アクション!

おすすめ

  • インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」が、災害時におけるインターネットの正しい使い方をまとめた「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」を3月6日(水)にSo-net公式ホームページにて公開した。このマニュアルは、防災やインターネット分野の専門家による監修のもと、災害が発生したときのインターネットの利用方法や災害に対する事前準備などの情報について、Q&A方式で親しみやすいイラストを交えてまとめている。
    ▼ソニーのネット ソネット 防災マニュアル
    https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/measures_manual.html

  • 第4回の全国フォーラムでは、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマとして掲げ、災害時に直面した課題に対して解決に繋げていくための提言・啓発もしくは、その礎を生み出す。オープニング、全体セッション、20分野の分科会を通じて、多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、専門的な知識やノウハウを共有し、連携・協働が具体的に進められることを目指している。

    <日時>
    2019年5月21日(火):13時から18時30分(交流会 19時から20時30分)
    2019年5月22日(水):9時から15時
    <会場>
    国際ファッションセンター 3階 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1)
    <参加対象>
    災害時、被災者支援に関係する団体・機関
    行政(国/地方自治体)・企業/経済団体・NPO/NGO・市民活動団体・社会福祉協議会・大学/研究機関・国際機関・職能団体(福祉、医療、法律分野などの関係者)・労働組合・協同組合・青年会議所・中間支援組織・助成団体など
    <主催>
    全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
    <共催>
    内閣府政策統括官(防災担当)
    災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

    ※申込詳細は下記リンクより
    http://jvoad.jp/forum

  • 東日本大震災の津波に襲われ、機能が停止した仙台市南蒲生浄化センターで、汚水処理に当たった職員の奮闘を記録した企画展「それでも、下水は止められない」が期間を延長し7月7日(日)まで、せんだい3.11メモリアル交流館で開かれている。センターは、1日に約30万トンの下水が流れ込む全国最大規模の処理施設。市内の下水の約7割を処理する。震災では10メートルの津波が襲い、電源を喪失した。被災から新施設稼働まで、各段階の取り組みを写真パネルなどで紹介する。
    ▼仙台市 南蒲生浄化センター復旧までの記録
    http://www.city.sendai.jp/keekikaku-shomu/kurashi/machi/lifeline/gesuido/gesuido/shinsai/kansoku.html
    ▼せんだい3.11メモリアル交流館 3.11現場の事実×心の真実「それでも、下水は止められない。」
    http://sendai311-memorial.jp/feature/2018exhibition03/

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • Yahoo! JAPAN 16.7mの津波の高さを知る広告「防災は、想像から。」

    Yahoo! JAPAN 16.7mの津波の高さを知る広告「防災は、想像から。」

    2017年03月09日

    ヤフー株式会社が、防災や減災について考えるきっかけの提供を目的とするコンテンツなどを紹介する特集「3.11応援企画」の公開に合わせ、インターネット以外でも、1人でも多くの方が震災当時のことを思い返し、防災意識を高めてもらいたいという思いから、3月6日から12日まで、銀座 ソニービルに広告を掲載。最大で16.7mという津波の高さ、脅威を想像できるシンプルなデザインとなっている。
    ▼あの日を忘れない。それが一番の防災
    https://news.yahoo.co.jp/staffblog/info/bousaipush_jishin.html

  • 週刊ビッグコミックスピリッツ15号 特集「君と僕の防災」

    週刊ビッグコミックスピリッツ15号 特集「君と僕の防災」

    2017年03月09日

    東日本大震災から6年目となり、防災に対して読者の関心が大きく高まる時期に合わせて、青年コミック誌であるという特性を活かし、マンガやイラストなどを活用しながら特集記事「君と僕の防災」を企画。1冊は自分の手元に、もう1冊は大切な人へ贈るという「防災ミニブック」2冊が付録となっている。3月13日(月)発売。

  • social football COLO「ディフェンス・アクション」

    social football COLO「ディフェンス・アクション」

    2017年03月09日

    サッカー・フットサルをしながら防災減災を体感するワークショップ。東日本大震災をきっかけに結成されたサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行う“social football COLO”が実施。パスをしながら備蓄品を学ぶ「パス・ストック」、チームごとにPKのゴール数を競いながら伝言を伝えていく「伝言PK」など子どもたちが楽しんで参加できるワークショップを開催している。

  • 東日本大震災を被災したママ・イラストレーターがすべての家族に伝えたい「1日1防災」とは。

    東日本大震災を被災したママ・イラストレーターがすべての家族に伝えたい「1日1防災」とは。

    2017年03月09日

    2011年3月11日、宮城県多賀城市で車を運転中に被災者となったイラストレーターで超多忙ママのアベナオミさんの防災ノウハウを、コミック、イラストでわかりやすく解説した本『被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40』。「無理する防災は続かない」「家族を救うのは、毎日少しずつの意識」など、厳しい日々を実体験し、平穏な毎日の大切さをかみ締める彼女ならではのメッセージが詰まっている。
    ▼学研 被災ママに学ぶちいさいな防災のアイディア40
    https://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=2380072200

  • 地区防災計画フォーラム

    地区防災計画フォーラム

    2017年03月09日

    内閣府主催で、3月25日(土)に愛知県名古屋市の名古屋国際センター(ホール)にて開催。住民の自発的な防災活動である地区防災計画制度の意義や地域における事例等を紹介し、今後、更なる地域防災力の向上を図ることが目的。当日は、今年度の活動・活動マネジメント・今後の展望の3部に分かれ、各基調講演のほか、今年度モデル事業の報告や、パネルディスカッションが行われる。

  • 防災演習ゲーム 生存確率

    防災演習ゲーム 生存確率

    2017年02月24日

    ひょうご県防災教育振興協会が最新の防災知識に基づいて制作し、「生存確率」と名付けた防災演習ゲーム。災害時に待ち受ける様々な瞬間を、体験者自らが考えながら行動する。「災害発生」「避難」「応急手当」のステップごとに対応を考え、最後には、選んだ内容によって自身の生存確率が示される。

  • パナソニックセンター東京 防災イベント月間

    パナソニックセンター東京 防災イベント月間

    2017年02月24日

    パナソニックセンター東京では3月を「防災イベント月間」と位置づけ、さまざまなワークショップやサイエンスショーなどの防災イベントを開催する。また、3/11(土)~12(日)に復興応援イベントとして、熊本地震に学ぶ防災対策や、災害に限らず、さまざまな理由で悩む人にエールを送る「私のファイト新聞」の制作ワークショップが行われる。

  • 子どもの命を“本気”で守る防災~防災アソビの出前~

    子どもの命を“本気”で守る防災~防災アソビの出前~

    2017年02月24日

    全国各地の子どもに関わる大人(教師や保育士、児童館職員やNPOスタッフ、子育てサークルなど)を対象に防災研修(座学&ワークショップ)や防災イベント・サバイバルキャンプなどを実施し、これまで開発してきたさまざまな防災プログラムやツールをシェアするプロジェクト。Yahoo!基金にて支援募金を募集している。

  • 高知大学生がコップ防災グッズ「DASHタンブラー」を企画販売

    高知大学生がコップ防災グッズ「DASHタンブラー」を企画販売

    2017年02月24日

    高知大学の防災サークル「防災すけっと隊」が、避難所生活で必要な用品をタンブラーの中に詰め合わせた商品を企画し、高知市内のよどやドラッグで販売した。商品名は「これだけ持ってシュッと逃げる防災タンブラー」で、通称「DASHタンブラー」。保温機能のある容量350ミリリットルのタンブラーの中に、体に巻くと体温を保持できるアルミシート、小型ライト、混乱時に気持ちを落ち着かせるためのあめなどが入っている。
    ▼高知大学防災すけっと隊
    https://www.facebook.com/bousaisukettotai

  • 亀有に防災コミュニティースペース「Eme-Ima」 緊急事態に今、備えを

    亀有に防災コミュニティースペース「Eme-Ima」 緊急事態に今、備えを

    2017年02月24日

    東京都葛飾区亀有に2月12日、防災コミュニティースペース「Eme-Ima(えまいま)」がオープンした。「Emergencyに今(Ima)備える」という意味から「Eme-Ima」と名付けられた。地域の人が集まって防災の話し合いをするだけではなく、地域の職能を持つ人による教室やワークショップの開講、イベントの開催を行うことにより、自然な形で人のつながりを築くことを目的に運用する。
    ▼防災コミュニティスペースEme-Ima
    https://www.facebook.com/project.emeima/