アクション!

おすすめ

  • インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」が、災害時におけるインターネットの正しい使い方をまとめた「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」を3月6日(水)にSo-net公式ホームページにて公開した。このマニュアルは、防災やインターネット分野の専門家による監修のもと、災害が発生したときのインターネットの利用方法や災害に対する事前準備などの情報について、Q&A方式で親しみやすいイラストを交えてまとめている。
    ▼ソニーのネット ソネット 防災マニュアル
    https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/measures_manual.html

  • 第4回の全国フォーラムでは、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマとして掲げ、災害時に直面した課題に対して解決に繋げていくための提言・啓発もしくは、その礎を生み出す。オープニング、全体セッション、20分野の分科会を通じて、多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、専門的な知識やノウハウを共有し、連携・協働が具体的に進められることを目指している。

    <日時>
    2019年5月21日(火):13時から18時30分(交流会 19時から20時30分)
    2019年5月22日(水):9時から15時
    <会場>
    国際ファッションセンター 3階 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1)
    <参加対象>
    災害時、被災者支援に関係する団体・機関
    行政(国/地方自治体)・企業/経済団体・NPO/NGO・市民活動団体・社会福祉協議会・大学/研究機関・国際機関・職能団体(福祉、医療、法律分野などの関係者)・労働組合・協同組合・青年会議所・中間支援組織・助成団体など
    <主催>
    全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
    <共催>
    内閣府政策統括官(防災担当)
    災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

    ※申込詳細は下記リンクより
    http://jvoad.jp/forum

  • 東日本大震災の津波に襲われ、機能が停止した仙台市南蒲生浄化センターで、汚水処理に当たった職員の奮闘を記録した企画展「それでも、下水は止められない」が期間を延長し7月7日(日)まで、せんだい3.11メモリアル交流館で開かれている。センターは、1日に約30万トンの下水が流れ込む全国最大規模の処理施設。市内の下水の約7割を処理する。震災では10メートルの津波が襲い、電源を喪失した。被災から新施設稼働まで、各段階の取り組みを写真パネルなどで紹介する。
    ▼仙台市 南蒲生浄化センター復旧までの記録
    http://www.city.sendai.jp/keekikaku-shomu/kurashi/machi/lifeline/gesuido/gesuido/shinsai/kansoku.html
    ▼せんだい3.11メモリアル交流館 3.11現場の事実×心の真実「それでも、下水は止められない。」
    http://sendai311-memorial.jp/feature/2018exhibition03/

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • ぼうさいこくたい2018にガチャピンとムックが来るよ!

    ぼうさいこくたい2018にガチャピンとムックが来るよ!

    2018年10月01日

    10月13日(土)そなエリアにスペシャルゲストとして、ガチャピンとムックが来場します!
    記念撮影はもちろん、一緒に乗り物を体験したり、防災ツアー巡りができるなど、ガチャピン・ムックと触れ合える機会が満載です。
    是非13日はそなエリアにご来場いただき、ガチャピン・ムックと楽しみながら、「防災」について学びましょう!

    当日のスケジュールは以下の通りです。
    10時半~11時 大臣との記念撮影
    13時半~14時 来場者との記念撮影
    15時~15時半 かっこいい乗り物を来場者と一緒に体験
    16時半~17時 ガチャピン・ムックと巡る、そなエリア観覧ツアー

  • 国土強靱化ワークショップ(第4回)の開催

    国土強靱化ワークショップ(第4回)の開催

    2018年09月21日

    11月10日(土)に、大阪駅近くの「リファレンス大阪駅前第4ビル 23階(2307会議室)」にて、国土強靱化ワークショップが開催される。
    「『レジリエンス』×『コミュニティ』いざという時、助け合えるつながりをつくろう」をテーマに、いざという時に助け合えるコミュニティとは?日常からの取り組みとは?ということについて検討する内容となっている。
    なお、話題提供者として、一般社団法人防災ガール代表理事の田中美咲氏の登壇を予定している。
    成果を楽しく共有できる、誰でも参加しやすい内容となっており、幅広い方々の参加を募集している。

    ※募集締切は、11月2日(金)まで。

    ・国土強靱化ワークショップ(第4回)案内・申込書

  • 国土強靱化ワークショップ(第3回)の開催

    国土強靱化ワークショップ(第3回)の開催

    2018年09月21日

    11月3日(土)に、東京のJR山手線・京浜東北線田町駅近くの「ビジョンセンター田町」にて、国土強靱化ワークショップが開催される。
    「『レジリエンス』×『コミュニティ』避難所運営ゲーム(HUG)を体験してみませんか?」をテーマに、災害時に生き残り、支え合うための行動を避難所運営ゲーム(HUG)で学べる内容となっている。
    なお、話題提供者として、(特活)日本ファシリテーション協会 (FAJ)フェロー・災害復興支援グループの鈴木まり子氏の登壇を予定している。
    成果を楽しく共有できる、誰でも参加しやすい内容となっており、幅広い方々の参加を募集している。

    ※募集締切は、10月26日(金)まで。

    ・国土強靱化ワークショップ(第3回)案内・申込書

  • 10月1日 大水害 in 東京 ~多様な人の避難を考える~

    10月1日 大水害 in 東京 ~多様な人の避難を考える~

    2018年09月14日

    女性の視点を東京の防災に生かそうと、防災活動の普及啓発などに取り組むボランティアや医師ら女性7人が中心となって呼びかけ発足した「女性防災ネットワーク・東京」の主催で、水害時の避難について考えるイベントが、10/1(月)に港区新橋のフィルポート大会議室で開かれる。多様な人が、どのような情報を入手し、どうすれば率先して避難できるのかを検討する。

  • 品川区立三木小学校で「防災体験お泊まり会」

    品川区立三木小学校で「防災体験お泊まり会」

    2018年09月14日

    「防災の日」の9/1に、東京都品川区の区立三木小学校で「防災体験お泊まり会」があり、児童や保護者ら約200人が参加した。同小PTAが20年ほど前から毎年開いており、1泊2日の日程で、昼間に防災について学んだ後、夜に非常食のアルファ米やカレーを食べ、体育館に段ボールを敷いて泊まる取り組み。30種類の防災グッズを覚えるゲームなど保護者らが工夫をこらした企画もあった。

  • 豪雨もたらす積乱雲 気象研究者が絵本で解説

    豪雨もたらす積乱雲 気象研究者が絵本で解説

    2018年09月14日

    気象庁気象研究所の荒木健太郎研究官が、大雨や雷、竜巻をもたらす積乱雲の成り立ちを物語にした絵本「せきらんうんのいっしょう」を出版した。西日本豪雨など積乱雲を要因とする災害を踏まえ「雲がどう発生し、どんな生涯をたどるかを楽しんで知り、防災意識を高めて」と思いを込める。挿絵での雲の形は成長に沿い正確に表し、気象学に配慮した。本の最後に、大人向けに、雲の解説や雨量分布を予測する気象庁のサービスを載せた。
    ▼ジャムハウス「せきらんうんのいっしょう」
    https://jam-house-media.themedia.jp/posts/4403113

  • 国土強靱化ワークショップの開催

    国土強靱化ワークショップの開催

    2018年09月12日

    9月22日(土)に、仙台市の仙都会館にて、国土強靱化ワークショップが開催される。
    「『レジリエンス』×『コミュニティ』地域の多様な人々の支え合いを考えよう」をテーマに、いざという時に、しなやかに助け合えるコミュニティを作るには何が必要かを話し合う。
    成果を楽しく共有できる、誰でも参加しやすい内容となっており、防災・減災に関心をお持ちの方、子育て世代の方など、幅広い方々の参加を募集している。

    ※募集締切を、9月20日(木)まで延長中。

    ・国土強靱化ワークショップ案内・申込書

  • 防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」

    防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」

    2018年09月07日

    シヤチハタ株式会社と東北大学災害科学国際研究所及び東北大学スマート・エイジング学際重点研究センターが共同で開発した、防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」が9/1(土)から受注販売される。土砂災害の恐れがある地域に合わせた仕様のスタンプで、スタンプラリーを行いながら災害への備えと被害を低減させるための行動を自分で考え、実践する力を育てる事を目指している。
    ▼シヤチハタ 防災・減災スタンプラリー
    https://www.shachihata.co.jp/stamprally_service/product/disaster_prevention.html

  • ガスの科学館「2018防災 “知っている”から“できる”にする日」

    ガスの科学館「2018防災 “知っている”から“できる”にする日」

    2018年09月07日

    東京ガスは、災害時に備える啓発活動の一環として、9/1(土)・16(日)の2日間、東京都江東区のがすてなーに ガスの科学館にて「2018防災 “知っている”から“できる”にする日」を開催する。「火育」や「災害時のトイレをそなえよう!」等の一度体験しておくと災害時に役立つ東京ガス独自の防災プログラムを多数開催するほか、連動企画として東京臨海広域防災公園そなエリア東京「防災体験学習施設」と東京ガス「がすてなーに ガスの科学館」 を回る、myTOKYOGAS会員限定の親子防災体験ツアーも実施する。
    ▼東京ガス ガスの科学館がすてなーに
    http://www.gas-kagakukan.com/

  • 「ぼうさいこくたい 2018」(10/13(土)・14(日))の最新情報

    「ぼうさいこくたい 2018」(10/13(土)・14(日))の最新情報

    2018年08月31日

    2018年10月13日(土)・14日(日)に、ぼうさいこくたい2018が開催されます。

    昨年度の仙台大会では、2日間で延べ約1万名の方が来場され、防災に関する様々なテーマで実施された26のセッションをはじめ、ブース・ポスター展示、屋外イベントなど、専門家からご家族連れまで幅広い方が防災を学ぶことのできる場となりました。
    3回目の開催となる本年度は、会場を東京(東京ビッグサイト・そなエリア(東京臨海広域防災公園))に移し、「大規模災害に備える~みんなの連携の輪を地域で強くする~」が大会テーマとなっています。
    そなエリアでは、東京都が主催する防災展との同時開催となります。

    詳細は以下のリンクをご確認ください。

    ・「防災推進国民大会2018」の開催について

    ぼうさいこくたい2018のSNSは以下のアイコンからご覧ください。