アクション!

おすすめ

  • 宮城復興支援センターは、こども防災協会と共催で、東日本大震災・熊本地震支援事業として、留学生と一緒に英語で防災知識を学べる「国際交流イングリッシュキャンプ2018」を開催する。出発エリアは埼玉、福岡、静岡、千葉、大阪、愛知、東京、神奈川、兵庫、京都。対象は小学1年から6年生で、外国人留学生、日本人海外留学経験者などが引率する。7月、8月の夏休み期間のほか、エリアによっては10月以降も開催される。
    ▼宮城復興支援センター 国際交流イングリッシュキャンプ
    http://www.ganbaro-miyagi.com/esc/

  • 渋谷防災実行委員会は、渋谷区と共催し、3回目となる 渋谷区総合防災訓練を9/1(土)2(日)に代々木公園にて開催する。東京消防庁が導入したゴーグル型の端末による360度の立体的な映像で地震や火災、風水害の状況が体感できる日本初の「VR防災体験車」や起震車が登場するほか、消防士体験VR、煙体験、放水訓練等が体験できる。また、新しい取り組みとして、発災時のリアルな予行演習ができる「体感型 防災アトラクションR」LIFE LINE Ⅱの体験や、フットサルやサッカーを通じて防災や減災のための知識を学ぶことのできるサッカー防災Rワークショップの「ディフェンス・アクション」も体験できる。
    ▼渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~
    http://www.shibuya-bosai.tokyo/

  • 一般社団法人防災ガールが、津波防災の普及啓発プロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」の一環で遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」を開発した。ゲームをプレイするだけで、だれでも正しい避難行動が理解できるように設計されており、実際の災害時を想定し、実現可能な防災のみを反映させたリアルな学びが得られる。7/30(月)まで、クラウドファンディングで製作費を募集している。
    ▼海と共に生きる未来のため、たのしみながら津波防災が学べるカードゲームを届けたい!
    https://camp-fire.jp/projects/view/87418

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 台風の通過時間を避けて移動するために、NAVITIMEで「台風情報」機能を提供開始

    台風の通過時間を避けて移動するために、NAVITIMEで「台風情報」機能を提供開始

    2016年09月09日

    iOS/Android向けナビアプリ「NAVITIME」が「台風情報」機能の提供を開始した。地図の選択メニューに追加した[台風情報]を選択することで、台風の現在地点から2日先までの予想進路を地図上に表示する。台風情報を事前に知ることで、台風の通過時間を避け、旅行や外出の計画、会社からいつ帰宅したほうが良いか、といった判断に役立てることができる。
    ▼株式会社ナビタイムジャパン『NAVITIME』
    http://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201608/22_3856.html

  • 未来共生災害救援マップ

    未来共生災害救援マップ

    2016年09月09日

    全国の避難所および宗教施設あわせて約30万件のデータを集積した日本最大級の災害救援・防災マップ。防災の取り組みを通して、地域の平常時からのつながり、コミュニティ作りに寄与し、災害時には救援活動の情報プラットフォームとなることを目指している。災害時には、連携して水や食料の融通をし、また外部からの救援者は「災救マップ」のデータをもとに、物資の状況や救援活動の拠点情報を把握し、連携しながら救援活動を行なえる。

  • ちきゅうで遊ぼう!「丸の内・触れる地球ミュージアム」

    ちきゅうで遊ぼう!「丸の内・触れる地球ミュージアム」

    2016年08月19日

    一般社団法人触れる地球の会の主催で、7月29日から10月30日まで、「丸の内・触れる地球ミュージアム」を東京 丸の内 行幸通り地下通路にて 開催している。夏休み中は、子ども・親子連れを対象にしたセミナー、ワークショップも開催。また、“地球目線” で捉えた世界や日本の食の未来像、気象・海象・地震、防災減災などをテーマにした体験型展示も行っている。

  • 「こどもちゃれんじ」と熊本在住の人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」が防災活動で協力

    「こどもちゃれんじ」と熊本在住の人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」が防災活動で協力

    2016年08月19日

    幼児の教育・生活支援ブランド「こどもちゃれんじ」と、人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」が、地震から子どもの身を守る啓発活動の一環として、YouTube上に防災動画を同時公開した。今回公開する動画版「じしんのときのおやくそく」は、今年3月、テレビ東京系列等で放送中のテレビ番組「しまじろう の わお!」で放送したもの。また、熊本在住の人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」は、4月に発生した熊本地震を被災した経験から、「じしんのときのおやくそく」をベースにしたオリジナルYouTube動画を制作・公開した。
    ▼こどもちゃれんじしまじろうチャンネル「じしんのときの おやくそく」
    https://youtu.be/pZqqYZ_QHLk
    ▼Kan & Aki’s CHANNEL「じしんのときの おやくそく♪あおにんじゃのうた」
    https://youtu.be/gJDJ88Qw9VI

  • みんなの安心・安全フェスタ「72時間をどう生きるか みんなで一緒に体験しよう」

    みんなの安心・安全フェスタ「72時間をどう生きるか みんなで一緒に体験しよう」

    2016年08月19日

    東京都杉並区では、西荻地域区民センター協議会・荻窪地域区民センター協議会の主催で9月10日(土)に第8回防災フォーラムを西荻地域区民センター・勤労福祉会館で開催する。「72時間をどう生きるか みんなで一緒に体験しよう」をテーマに、防災・減災のための工夫についての講演や、紙食器づくりワークショップ、防災かるたや身近にある物などでおんぶ紐づくりなど、子どもや子育て中の方が参加できる催しが多数開かれる。

  • どうすれば子どもを守れる?東大で防災を学ぼう8/27・28

    どうすれば子どもを守れる?東大で防災を学ぼう8/27・28

    2016年08月19日

    内閣府などが主催する「第1回防災推進国民大会」が8月27日と28日、東京大学本郷キャンパスで行われる。どうすれば自分や子どもを守れるのか、災害やその備えについて家族で楽しみながら学ぶ大会となる。日本気象協会による台風疑似体験、防災ガールによるドローン体験、防災ジオラマ推進ネットワークによる段ボールジオラマ、全労済による防災科学実験ショーなど、大人も子どもも楽しみながら防災を学べるイベントを開催する。
    ▼第1回防災推進国民大会
    http://bosai-kokutai.jp/index.html

  • あそびとまなびのキャンパス ~夏休み防災こどもキャンプ~

    あそびとまなびのキャンパス ~夏休み防災こどもキャンプ~

    2016年08月05日

    大阪市立大学が、8/20(土)・21(日)の1泊2日、小学5年生~6年生を対象とした「あそびとまなびのキャンパス ~夏休み防災こどもキャンプ~」を開催する。電子地図や位置情報を活用するICT演習、ダンボールを活用した寝床の設営やマンホールトイレ、防災用備蓄非常食の朝食など災害時避難所体験を通じ、子どもたちに防災について学んでもらう。

  • 防災用具、使い方完璧 東和 競技形式で確認

    防災用具、使い方完璧 東和 競技形式で確認

    2016年08月05日

    岩手県花巻市東和町の土沢地域づくり会議は、各防災用具を使った運動会スタイルの競技を通し、防災意識の向上につなげるとともに、互いに助け合う力を養い、自主防災の輪を広げていくため、6自主防災会合同での防災訓練を実施。競技は、各自主防災会に配備されている防災用具を使い、担架搬送リレーとお助けリヤカー競争、発電機ピカッとレース、避難物資調達競争の4種目が行われた。

  • 浅間火山博物館 非常食専門レストラン「華山」

    浅間火山博物館 非常食専門レストラン「華山」

    2016年08月05日

    群馬県嬬恋村の「浅間火山博物館」にオープンした、非常食専門のレストラン。メニューは、カルボナーラやペペロンチーノなどのパスタ類や、五目御飯、ドライカレーなどのご飯ものを中心に、15種類を用意。一食500円で、客がポットでお湯を入れる“自炊”タイプ。災害時には備蓄としても利用できる。

  • ご近所さん3つのマンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」

    ご近所さん3つのマンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」

    2016年08月05日

    神奈川県川崎市高津区久本で、3つの大規模マンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」が開催された。連携のきっかけは、“建物老朽化”と“住民の高齢化”という2つの老いに直面し、何かあったときに助け合うには、コミュニティ形成が必要だと考えたため。3マンションが合同で開催するイベントは2016年2月の餅つきに次いで2度目で、餅つきはきっかけ作りであり、今回はもう一歩踏み込んだ「知見の共有」が目的となった。