アクション!

おすすめ

  • 株式会社ワンテーブルと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、防災分野における新たな事業創出を目指し、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の事業コンセプト共創に関する覚書を締結した。この取り組みでは、被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指す。
    ▼JAXA 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180830_jsparc_j.html

  • 神奈川県小田原市内のNPO法人 防災総合ペット育成協会が東日本大震災での事例を基に、同行避難のための準備の大切さを呼びかける絵本「君とずっと一緒にいたいから」を出版した。一匹の犬が主人公で、震災に襲われ、大好きな飼い主の少年を探しに家を飛び出して迷子になり、名札などもつけていなかったため、誰にも引き取られずにひとりぼっちになってしまうというストーリー。最後に主人公を通し、名札やマイクロチップをつけることを呼びかける。
    ▼防災総合ペット育成協会
    https://www.bousaipet.org/

  • 一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは、神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科の女子学生が中心となり結成した「防災女子」と『オリジナル備蓄レシピ』を開発した。普段の料理やアウトドアでも活用できる、ポリ袋などを活用した簡単な調理レシピと、災害時に不足しがちな栄養素を意識した「1日分の献立」を公式ウェブサイトで公開している。
    ▼「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」 『オリジナル備蓄レシピ』
    https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock10.html

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • NHK和歌山「BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY」

    NHK和歌山「BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY」

    2016年10月20日

    NHK和歌山放送局では2011年9月の紀南の水害以降、台風などの災害で「一人の犠牲者も出さない」事を目指す「守るプロジェクト」を行なっている。このプロジェクトの一環として、ファッションをキーワードにしたイベントで若い世代を引き付け、身近な「服」を通して一度、防災について腰を据えて取り組んでもらいたいという目的で「災害時に役立つ服」のデザインを募集している。審査結果は来年2月にファッションショーの形式で発表する。デザインの応募締め切りは10月31日(必着)
    ▼NHK和歌山 守るプロジェクト
    http://www.nhk.or.jp/wakayama/mamoru/index.html

  • スマホで防災無線を遠隔放送 川口の企業が開発、気象情報の放送も

    スマホで防災無線を遠隔放送 川口の企業が開発、気象情報の放送も

    2016年10月20日

    Iot製品の開発や販売を手掛けるクエスタがスマートフォンの通信技術を活用して遠隔放送ができるクラウド型拡声放送設備「スマ放クラウド」を開発した。専用アプリ「スマ放マイク」をインストールしたスマホが拡声マイクの代わりとなり、カメラ映像で現場の状況を確認しながら作業員に的確な指示が出せる。気象庁が発信しているゲリラ豪雨予報などの気象情報を、自動で受信・放送する機能も付いている。
    ▼クエスタ株式会社
    http://questar.ac/products/

  • 雨(アメ)に備えていますか?「備え糖」

    雨(アメ)に備えていますか?「備え糖」

    2016年10月20日

    兵庫県神戸市が、大雨による土砂災害や地震などへの防災意識を市民に高めてもらおうと製作した防災啓発グッズ。災害時にも糖分の補給ができる飴の入った缶で、裏面には「災害への備え」のポイントを記載している。11月13日に実施される津波避難訓練や防災イベントなどで配布される予定。神戸市では、平時から気軽に楽しく防災について学ぶためのポータルサイト「SONAE to U(そなえとう)?」を昨年12月より公開している。
    ▼KOBE防災ポータルサイト「SONAE to U?」
    http://www.kobe-sonae.jp/

  • 福岡市「防災×テック(BOUSAI×TECH)」プロジェクト第2弾!

    福岡市「防災×テック(BOUSAI×TECH)」プロジェクト第2弾!

    2016年10月06日

    福岡市は日本財団と連携し、ICT、IoTといったテクノロジーの活用により課題解決を図る「防災×テック(BOUSAI×TECH)」プロジェクトに取り組み、その第2弾として「実証実験フルサポート事業」、「防災減災アプリコンテスト」を開催する。「防災減災アプリコンテスト」では避難者支援アプリをテーマに10/22(土)、23(日)にももち浜SRPホールでハッカソンを行う。
    ▼福岡市防災減災アプリコンテスト
    https://mashupawards.doorkeeper.jp/events/51245

  • 豊洲BO-SAI EXPO2016

    豊洲BO-SAI EXPO2016

    2016年10月06日

    10/15(土)、16(日)に豊洲地区で行なわれる防災イベント。BO-SAI 暮らしの学校」では、楽しみながら防災を学べる体験型プログラムを展開。「東京ガス イザ!カエルキャラバン!」では、「そのまえ」、「そのとき」、「そのあと」という3つのテーマを設定し、地震発生前から避難生活まで状況ごとに役立つ知恵や技を紹介。いずれも、親子がいっしょに楽しみながら、防災知識が自然と身に付くプログラムとなっている。
    ▼「イザ!カエルキャラバン!」ってなあに?
    http://kaeru-caravan.jp/whats

  • 自治体向けに災害発生時の初動を支援する「初動支援キット」

    自治体向けに災害発生時の初動を支援する「初動支援キット」

    2016年10月06日

    日立システムズは、自治体向けに地震や津波などの災害発生時における職員の初動(災害対策本部の設置や住民の避難誘導など)を支援する「初動支援キット」を10月から販売する。初動支援キットには、所属部署や役割に応じて、各職員が次に行動すべき内容をスマートデバイス上で確認できる機能や、地図情報システムや防災マップと連携し、避難所の情報や避難すべき方向をスマートフォンを通じて住民向けに発信できる機能などが含まれている。今回の販売開始に先立ち、千葉県旭市で実証実験も行っている。
    ▼旭市防災マップ
    http://www.city.asahi.lg.jp/section/soumu/news/2014-0502-1300-2.html

  • ボウサイをデザインするyamoryが手がける、パラコードアクセサリショップ

    ボウサイをデザインするyamoryが手がける、パラコードアクセサリショップ

    2016年10月06日

    パラシュートのコードとして使われている「パラコード」を編み込んだブレスレット。パラコードを解くと長いロープになり、布をかけて隣とのしきりにしたり、自分や荷物をしばって安全を確保するなど様々な用途で使用する事ができる。このパラコードを編む作業を、就労継続支援B型いいわーくすに依頼しており、「災害時要援護者」とされる人たちとボウサイを考える一端としている。パルコのクラウドファンディングにてプロジェクトを実施中。

  • 横浜市港南区「ペット手帳」配布

    横浜市港南区「ペット手帳」配布

    2016年10月06日

    横浜市港南区が、区獣医師会の全面協力のもとに、わかりやすく、活用しやすい「ペット手帳」を作成した。手帳には、飼い主を証明するためにペットと飼い主が一緒に写っている写真を貼り付け、ペットの情報と飼い主の情報を書き込む。かかりつけの動物病院や薬、フードの種類を書き込む欄のほか、持ち出し品のチェックリストもある。地域防災拠点での訓練時や区内の動物病院で配布している。

  • 3世代で参加可能!国内最大級の体験型“防災”イベント「みんなの防災+ソナエ」

    3世代で参加可能!国内最大級の体験型“防災”イベント「みんなの防災+ソナエ」

    2016年09月23日

    みんなの防災プロジェクト実行委員会が、体験を通して防災意識の向上を図るイベント「みんなの防災+ソナエ」を9月4日(日)~11月27日(日)にかけて、全国9地区11会場のイオンモールで実施する。会場ではもしもの時に行動が起こせる体験ができる「ソナエBOOTCAMP」や災害時のドローン活動の操縦体験ができる「ドローンでGO!」のコーナー。ステージでは災害時に役立つ日用品の選び方や、防災アイテムを覚えられるBINGOゲームなどを開催する。

  • ケーブルテレビ網で防災情報を配信!奈良県御杖村が導入

    ケーブルテレビ網で防災情報を配信!奈良県御杖村が導入

    2016年09月23日

    DXアンテナとこまどりケーブルの両社は、奈良県御杖村に地域の防災福祉情報をケーブルテレビ網で配信する「防災・福祉情報配信システム」を導入し、運用を開始したことを発表した。防災情報の個別世帯向け配信システムとしては全国で初めての事例。DXアンテナの情報配信プラットフォーム「DXマルチキャスト」によるもので、IP データ配信により平常時は地域コミュニティ情報や行政情報を、緊急時はテレビを自動切り替えして、避難情報などを配信する。
    ▼DXアンテナ 全国初!「奈良県 御杖村」へ防災・福祉情報配信システムを導入
    https://goo.gl/2AmcfH