アクション!

おすすめ

  • インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」が、災害時におけるインターネットの正しい使い方をまとめた「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」を3月6日(水)にSo-net公式ホームページにて公開した。このマニュアルは、防災やインターネット分野の専門家による監修のもと、災害が発生したときのインターネットの利用方法や災害に対する事前準備などの情報について、Q&A方式で親しみやすいイラストを交えてまとめている。
    ▼ソニーのネット ソネット 防災マニュアル
    https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/measures_manual.html

  • 第4回の全国フォーラムでは、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマとして掲げ、災害時に直面した課題に対して解決に繋げていくための提言・啓発もしくは、その礎を生み出す。オープニング、全体セッション、20分野の分科会を通じて、多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、専門的な知識やノウハウを共有し、連携・協働が具体的に進められることを目指している。

    <日時>
    2019年5月21日(火):13時から18時30分(交流会 19時から20時30分)
    2019年5月22日(水):9時から15時
    <会場>
    国際ファッションセンター 3階 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1)
    <参加対象>
    災害時、被災者支援に関係する団体・機関
    行政(国/地方自治体)・企業/経済団体・NPO/NGO・市民活動団体・社会福祉協議会・大学/研究機関・国際機関・職能団体(福祉、医療、法律分野などの関係者)・労働組合・協同組合・青年会議所・中間支援組織・助成団体など
    <主催>
    全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
    <共催>
    内閣府政策統括官(防災担当)
    災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

    ※申込詳細は下記リンクより
    http://jvoad.jp/forum

  • 東日本大震災の津波に襲われ、機能が停止した仙台市南蒲生浄化センターで、汚水処理に当たった職員の奮闘を記録した企画展「それでも、下水は止められない」が期間を延長し7月7日(日)まで、せんだい3.11メモリアル交流館で開かれている。センターは、1日に約30万トンの下水が流れ込む全国最大規模の処理施設。市内の下水の約7割を処理する。震災では10メートルの津波が襲い、電源を喪失した。被災から新施設稼働まで、各段階の取り組みを写真パネルなどで紹介する。
    ▼仙台市 南蒲生浄化センター復旧までの記録
    http://www.city.sendai.jp/keekikaku-shomu/kurashi/machi/lifeline/gesuido/gesuido/shinsai/kansoku.html
    ▼せんだい3.11メモリアル交流館 3.11現場の事実×心の真実「それでも、下水は止められない。」
    http://sendai311-memorial.jp/feature/2018exhibition03/

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 岩沼市「震災伝承・防災アプリ」

    岩沼市「震災伝承・防災アプリ」

    2016年11月04日

    宮城県岩沼市が、東日本大震災の伝承と市民の防災意識向上のため開発した「震災伝承・防災アプリ」。震災前後の状況を写真などで比較できる「いわぬま復興物語」では、津波の被害を受けた沿岸部などの市内約30カ所を地図に落とし込んであり、タップすると写真や音声、映像で状況を確認できる。災害時にも簡単に作ることができる料理36種類をまとめた「お役立ちレシピ」や、市内の指定避難所などを地図上に表示したりできる機能もある。また、アプリを起動していなくても、市が発表する避難勧告や避難指示を通知で受け取ることができる。
    ▼岩沼市震災伝承防災アプリ 無料配信開始のお知らせ
    http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kakuka/011000/Iwanuma311Application.html

  • 高齢者が抱える避難時の不安を解消する「防災遠足」in墨田区

    高齢者が抱える避難時の不安を解消する「防災遠足」in墨田区

    2016年10月20日

    芝浦工業大学の学生プロジェクト団体「すみだの‘巣’づくりプロジェクト」が10月8日に、墨田区住民を対象に「防災遠足」を実施した。避難場所を知っていても実際に被災した際にきちんと避難できるか、適切な行動をとれるか不安だという高齢者の声を受けて企画。実際に避難経路を歩くことで自身の避難行動を確認すると共に、避難場所やAEDの設置場所、防災倉庫等の情報を表した防災マップの実用性などを検証する目的がある。
    ▼すみだの’巣’づくりプロジェクト
    https://www.facebook.com/sumida.sudukuri

  • 防災情報 カレンダーで・・・NTTタウンページ

    防災情報 カレンダーで・・・NTTタウンページ

    2016年10月20日

    兵庫県淡路市と兵庫県淡路県民局、NTT西日本、NTTタウンページの4者が協力し、災害時に役立つ備えや心構えなどについてイラストでわかりやすく伝えた月めくりカレンダー「ITSUMO BO-SAI CALENDAR」を発行した。防災グッズ、家具の転倒防止対策、避難する際の情報の集め方などを見開きの上半分で紹介。市の防災訓練実施日や過去に大被害が出た災害発生日、災害用伝言ダイヤル、災害用伝言板の体験利用日は日付部分に書き添え、避難所の地図も掲載して災害時の公衆電話の設置場所を示した。避難時は冊子として持ち歩ける。
    ▼NTTタウンページ 防災タウンページ全国初!「ITSUMO BO-SAI CALENDAR」
    http://www.ntt-tp.co.jp/release/?p=6605

  • NHK和歌山「BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY」

    NHK和歌山「BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY」

    2016年10月20日

    NHK和歌山放送局では2011年9月の紀南の水害以降、台風などの災害で「一人の犠牲者も出さない」事を目指す「守るプロジェクト」を行なっている。このプロジェクトの一環として、ファッションをキーワードにしたイベントで若い世代を引き付け、身近な「服」を通して一度、防災について腰を据えて取り組んでもらいたいという目的で「災害時に役立つ服」のデザインを募集している。審査結果は来年2月にファッションショーの形式で発表する。デザインの応募締め切りは10月31日(必着)
    ▼NHK和歌山 守るプロジェクト
    http://www.nhk.or.jp/wakayama/mamoru/index.html

  • スマホで防災無線を遠隔放送 川口の企業が開発、気象情報の放送も

    スマホで防災無線を遠隔放送 川口の企業が開発、気象情報の放送も

    2016年10月20日

    Iot製品の開発や販売を手掛けるクエスタがスマートフォンの通信技術を活用して遠隔放送ができるクラウド型拡声放送設備「スマ放クラウド」を開発した。専用アプリ「スマ放マイク」をインストールしたスマホが拡声マイクの代わりとなり、カメラ映像で現場の状況を確認しながら作業員に的確な指示が出せる。気象庁が発信しているゲリラ豪雨予報などの気象情報を、自動で受信・放送する機能も付いている。
    ▼クエスタ株式会社
    http://questar.ac/products/

  • 雨(アメ)に備えていますか?「備え糖」

    雨(アメ)に備えていますか?「備え糖」

    2016年10月20日

    兵庫県神戸市が、大雨による土砂災害や地震などへの防災意識を市民に高めてもらおうと製作した防災啓発グッズ。災害時にも糖分の補給ができる飴の入った缶で、裏面には「災害への備え」のポイントを記載している。11月13日に実施される津波避難訓練や防災イベントなどで配布される予定。神戸市では、平時から気軽に楽しく防災について学ぶためのポータルサイト「SONAE to U(そなえとう)?」を昨年12月より公開している。
    ▼KOBE防災ポータルサイト「SONAE to U?」
    http://www.kobe-sonae.jp/

  • 福岡市「防災×テック(BOUSAI×TECH)」プロジェクト第2弾!

    福岡市「防災×テック(BOUSAI×TECH)」プロジェクト第2弾!

    2016年10月06日

    福岡市は日本財団と連携し、ICT、IoTといったテクノロジーの活用により課題解決を図る「防災×テック(BOUSAI×TECH)」プロジェクトに取り組み、その第2弾として「実証実験フルサポート事業」、「防災減災アプリコンテスト」を開催する。「防災減災アプリコンテスト」では避難者支援アプリをテーマに10/22(土)、23(日)にももち浜SRPホールでハッカソンを行う。
    ▼福岡市防災減災アプリコンテスト
    https://mashupawards.doorkeeper.jp/events/51245

  • 豊洲BO-SAI EXPO2016

    豊洲BO-SAI EXPO2016

    2016年10月06日

    10/15(土)、16(日)に豊洲地区で行なわれる防災イベント。BO-SAI 暮らしの学校」では、楽しみながら防災を学べる体験型プログラムを展開。「東京ガス イザ!カエルキャラバン!」では、「そのまえ」、「そのとき」、「そのあと」という3つのテーマを設定し、地震発生前から避難生活まで状況ごとに役立つ知恵や技を紹介。いずれも、親子がいっしょに楽しみながら、防災知識が自然と身に付くプログラムとなっている。
    ▼「イザ!カエルキャラバン!」ってなあに?
    http://kaeru-caravan.jp/whats

  • 自治体向けに災害発生時の初動を支援する「初動支援キット」

    自治体向けに災害発生時の初動を支援する「初動支援キット」

    2016年10月06日

    日立システムズは、自治体向けに地震や津波などの災害発生時における職員の初動(災害対策本部の設置や住民の避難誘導など)を支援する「初動支援キット」を10月から販売する。初動支援キットには、所属部署や役割に応じて、各職員が次に行動すべき内容をスマートデバイス上で確認できる機能や、地図情報システムや防災マップと連携し、避難所の情報や避難すべき方向をスマートフォンを通じて住民向けに発信できる機能などが含まれている。今回の販売開始に先立ち、千葉県旭市で実証実験も行っている。
    ▼旭市防災マップ
    http://www.city.asahi.lg.jp/section/soumu/news/2014-0502-1300-2.html

  • ボウサイをデザインするyamoryが手がける、パラコードアクセサリショップ

    ボウサイをデザインするyamoryが手がける、パラコードアクセサリショップ

    2016年10月06日

    パラシュートのコードとして使われている「パラコード」を編み込んだブレスレット。パラコードを解くと長いロープになり、布をかけて隣とのしきりにしたり、自分や荷物をしばって安全を確保するなど様々な用途で使用する事ができる。このパラコードを編む作業を、就労継続支援B型いいわーくすに依頼しており、「災害時要援護者」とされる人たちとボウサイを考える一端としている。パルコのクラウドファンディングにてプロジェクトを実施中。