アクション!

おすすめ

  • 「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ 内閣府では、地区防災計画の策定を推進するため、最新事例等を紹介し、地区防災計画 には策定主体、プロセス、計画内容等に様々なバリエーションがあることを示し、地区防災計画の新しい切り口や課題等を共有する「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」を平成30年3月24日(土)に、東京都内にて開催します。
    下記リンクより、お申し込みください。
    皆さまの参加をお待ちしています。

  • 大阪市立大の学生が大阪・中崎町のかばんブランド「ichimaruni」と共同で開発した、防災袋「AIR POST」。同校の学生を対象に行った防災に関するアンケートで「学生のほとんどが、危機感があるにも関わらず防災袋を持っていない」ことが分かり、また被災地の学生への聞き取り調査では、従来の防災袋のほとんどは部屋に置くと違和感があるデザイン、邪魔になる大きさだったために仕舞い込まれ、災害時持ち出すことができなかったことが分かった。そのため、普段はインテリアとしても使えるようBOX型とし、避難時にはリュックサック型に変形する防災袋を制作した。救急セットなど非常持ち出し品13点を含めて、3月14日から、市立大の生協ショップで販売する。

  • 一般社団法人EFCが、障害者や高齢者などを対象に、介護に必要な道具・設備や介助内容までを含めた災害時の備えを考えるためのチェックキット「安心・防災帳」を活用したワークショップを開催している。キットは、国立障害者リハビリテーションセンター研究所が障害者・高齢者のために災害時に必要となる備品などを整理するためのチェックツールとして開発したもの。あらかじめ用意されたワークシートなどを活用し、ファシリテーターとやり取りをしながら、ステップに沿って作成を進めることで、自分自身の身体状況や生活に合わせた備えリストを作成することができる。
    ▼一般社団法人EFC(アース・フレンドリー・サーキュレーション) 障害者・高齢者の災害対策事業
    http://efc.or.jp/business/bus02

新着順

  • 災害時にドローンで情報伝達 「ドローンインパクトチャレンジ2015」

    災害時にドローンで情報伝達 「ドローンインパクトチャレンジ2015」

    2015年11月18日

    日本初となる本格的なドローンレースイベント「ドローンインパクトチャレンジ2015」が、11月7日に千葉県香取市で開催され、エキシビジョンとして災害時の情報伝達手段としてのドローン活用提案デモが行われた。ドローンが災害拠点、避難場所、トイレなどを知らせる看板や垂れ幕(デモでは箱形のものが使われた)をつり下げてホバリングすることで、通信インフラが遮断されたような状況下で、被災者や避難者に対して目視による目印を提供することができる。

  • 家族にも安否情報 防災速報システム開発

    家族にも安否情報 防災速報システム開発

    2015年11月18日

    大地震や津波の発生時、社員などの安否を確認すると同時に、その家族にも状況を知らせることができる業界初というタブレット型防災速報安否確認システム「絆」を、和歌山市砂山南のネットウォーカー(株)が開発した。地震を検知するとアラームを鳴らしながら予想震度、発生までの時間などを画面に表示するとともに、事前に登録した社員などの携帯電話に一斉にメールを配信。受信者が自分の安否情報を回答すると、同時に家族の携帯電話にも回答内容がメールで送信される。また、防災教育用の「eラーニング機能」も搭載。防災訓練を行いながら、一斉配信メールで出題される10の設問に答えることで、受信者が防災知識を深められる。
    ▼防災速報システム「絆」 http://netwalker-inc.co.jp/kizuna

  • 【3・11】東北地整の「災害初動期指揮心得」が電子書籍で無料ダウンロード可能に

    【3・11】東北地整の「災害初動期指揮心得」が電子書籍で無料ダウンロード可能に

    2015年11月18日

    「3・11」での過酷な災害対応をもとに国土交通省東北地方整備局がまとめた「東日本大震災の実体験に基づく、災害初動期指揮心得」がKindle版の電子書籍として世界中に発信。通信販売サイトのAmazonの協力で10月9日から配信を開始。対象の各国において無料でダウンロード、閲覧できるようになる。
    ▼Amazon 災害初動期指揮心得
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00S8UXG9G/ref=cm_sw_r_tw_dp_aHdtwb0G5KH9Y

  • 津波防災シンポジウム2015 ~子どもたちと描く千年希望の未来~

    津波防災シンポジウム2015 ~子どもたちと描く千年希望の未来~

    2015年10月29日

    森の防潮堤協会が、生存科学研究所、日本フィトセラピー協会とともに、津波防災の日である11月5日に東京でシンポジウムを開催する。このシンポジウムでは、植物生態学、津波工学、脳科学、生物学などさまざまな角度から東日本大震災を検証しつつ、宮城県岩沼市「千年希望の丘」の取り組みを紹介しながら、未来に向けて、自然との共生という日本の伝統に立ち返った防災・減災のあり方を子どもたちとともに探る。

  • 防災タウンページ(防災ガール)

    防災タウンページ(防災ガール)

    2015年10月29日

    「NTTタウンページ」とわかりづらい防災をより分かりやすく、楽しみながら学べるコンテンツを生み出す「防災ガール」が協力して作った、防災関連情報を集めた別冊「防災タウンページ」。「いざ!という時に生き延びる」をコンセプトとし、緊急時に必要なコンテンツを厳選するとともに、災害発生時の活用を前提として、持ち出しが可能なように軽量でコンパクトなサイズで発行。

  • 30秒で立ち上がる 電気不要の防災用テントをクラレが開発

    30秒で立ち上がる 電気不要の防災用テントをクラレが開発

    2015年10月29日

    化学繊維・樹脂メーカー大手のクラレが、骨組みとシートが一体構造になっていて、大人4人の作業で電気を使わずに30秒で立ち上がる防災テントを開発。組み立てた際のテントの広さは28平方メートル(16畳分)で、緊急時の現地対策本部や避難用住居、医療・救護スペースなどのほか、簡易倉庫や作業場などで使われることを想定している。

  • 高校生のための6時間でわかる気象災害講座

    高校生のための6時間でわかる気象災害講座

    2015年10月21日

    防災科学技術研究所が、防災力を身につけるための無料講座を11月3日に東京都千代田区・日本教育会館にて開催。防災科学技術研究所の研究員が講師となり、豪雨や竜巻、浸水や高波など土砂災害が発生するメカニズムや予測技術について1日かけて授業を行なう。参加対象は、高校生だけでなく、中学生や一般まで250人が定員で、事前の登録が必要(先着順)。
    申し込みWEBサイト:https://www.omc.co.jp/saigai_kouza/touroku.php

  • 『JKCガゼット』9月号防災特集 愛犬の防災カードを作っちゃおう!

    『JKCガゼット』9月号防災特集 愛犬の防災カードを作っちゃおう!

    2015年10月21日

    JKCオリジナル愛犬防災カード。PDFをダウンロードして、愛犬の情報を書き込み、非常持ち出し袋やキャリーケースに取り付けておくことで、動物救護や迷子になった時に役立つ。

  • 防災をいつも身近に!ガチャピン・ムックが教えてくれる避難所を確認してみよう!!

    防災をいつも身近に!ガチャピン・ムックが教えてくれる避難所を確認してみよう!!

    2015年10月21日

    i-phone、スマートフォン用地図アプリ「恋するマップ」。自宅や外出先の避難場所を事前に確認し、日頃からの防災に対する意識を高めるため、「全国避難所データ」をジャンルに追加。ジャンルをセットするだけで、ガチャピン・ムックが地図上で避難所の場所を表示してくれる。

  • 防災トランプ

    防災トランプ

    2015年10月21日

    防災を楽しく学ぶカードゲーム。トランプを楽しみながら防災を考え、家族やお友達と身の回りの小さな危険や体験談をシェアして学びあえる。