アクション!

おすすめ

  • 広島FMでは、いつ襲ってくるか分からない自然災害に備え、どんな状況になったら避難すべきか、災害が起こったら何をすべきか、問題を解いていくことで命を守るための判断力が身に付く「ドリル」形式の本を2019年7月1日より無料配布する。2018年の豪雨災害で実際に避難された方や被災自治体へのインタビューも交えるなど、特に広島で暮らす人に役立つ内容となっている。

  • 香川大学四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構では、平成30年7月豪雨で甚大な被害を受けた被災地の復興を支援する研究プロジェクト【災害の教訓を次世代に残したい。避難機能付き共同住宅「サツキ PROJECT」】を、クラウドファンディングにより資金を募り実施する。
    期間は、令和元年6月24日(月)~8月20日(火)まで
    プロジェクト詳細

  • 2019年7月10日18日に、都道府県、避難所の運営主体である市区町村を中心に、人の命・健康と密接に関係する避難所の衛生に、必要な視点、知識、考え方を身につけた人材をつくる講座を一般財団法人 日本環境衛生センターが開設する。センターから各自治体へ出張して、防災・危機管理担当者をはじめ、 避難所開設者、避難所運営者、保健師、保健所環境衛生監視員、地域の自主防災組織な どの皆様を対象に、1日研修プログラムを提供予定。災害ごみ・し尿の管理、感染症対策やトイレの衛生等の避難所の衛生対策について、講義、ワークショップで学んでいく。今回は、講座の意義、内容を知ってもらうために、講座の一部を抽出したデモンストレーション講座(半日)を無料で開催される ※要事前予約

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」

    防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」

    2018年09月07日

    シヤチハタ株式会社と東北大学災害科学国際研究所及び東北大学スマート・エイジング学際重点研究センターが共同で開発した、防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」が9/1(土)から受注販売される。土砂災害の恐れがある地域に合わせた仕様のスタンプで、スタンプラリーを行いながら災害への備えと被害を低減させるための行動を自分で考え、実践する力を育てる事を目指している。
    ▼シヤチハタ 防災・減災スタンプラリー
    https://www.shachihata.co.jp/stamprally_service/product/disaster_prevention.html

  • ガスの科学館「2018防災 “知っている”から“できる”にする日」

    ガスの科学館「2018防災 “知っている”から“できる”にする日」

    2018年09月07日

    東京ガスは、災害時に備える啓発活動の一環として、9/1(土)・16(日)の2日間、東京都江東区のがすてなーに ガスの科学館にて「2018防災 “知っている”から“できる”にする日」を開催する。「火育」や「災害時のトイレをそなえよう!」等の一度体験しておくと災害時に役立つ東京ガス独自の防災プログラムを多数開催するほか、連動企画として東京臨海広域防災公園そなエリア東京「防災体験学習施設」と東京ガス「がすてなーに ガスの科学館」 を回る、myTOKYOGAS会員限定の親子防災体験ツアーも実施する。
    ▼東京ガス ガスの科学館がすてなーに
    http://www.gas-kagakukan.com/

  • 「ぼうさいこくたい 2018」(10/13(土)・14(日))の最新情報

    「ぼうさいこくたい 2018」(10/13(土)・14(日))の最新情報

    2018年08月31日

    2018年10月13日(土)・14日(日)に、ぼうさいこくたい2018が開催されます。

    昨年度の仙台大会では、2日間で延べ約1万名の方が来場され、防災に関する様々なテーマで実施された26のセッションをはじめ、ブース・ポスター展示、屋外イベントなど、専門家からご家族連れまで幅広い方が防災を学ぶことのできる場となりました。
    3回目の開催となる本年度は、会場を東京(東京ビッグサイト・そなエリア(東京臨海広域防災公園))に移し、「大規模災害に備える~みんなの連携の輪を地域で強くする~」が大会テーマとなっています。
    そなエリアでは、東京都が主催する防災展との同時開催となります。

    詳細は以下のリンクをご確認ください。

    ・「防災推進国民大会2018」の開催について

    ぼうさいこくたい2018のSNSは以下のアイコンからご覧ください。

      

  • 小学生対象、英語で留学生と防災知識を学ぶ「国際交流イングリッシュキャンプ」

    小学生対象、英語で留学生と防災知識を学ぶ「国際交流イングリッシュキャンプ」

    2018年08月09日

    宮城復興支援センターは、こども防災協会と共催で、東日本大震災・熊本地震支援事業として、留学生と一緒に英語で防災知識を学べる「国際交流イングリッシュキャンプ2018」を開催する。出発エリアは埼玉、福岡、静岡、千葉、大阪、愛知、東京、神奈川、兵庫、京都。対象は小学1年から6年生で、外国人留学生、日本人海外留学経験者などが引率する。7月、8月の夏休み期間のほか、エリアによっては10月以降も開催される。
    ▼宮城復興支援センター 国際交流イングリッシュキャンプ
    http://www.ganbaro-miyagi.com/esc/

  • 防災・減災シンポジウム「いつかの地震に備える」

    防災・減災シンポジウム「いつかの地震に備える」

    2018年08月09日

    群馬県、群馬県建設技術センター、上毛新聞社の主催で、防災・減災シンポジウム「いつかの地震に備える~平安時代の大地震、弘仁地震から1200年~」を8/17(金)に前橋市の群馬県公社総合ビル多目的ホールで開催する。1200年前の弘仁9(818)年に関東地方全域に大被害をもたらした「弘仁地震」を題材に、熊本地震をはじめ頻繁に発生する内陸の大地震について学び、今後の防災対策を考える。

  • 渋谷に集う、みんなのための防災フェス『渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~』

    渋谷に集う、みんなのための防災フェス『渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~』

    2018年08月09日

    渋谷防災実行委員会は、渋谷区と共催し、3回目となる 渋谷区総合防災訓練を9/1(土)2(日)に代々木公園にて開催する。東京消防庁が導入したゴーグル型の端末による360度の立体的な映像で地震や火災、風水害の状況が体感できる日本初の「VR防災体験車」や起震車が登場するほか、消防士体験VR、煙体験、放水訓練等が体験できる。また、新しい取り組みとして、発災時のリアルな予行演習ができる「体感型 防災アトラクションR」LIFE LINE Ⅱの体験や、フットサルやサッカーを通じて防災や減災のための知識を学ぶことのできるサッカー防災Rワークショップの「ディフェンス・アクション」も体験できる。
    ▼渋谷区総合防災訓練~SHIBUYA BOSAI FES 2018~
    http://www.shibuya-bosai.tokyo/

  • 遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」

    遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」

    2018年07月26日

    一般社団法人防災ガールが、津波防災の普及啓発プロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」の一環で遊びながら津波防災について学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」を開発した。ゲームをプレイするだけで、だれでも正しい避難行動が理解できるように設計されており、実際の災害時を想定し、実現可能な防災のみを反映させたリアルな学びが得られる。7/30(月)まで、クラウドファンディングで製作費を募集している。
    ▼海と共に生きる未来のため、たのしみながら津波防災が学べるカードゲームを届けたい!
    https://camp-fire.jp/projects/view/87418

  • 防災豆知識を毎日掲載したダイアリーを分冊化!『防災+手帳』2019年版

    防災豆知識を毎日掲載したダイアリーを分冊化!『防災+手帳』2019年版

    2018年07月26日

    365日役立つ防災知識が学べる『防災+手帳』の2019年版。京都大学名誉教授で阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター長の河田惠昭氏が監修。東日本大震災の実体験から得た教訓を防災ノウハウとしてまとめ、防災豆知識を毎日掲載したダイアリーや、防災のさまざまな疑問に答える防災Q&A、毎月の防災テーマとチェックポイント、防災訓練実施項目一覧表など、役立つ知識が掲載されている。

  • 災害リスクを点数で見える化! LIFULL HOME‘S空き家バンク

    災害リスクを点数で見える化! LIFULL HOME‘S空き家バンク

    2018年07月26日

    地盤ネット株式会社は、株式会社LIFULLが提供している「LIFULL HOME’S空き家バンク」に地盤ネットのハザードマップ及び地盤安心スコアを掲載した形で6月14日よりサービスを開始した。地盤という専門的なデータを地盤安心スコアという形に視覚化することで、空き家購入検討ユーザーにとって「安心・安全」、「災害リスク」の2点の情報が入手可能となった。
    ▼LIFULL HOME’S 空き家バンク
    https://www.homes.co.jp/akiyabank/

  • 一般社団法人協働型災害訓練「災害発生時に利活用可能な防災コンテンツ・防災リソース」

    一般社団法人協働型災害訓練「災害発生時に利活用可能な防災コンテンツ・防災リソース」

    2018年07月26日

    一般社団法人協働型災害訓練が、平成30年7月豪雨への対応を行っている防災組織関係者へ向けて、災害発生時に利活用可能な防災コンテンツ・防災リソースを公開している。避難所や自宅避難者の医療情報の把握と共有に役立つ医療に特化したソーシャル医療連携プラットフォームや、地域情報共有・収集ツールとして活用し、地図情報として公開することが可能なeコミマップなどを紹介している。
    ▼協働型災害訓練in杉戸
    https://www.icsjapan.org/cdt