アクション!

おすすめ

  • 岩手県大船渡市の知的障害者の就労支援に取り組む一般社団法人「かたつむり」が企画と加工を手掛け、北上市の障害者就労支援施設「北上アビリティーセンター」がパッケージデザインを担当した。陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」を乾燥処理したパックや野田村産の塩、5年間保存可能な水がセットになっていて、米のパックは水と反応する発熱材で温める。東日本大震災時、避難所では支援物資の配給に行列ができ、温かい食事を提供できないケースもあったため、非常食一式をコンパクトにまとめた。
    ▼2017年度グッドデザイン賞 災害備蓄品 [逃げた先にある安心(もしもの備え、5年保存可能な災害備蓄Kit)]
    http://www.g-mark.org/award/describe/44871

  • 11月26日(日)に宮城県仙台市にて開催される「ぼうさいこくたい」に合わせて、「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<夜の部>」と題して、懇親会を開催いたします。
    皆さまが日頃より取り組んでいる、防災・減災活動の情報共有を行っていただき、防災ネットワークをより強固なものにしていただく機会といたします。

    日時:2017年11月26日(日)18:30~20:30(受付開始18:00)

    会場:
    伊達なおもてなし DUCCA 仙台駅前店(仙台駅より徒歩3分)
    住所 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3-6-10 マックスマクタビル3F

    会費:3,500円(※当日お支払いください)

    参加ご希望の方は、申込フォームに、ご氏名、ご所属、メールアドレス、電話番号(当日の連絡先)を明記の上、申込してください。

    申し込み先:参加申込フォーム(←こちらをクリックしてください) 
    ※11月22日(水)までにお申込ください。(期限を延長しました)

    皆さまの参加を心よりお待ちしています。

  • 11月26日(日)に宮城県仙台市にて開催される「ぼうさいこくたい」に合わせて、「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング<昼の部>」を開催します。
    防災に取り組まれている皆様が、「ぼうさいこくたい」に集まるこの機会に、皆さまの顔合わせができる場を設けました。皆さまが日頃より取り組んでいる、「防災・減災活動」の情報や課題の共有など、防災について語り合いましょう。また、広く参加者にお配りしたい資料などがありましたら、当会場にて配布することは可能ですので、お持ちください。
    開催している時間帯において、お好きなタイミングでお立ち寄りください。 飲み物や、お持ち帰りいただける防災に役立つグッズなどを用意しています。 皆さまの参加を心よりお待ちしています。

    日時:2017年11月26日(日)15:00~17:00 (出入り自由)
    会場:仙台国際センター小会議室4

新着順

  • 「平成28年度 海外における防災政策とその効果に関する災害事例等調査」報告会の開催について

    「平成28年度 海外における防災政策とその効果に関する災害事例等調査」報告会の開催について

    2017年03月21日

    内閣府の主催で3月28日(火)に東京都千代田区の都道府県会館にて開催。報告会では、内閣府が先進国及び開発途上国6カ国(アメリカ合衆国、ニュージーランド、オーストラリア、インド、フィリピン、モンゴル)に関して、優先行動に沿った防災政策(基本戦略・体制など)やその効果について、最近10年程度の災害を事例に用いて調査分析を行った結果の報告や考察を行うとともに、それらを踏まえ、日本が担う国際防災協力及び我が国の防災政策の方向性等についてディスカッションする。

  • 震災から6年、子どもたちが楽しみながら防災を学ぶ 学生団体が“防災ファッションショー”を実施

    震災から6年、子どもたちが楽しみながら防災を学ぶ 学生団体が“防災ファッションショー”を実施

    2017年03月21日

    芝浦工業大学の学生プロジェクト団体「すみだの‘巣’づくりプロジェクト」が、2月26日、防災イベント「イザ!カエルキャラバン!in 寺島2017」内の企画の一つとして、“防災ファッションショー”を企画・実施した。ただ身近なもので暖を取る方法を教えるだけでは子どもたちに興味を持ってもらえないと考え、オリジナルの服を作ってファッションショーの形式とすることで、楽しく防災を学ぶきっかけとした。また、暖かさを体感するだけでなく、サーモグラフィーカメラで着用前後の温度を測ることで効果を可視化して学べる企画となった。
    ▼すみだの'巣'づくりプロジェクト
    https://www.facebook.com/sumida.sudukuri/

  • 卒業デザインで学生が防災グッズ作製

    卒業デザインで学生が防災グッズ作製

    2017年03月21日

    岡山県の川崎医療福祉大で医療デザインを学ぶ15人の卒業制作展が倉敷市立美術館で開かれ、守田和史さんは、岡山に住む高齢者の「防災力」を高めようと、小冊子やカレンダー、ちょっと切ない内容の絵本など5種類の啓発グッズを制作。防災ハンドブックでは、東日本大震災などで犠牲になった高齢者の統計を分かりやすいグラフで表し、家庭内の地震対策をシンプルな絵で説明。連絡先や持ち出し品のチェック表も付けた。
    ▼川崎医療福祉大学医療福祉デザイン学科 卒業制作展
    http://www.kawasaki-m.ac.jp/mw/news/2016/design/index.html

  • 過去の教訓を未来につなぐ「災害カレンダー」

    過去の教訓を未来につなぐ「災害カレンダー」

    2017年03月21日

    Yahoo!天気・災害にて、カレンダー上に地震や噴火など、過去のその日に発生した災害名と発生年を掲示。災害名をクリックすると災害に関する詳しい情報や記録写真などが表示される。防災科学技術研究所や防災専門図書館、東京都立図書館といった行政関連施設や河北新報社など計8団体が記事や写真を提供しており、情報の充実のため、さらに災害記録の提供が可能な報道機関や地方自治体などを募集している。
    ▼災害カレンダー(Yahoo!天気・災害)
    http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/calendar/

  • DANCHI Caravan「団地deキャンプ/いつものもしも」

    DANCHI Caravan「団地deキャンプ/いつものもしも」

    2017年03月21日

    団地敷地内でのキャンプやワークショップに加え、自主防災会による参加・体験型の防災訓練を実施するイベント。防災ワークショップでは、普段使いのものを緊急時に役立たせる知識をブース形式で楽しく学ぶことができる。多世代が会場に集まり交流することで、地域コミュニティのきずなが深まることも期待される。

  • Yahoo! JAPAN 16.7mの津波の高さを知る広告「防災は、想像から。」

    Yahoo! JAPAN 16.7mの津波の高さを知る広告「防災は、想像から。」

    2017年03月09日

    ヤフー株式会社が、防災や減災について考えるきっかけの提供を目的とするコンテンツなどを紹介する特集「3.11応援企画」の公開に合わせ、インターネット以外でも、1人でも多くの方が震災当時のことを思い返し、防災意識を高めてもらいたいという思いから、3月6日から12日まで、銀座 ソニービルに広告を掲載。最大で16.7mという津波の高さ、脅威を想像できるシンプルなデザインとなっている。
    ▼あの日を忘れない。それが一番の防災
    https://news.yahoo.co.jp/staffblog/info/bousaipush_jishin.html

  • 週刊ビッグコミックスピリッツ15号 特集「君と僕の防災」

    週刊ビッグコミックスピリッツ15号 特集「君と僕の防災」

    2017年03月09日

    東日本大震災から6年目となり、防災に対して読者の関心が大きく高まる時期に合わせて、青年コミック誌であるという特性を活かし、マンガやイラストなどを活用しながら特集記事「君と僕の防災」を企画。1冊は自分の手元に、もう1冊は大切な人へ贈るという「防災ミニブック」2冊が付録となっている。3月13日(月)発売。

  • social football COLO「ディフェンス・アクション」

    social football COLO「ディフェンス・アクション」

    2017年03月09日

    サッカー・フットサルをしながら防災減災を体感するワークショップ。東日本大震災をきっかけに結成されたサッカー、フットサルといったフットボールを通じた社会貢献を行う“social football COLO”が実施。パスをしながら備蓄品を学ぶ「パス・ストック」、チームごとにPKのゴール数を競いながら伝言を伝えていく「伝言PK」など子どもたちが楽しんで参加できるワークショップを開催している。

  • 東日本大震災を被災したママ・イラストレーターがすべての家族に伝えたい「1日1防災」とは。

    東日本大震災を被災したママ・イラストレーターがすべての家族に伝えたい「1日1防災」とは。

    2017年03月09日

    2011年3月11日、宮城県多賀城市で車を運転中に被災者となったイラストレーターで超多忙ママのアベナオミさんの防災ノウハウを、コミック、イラストでわかりやすく解説した本『被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40』。「無理する防災は続かない」「家族を救うのは、毎日少しずつの意識」など、厳しい日々を実体験し、平穏な毎日の大切さをかみ締める彼女ならではのメッセージが詰まっている。
    ▼学研 被災ママに学ぶちいさいな防災のアイディア40
    https://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=2380072200

  • 地区防災計画フォーラム

    地区防災計画フォーラム

    2017年03月09日

    内閣府主催で、3月25日(土)に愛知県名古屋市の名古屋国際センター(ホール)にて開催。住民の自発的な防災活動である地区防災計画制度の意義や地域における事例等を紹介し、今後、更なる地域防災力の向上を図ることが目的。当日は、今年度の活動・活動マネジメント・今後の展望の3部に分かれ、各基調講演のほか、今年度モデル事業の報告や、パネルディスカッションが行われる。