アクション!

おすすめ

  • 町歩き&スタンプラリー感覚でチェックポイントを巡る防災ロゲイニングを3月16日(土)に東京臨海広域防災公園 そなエリアにて開催する。チェックポイントは防災や災害に関係する場所やモノで、それぞれのチェックポイントには点数がついており、さらに全部のチェックポイントで防災に関するクイズを出題する。また、Bosai ロゲイニング終了後には、レクチャールームにて防災講習会を行ない、ロゲイニングの防災クイズの内容を詳しく講習する。

  • 「地区防災計画フォーラム2019」を大阪にて開催します。

    日 時:2019年3月16日(土)13時30分~16時30分
    場 所:TKPガーデンシティ大阪淀屋橋 19階

    【プログラム】
    1.開会挨拶
    2.講 演
     ・大阪府・大阪市における自助・共助の取組(仮題)
     ・今後の地区防災計画の促進 ~大阪府北部地震を踏まえて~
    3.内閣府による地区防災計画関連調査の現況報告
    4.パネルディスカッション
     ・各地区からの最新事例の紹介を踏まえ、地区防災計画
     ・策定の拡大・促進方策や今後期待される取組について
     ・地区防リーダーが議論をします
    5.閉会挨拶

  • 「防災推進国民大会2019」開催に向けて、本日、「出展者公募のご案内」を公表します。
    今年の4月15日より出展者公募を開始いたしますので、出展のご検討のほどお願いいたします。
    出展までのスケジュールと防災推進国民大会の概要は下記の通りです。詳細は「出展者公募のご案内」にてご確認ください。



    【出展までのスケジュール】
    ○出展申込受付 ※公式HP(http://bosai-kokutai.jp/)
    ・4月15日(月)~5月24日(金)12時00分まで
    ○出展検討者向け説明会 ※事前に申込みが必要
    ・4月18日(木)14時00分から(内閣府庁舎内)
    ・4月22日(月)14時00分から(名古屋市役所庁舎内)
    ○出展者向け説明会 ※出展者決定は6月中旬を予定
    ・7月中旬予定

    【防災推進国民大会2019概要】
    ○開催日:2019年10月19日(土)~20日(日)
    ○開催場所:名古屋市ささしまライブ24エリア(名古屋コンベンションホール・パークエリア・キャナルゲートエリア)

    ********************************************************************************
    本件問合せ先:内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)付
      長田(参事官補佐) 鈴木(主査) 馬場(主査)
    TEL:03-3502-6984 FAX: 03-3581-7510
    ********************************************************************************

    ぼうさいこくたいの公式HPは以下のアイコンからご覧ください。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    2017年01月13日

    兵庫県立大大学院応用情報科学研究科の研究チームが開発した防災のWebアプリ。住所や目印になる建物名を入力すると、南海トラフ巨大地震で想定される津波高や、数十年に1度の大雨による洪水で想定される浸水の深さが確認できる。近くにある避難所やリアルタイムの気象情報も知ることができる。

  • みんなで翻刻【地震史料】古文書・古記録を解読して、歴史災害研究に参加しよう!

    みんなで翻刻【地震史料】古文書・古記録を解読して、歴史災害研究に参加しよう!

    2017年01月13日

    京都大学古地震研究会が、古い文献から歴史災害史料を解読するために、誰もが史料に書かれた文章を、活字に起こし、 データとして利用しやすくする「翻刻」に参加できるようにしたWebサイト。史料に書かれていることをもとに、過去にどのような災害が発生し、どのような被害が生じたかを知ることで、将来の災害軽減につなげることが目的。

  • 災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    2017年01月13日

    緊急地震速報などに連動して、災害が発生したときに限定して家族や大切な人の位置情報を自動通知するシステム。居場所や安否をグループ内で共有したり、災害時の安否とメッセージを一斉送信する機能などを備えている。また災害情報の表示や、避難所の情報などを表示する機能も搭載している。
    ▼株式会社ゼネテック 防災アプリ「ココダヨ」
    http://www.cocodayo.jp/

  • ぼうさい甲子園で須崎高校がグランプリ

    ぼうさい甲子園で須崎高校がグランプリ

    2016年12月16日

    高知県須崎市の須崎高校が、優れた防災教育を表彰する「ぼうさい甲子園」で最高位のグランプリに輝いた。須崎高校は生徒有志でつくる「防災プロジェクトチーム」を中心に、小中高校での応急手当て講習や防災劇「ソッセンジャー」の上演、高齢者宅の家具固定などを推進。2016年は学校周辺の約30家庭の避難カルテを作る「オーダーメイド避難プロジェクト」にも挑戦している。
    ▼高知県立須崎高等学校 須崎高校の防災教育
    http://www.kochinet.ed.jp/susaki-h/susaki_zen/bousai_page.html

  • 災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    2016年12月16日

    ITサービス事業を手掛けるブルー・オーシャン沖縄が、名簿台帳を活用し、登録された要支援者の安否を一斉に確認できるウェブシステム「グラスフォンfor防災」を開発。災害時に各自治体が管理する名簿台帳を活用し、登録された要支援者の固定電話や携帯電話に安否確認の一斉放送を発信。受け取った要支援者がプッシュボタンで選択し、返答することで状況を把握できる。
    ▼ブルーオーシャン沖縄 一斉同報安否確認システム“グラスフォンfor防災”をリリース
    http://boo-oki.com/?p=888

  • 国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    2016年12月16日

    国土交通省国土地理院と水管理・国土保全局は、内閣府と協力して災害時等に役立つ防災アプリの公募に平成26年度から取り組んでいる。28年度は国土交通省が提供している「地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)」を効果的に活用した防災アプリケーションを公募し、水害対策や防災学習への有用性等の観点から、防災アプリ大賞及び4つの防災アプリ賞を決定した。
    ▼地点別浸水シミュレーション検索システム
    http://suiboumap.gsi.go.jp/

  • もしもの時の「食」を考える あなたのアイディア「サバイバル・メシ=サバ・メシ」レシピ募集!

    もしもの時の「食」を考える あなたのアイディア「サバイバル・メシ=サバ・メシ」レシピ募集!

    2016年12月02日

    エフエム仙台が、災害時に簡単に作れる非常食「サバ・メシ」のアイデアを募集している。「乾物を使ったサバ・メシ」や「野外でとれる食材を使ったサバ・メシ」など、同社の6番組ごとにテーマ設定。集まったアイデアを組み合わせ、各番組独自のレシピを2017年1月までに仕上げる。完成したレシピは2017年3月、冊子にまとめて発行。各種防災イベントなどで配布し、活用する。

  • 女性のための防災セット『小町』

    女性のための防災セット『小町』

    2016年12月02日

    岩手県内陸部にある紫波町で暮らす4人の主婦が、被災地での支援活動をする中で、女性たちの声を参考に開発、制作販売。中身は、布ライナー2種、防災備忘録、アイマスク、ブランケット、キーホルダーライト、鏡、くし、エチケットセット、ボールペン。「普通の防災セットにはあまり含まれていないもの」で、かつ沿岸部の女性たちが「あのときほしかったもの」が入っている。
    ▼株式会社ループラス
    http://looplus.jp/

  • 内閣府 防災4.0遂行作戦

    内閣府 防災4.0遂行作戦

    2016年12月02日

    今後地球温暖化等の気候変動により、激甚化が予想される災害に備えるため「民間企業からのアイデア募集」と「市民参加のハッカソン開催」を2つの柱とする内閣府の「防災4.0」プロジェクト。防災に関心のある市民、技術力を社会のために還元したいと考えるエンジニア、持続的な事業として防災の課題を解決したいと考える企業など、誰でも参加できる。

  • アクティブ防災

    アクティブ防災

    2016年12月02日

    東日本大震災の被災体験を元に生まれた、防災に対して、アクティブな姿勢で行動を起こすための防災企画。「楽しく学び、賢く備え、自分で考え行動できる防災を!」をモットーに、対象者層のライフスタイルを考慮した、思わず取り組みたくなる防災術や、防災に関する課題解決をテーマとした防災企画を提案している。子育て世代に向けた「子連れアクティブ防災」やシニア層向けの「孫連れアクティブ防災」など、多様な講座を展開している。