アクション!

おすすめ

  • 【新型コロナウイルス感染症の影響により、中止となりました。】
    『産業界が牽引する事業継続計画(BCP)策定促進セミナー〜今求められる南海トラフ地震/首都直下地震対応 個社だけではない産業界の対応はどうあるべきか〜』が内閣府主催により、令和2年3月12日(名古屋会場)と3月19日(東京会場)に開催される。
    名古屋大学 福和教授・立教大学 野田教授による講演や、BCP策定相談会を予定。
    入場無料だが、事前申し込み制となっており、セミナー事務局のメールアドレスから受け付けを行なっている。

  • マンションの災害対策は、これまで地震を中心に考えられてきたが、近年の地球温暖化の影響による異常気象が常態化しつつあり、地震に加えて水害、台風、猛暑等の「複合災害」への対応が喫緊の課題となっている。このようなリスクに対し、複合災害に強いマンションづくり、災害後の復旧・復興を視野に入れた総合対策を、組織的・計画的に進めていく必要があるが、わが国には、これまでマンション防災に特化した研修制度がない(令和2年度1月時点)
    MALCAでは、様々な知見をもとに、水害対策等も含むマンションの災害対策の特殊性やMLCP(マンション生活継続計画)の考え方、目的、防災計画の策定方法、管理組合等の組織的対応、合意形成ファシリテーション能力の向上、復興・復旧手法等マンション防災に特化した研修プログラムを令和2年2月23日・24日(東京会場)の二日間で開催する。
    事前申し込み制であり、受講申込書に記入の上、メール・FAXにて受付を行う。

  • 長野県では、 市民・ボランティア・行政・自衛隊などが連携し、被災者のために一丸となって災害廃棄物等の撤去を行う「One NAGANO(ワン ナガノ)」という全国のモデルとなり得るプロジェクトが立ち上がった。11月2日3日4日の3連休には、一層集中的に取り組むこととしている。
    令和元年台風第 19 号からの復旧・復興に向け、宮城県、福島県、栃木県など広域にわたる被災地では、ボランティアの力を必要としている。

    災害ボランティアセンターの情報は全国社会福祉協議会のホームページから。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 待望の絵本「輝け☆未来のぼうさいっこ」が完成

    待望の絵本「輝け☆未来のぼうさいっこ」が完成

    2017年02月13日

    東北福祉大の学生防災士団体「Team Bousaisi」が、震災を風化させないため、小学校の低学年向けに絵本「輝け☆未来のぼうさいっこ」を作製した。小学校低学年の男子2人と女子が帰宅後にそれぞれ地震に遭い、学校に避難するストーリーで、小学校で習った「自分の命を守ろう」「みんなで助け合おう」「協力することが大切」という教えに従い、実際に行動する様子を描いた。

  • イラストで震災「実感」 川崎市が啓発冊子

    イラストで震災「実感」 川崎市が啓発冊子

    2017年02月13日

    神奈川県川崎市は、大規模地震発生後の市内の被害を市民に分かりやすくイメージしてもらおうと、イラストを多用した防災啓発冊子「川崎市に大地震が起きた日」を発行した。市の被害想定調査などに基づき、M7.3の首都直下地震発生直後から2週間後までの6段階を描写。市のホームページからダウンロードできる。
    ▼川崎市に大地震が起きた日
    http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/15-3-13-9-0-0-0-0-0-0.html

  • 家族亡くした震災体験紙芝居、広まる教材活用

    家族亡くした震災体験紙芝居、広まる教材活用

    2017年02月13日

    小学2年生のときに阪神・淡路大震災で母親と弟を亡くした小学校教師、長谷川元気さんの経験を題材にした紙芝居「元気くんのゆめ」。長谷川さんが所属する震災の語り部グループで神戸学院大の舩木伸江准教授も活動している縁で、同大の学生たちが長谷川さんにインタビューを重ねて作った。母と弟が亡くなったと分かった時、学校の担任に励まされて教師を目指したことなど、それぞれの場面を絵で示し、児童にどう感じるかを問い掛ける。紙芝居は長谷川さんの体験を、子どもたちが自分のことのように考えるきっかけになる。
    ▼神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 舩木ゼミ「元気くんのゆめ」
    http://www.dri.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/kobegakuinn2.pdf

  • 東京都オープンデータ防災アプリコンテスト

    東京都オープンデータ防災アプリコンテスト

    2017年01月27日

    東京都が災害に対する事前の備えや発災時の対処などに役立つ、オープンデータを用いたWeb サービスやアプリケーションのコンテストを行う。個人、グループ、法人等を問わず、誰でも何点でも応募できる。作品応募締切は3/6(月)。このコンテストにあわせて、平成28年9月に実施した「防災アイデアワークショップ」の情報も公開している。

  • ぎゅっとぼうさい博!2017~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~

    ぎゅっとぼうさい博!2017~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~

    2017年01月27日

    若者・子育て世代や災害弱者となりがちな子供・女性を中心に、地震・防災に関する興味を持ってもらい、「防災の基本を1日で取得できる」ことを目的にした博覧会。2/18(土)東京・池袋サンシャインシティ文化会館で開催。全国から防災のエキスパートが会場に集まり、各種ブースやセミナーでわかりやすく防災を紹介する。

  • 防災特撮映画「大災獣ニゲロン」1・17撮影開始

    防災特撮映画「大災獣ニゲロン」1・17撮影開始

    2017年01月27日

    地震や津波などの災害を怪獣に見立てた特撮映画。「災害から逃げて命を守る」というメッセージを発信しようと、神戸・新長田の活性化に携わってきたNPO法人「KOBE鉄人PROJECT」の岡田誠司さんら、神戸の映画ファンやアーティストが集結。阪神・淡路大震災から丸22年の1月17日にクランクインし、今春お披露目予定。
    ▼大災獣ニゲロン
    https://www.facebook.com/大災獣ニゲロン-1762340957351245/

  • 「脱出ゲーム」で楽しく防災訓練 震災経験者考案

    「脱出ゲーム」で楽しく防災訓練 震災経験者考案

    2017年01月27日

    謎解きを楽しみながら災害時の対応を考える「体感型防災アトラクション」。地域で防災訓練への参加が進まない現状に「飽きさせない啓発を」と、遊園地で人気の「脱出ゲーム」に着目。移動式のアトラクションを展開し、阪神・淡路大震災で22年前に得た自助、共助の教訓を、震災を知らない親子らに伝えたいと普及に取り組んでいる。
    ▼体感型 防災アトラクション ~LIFE LINE~
    http://escape-at.com/portfolio-view/体感型 防災アトラクション ~life line~/

  • 横浜市消防局×横浜ウォーカー×崎陽軒コラボ 横濱かりぃ ローリングストックBOX

    横浜市消防局×横浜ウォーカー×崎陽軒コラボ 横濱かりぃ ローリングストックBOX

    2017年01月27日

    横浜市消防局と横浜ウォーカー、崎陽軒がコラボレーション企画として発売。「横濱かりぃ」を横浜市消防局が誇るSR(特別高度救助部隊)の車輛をモチーフにした消防車型カートンに詰め合わせた。ローリングストック法という災害用食糧備蓄方法を多くの市民の方に知ってもらい、その重要性を広くPRし、防災・減災意識の向上に少しでも役立ちたいとしている。

  • 防災教育向けARアプリを開発!オープンソースソフトウェアとして公開

    防災教育向けARアプリを開発!オープンソースソフトウェアとして公開

    2017年01月27日

    避難所やAEDの位置などの防災関連情報や、訓練用に仮想設定した火災や土砂崩れ発生などの情報を、タブレット端末の画面上に可視化表示させる拡張現実(AR)アプリを開発。対象エリアにどのような災害リスクがあるのか? 近くにどのような防災関連施設が用意されているのか? などを現地(実際に訓練する場所)で地理空間的に認識することができる。また、アプリのプログラムコードやアイコン画像などを、オープンライセンスとして公開しており、他地域における防災教育へ活用することや、防災教育の目的に限らず、地域の観光や教育目的に容易に応用することが可能となっている。

  • 現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    2017年01月13日

    兵庫県立大大学院応用情報科学研究科の研究チームが開発した防災のWebアプリ。住所や目印になる建物名を入力すると、南海トラフ巨大地震で想定される津波高や、数十年に1度の大雨による洪水で想定される浸水の深さが確認できる。近くにある避難所やリアルタイムの気象情報も知ることができる。