アクション!

おすすめ

  • 福岡県福岡市が、防災アプリ『ツナガル+(プラス)』を開発し、4月11日からサービスを開始した。アプリは市が主催した防災アプリコンテストで最優秀賞に選ばれた富士通九州システムズが開発。災害発生時に、被災者の位置をGPSなどを使って割り出し、付近の指定避難所一覧や経路を示す。ライフライン復旧情報や、各避難所での支援物資の配給状況などを市が発信する。また、被災者からも、現在位置や被災の状況、支援物資の必要量などを市に発信できる。
    ▼富士通九州システムズ 自治体の危機管理者向け指定外避難所支援SaaSの提供開始
    http://www.fujitsu.com/jp/group/kyushu/resources/news/press-releases/2018/0411.html

  • 5月31日~6月3日にかけて、最先端の消防・防災製品や情報を集めた「東京国際消防防災展2018」が東京ビッグサイトで開催される。5年に1度行われる、国内最大級の消防・防災に関する展示会で、火災・災害から身を守るための最新技術や、注目の製品が紹介される。「まちかど防災訓練車」が設置されるほか、ポンプ車やはしご車の乗車体験、保存食を利用したスイーツコンテストが開催されるなど、子供から大人まで幅広い世代の人が楽しめるものとなっている。
    ▼東京国際消防防災展2018
    http://www.fire-safety-tokyo.com/jp/

  • 災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが、平成30年6月に東京港へ寄港することから、内閣府(防災担当)では、米国海軍による「マーシー」の一般見学会のほか、日米共同災害医療搬送訓練、災害医療・防災関係者等を対象としたセミナー、シンポジウム等を企画しています。
    このたび一般見学会の参加希望者及び「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」の傍聴希望者の募集を開始しますのでお知らせします。

    <一般見学会>
    ■日 時 :平成30年6月16日(土)午後
    ■場 所 : 東京港大井水産物埠頭(東京都大田区東海5丁目3番5号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 400人(定員を超えた場合は抽選)

    <シンポジウム>
    「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム
    ~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」
    ■日 時 : 平成30年6月19日(火)13:30~17:50
    ■場 所 : ヒルトン東京 4階 菊の間(東京都新宿区西新宿6丁目6番2号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 100人(受付は先着順)

    ▼米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う 一般見学会、シンポジウムの参加者募集について(内閣府(防災担当))
    http://www.bousai.go.jp/jishin/sonota/tamokutekisen/pdf/180516_mercy.pdf

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • ぎゅっとぼうさい博!2017~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~

    ぎゅっとぼうさい博!2017~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~

    2017年01月27日

    若者・子育て世代や災害弱者となりがちな子供・女性を中心に、地震・防災に関する興味を持ってもらい、「防災の基本を1日で取得できる」ことを目的にした博覧会。2/18(土)東京・池袋サンシャインシティ文化会館で開催。全国から防災のエキスパートが会場に集まり、各種ブースやセミナーでわかりやすく防災を紹介する。

  • 防災特撮映画「大災獣ニゲロン」1・17撮影開始

    防災特撮映画「大災獣ニゲロン」1・17撮影開始

    2017年01月27日

    地震や津波などの災害を怪獣に見立てた特撮映画。「災害から逃げて命を守る」というメッセージを発信しようと、神戸・新長田の活性化に携わってきたNPO法人「KOBE鉄人PROJECT」の岡田誠司さんら、神戸の映画ファンやアーティストが集結。阪神・淡路大震災から丸22年の1月17日にクランクインし、今春お披露目予定。
    ▼大災獣ニゲロン
    https://www.facebook.com/大災獣ニゲロン-1762340957351245/

  • 「脱出ゲーム」で楽しく防災訓練 震災経験者考案

    「脱出ゲーム」で楽しく防災訓練 震災経験者考案

    2017年01月27日

    謎解きを楽しみながら災害時の対応を考える「体感型防災アトラクション」。地域で防災訓練への参加が進まない現状に「飽きさせない啓発を」と、遊園地で人気の「脱出ゲーム」に着目。移動式のアトラクションを展開し、阪神・淡路大震災で22年前に得た自助、共助の教訓を、震災を知らない親子らに伝えたいと普及に取り組んでいる。
    ▼体感型 防災アトラクション ~LIFE LINE~
    http://escape-at.com/portfolio-view/体感型 防災アトラクション ~life line~/

  • 横浜市消防局×横浜ウォーカー×崎陽軒コラボ 横濱かりぃ ローリングストックBOX

    横浜市消防局×横浜ウォーカー×崎陽軒コラボ 横濱かりぃ ローリングストックBOX

    2017年01月27日

    横浜市消防局と横浜ウォーカー、崎陽軒がコラボレーション企画として発売。「横濱かりぃ」を横浜市消防局が誇るSR(特別高度救助部隊)の車輛をモチーフにした消防車型カートンに詰め合わせた。ローリングストック法という災害用食糧備蓄方法を多くの市民の方に知ってもらい、その重要性を広くPRし、防災・減災意識の向上に少しでも役立ちたいとしている。

  • 防災教育向けARアプリを開発!オープンソースソフトウェアとして公開

    防災教育向けARアプリを開発!オープンソースソフトウェアとして公開

    2017年01月27日

    避難所やAEDの位置などの防災関連情報や、訓練用に仮想設定した火災や土砂崩れ発生などの情報を、タブレット端末の画面上に可視化表示させる拡張現実(AR)アプリを開発。対象エリアにどのような災害リスクがあるのか? 近くにどのような防災関連施設が用意されているのか? などを現地(実際に訓練する場所)で地理空間的に認識することができる。また、アプリのプログラムコードやアイコン画像などを、オープンライセンスとして公開しており、他地域における防災教育へ活用することや、防災教育の目的に限らず、地域の観光や教育目的に容易に応用することが可能となっている。

  • 現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    2017年01月13日

    兵庫県立大大学院応用情報科学研究科の研究チームが開発した防災のWebアプリ。住所や目印になる建物名を入力すると、南海トラフ巨大地震で想定される津波高や、数十年に1度の大雨による洪水で想定される浸水の深さが確認できる。近くにある避難所やリアルタイムの気象情報も知ることができる。

  • みんなで翻刻【地震史料】古文書・古記録を解読して、歴史災害研究に参加しよう!

    みんなで翻刻【地震史料】古文書・古記録を解読して、歴史災害研究に参加しよう!

    2017年01月13日

    京都大学古地震研究会が、古い文献から歴史災害史料を解読するために、誰もが史料に書かれた文章を、活字に起こし、 データとして利用しやすくする「翻刻」に参加できるようにしたWebサイト。史料に書かれていることをもとに、過去にどのような災害が発生し、どのような被害が生じたかを知ることで、将来の災害軽減につなげることが目的。

  • 災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    2017年01月13日

    緊急地震速報などに連動して、災害が発生したときに限定して家族や大切な人の位置情報を自動通知するシステム。居場所や安否をグループ内で共有したり、災害時の安否とメッセージを一斉送信する機能などを備えている。また災害情報の表示や、避難所の情報などを表示する機能も搭載している。
    ▼株式会社ゼネテック 防災アプリ「ココダヨ」
    http://www.cocodayo.jp/

  • ぼうさい甲子園で須崎高校がグランプリ

    ぼうさい甲子園で須崎高校がグランプリ

    2016年12月16日

    高知県須崎市の須崎高校が、優れた防災教育を表彰する「ぼうさい甲子園」で最高位のグランプリに輝いた。須崎高校は生徒有志でつくる「防災プロジェクトチーム」を中心に、小中高校での応急手当て講習や防災劇「ソッセンジャー」の上演、高齢者宅の家具固定などを推進。2016年は学校周辺の約30家庭の避難カルテを作る「オーダーメイド避難プロジェクト」にも挑戦している。
    ▼高知県立須崎高等学校 須崎高校の防災教育
    http://www.kochinet.ed.jp/susaki-h/susaki_zen/bousai_page.html

  • 災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    2016年12月16日

    ITサービス事業を手掛けるブルー・オーシャン沖縄が、名簿台帳を活用し、登録された要支援者の安否を一斉に確認できるウェブシステム「グラスフォンfor防災」を開発。災害時に各自治体が管理する名簿台帳を活用し、登録された要支援者の固定電話や携帯電話に安否確認の一斉放送を発信。受け取った要支援者がプッシュボタンで選択し、返答することで状況を把握できる。
    ▼ブルーオーシャン沖縄 一斉同報安否確認システム“グラスフォンfor防災”をリリース
    http://boo-oki.com/?p=888