アクション!

おすすめ

  • 「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ 内閣府では、地区防災計画の策定を推進するため、最新事例等を紹介し、地区防災計画 には策定主体、プロセス、計画内容等に様々なバリエーションがあることを示し、地区防災計画の新しい切り口や課題等を共有する「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」を平成30年3月24日(土)に、東京都内にて開催します。
    下記リンクより、お申し込みください。
    皆さまの参加をお待ちしています。

  • 大阪市立大の学生が大阪・中崎町のかばんブランド「ichimaruni」と共同で開発した、防災袋「AIR POST」。同校の学生を対象に行った防災に関するアンケートで「学生のほとんどが、危機感があるにも関わらず防災袋を持っていない」ことが分かり、また被災地の学生への聞き取り調査では、従来の防災袋のほとんどは部屋に置くと違和感があるデザイン、邪魔になる大きさだったために仕舞い込まれ、災害時持ち出すことができなかったことが分かった。そのため、普段はインテリアとしても使えるようBOX型とし、避難時にはリュックサック型に変形する防災袋を制作した。救急セットなど非常持ち出し品13点を含めて、3月14日から、市立大の生協ショップで販売する。

  • 一般社団法人EFCが、障害者や高齢者などを対象に、介護に必要な道具・設備や介助内容までを含めた災害時の備えを考えるためのチェックキット「安心・防災帳」を活用したワークショップを開催している。キットは、国立障害者リハビリテーションセンター研究所が障害者・高齢者のために災害時に必要となる備品などを整理するためのチェックツールとして開発したもの。あらかじめ用意されたワークシートなどを活用し、ファシリテーターとやり取りをしながら、ステップに沿って作成を進めることで、自分自身の身体状況や生活に合わせた備えリストを作成することができる。
    ▼一般社団法人EFC(アース・フレンドリー・サーキュレーション) 障害者・高齢者の災害対策事業
    http://efc.or.jp/business/bus02

新着順

  • 防災すごろく、名古屋のデザイナーが開発

    防災すごろく、名古屋のデザイナーが開発

    2016年03月09日

    愛知県立芸術大を卒業し、デザイナーになって二年目の本多由季さんが、子どもも大人も楽しみながら防災のすべを学べるボードゲーム「いえまですごろく」を完成させた。日赤愛知県支部との共同制作で商品化。3/1、予約販売を始める。3~6人のプレーヤーがスタートするコマは、子どもが一人で過ごしていそうな塾、公園、ショッピングセンター、駅の4カ所。サイコロを振り、ゴールの「わが家で家族と再会」を目指す。問題を解決しないと前に進めないコマがあり、複数のプレーヤーが手持ちの「救助カード」などを出し合えば解決できるルールで、被災者同士の協力の大切さも学べる仕組み。
    ▼いえまですごろく
    http://iemadesugoroku.jp/

  • 鶴見区防災講演会「災害時に一番大事なトイレの話」、「こんな支援が欲しい、災害時の女性の視点」

    鶴見区防災講演会「災害時に一番大事なトイレの話」、「こんな支援が欲しい、災害時の女性の視点」

    2016年03月09日

    鶴見区では、災害で避難生活を送ることになった時、少しでも快適に過ごしていただくために、「災害時に一番大事なトイレの話」、「こんな支援が欲しい、災害時の女性の視点」をテーマにした防災講演会を3/9(水)14時から鶴見区民文化センターサルビアホールにて開催。その他、防災グッズについてメーカー等の担当者から話が聞ける企業ブースも設置する。

  • SmartEyeglass等のウェアラブルデバイスや震災アーカイブデータを活用した被災地観光・防災教育ツアー『AR HOPE TOUR in Sendai』

    SmartEyeglass等のウェアラブルデバイスや震災アーカイブデータを活用した被災地観光・防災教育ツアー『AR HOPE TOUR in Sendai』

    2016年02月25日

    株式会社ディー・エム・ピーと東北大学 災害科学国際研究所(IRIDeS)は次世代型観光・防災・減災ソリューションの事業開発を目指し、実証実験を兼ねたツアーを3/12(土)仙台市にて実施する。ツアーでは、ARグラス及びタブレット端末を持ち、被災地を廻る。ARグラス及びタブレット端末には、誘導員が適宜、東日本大震災発生当時の映像や写真、証言記録の音声などを流す。
    ▼AR HOPE TOUR
    http://www.dmp.co.jp/ar-hope-tour/

  • スマホで行う防災教育と情報モラル教育~KDDIが支援

    スマホで行う防災教育と情報モラル教育~KDDIが支援

    2016年02月25日

    KDDIとKDDI研究所が2/14、兵庫県たつの市教育委員会の協力の下、龍野東中学校の2年生を対象にスマートフォンを活用した防災教育・情報モラル教育の実践授業を実施した。防災訓練では、生徒が4人1組のグループに分かれ、課外活動している最中に自然災害が発生したことを想定。各グループには、災害に関する情報カードが避難に役立つものとそうでないものが配布され、それだけでは避難所にたどり着けないように設定されている。このため、スマートフォンのチャットアプリを利用して他のグループから情報を収集する必要に迫られ、円滑なコミュニケーションや情報の正確な発信力や判断力が求められた。

  • UDEBUEをまいて歩こう 〜阪神・淡路大震災から生まれた防災アイテム〜

    UDEBUEをまいて歩こう 〜阪神・淡路大震災から生まれた防災アイテム〜

    2016年02月25日

    阪神淡路大震災の経験をもとに、"いざというときに命をつなぐ笛を、すぐに使える状態で持ち歩いていてほしい"という想いから生まれた防災アイテム。笛をブレスレットのようにアクセサリ感覚で持ち歩くことができる。3/14までプロジェクトのサポーターを募集している。

  • 4カ国語対応の防災マップ作製 市川市国際交流協会

    4カ国語対応の防災マップ作製 市川市国際交流協会

    2016年02月25日

    千葉県市川市国際交流協会が、外国人に正しい防災知識を提供したいと、初めて外国語版の防災ガイドマップを作った。日本語と英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応している。作製にあたり、9カ国の人からヒアリング。日本語にルビをふるなど、要望はほぼ反映した。市の減災マップは市域を4分割した地区別だが「別地域に友人が住んでいる」などの理由で、外国語版は全市域を一枚にまとめた。
    ▼市川市「市川市多言語防災ガイドマップ」
    http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul05/1111000179.html

  • 「バケツにレジ袋で簡易トイレ」神戸の知恵盛り込んだ防災ゲームを制作 明石高専「防災団」

    「バケツにレジ袋で簡易トイレ」神戸の知恵盛り込んだ防災ゲームを制作 明石高専「防災団」

    2016年02月10日

    兵庫県・明石工業高等専門学校で「防災士」を取得した学生らのグループ「明石高専防災団」が、阪神大震災の教訓と防災の知識を楽しみながら学んでもらおうと、ボードゲーム「SECOND HAZARD」を制作した。ゲームは、大災害が発生した後、二次災害を乗り越えてゴールの避難所を目指すという設定で、さいころを振って盤のマス目をコマで回り、防災グッズなどが書かれた手持ちのカードで災害を克服する。
    ▼明石高専防災団
    https://www.facebook.com/d.pro135.e/

  • 港区、防災意識向上を目的としたドラマ形式の動画を配信

    港区、防災意識向上を目的としたドラマ形式の動画を配信

    2016年02月10日

    東京都港区の高輪地区総合支所は、地域住民の防災に対する意識の向上を図ることを目的とした、ドラマ形式の動画を配信している。テーマごとの動画はそれぞれ「日常の防災対策」「発災時の対応」「震災後の活動」に分類され、長さは各動画約2~3分。「全編」動画でも約22分と短くまとめられており、防災に関する基本的な知識や心構えをドラマ形式でわかりやすく確認できるようになっている。
    ▼港区たかなわ地域防災研究事業映像「えっ、違うの!」~正しい防災知識と災害時の心構え~
    http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/bangumi/06-takanawa.html

  • お昼の校内放送で防災情報発信 神戸・真陽小児童

    お昼の校内放送で防災情報発信 神戸・真陽小児童

    2016年02月10日

    兵庫県神戸市の真陽小学校では、毎週月曜の昼休みに、児童らが校内放送で防災情報を発信している。関西大学社会安全学部安全マネジメント学科の学生が交流のある真陽地区防災福祉コミュニティを通じて昨年10月に放送を開始。地震や津波、火事に関するクイズや被災者の手記、児童や教諭が出演するラジオドラマなど、児童たちの疑問や意見、感想をもとに学生らが台本をまとめ、放送している。

  • 津波・水難から子供守れ 救命胴衣になる「通学バッグ」製品化

    津波・水難から子供守れ 救命胴衣になる「通学バッグ」製品化

    2016年02月10日

    ライフジャケットに活用できる通学用トートバッグ「フロートート」。静岡県焼津市西小川の大石桂三さん、里枝さん夫妻が、東日本大震災を教訓に、登下校中の子供たちの安全を守ろうと、4年半以上をかけて開発を進めてきた。有事の際、ファスナーを開いて頭からかぶりベルトを止めると、ライフジャケットとして使用できる。
    ▼フロートート
    http://www.floatote.com/