アクション!

おすすめ

  • 福岡県福岡市が、防災アプリ『ツナガル+(プラス)』を開発し、4月11日からサービスを開始した。アプリは市が主催した防災アプリコンテストで最優秀賞に選ばれた富士通九州システムズが開発。災害発生時に、被災者の位置をGPSなどを使って割り出し、付近の指定避難所一覧や経路を示す。ライフライン復旧情報や、各避難所での支援物資の配給状況などを市が発信する。また、被災者からも、現在位置や被災の状況、支援物資の必要量などを市に発信できる。
    ▼富士通九州システムズ 自治体の危機管理者向け指定外避難所支援SaaSの提供開始
    http://www.fujitsu.com/jp/group/kyushu/resources/news/press-releases/2018/0411.html

  • 5月31日~6月3日にかけて、最先端の消防・防災製品や情報を集めた「東京国際消防防災展2018」が東京ビッグサイトで開催される。5年に1度行われる、国内最大級の消防・防災に関する展示会で、火災・災害から身を守るための最新技術や、注目の製品が紹介される。「まちかど防災訓練車」が設置されるほか、ポンプ車やはしご車の乗車体験、保存食を利用したスイーツコンテストが開催されるなど、子供から大人まで幅広い世代の人が楽しめるものとなっている。
    ▼東京国際消防防災展2018
    http://www.fire-safety-tokyo.com/jp/

  • 災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが、平成30年6月に東京港へ寄港することから、内閣府(防災担当)では、米国海軍による「マーシー」の一般見学会のほか、日米共同災害医療搬送訓練、災害医療・防災関係者等を対象としたセミナー、シンポジウム等を企画しています。
    このたび一般見学会の参加希望者及び「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」の傍聴希望者の募集を開始しますのでお知らせします。

    <一般見学会>
    ■日 時 :平成30年6月16日(土)午後
    ■場 所 : 東京港大井水産物埠頭(東京都大田区東海5丁目3番5号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 400人(定員を超えた場合は抽選)

    <シンポジウム>
    「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム
    ~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」
    ■日 時 : 平成30年6月19日(火)13:30~17:50
    ■場 所 : ヒルトン東京 4階 菊の間(東京都新宿区西新宿6丁目6番2号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 100人(受付は先着順)

    ▼米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う 一般見学会、シンポジウムの参加者募集について(内閣府(防災担当))
    http://www.bousai.go.jp/jishin/sonota/tamokutekisen/pdf/180516_mercy.pdf

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • SmartEyeglass等のウェアラブルデバイスや震災アーカイブデータを活用した被災地観光・防災教育ツアー『AR HOPE TOUR in Sendai』

    SmartEyeglass等のウェアラブルデバイスや震災アーカイブデータを活用した被災地観光・防災教育ツアー『AR HOPE TOUR in Sendai』

    2016年02月25日

    株式会社ディー・エム・ピーと東北大学 災害科学国際研究所(IRIDeS)は次世代型観光・防災・減災ソリューションの事業開発を目指し、実証実験を兼ねたツアーを3/12(土)仙台市にて実施する。ツアーでは、ARグラス及びタブレット端末を持ち、被災地を廻る。ARグラス及びタブレット端末には、誘導員が適宜、東日本大震災発生当時の映像や写真、証言記録の音声などを流す。
    ▼AR HOPE TOUR
    http://www.dmp.co.jp/ar-hope-tour/

  • スマホで行う防災教育と情報モラル教育~KDDIが支援

    スマホで行う防災教育と情報モラル教育~KDDIが支援

    2016年02月25日

    KDDIとKDDI研究所が2/14、兵庫県たつの市教育委員会の協力の下、龍野東中学校の2年生を対象にスマートフォンを活用した防災教育・情報モラル教育の実践授業を実施した。防災訓練では、生徒が4人1組のグループに分かれ、課外活動している最中に自然災害が発生したことを想定。各グループには、災害に関する情報カードが避難に役立つものとそうでないものが配布され、それだけでは避難所にたどり着けないように設定されている。このため、スマートフォンのチャットアプリを利用して他のグループから情報を収集する必要に迫られ、円滑なコミュニケーションや情報の正確な発信力や判断力が求められた。

  • UDEBUEをまいて歩こう 〜阪神・淡路大震災から生まれた防災アイテム〜

    UDEBUEをまいて歩こう 〜阪神・淡路大震災から生まれた防災アイテム〜

    2016年02月25日

    阪神淡路大震災の経験をもとに、"いざというときに命をつなぐ笛を、すぐに使える状態で持ち歩いていてほしい"という想いから生まれた防災アイテム。笛をブレスレットのようにアクセサリ感覚で持ち歩くことができる。3/14までプロジェクトのサポーターを募集している。

  • 4カ国語対応の防災マップ作製 市川市国際交流協会

    4カ国語対応の防災マップ作製 市川市国際交流協会

    2016年02月25日

    千葉県市川市国際交流協会が、外国人に正しい防災知識を提供したいと、初めて外国語版の防災ガイドマップを作った。日本語と英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応している。作製にあたり、9カ国の人からヒアリング。日本語にルビをふるなど、要望はほぼ反映した。市の減災マップは市域を4分割した地区別だが「別地域に友人が住んでいる」などの理由で、外国語版は全市域を一枚にまとめた。
    ▼市川市「市川市多言語防災ガイドマップ」
    http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul05/1111000179.html

  • 「バケツにレジ袋で簡易トイレ」神戸の知恵盛り込んだ防災ゲームを制作 明石高専「防災団」

    「バケツにレジ袋で簡易トイレ」神戸の知恵盛り込んだ防災ゲームを制作 明石高専「防災団」

    2016年02月10日

    兵庫県・明石工業高等専門学校で「防災士」を取得した学生らのグループ「明石高専防災団」が、阪神大震災の教訓と防災の知識を楽しみながら学んでもらおうと、ボードゲーム「SECOND HAZARD」を制作した。ゲームは、大災害が発生した後、二次災害を乗り越えてゴールの避難所を目指すという設定で、さいころを振って盤のマス目をコマで回り、防災グッズなどが書かれた手持ちのカードで災害を克服する。
    ▼明石高専防災団
    https://www.facebook.com/d.pro135.e/

  • 港区、防災意識向上を目的としたドラマ形式の動画を配信

    港区、防災意識向上を目的としたドラマ形式の動画を配信

    2016年02月10日

    東京都港区の高輪地区総合支所は、地域住民の防災に対する意識の向上を図ることを目的とした、ドラマ形式の動画を配信している。テーマごとの動画はそれぞれ「日常の防災対策」「発災時の対応」「震災後の活動」に分類され、長さは各動画約2~3分。「全編」動画でも約22分と短くまとめられており、防災に関する基本的な知識や心構えをドラマ形式でわかりやすく確認できるようになっている。
    ▼港区たかなわ地域防災研究事業映像「えっ、違うの!」~正しい防災知識と災害時の心構え~
    http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/bangumi/06-takanawa.html

  • お昼の校内放送で防災情報発信 神戸・真陽小児童

    お昼の校内放送で防災情報発信 神戸・真陽小児童

    2016年02月10日

    兵庫県神戸市の真陽小学校では、毎週月曜の昼休みに、児童らが校内放送で防災情報を発信している。関西大学社会安全学部安全マネジメント学科の学生が交流のある真陽地区防災福祉コミュニティを通じて昨年10月に放送を開始。地震や津波、火事に関するクイズや被災者の手記、児童や教諭が出演するラジオドラマなど、児童たちの疑問や意見、感想をもとに学生らが台本をまとめ、放送している。

  • 津波・水難から子供守れ 救命胴衣になる「通学バッグ」製品化

    津波・水難から子供守れ 救命胴衣になる「通学バッグ」製品化

    2016年02月10日

    ライフジャケットに活用できる通学用トートバッグ「フロートート」。静岡県焼津市西小川の大石桂三さん、里枝さん夫妻が、東日本大震災を教訓に、登下校中の子供たちの安全を守ろうと、4年半以上をかけて開発を進めてきた。有事の際、ファスナーを開いて頭からかぶりベルトを止めると、ライフジャケットとして使用できる。
    ▼フロートート
    http://www.floatote.com/

  • 首都直下地震防災啓発イベント「いまこそ知りたい私たちに必要なソナエ」

    首都直下地震防災啓発イベント「いまこそ知りたい私たちに必要なソナエ」

    2016年01月22日

    2月14日(日)に、気象庁、日本赤十字社、内閣府及び大田区との共催により、大田区産業プラザPio2階 小展示ホールで開催される、首都直下地震防災啓発イベント。このイベントでは、子育て世代の女性に役立つ情報や、デコホイッスル作り、カードゲームで学ぶ安全・安心ポーズなど、子どもと一緒に参加できるワークショップ等も多数用意。また、会場には授乳スペースやベビーカー置き場等も設けている。

  • 災害時の連携を考える全国フォーラム

    災害時の連携を考える全国フォーラム

    2016年01月22日

    全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)準備会の主催で、2/12(金)、13(土)に東京都墨田区の国際ファッションセンター3階KFCホールで開催される。このフォーラムは、セクターを超えた支援関係者が全国から一堂に会し「多様性を認め合い」「地域を尊重し」「支援の落ち・抜け・漏れ・ムラを無くす」という、めざすベクトルを共有し、これからの連携を考えるための場となる。