アクション!

おすすめ

  • 富岡町3.11を語る会は、2013年4月から震災の実情、避難生活の現状、被災者の心情、復興への想い等、語り伝えていく「語り人(べ)」口演」を実施している。町民が語り人になって、年間200口演以上実施し、今まで4万人以上の人に、富岡町民の声を届けてきた。富岡町を「わが町」と思い、新たなコミュニティを創出するために、町民による富岡町を題材にした町民劇を1月26日に開催する。

  • 神奈川県川崎市で2018年12月9日、将来の津波災害から住民を守る次世代型の避難支援の可能性を探る実証実験が行なわれた。強い揺れで建物が壊れ、大津波で街の一部が浸水するという想定で行われた実験に、約90人の市民が参加。スマートフォンに実験用のアプリをダウンロードしておき、参加者は表示される地図を見ながら避難した。川崎市が東北大学災害科学国際研究所、東京大学地震研究所、富士通とともに進めている「川崎臨海部におけるICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」の一環で、このシステムがどれくらい避難行動を助けたのか、改善点はどこにあるのかといった点をこれから検討していく。
    ▼川崎市 「川崎臨海部における ICT 活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」より安全な津波避難に向けた ICT 活用の実証実験を実施
    http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000101/101590/press-release.pdf

  • TEAM防災ジャパンでは、2019年2月2日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南」を開催します。
    県内・県外の多様な領域、多世代の防災の担い手をつなぐことにより、「化学反応」を起こし、皆さんの日頃の防災活動を活性化させるヒントが生まれるイベントとなる予定です。
    そのため、活動エリア・内容を問わず、全国から多くの方にご参加いただけますと幸いです。
    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2019年2月2日(土)14:00~18:00(受付開始13:30)

    会場:
    茅ヶ崎市コミュニティホール(茅ヶ崎市役所分庁舎)6階 集会室1・2
    〒253-8686 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
    (JR東海道本線・相模線「茅ヶ崎駅」より徒歩10分)

    備考:
    ・定員(150名)に達した場合、募集を終了する可能性がございますので、ご了承ください。

    <プログラム>
    ・「茅ヶ崎まち歩きツアー」(名古屋大学:武村雅之先生)※先着30名まで
     (オプショナルツアーとして11時~13時(予定)に実施します。)
    ・基調講演「湘南で発見しよう!防災×化学反応」(仮)(東京大学:加藤孝明先生)
    ・基調講演「防災活動をもっと元気に!」(仮)(明治大学:山本俊哉先生)
    ・プレゼンテーション「神奈川における防災の取組について~これまでとこれから~」
    ・ワークショップ「みんなの防災、わたしの決意」

    また、オフラインミーティング終了後、18:00から同会場にて「つながる会」と題して懇親会(会費4,000円)を行います。皆様、奮ってご参加ください。(申込後のキャンセルは、1/18(金)までにお願いします)

    お申し込みは、以下の申込フォームからお願いいたします。

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南 申込フォーム」

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • スマホで防災無線を遠隔放送 川口の企業が開発、気象情報の放送も

    スマホで防災無線を遠隔放送 川口の企業が開発、気象情報の放送も

    2016年10月20日

    Iot製品の開発や販売を手掛けるクエスタがスマートフォンの通信技術を活用して遠隔放送ができるクラウド型拡声放送設備「スマ放クラウド」を開発した。専用アプリ「スマ放マイク」をインストールしたスマホが拡声マイクの代わりとなり、カメラ映像で現場の状況を確認しながら作業員に的確な指示が出せる。気象庁が発信しているゲリラ豪雨予報などの気象情報を、自動で受信・放送する機能も付いている。
    ▼クエスタ株式会社
    http://questar.ac/products/

  • 雨(アメ)に備えていますか?「備え糖」

    雨(アメ)に備えていますか?「備え糖」

    2016年10月20日

    兵庫県神戸市が、大雨による土砂災害や地震などへの防災意識を市民に高めてもらおうと製作した防災啓発グッズ。災害時にも糖分の補給ができる飴の入った缶で、裏面には「災害への備え」のポイントを記載している。11月13日に実施される津波避難訓練や防災イベントなどで配布される予定。神戸市では、平時から気軽に楽しく防災について学ぶためのポータルサイト「SONAE to U(そなえとう)?」を昨年12月より公開している。
    ▼KOBE防災ポータルサイト「SONAE to U?」
    http://www.kobe-sonae.jp/

  • 福岡市「防災×テック(BOUSAI×TECH)」プロジェクト第2弾!

    福岡市「防災×テック(BOUSAI×TECH)」プロジェクト第2弾!

    2016年10月06日

    福岡市は日本財団と連携し、ICT、IoTといったテクノロジーの活用により課題解決を図る「防災×テック(BOUSAI×TECH)」プロジェクトに取り組み、その第2弾として「実証実験フルサポート事業」、「防災減災アプリコンテスト」を開催する。「防災減災アプリコンテスト」では避難者支援アプリをテーマに10/22(土)、23(日)にももち浜SRPホールでハッカソンを行う。
    ▼福岡市防災減災アプリコンテスト
    https://mashupawards.doorkeeper.jp/events/51245

  • 豊洲BO-SAI EXPO2016

    豊洲BO-SAI EXPO2016

    2016年10月06日

    10/15(土)、16(日)に豊洲地区で行なわれる防災イベント。BO-SAI 暮らしの学校」では、楽しみながら防災を学べる体験型プログラムを展開。「東京ガス イザ!カエルキャラバン!」では、「そのまえ」、「そのとき」、「そのあと」という3つのテーマを設定し、地震発生前から避難生活まで状況ごとに役立つ知恵や技を紹介。いずれも、親子がいっしょに楽しみながら、防災知識が自然と身に付くプログラムとなっている。
    ▼「イザ!カエルキャラバン!」ってなあに?
    http://kaeru-caravan.jp/whats

  • 自治体向けに災害発生時の初動を支援する「初動支援キット」

    自治体向けに災害発生時の初動を支援する「初動支援キット」

    2016年10月06日

    日立システムズは、自治体向けに地震や津波などの災害発生時における職員の初動(災害対策本部の設置や住民の避難誘導など)を支援する「初動支援キット」を10月から販売する。初動支援キットには、所属部署や役割に応じて、各職員が次に行動すべき内容をスマートデバイス上で確認できる機能や、地図情報システムや防災マップと連携し、避難所の情報や避難すべき方向をスマートフォンを通じて住民向けに発信できる機能などが含まれている。今回の販売開始に先立ち、千葉県旭市で実証実験も行っている。
    ▼旭市防災マップ
    http://www.city.asahi.lg.jp/section/soumu/news/2014-0502-1300-2.html

  • ボウサイをデザインするyamoryが手がける、パラコードアクセサリショップ

    ボウサイをデザインするyamoryが手がける、パラコードアクセサリショップ

    2016年10月06日

    パラシュートのコードとして使われている「パラコード」を編み込んだブレスレット。パラコードを解くと長いロープになり、布をかけて隣とのしきりにしたり、自分や荷物をしばって安全を確保するなど様々な用途で使用する事ができる。このパラコードを編む作業を、就労継続支援B型いいわーくすに依頼しており、「災害時要援護者」とされる人たちとボウサイを考える一端としている。パルコのクラウドファンディングにてプロジェクトを実施中。

  • 横浜市港南区「ペット手帳」配布

    横浜市港南区「ペット手帳」配布

    2016年10月06日

    横浜市港南区が、区獣医師会の全面協力のもとに、わかりやすく、活用しやすい「ペット手帳」を作成した。手帳には、飼い主を証明するためにペットと飼い主が一緒に写っている写真を貼り付け、ペットの情報と飼い主の情報を書き込む。かかりつけの動物病院や薬、フードの種類を書き込む欄のほか、持ち出し品のチェックリストもある。地域防災拠点での訓練時や区内の動物病院で配布している。

  • 3世代で参加可能!国内最大級の体験型“防災”イベント「みんなの防災+ソナエ」

    3世代で参加可能!国内最大級の体験型“防災”イベント「みんなの防災+ソナエ」

    2016年09月23日

    みんなの防災プロジェクト実行委員会が、体験を通して防災意識の向上を図るイベント「みんなの防災+ソナエ」を9月4日(日)~11月27日(日)にかけて、全国9地区11会場のイオンモールで実施する。会場ではもしもの時に行動が起こせる体験ができる「ソナエBOOTCAMP」や災害時のドローン活動の操縦体験ができる「ドローンでGO!」のコーナー。ステージでは災害時に役立つ日用品の選び方や、防災アイテムを覚えられるBINGOゲームなどを開催する。

  • ケーブルテレビ網で防災情報を配信!奈良県御杖村が導入

    ケーブルテレビ網で防災情報を配信!奈良県御杖村が導入

    2016年09月23日

    DXアンテナとこまどりケーブルの両社は、奈良県御杖村に地域の防災福祉情報をケーブルテレビ網で配信する「防災・福祉情報配信システム」を導入し、運用を開始したことを発表した。防災情報の個別世帯向け配信システムとしては全国で初めての事例。DXアンテナの情報配信プラットフォーム「DXマルチキャスト」によるもので、IP データ配信により平常時は地域コミュニティ情報や行政情報を、緊急時はテレビを自動切り替えして、避難情報などを配信する。
    ▼DXアンテナ 全国初!「奈良県 御杖村」へ防災・福祉情報配信システムを導入
    https://goo.gl/2AmcfH

  • 愛知県立海翔高生らがつくった防災ソング「つなぎたい未来」

    愛知県立海翔高生らがつくった防災ソング「つなぎたい未来」

    2016年09月23日

    防災意識の啓発に役立てようと、愛知県内で唯一、環境防災コースがある県立海翔高校の生徒らが「防災ソング」を作った。制作したのは、普通科環境防災コースの1、2年生24人。明るくキャッチーな曲にのせ、災害が起きても、お互いが支え合って立ち向かっていくことの大切さを伝える。曲は今後、生徒らが近隣の小中学校で行っている防災の出前授業や、地域のイベントなどで披露していく予定で、CDを希望する学校に配ることも考えている。
    ▼愛知県立海翔高校
    http://www.kaisho-h.aichi-c.ed.jp/