・メシ」レシピ募集!

    2016年12月02日

    エフエム仙台が、災害時に簡単に作れる非常食「サバ・メシ」のアイデアを募集している。「乾物を使ったサバ・メシ」や「野外でとれる食材を使ったサバ・メシ」など、同社の6番組ごとにテーマ設定。集まったアイデアを組み合わせ、各番組独自のレシピを2017年1月までに仕上げる。完成したレシピは2017年3月、冊子にまとめて発行。各種防災イベントなどで配布し、活用する。

  • 女性のための防災セット『小町』

    女性のための防災セット『小町』

    2016年12月02日

    岩手県内陸部にある紫波町で暮らす4人の主婦が、被災地での支援活動をする中で、女性たちの声を参考に開発、制作販売。中身は、布ライナー2種、防災備忘録、アイマスク、ブランケット、キーホルダーライト、鏡、くし、エチケットセット、ボールペン。「普通の防災セットにはあまり含まれていないもの」で、かつ沿岸部の女性たちが「あのときほしかったもの」が入っている。
    ▼株式会社ループラス
    http://looplus.jp/